最近のトラックバック

« 真実はいつも一つ(爆) | トップページ | 史記 »

愛しのサザビー

最近読んだ本の内の1冊

●愛しのサザビー (著)AYA バジリコ出版

(満足度)★★★★★

この本は、自分に残された命が少ない事を知った著者であるAYAさんが、愛犬サザビーへと残したブログが、最近書籍されて発売されたものです。

新聞でこの本を知り、図書館で取り寄せて貰って読んだんですが、結構厚い本にも関わらず、ソッコー読破しました。涙がポロポロこぼれました。活字の本を読んで泣いたのなんて結構久しぶりだったし、自分でもびっくり。

癌を患い、辛い治療に耐えながら、それでもひたむきに、サザビーをはじめ、周囲の人を気遣いながら心から愛して、心から感謝して最後まで生きたAYAさん。

もしわしが彼女の立場だったら、きっとこんな風に考えたりすることなんて出来ないと思います。

心身共に辛い時なんて、正直周りにまで目を向けられないですよ。この方はすごい…。

AYAさんは悲しいことに、もうこの世にはおられないけど、でもきっと、心と魂はずっとサザビーと一緒だと思います。 

 

 

縁ってずっと続くもんなんだそうです。だから、今あなたの周りにいる人も、過去から何かしらのつながりがあった人なんだって。 

 

誰にも本当のことは分からないけど、わしはそれを信じてますし、信じたいです。 

 

わしの人生がいつか終わった時、まわりの大切な人ともそこで離れるなんて、絶対に嫌です。 

 

 

だから、AYAさんも、きっといつかどこかでサザビーと会える。わしはそう信じてます。

« 真実はいつも一つ(爆) | トップページ | 史記 »

ちーの書誌にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真実はいつも一つ(爆) | トップページ | 史記 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ