最近のトラックバック

五歳の息子に中指を立てられたはなし。

昨日のこと。幼稚園に行くためにバスに乗っていると、息子がとあるわがままからプチ癇癪を起こしたため叱った。すると、 

 

 

 

ぶすっとした表情と共に、私に対しなんと。。。中指を立てて来た!!!!! 

 

 

母、ブチ切れました🌋🌋🌋 

 

 

思わず息子の手を叩き、『これがどういう意味なのか、分かっててやってるの?!』と問い詰める。すると、『えっ、怒った時にするジェスチャーじゃないの?💦』という息子。どうやらあまり意味を理解せずやってしまったらしい。なので、 

 

 

●これはものすごく悪いジェスチャーで、絶対に人に対し、やってはいけないこと。(動物に対しては?幽霊に対しては?と聞かれたので、とにかくあるとあらゆる人間と生き物に対してしちゃダメ!と答えた。幽霊さん、何もしてないでしょ?ってか見えんでしょ。苦笑 とにかく幽霊さんにも失礼なことしたらダメ!💧と言い聞かせる)

 

●このジェスチャーの意味は簡単にいうと『あなたと殴り合いの喧嘩をしたい』という意味で、誰かに対しこれをやったら自分が叩かれたり、怒鳴られたりしても文句はいえないこと。

 

 

を伝えました。 

 

 

息子もまさかそこまで大きな事だとは思っていなかったようで、『ごめんなさい、もう二度としないよ』と約束してくれました。 

 

 

そこで気になるのが、一体どこでこのジェスチャーを覚えて来たのかということ。当然家庭ではそんなジェスチャーした事もないし、息子が見ているYouTube??でもそんな暴力的な表現のものなかったと思うんだけど…。 

 

というわけで息子本人に聞いてみると、 

 

 

幼稚園の●●君が僕に対してやってきたんだ。だから真似したの。』 

 

 

なぬ?!💦 まさかのクラスメイトからだったとは💦💦💦 

 

 

てか、年長さんでそんなジェスチャーするって・・・😱 ご両親の見てた映画か何かで見て覚えちゃったとか?💧
 

 

名前を聞くと、普段一緒に遊んだりする子ではないようで、息子が仲良しの友達とおしゃべりしていたら、突然傍にきて中指を立てて来たらしい。うーん、仲間に入れて欲しかったけど素直に伝えられず、ちょっかいかけてきてしまったのだろうか。

 

 

他のお友達はそんな事しない?』 

 

しないよ、その子だけだよ』 

 

今までされたのは1回だけ?』 

 

えーとね、2回!』 

 

分かった。じゃあさっきも言ったけどそれってすごく悪い事だから、絶対にあなたは真似しちゃダメだよ。そしてもし今度また同じ事をその子にされたらすぐに先生に話してね。』 

 

うん、分かった!僕ね、あのジェスチャーママにしたのが初めてだったから、他のお友達にそんな事してないよ!』 

 

 

そうなんですよ…。初めてした相手がある意味私でよかったなと思うよ💦  

もしこれが知らない人とか、おじいちゃんおばあちゃんとか、お友達や先生に対してだったらと思うと...血の気が引く😱💦   

ちなみにこの事はパパさんにも話しましたが、『はっ?!中指?!それはさすがにヤバいでしょ?!俺がされてたら鉄拳制裁してたな(冗談ですよ。半分は←)』って言ってたから、そういう意味でも私に最初にして良かったね。苦笑 

 

 

しかし良い事も悪い事も真似しちゃったり、影響受けやすい年頃だとはいえ、 

 

 

中指立てるのは、さすがに怒るで、しかし← と動揺のあまり横山やすし口調になる 

  

 

どうしたものかと考えていたら、友達に『その子の名前は出さずに、クラスの子にこのジェスチャーをされて覚えちゃったみたいで、困っててっていう風に話せば角も立たないんじゃないかな?』とアドバイスされ、なるほどー!と。 

 

というわけで、明日にでもそういう言い方で先生に話してみようと思います。万が一他の子も真似してたらいかんしね😅

お仕事の良い事、悪い事

さて、まだ職探し中のわたくし。 

 

 

家の近くでアルバイトも視野に入れつつ、翻訳のお仕事に3社エントリーしてみましたが、面接+テスト翻訳にさえ辿り着けぬ💦つまりは書類選考で落とされております。ちーん。。。 

 

 

まだ経歴が2年にも満たないからなのか。うーむ、悲しい・・・ 

 

 

最近もう一社気になる翻訳のお仕事を見つけたので、そこにもエントリーしてみようかと考えているところ。 

 

 

まぁお仕事探しって縁もタイミングもあるから…仕方ないよね。←と自分を慰める 

 

  

 

でもそんな中でお仕事関連でとっても嬉しい事がひとつありました。 

版権の問題で急遽翻訳ストップになっていた2作品の内、1作品の方は版権問題が解決したそうで、引き続き翻訳させていただける事になったのでした✨ 

しかもこの作品、翻訳のお仕事を始めた割と初期の頃から手掛けて来ていたもので、残り数話で翻訳ストップになってしまったものだから、『あと数話で終わりなのに!ここまで来てストップなんて!😭』と、私はものすごいショックを受けていたので、『完結させてもらえるんだ✨😭』と嬉しくて。そんなわけで残りの4話分を提出し、無事に全ての翻訳を終わらせる事ができたのでした。 

 

見慣れない単語や言い回しにものすごく苦労したし何度も修正したりと大変でしたが、無事に終わらせる事が出来て本当に嬉しいです。改めて読み返すと『これもっとこういう表現の方が良かったのにな』という部分も多いですが、まぁ翻訳なんてそんなもん。提出した後で『もっと良い言い方思いついた💦』はあるあるだから😂←えっ、私だけ? 

 

自信にもなりましたしね😊

 

とかなんとかいいつつ、最近なんとなしにやってみたHSK6級のサンプルテストで『ひぇー!分からん。めちゃくちゃ難しい💦(特にヒアリング😬)』という現実に直面し、『マジで中国語どうにかせないかんな...💧やばいな』とも同時に思わされたんだけどね😂)5級でもかなり精一杯な感じだったよ…🙃
 

 

引き続き、中国語もお仕事探しも頑張ります!どちらも良い結果を得られますように。

台湾でチョコレート嚢胞の手術をする事になった⑥手術翌日~現在

入院三日目(手術翌日) 

 

傷は痛むが、帝王切開の時に比べたらはるかにマシだと思える。 

この日にカテーテルを抜いてもらい、自分で歩いてトイレ(いうても病室内にあるから、さほど遠い距離ではない)へ行けるまでに。病院のベッドは電動ベッドだから、起き上がるのも楽だった。出産した病院は電動ベッドじゃなかったから、起き上がってトイレまで行くのにも相当時間がかかったっけ。苦笑 

肩、横隔膜辺りに痛みが出始める。手術中に体の中に入れていたガスが原因らしい。横になれば痛みはマシになるので、この日はほぼ横になって過ごす(この痛みは2,3日くらい続いたかな) 

 

昼前にようやく排気し、スープと水が解禁となる。パパさんが魚のスープを買ってきてくれた。美味しい~♡

 

 

夜の病院食。まだまだ消化に良い物を、ということでこの日はお粥。 

 

306661558_10160092024409133_801782108849 

↑左側のカトラリーセットは病院がくれたもの。 

 

夜に看護師さんが来て、『入院は明日にしますか?明後日にしますか?』と聞かれる。もう少しここでゆっくり過ごして日曜日に帰ってもよいのだけど(笑)、息子も毎日ママはいつ帰って来るの??と聞いて帰りを待ちわびているそうだし、少しだけど動けるようになってきたし、明日にしますと答える。退院手続きは9時~12時までの間で、好きな時間でいいらしい。 

パパさんにLINEで告げ、それじゃ10時半頃に迎えに行くねという返事が来た。 

二つ隣のベッドの方に数日間泊まり込みで付き添っていたご婦人が入院中、『旦那さんは夕方には帰って息子さんについてなきゃいけないし、一人で大変でしょ?これ美味しいわよ、食べなさい』と色々な物を差し入れして下さった。美味しいパンや液体食等。。。ううう、有難い。 

 

 

307124773_10160092024614133_193918821104 

私は三人部屋だったのだけど、この日の朝から新しく隣のベッドに新しい方が入って来た。なのだがこの方、ものすごい鼾をかきなさる💦あまり鼾等気にせず眠れる私でも、これにはかなり困った💦 

 

11時頃にベッドに入り、眠りにつけたのはなんと3時!苦笑 それもそのまた隣のベッドの付き添いのご婦人がこっそり私に耳栓を持って来てくれたおかげだ。耳栓まではさすがに用意してなかったよ~有難うございました。笑 

 

 

入院四日目(退院) 

朝8時前にパパさんからLINE.『早くママを迎えに行こうって起こされた~』と😂 

 

朝食 

 

308064097_10160092024584133_713092440215 

おかゆとマントウ。結構な量だ。半分くらいしかたべられなかった。苦笑 

 

朝食後点滴が外される。2日ぶりに自由に動けるようになり嬉しい。荷物の整理をし、あとはベッドに座って時間をつぶす。 

 

10時半に息子とパパさんが迎えに来てくれた。同室の方に挨拶し、病室を後にする。 

 

 

1階で費用を払い、薬を貰って帰路につく。 費用は全て合わせて6万五千元ほどだった(保険に入っておいて本当に良かった、保険大事😂)ちなみに保険申請に必要な診断書は、現在手術でとった腫瘍を生研にまわしていて、それの結果待ちになるため、来週の再診の時の受け取りになると説明を受ける。 

 

さて、まだ傷は痛むので、動作はゆっくりになる。手術後からずっと下血は続いている。お腹に力が入らない。数日間あまり動かなかったから、体力が相当消耗してそう。くしゃみや咳をしたら激痛💦 

  

 

退院三日目(月曜日) 

 

咳をしてもどうにか耐えられるくらい、傷は順調に回復している。ただ体力がない。朝、息子を幼稚園に送っていくだけで、めちゃくちゃ疲れる。あとは手術後からなぜか頻繁に胸がざわざわするというか、動悸がする。ホルモンバランスが変わった事によるものだろうか? 

とにかく早く体力を戻したいと、この日から椅子に座ってできる運動を始める。 

それにしても傷に貼っている傷テープがかゆい。早く剥がしたい。苦笑 

 

退院四日目 

相変わらず動悸がする。昨日よりは若干マシか?この日には咳をしても普通に大丈夫な程度に傷は回復。 

この日の夜、傷口四カ所の防水テープを剥がし、丸一日そのままで過ごす。改めて傷をまじまじ見てみる。こんな小さい穴から危惧を入れ、こんな小さいお臍から嚢胞引っ張り出したのかぁ💦 

 

退院五日目 

生理痛のような腹痛だなぁと思ってたら生理が来た。そうか、卵巣とったけど、右側は残ってるから普通に来るのか。

そもそも下血がずっと手術後から続いてたから、最初はどちらか見分けがつかなかったのよ💦 

この日の夜に再度傷口に新しいテープを貼る。来週の火曜日までこのまんまか。お風呂に入ると中に水が入ったり、テープが剥げる恐れがあるから、シャワー許可が出るまで上半身はずっとお湯で拭いて過ごしていた。夏だから、お風呂でがしがし洗えないのが辛かったなぁ。苦笑 

 

 

退院十日目 

 

この日は退院後初めての再診。傷を診ていただき、『うん、順調だね、テープはもう剥がしていいし、シャワーとかかけても大丈夫だよ。ただし、お風呂から上がったら、臍の中の水分は綿棒でしっかり取るようにね。運動もそこまで激しいものじゃなければ初めてOKだよ』とのこと。色々と解禁になり嬉しい😆 

手術後からたまに動悸がする事を告げると、『ホルモンバランスが変わったからかな。暑くてたまらないとかはない?じゃあ更年期とは違うかな。とりあえず血液検査をして、ホルモン値を診ておきましょう』との事で、来週結果を聞きにまた病院に行く事になった。 

  

そうそう、生研にまわしていた私の嚢胞ですが、先生曰く、『卵巣ごと取った左側の嚢胞の中に、悪い細胞がいた』らしい💦 

 

『といっても今すぐどうこうっていう細胞じゃないけどね。今は良性なんだけど、数年かけて悪性に変化する可能性もあるっていうものだったから、今回全部取り出しておいて良かった😉これで心配ないね』とのこと。 

 

 

はーっ、手術を早めに決断しておいて良かった💦

  

 

今後は3~半年に一回、経過観察のため、病院で検査をして貰う事になります。W先生、看護師さん、本当にお世話になりました✨ 

 

 

これにて台湾でチョコレート嚢胞手術をした話は終わりです。最後までお読みいただき、有難うございました!

たった2年で!!!

手術に関する記事が続いて書くの疲れたので、ちょっと休憩 ← 

 

 

先日パパさんと“息子が小学校に上がったら”という話していて、その流れから息子の中国語の話になった。

 

 

 

来年から小学校かぁ…大丈夫かなぁ?今のせーちゃんの中国語能力、パパさんから見てどう?』 

 

うーん、他の同年代の子よりは少し劣るかもしれないけど、そんなに心配するほどじゃないと思う。』 

 

発音はどう?以前は日本語の訛りが少しある中国語だって言ってたよね?』 

 

今?完全に訛りなくなったね。少なくとも発音面では完全にちぃを越えてるよ。台湾人の子供の発音と何も変わらん。』 

 

 

 

なんですと?!?!💦

 

 

 

こちとら台湾に住んで十数年、息子は幼稚園に通い始めて2年、 

 

 

たった2年で超えられてしまうとは!!子供の能力おそるべし!🤣  

 

 

いや、近い将来越えられるだろうなーと思ってたけど、想像してたより早すぎてびっくりしたわ ← 

 

 

発音だけじゃなく、言い回しとか単語とかも、息子の方がスッて出る事も最近はちょくちょくあるもんなぁ。私の発音の間違いを指摘してくれたり、あの中国語何だっけ?に対し、息子が教えてくれる事も少しずつ出て来たし。いや、我が息子ながら頼もしく成長しているなぁ😊  

 

ラジオとかで中国語の音楽聴いていても、私には歌詞はさっぱり聞き取れないものでも、息子の方が先に口ずさんで何気なく歌い始めたりする辺り、やっぱり息子の根本にはしっかりと中国語も根付いているんだなと感じます。私の母国語はやっぱり一番は日本語で、あくまで中国語は第二の言葉という感じだからなのかもしれないけど、息子の母国語はちゃんと日本語・中国語の二つの言葉が備わっているんだなぁと。 

  

 

・・・うん、そりゃあっさり抜かれるわ、仕方ない🤣   

 

 

これからも息子なりの苦労や乗り越えなくちゃいけない壁も色々出て来るでしょうが、助けが必要な時は出来る限りの事はサポートしつつ、成長を見守りながら、私自身も一緒に成長していかなきゃいけないな。 

 

もちろん中国語能力もね。←

台湾でチョコレート嚢胞の手術をする事になった⑤手術当日

15日手術当日。 

 

朝、看護師さんが来て血圧を測り、採血(入院中ほぼ毎朝あり)その際に『朝ご飯6時前に食べた??』と聞かれたので、『いえ、食べなかったです』と答えると『今日の夜も食べられないだろうし、点滴入れましょうね』と言われ点滴(ここから退院日まで点滴ずっとつけっぱなし) 

 

手術は午後2時からなので、部屋でスマホを見たり本を読みながらゆっくり過ごす。お隣から漂ってくる朝ご飯の匂いに、ついお腹が鳴る。笑 

 

 

午後1時半、手術室の方がこれから移動しますよと部屋まで迎えに来てくれた。ってパパさん…まだ到着してない💧
 


まぁいっか。苦笑  

 

歩いて手術室まで移動かと思いきや、ベッドに寝たままでいいという。…楽だ。結局パパさん間に合わず、そのまま1時40分頃に手術室へ到着(パパさん1時40分に到着したらしい。いや、遅いよ、もっと早く来てよ😂)。 

ひぇー、ドラマなんかで見た事のある物がいっぱい並んでる!とキョロキョロしてしまった。しばらくして隣の手術台に移動するよう言われる。

いよいよかぁ...とドキドキしていたら、W先生到着。『緊張してる~?笑』と聞かれたので『ハイ、ちょっと...苦笑』と答える。『心配しなくていいからね。眠くなって、次の瞬間起きたら全て終わっているよ』という先生の言葉に緊張がゆるむ😊麻酔科医の先生が来て『さぁ、麻酔するよー。』と言われた所までは覚えているが、次に目覚めた時は病室で、そこにパパさんの顔があった。私が目覚めた事に気付いて、手を握ってくれた。 

 

...あれ?手術終わったの?今何時?』 

無事に終わったよ。今?夕方の6時半だよ』 

もう夕方かぁ…。手術ってどれくらいかかったの?せーちゃん大丈夫?』 

2時間だよ。せーちゃんなら母ちゃんに迎えに行って貰って、そのまま実家で預かってもらってるから心配しないで。痛む?』 

ううん、麻酔が効いてるからかな、大丈夫だよ。でも喉がイガイガする』※手術中、酸素を送るホース?のような物を口にいれるため、術後に喉がイガイガするのはアルアルらしい 

水を飲ませてあげたいけど、排気する(おならが出る)までは水はダメなんだって。』 

そっかー。うん、大丈夫。』 

取った嚢胞の写真もらったけどスゴかったよー。これ見て(と写真を見せられる)』 

うわっ、こんなでっかいのがお腹の中に居たのかぁ💦それはそうと大丈夫だったの?良性で間違いなかった?』 

うん、念のため生研にはまわすけど、ほぼ良性だろうってさ。ちゃんと嚢胞も全部無事に取れたって』 

そう、良かった。ていうか何時に病院に着いたのよー。私一人で先に手術室に入っちゃったよー』 

だって2時からっていうから、20分くらい前に着けば間に合うだろうと思ってたから💦』 

もー、そういう時はもっと余裕を持って来なきゃ。いっつもギリギリやもんなぁ。苦笑』 

 

  

あ、そういえばパパさんが帰ったあと、トイレの時どうしよう~と思ったら、あら?何か下半身に違和感。おお、カテーテルが入ってた!麻酔で眠っている時に入れてくれていたらしい。これでトイレの心配はないな。笑 

 

その後あまり遅くなると、明日せーちゃん起きれなくなるからとパパさんを送り出す。ほぼ入れ違いにW先生が様子を見に来てくれた。 

 

気分はどうかな?痛みますか?』 

いえ、大丈夫です。』 

旦那さんに写真見せてもらった?すごかったでしょう?笑』 

はい、びっくりしました。あんな大きいの。苦笑』 

『(写真を手に説明してくださる)えっと、これが子宮ですね、そしてこれが今回摘出した左の卵巣と嚢胞、下の方にはもうかなり血が溜まっていました。右側の嚢胞はこれですね。実際嚢胞を切除する事自体はすぐに終わったんだけど、お腹に開けた穴がとても小さな物だから、そこから少しずつ少しずつ慎重に嚢胞を出していく必要があったんですよ、それで2時間かかりました。でも破れる事もなく、無事に全部取り切れたから安心してくださいね😉退院は明日...はちょっと難しいかな。明後日かし明後日か、自分が休みたいと思う時までいていいですからね。』 

はい、先生、本当に有難うございました』 

 

 

 

その後、心配して連絡をくれていた家族や友人にLINEを返し、そのまま朝まで眠りました。 

 

夜中も3時間おきくらいに看護師さんが様子を見にきてくれたり、血圧を測ってくれたりしました。そのたびに『鎮痛剤入れますか?』と効かれましたが、点滴にも含まれていた鎮痛剤のおかげか痛みはさほどなかったので、いえ、大丈夫ですと答えました。結局退院するまで、鎮痛剤は打つ必要はありませんでした(ちなみに鎮痛剤は1回ごとに700元だったかな)  

  

 

308061168_10160092024724133_285589179117   

点滴。抗生物質等入っています。おそらく抗生物質のせいでしょう、点滴付けてる間は尿の臭いが独特だった。苦笑

 

 

⑥に続く

台湾でチョコレート嚢胞の手術をする事になった④入院前日と持ち物

さて、隔離期間を経て再度診察の予約を取り、手術日は9月15日に決まりました。 

 

 

14日から入院、15日手術、早ければ翌日、もしくはその翌日か翌々日に退院という予定。 

 

  

 

14日は午後1時から入院手続き開始。入院前にレントゲン、採血、心電図の検査がありました。 

 

 

ちなみに今はコロナ禍のため、付き添いが出来る人は一人の患者につき一人のみ。その付き添い人も3か月以内にコロナに罹っている場合は証明書を提示すればPCRは必要ありませんが、3カ月を過ぎている場合、または罹った事のない場合は、再度PCRを受けなければなりません。 

パパさんは今年の5月に罹りすでに3か月過ぎていたため、ここで再度PCR検査(無事陽性)。ただしPCRは結果が出るまで2時間半ほどかかるので、結果が出るまでパパさんは病院一階で待機、私は先に病室へと上がる事に。 

 

私の病室は五階、ラッキーな事に窓側のベッドでした😊 

 

305451934_10160092024284133_340455113808  

ベッド横の棚。 ちなみにテレビはありませんでしたが、スマホあれば何も困る事はなかったです😊

 

水を飲むコップがいるだろうと家からタンブラーを持って行ってたけど、紙コップとかもちゃんと用意されてました。でも割と小さめの紙コップだったし、これだと毎回水を飲むたびに注ぐのが大変なので、タンブラー持って行っておいて良かった。 

 

ちなみに三泊四日の入院で、私が持って行った物も書いておきますね。 

 

 

〇タンブラー 

〇延長コード…ベッドに寝ている間は携帯を見る事くらいしか出来ない、普通に寝ている時はスマホの充電コードも届いていたので不便はなかったけど、電動ベッドを上げた時に(ベッドの上に座ってご飯を食べるときとか)短いコンセントだと長さが足りなかったと思うので、延長コードがあった方が便利でした。 

〇ティッシュペーパー1箱

〇パジャマ...一日目の夜から手術着に着替えるよう言われていたから必要無かった  

〇洗面用具

〇ヘアバンド、ヘアゴム 

〇タオル...4枚 

〇退院時着るお洋服 

〇靴下、羽織りもの...病院内、日によっては結構冷房効いてるな、って日もあった

〇文庫本、ノートとペン...スマホばっか見てたら頭も目も痛くなるし、たまに本を読んだり、あとはちょっと勉強してみたりするために

〇ゴム製ビーチサンダル(ゴム製スリッパ)…サンダルは一足あった方がお風呂やらトイレやら行く時は便利です。

〇下着(使い捨てタイプ)5枚入り

 

 

持って行っておけばよかった!と思った物 

 

〇寝たまま飲める、ペットボトルに取り付けられるストローキャップ 

〇ビニール袋...同室の方に差し入れをいただいたり、ゴミ袋にしたり、袋欲しい~!っていう場面が結構あったので、何枚か持って行っておけば良かった、部屋にもゴミ箱はあったけど、そこまでいちいち捨てに行くのも大変だし💦ゴミ袋をひっかけておく、S字フックみたいなものもあれば、もっと便利だっただろうな。

〇S字フック 

〇カトラリー 

〇のど飴、生理ナプキン(こちらは手術翌日、パパさんに頼んで買って来てもらった)  

のど飴は手術中に口から空気を送る時にずっと口を開けていたからなのか、手術後のどがイガイガして辛かった💦生理ナプキンも手術後、やはりしばらく下からの出血が続くため、絶対にあった方が良いです。

〇耳栓...3日目に新しく入って来た方がものすごい鼾をかく方で💧私、結構人の鼾すごくても眠れる方なんだけど、ちょっとレベルが違い過ぎました😂見かねた一番端のベッドの付き添いで来ていたおば様が、色んな食べ物や、そしてこの耳栓をくれたのですが非常に有難かった😂💦 

 

 

さてさて病室についてからは、色んな書類にサイン。そこで改めて明日の手術内容の詳しい説明を受けます。 

因みに私は翌日の午後2時から手術だったため、翌朝の6時以降は飲んだり食べたりしてはダメですとのこと。前日から完全絶食だろうなぁと思っていたんですが、『えっ、手術当日の朝6時前までなら飲んだり食べたりしてもいいんだ💦』とちょっとびっくりしました。 

 

その後別の看護師さんが来て、剃毛とおへそのお掃除をしてくれました。ちなみに剃毛、すべてをガッツリ剃るのかと思ってたら、上の部分だけでした。 

そうこうしている内にパパさんも上に上がってこれましたが、息子のお迎えの時間も迫っていたため、また明日ねと見送る。 

 

 

↓はこの日の夕食 

 

306481509_10160092024454133_664021749797 

味は・・・・ まぁ美味しいものではないよね。苦笑 

 

その後ゆったりしながら過ごしていた私に、 

 

  

 

今回の入院で一番辛かった時間が訪れる事になりました。 

  

 

 

浣腸です・・・・ 

 

 

わたくし、人生初の浣腸・・・・ 

 

 

そして2個の浣腸後、 

 

 

 

ぐおぉぉぉぉぉぉお💦💦💦💥💥💥





 

 

 

猛烈な便意に襲われます。ですがすぐには出す事はできません。看護師さんは『2分待ってくださいね』と笑顔で言い、病室を出ていかれましたが 

  

 

 

ぐぬぬぬぬぬぬぬ と歯を食いしばってどうにか耐えました。 

 

 

 

あんなに長かった2分間ない・・・・😭 

 

 

 

2分になるかならないかくらいで、もーダメ!!!と必死でお尻を押さえながらトイレへ。 

 

  

 

🌊🌊🌊🌊 

 

  

 

 

しかし、本当の地獄はここからだった・・・・ 

 

 

 

お腹がゴロゴロなのはもちろんのこと、全身冷や汗でびっしょりになり更に吐き気まで襲ってきて、冗談抜きで気を失いかけました・・・・目の前が黄色になったり黒くなったりチカチカして。あれです、貧血のような・・・本当に地獄の5分間でした・・・😭😭あの辛さ、人生のワースト3に入る、間違いなく・・・ 

 

その後看護師さんの話によると、浣腸により急に血圧が下がり、貧血を起こしてしまったのでしょうとの事でした。まれにこういう人いるみたいです💦 疲れてたり、空腹だったり、あとね、迷走神経反射って自律神経反射の一つらしく、自律神経失調症持ちの私には相当刺激が強すぎたのかもしれん。  

 

 

今後は私、二度と浣腸はしない(汗) 何とかお願いして下剤に変えてもらう。もう無理、あれは😭 

 

少しビロウな話になりますが、浣腸を使って出していたら、最後の方の便は若干オレンジががっていました。 

看護師さん曰く、浣腸ってものすごい大腸に刺激を与えるから、それで腸がちょっと傷ついて血が出たり、あと痔持ちの人だとこういう便が出る事があるそうで、少しトイレットペーパーにピンク色くらいなら何も心配いらないですよ~との事でした。 

 

 

四日間の入院生活で一番辛かったよ、浣腸・・・ もう二度とごめんです💧  

 

 

浣腸後もお尻が変だーとゴロゴロしていると、パパさんからLINE。時刻は9時過ぎ。 

 

 

『せーちゃんが泣いててなかなか眠れないみたいで。ライン電話できる?』 

『おお、今なら大丈夫』 

 

 

通話を開始すると、画面に映ったのは泣きはらした息子の顔。『ママぁぁぁ。』と号泣。ううう…ごめんよ😢 

 

 

『さみしい思いさせてごめんね。もう少しだけの辛抱だから、今日はパパのいう事良く聞いて、お利口にねんねするんだよ』 

『すぐに帰って来るからね。ママが今朝あげたウルトラマンデッカーのお人形あったでしょ?あれをママだと思って。笑』

  

 

そうやって10分程お話して電話を切る。まだ5歳だもの、これまで一日たりとも離れた事はなかったし、寂しいよね、ごめんね・・・ 

 

 

その後11時くらいになって『やっと泣き疲れて眠ってくれたよ。苦笑』とパパさんからLINE。トータル2時間半くらい『ママ、ママ』言って泣いていたらしい😭

 

11時半、就寝。 

 

 

→⑤に続く

台湾でチョコレート嚢胞の手術をする事になった③まさかのPCR陽性で

本日8/2。 

 

 

本当なら今日の午後から病院に入院していて、明日手術の予定だったのに、 

 

 

昨日のPCRの結果でまさかの陽性が出てしまい、隔離生活中です。フザケンナ、おい💢


 

 

三カ月以内に罹ってるし完全無症状なんですが、先生が仰るにはコロナに一度罹ると、長い人で半年くらい体内にウイルスが残っていて、PCRはそれにも反応を示すため、陽性になってしまったんでしょうね😅とのこと。 

 

 

家で再度快篩したら陰性だったのに…。マジで何つータイミングで...コロナお前ほんっと…どんだけ人に迷惑かければ...  

 

 

このためにパパさんも会社に1週間休み申請してくれてたというのに💧すべてパァ。

 

 

そんなわけで隔離&観察期間である15日間を過ぎてから、再度病院で診察予約を取り、主治医の先生と再度手術日を決めて下さいねと本日病院から電話がありました。私の主治医の先生の診察は週に一度の火曜日のみ。そして私の隔離は火曜日までなので、それからまた1週間後の診察予約を取る事になるため、結局手術できるのって8月末とか最悪9月初めとかになるって事か・・・なんてこったい。 

 

 

色々手術前の覚悟とか、入院する事が決まってから何度も『ママと離れたくないよぅ』と泣いた息子の涙返せ、コロナてめぇ💢 

  

 

 

 

イライラは体に悪いので、早めに休もう。ふぅ。

台湾でチョコレート嚢胞の手術をする事になった②手術前

これを書いているのは7月31日。 

 

2週間前に手術日を決まって、まだまだ結構日にちあるなぁと思ってたら、結構あっという間でした。苦笑 

 

 

その間はとにかく仕事のストックを少しでも貯めておこうと、めちゃくちゃ頑張りました💦とはいえ病院にも一応PCは持って行って、できそうならお仕事もするつもりです。寝てる以外する事ないし、それなら少しでも有意義に使いたい。笑 

 

 

明日(8/1)は病院へPCRを受けに行き、明後日(8/2)から入院、し明後日(8/3)が手術です。 

 

 

命に係わる病気ではないにしろ、全身麻酔になるのでリスクは0ではないわけで、やっぱり緊張はあります💦 

 

 

ちなみに全身麻酔の経験はこれまで3回。1回目は出産時、2,3回目は大腸内視鏡検査の時です。本当に目覚めたら全てが終わっていて、まるでワープしたかのような感覚になるのよね😅 

 

 

息子にも来週からママは3,4日病院に入院するんだよ、とは伝えています。この五年間これまで一日たりとも離れた事は無く、寝るときも私と一緒でなきゃダメな息子。今回初めて数日離れ離れになる事が今回やっぱり一番気がかりではあります…。 

  

昨晩も急に泣いて起きて『ママー!ちゃんといる?!😭』と確認されて、『大丈夫大丈夫、いるよー💦』となだめて。さっきも寝かしつけしていたら、『寂しいよ、嫌だよ、離れたくないよ😭』と泣かれてしまい、こっちも泣きそうになった(寝かしつけた後泣いた😢) 

 

 

ごめんね、まだ五歳だもんね。寂しいよね...😢

 

 

離れている間少しでも寂しくないようにと、ウルトラマンデッカーのソフビを用意しました。ママの代わりにデッカーも傍にいるからねと、入院する日に渡そうと思って。 

 

 

296734047_10160016502164133_479627059940 

 

義実家に少し預ける時間を作ればおばあちゃんとおじいちゃんもいるし、息子も少し気がまぎれるかなとも思ったけど、パパさん曰く『俺がついてるから心配しないで。頼った方がよさそうな時はすぐに頼るから』との事なので、あとはパパさんの判断に任せよう。 

 

③に続く→

台湾でチョコレート嚢胞の手術をする事になった①手術を決めるまで

最初にチョコレート嚢胞を指摘されたのは2,3年前。 

  

 

胃腸内科クリニックの華陀先生のところで腹部エコー検査をしてもらっていた際、『あれ?子宮の中にミレーナか何か入れてますか?』と聞かれ『いえ、入れてません!』と答えた私に『子宮に何かあるみたいですね。私は専門外なので詳しくは分かりませんが、一度婦人科で診てもらって下さいね。その際は必ず経腟超音波検査で診てもらって下さい。』との事ですぐさま婦人科に行き、そこで子宮内膜症とチョコレート嚢胞が発覚。その時の大きさは確か3センチ前後だったと記憶している。 

 

もう少し若ければピル等を用いて嚢胞が大きくならないようホルモン療法のような事もできたようだが、40を過ぎると血栓等の可能性等も出て来るため、ピルはあまり良くないらしい。なので自然に様子を見ていく事になったのだった。 

 

それにより半年に一度検診に通っていたのだが、半年前に行った際『6センチになっちゃってるねー。まぁまた半年様子を見ましょう』と言われ、チョコレート嚢胞にあまり良くないとされるコーヒー等も控えていたのだが、先日また半年ぶりに検診に行くと、 

  

 

あら、7センチまで成長してるわ。しかももう一つ出来てるわね。』 

 

 

と言われてしまった。この婦人科の先生は特に手術を勧めて来たりはしなかったが、その後家に帰って自分で色々調べてみたら、7センチだと日本だと完全手術案件らしい。苦笑   なので自分で調べて来た事を後日先生にいくつか質問したところ、 

 

 

①ここまで大きくなると自然に消える事は無い 

②癌化する事もある 

 

 

という事が分かった。 

 

また検診の際に血液検査をしていたのだが、卵巣がんの確率数値が平均より少し高めになっていた事も不安要素の一つだった。先生は『基準値は超えているけど、これは排卵期とかに左右される事もあるし、この数値だと良性の可能性が高いから心配しなくても大丈夫だと思うわ。だけどあくまで血液検査は100%の確率ではない。』という。 

 

うーん、これ以上自然に小さくなることが望めないなら、やっぱり手術しちゃった方がいいよなぁ… 

 

パパさんに相談すると『そういう事なら早めにした方がいいよ!チョコレート嚢胞って女性だと割と受けている人が多い手術だって聞くし、保険にもちゃんと入ってるから、お金の事なら心配しなくて大丈夫だから(笑)』 

 

という。手術に関してはね、帝王切開で一度お腹切ってるから、あまり抵抗はなかったのです。私が心配していたのはお金と(笑)、何より五歳の息子の事。夜は私が寝かしつけしないと寝ないし、まだ五歳だから心配で...というと、 

 

 

せーちゃんの事は何も心配しなくていいよ。俺がついてるから大丈夫。手術前後は休み申請するし。これも一つの成長の機会でしょ。笑

 

と心強い言葉が返って来た。 

 

 

私は先生にお願いし、紹介状を書いて貰う事にした。 

 

 

ちなみに私たち家族が入っている保険はパパさんの同僚さんの奥さまの会社の保険で、私たちの担当もその奥さんであるSさんが担当してくれている。なのでパパさんがこういうわけで、紹介状をもらった○○病院で妻が手術をする予定なんです、とSさんに伝えると、なんとSさん自身過去に2度のチョコレート嚢胞手術の経験があるという。そのSさんの手術を過去に担当してくれた先生がとても腕の良い方で、回復も早く、痕もほとんど残らなかった。私が先生に連絡して予約を取るからそこで診てもらいましょう!と仰ってくれたので、お願いする事にした。 

 

当日、Sさんも一緒に付き添ってくれて、パパさん、Sさんと一緒にクリニックへ。待っている間、Sさんは当時の状況や現在の状況等等を色々話してくれた。 

 

その後診察室に呼ばれ、W先生と初めて顔を合わせる。比較的若い先生だが、落ち着いていて穏やかで(イケメンで。笑)、とても良さそうな先生だった。 

 

エコー診察をしてもらい、そのあと今の状況を詳しく説明してくれた。 

  

 

左のチョコレート嚢胞はすでに7センチになっていて、左の卵巣はほぼ機能していないこと。 

新しく増えたチョコレート嚢胞は右側で、大きさが2センチほどあること。 

右の卵巣の機能はすぐにでも妊娠可能なくらい活発なこと。 

 

 

そして 

 

 

『左側の卵巣はもうほぼ機能していないし、これ以上嚢胞が大きくなると破裂する可能性もあるので、手術をするなら卵巣自体を取る事をおすすめします。それで更年期障害になったり、ホルモンバランスに影響が出るか等の心配もあると思うけど、右側はしっかり機能していてそれを補ってくれるから、そこまで心配する事はないと思います。ただしあくまで手術後に早めに更年期が来る、という可能性もあります。 

もちろんなるべく手術をしたくない、薬で何とかしたいという事なら、薬で今以上大きくならないよう調整する事はできます。だけどあくまで7センチまでになると破裂する恐れがある、という事を考えるとね。破裂するとものすごい激痛を伴いますし、その他にも卵管がダメになったりする事もあるのでね…。 

チョコレート嚢胞は再発しやすいし、今回手術で右側の2センチの嚢胞も一緒にとってしまえば、あとはまた再発して出来ても閉経と同時に無くなる。あなたの年齢を考えてももう一度手術しなくちゃいけない、となる可能性は低いし、ここで手術をしておいた方が色んな心配は解消されるかもしれませんね。それに手術は腹腔鏡下手術ですから、痕もほとんど残らず、回復も早いです。入院期間も通常であれば1,2日で済みますよ😊』と仰った。 

 

 

1週間くらいは入院しなきゃいけないと思い込んでいたパパさんと私は『えっ、1,2日ですか?!』とびっくり😂 

 

 

迷いはない。私たちはその場でW先生に手術をお願いする事にしたのでした。 

  

 

 

W先生に任せていれば安心だなと強い安心感を感じたし✨ 

  

 

 

ちなみにW先生はAという総合病院と、今回私たちが訪ねた不妊治療専門の病院Bというクリニックの2カ所で勤務されていて、Bには手術設備がないため改めて1週間後にA病院にW先生を訪ね、そこで手術の日取りなどを決める事になったのでした。 

 

続けて先生は『もし心配なら手術当日はB病院から日本語の出来る看護師も連れて行きますよ。中国語は問題ないようだけど、日本語で意思疎通が出来る人がいた方が安心でしょう。』と。 

 

 

W先生~~、どんだけ素敵なんですか😂✨  

 

 

ちなみに手術費用、入院費、雑費等等、どれくらいかかるかも教えてもらったところ、総額で約7,8万元くらいかかるらしい!! 

 

ひぇーー、保険に入ってなければ大変だった!保険って大事😂💦 

 

Sさん曰く、『全額ちゃんと保険で補えるから大丈夫よ♪』との事なので、この点でも安心して手術を決める事ができたのでした。

 

 

②に続く。 

榕錦時光生活園区

先日のこと、息子を義実家に預けに行った際、実家近くの榕錦時光生活園区の横を通ると、すでにオープンしている事を知ってびっくり! 

 

 

もうずいぶん前からリノベーション工事をしていて、歴史好きな私は『いつオープンするのかな~💓』と楽しみにしていたのでした。 

 

 

この榕錦時光生活園区は元々日本統治時代に作られた、旧台北刑務所の宿舎群があった場所。その後この辺りは華光社区と呼ばれ、人が住んでいる家もあれば、ずっと廃墟のまま放置された家もあったようです。

2014年、私はこの近くに住んでいて、付近には日本統治時代の廃墟の家があちこちにあり、それらを見るたびに一人ワクワクしていました(←廃墟好き) 

 

すると近い内にこの辺りが全て取り壊されると聞き、急ぎカメラ片手にこの辺りの廃墟群を写真におさめようと、一人訪れたのでした。 

 

 

その後、約2億元をかけて一部はリノベーションされ残される事が決まり、『こんな歴史も価値もある場所を壊すなんて、勿体ない!😭』と思っていた私は、それを聞いてとても喜んでいたのでした💓 

 

 

私が通った時は午前10時頃だったので、まだお店はオープンしていませんでしたが、折角だからと写真を撮る事に。 

 

 

306557605_10160079362799133_411969346100 

306541893_10160079359099133_893328708566 

306961491_10160079359489133_276833750835 

306739345_10160079363404133_868355561161 

306793533_10160079363334133_739418517849 

306621274_10160079363394133_347318846614 

↑この左上の提灯を見て、『炭次郎が付けてるやつだ!』と嬉しそうな息子。笑 

 

305773085_10160079362974133_738454153365 

↑ これですね😆 

 

306543163_10160079359479133_180098591241 

煉瓦でつくられた壁は、当時のものをそのまま使っています 

 

ずいぶんきれいに生まれ変わったなぁ✨ 

 

↓の写真は私が2014年にちょうどこの場所を訪れ、撮影したものです。 

 

 

306651677_10160079362674133_307718990381 

306591067_10160079359794133_226497119608 

306735917_10160079359029133_475567528013 

 

昔の姿も味があって、これはこれで好きだったんだけどね ← 

 

 

その後、息子を義実家に預けて私は帰宅。その後、台湾ばぁばから写真が何枚も送られてきました。オープンした後、息子を連れて来てくれたみたい😊 

 

306615313_10160079359074133_299938085660   

↑これは現存している旧台北刑務所の壁。ちなみにここから少し離れた中華電信ビルの傍の壁には、当時死刑となった囚人の遺体が搬出されたといわれる壁の穴の跡が今も残っています。 

旧台北刑務所は若い青少年や、政治犯の方が多く収容されていたのだそうです。 

  

 

 

306805206_10160079358989133_649580113907 

あっ、美味しそうなソフトクリームば買って貰っておる😂 

 

306617147_10160079358974133_754687147212 

大きなガジュマルの木のそばで。 台湾にはガジュマルの木がとっても多いです。

 

 

ここの榕錦時光生活園区には九州から来たワッフル屋さん、人気カフェの分店、和食屋さん、美味しいと評判のベーグル屋さん等、色んなお店が入っているようです。 

 

306477426_10160079363379133_391731748565 

授乳室やバリアフリートイレもありますよ♬ 

 

気になるお店がたくさんあるので、私も一軒一軒訪れてみたいと思います😊 

«台北動物園へ♬

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ