最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 台湾でよく見かける水筒 | トップページ | 「容疑者Xの献身」観てきた! »

第7弾「りんご日報」

さて、久々にりんごの記事をアップです♪ 

 

ただ、今回は「凶悪事件編」なので、刺激の強い内容・描写が結構ありますので、そっち系がダメな方はスルーなさってくださいね。 

ただ、イラストは載せますが、写真は刺激が強いものに関しては載せません。「載せたらもうこのブログ読んでくれなくなっちゃうだろうな。。汗」ってくらい、かなりグロさ爆発なのでそれでも「見たい!」という方は、りんごのHPを見てみてくださいね。こちらには「おいおい、ヤバいよ、これは!」っていうのもしっかり載ってたりしますので。。 

 

 

まずは今日のニュースからこちらを。  

 

 

 

1つめ。

 

 

 

高雄での事件。 

「自分は人を殺した」李と名乗る男から電話。男は自分の行った犯行を話してから、現在いる場所を伝えました。警察がそこへ踏み込むも李はすでに遺書を残し、自分のこめかみを銃で貫き、自殺をした後でした。  

 

李の電話の内容によると、一昨日高雄の観音山で発見された男を殺したのは自分だということ。 

 

ちなみに観音山で見つかった遺体は両手の指紋を削られ、胸部の入れ墨にはガソリンをかけられ、さらに火をつけられていました。いわずもがな、刺青を消して身元を特定しにくくするためです。またこの遺体には頭部がありませんでした。警察の捜査でこの頭部のない遺体は、今年4月に出所したばかりの前科持ち(麻薬・泥棒)の50歳の男で、犯人である李の友人だったそう。   

 

「なぜ殺した?死体の頭部はどこへやった?」という問いに対し、「頭部は遺体のそばに捨てた。」と答える李。 

で、原因ですが。。。ごめんなさい、はっきり分かりません(苦笑)わしの語学力では明確にできずでした(涙)まったく違うんですが、「銃の誤発(技を磨く練習かも)」か「言い争いの結果」のどっちかだと思う。。たぶん。まぁとにかく殺した後に、頭部を切断したそうです。 

 

で、友人の車を使って遺体を運んだようですが「彼には関係ない」ということが遺書に書かれたあったそうで。 

 

 

La16_003  

←男は自ら頭を打ち貫き、自殺。。。 

 

 

 

うーん。。しかしこの記事は、とにかく写真が多かったんですが、これまたすごい写真ばかりでさすがのわしも(?!)ヒー!って感じでした。。  

 

 

 

さて、2つめ。こちらは凶悪事件。。ではないのですが、 

 

 

ある少女が2年前にある男に性的暴行を受けます。しかし彼女の彼氏は家族の反対を押し切り、「そんなことは関係ない」と彼女と結婚することを決めます。 

しかし姑は、彼女が過去に強姦された事をことあるごとに皮肉り続け、それにより彼女は心身共に疲れ果ててしまい。。。 

そして夫の見ている前で、自殺をしてしまったそうで。 

 

 

La03_001 La03_002   

La03_003   

 

 

 

 

2つめのイラストのオバハンの顔のにくたらしいこと!! 

 

 

 

 

 

3つめ。 

 

基隆で、34歳の女性教師が自宅で殺されているのを、たずねてきた同僚が発見。 

被害者H嬢は独身で小学校教師。朝9時半の授業開始時間になっても学校に来ず、携帯に連絡してみるものの不通。不審におもい、同僚が警察に連絡し、部屋の鍵をあけたところ、そこで異様な姿で無くなっていたH嬢を発見。 

 

まず、目元はメリヤスシャツで覆われ、顔は透明のゴムのようなもので縛られており、両手両足も縛られており、まるでエジプトのミイラのような姿だったそうで。しかし現場に血痕はなく、警察で解剖し、死因を調べることになったそうで。 

 

01b 3493011

 

  

 

 

 

床には化粧品などが散らばっていたそうです。隣人が昨夜10時過ぎ、言い争う声を聞いており、派出所の呼び鈴をならすも、警察官は不在だったそうで。 

 

この事件は新聞でもトップで「エジプトのミイラのような状態の遺体見つかる!」みたいな見出しでした。あれから1週間くらい経りましたが、何も載っていない所をみると、まだ犯人は捕まってないのかな。。。怖い。。。

  

 

Photo Photo_2

 

 

←現場を捜査する警察と、亡くなった女性教諭の机 

 

 

 

 

 

 

お次は4つめ。 

 

これは海外の事件ですが、ウクライナで1980年から20年以上に渡って、少女を殺し、その後、屍姦。このような手口で29人もの少女を手にかけた男に判決が出たとのこと。裁判の結果、男には終身刑がくだったそうで。…ウクライナって死刑ないんかな?と思って記事を読むと、すでにウクライナでは死刑が廃止されているそうで。 

 

なんとこの男、友人の娘にまで手をかけ、さらには葬儀にまで参列していたというから驚きです。現在57歳だそうですが、なんで20年以上も捕まらなかったんだ?という感じですが、かつてシベリアやアフガンに兵隊として赴いていたことがあり、その際に刑事事件の鑑定にも関わっていたらしいです。それを逆手にとり、捜査の目をごまかしていたそうです。 

 

いつも鉄道や道路の沿線に沿って、犯罪をおかしており、警察に「犯人は遠方から汽車や車に乗ってきている」と思うようにさせていたというから驚きます。 

 

しかも彼は4度の結婚歴があり、女の子が4人いるというからさらに驚きますよ。仮にも人の親でありながら、それも自分の子供と同年代の子供にも手をかけていたというのだから、人間じゃないですよ。…いや、人間だからこその犯罪なんですけどね。。 

 

 

Gn01_001 Gn01_002

 

  

  

 

 

 

 

5つめ。 

 

30歳の男が、交際していた28歳の女性(妊娠中)を殺害。しかも練炭自殺に見せかけ偽装を図ったらしい。…現代の法医学馬鹿にすんなよな~調べりゃすぐ分かるに決まってるやないか。 

 

3028 Photo_3  

 

 

 

  

しかし、この男、いうなれば2人の命を奪ってるわけですからね。罪は重いですよ。 

ちなみにその後、男は死体を山の中に遺棄するわけですが。。夏に山の中に遺体を遺棄すれば、どのような状態になるか想像に難くないと思います。顔にモザイクは入り、遠方から撮影されていたものの、被害者の遺体が掲載されていたのには驚きました。。。 

 

 

 

 

 

さて最後は。。。 

 

 

ある男二人がひとりの女性をめぐって争い、ついには殺人へと発展。 

 

一方の男が友人に頼み、ライバルを殺させたというわけです。 

 

 

Photo_4  

←さんざん殴った後にガソリンをかけ、火をつけ殺害。 

 

 

 

惨すぎます。。しかも自分の手を汚さずに。なんつー卑怯なやつ。 

 

 

しかしですね~「そんだけ二人が執着したんだから、よっぽどの美女だろう」と思ったんですが。。。彼女の写真を見て「・・・・・ええ~?!うそぉ~ん(汗)」って感じでちょっと驚きました。。 

 

イヤ。。。人によっては綺麗やって思うかもしれんけど、でもわしにはどう見ても綺麗だとは思えない。。。 

 

 

 

Photo_5  

 

←普通のおばちゃんやん。。。(汗) 

 

 

 

 

しかし、単純に人を好きになって「邪魔だから」って理由でそんな殺され方したら、浮かばれませんよね。。。 

 

 

 

今回は凶悪犯罪編でお送りしました。うーん。。なんだろ、このテンション下がる内容!!(爆)やっぱりりんごは面白い記事に面白い内容だからこそいいんだな(苦笑)

結構時間かけて翻訳頑張ったのに、なんだろ、このすっきりしない感!!あ、ちなみにわしの語学力では絶対に間違ってる箇所もあると思いますが(間違いだらけだったりして!!笑)そのあたりはあまり気にしないでやってください(苦笑) 

 

 

次回のりんごは楽しい内容でお送りしまーーすっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 台湾でよく見かける水筒 | トップページ | 「容疑者Xの献身」観てきた! »

台湾留学生活(りんご日報)」カテゴリの記事

コメント

 たしかに普通のおばちゃんだ( ̄▽ ̄)

気づけばりんごも七回目ですね

ちーさんも変な事件に巻き込まれないで下さいね
一人暮らし始めたばかりだから心配ですよ

写真も載ってるなんて驚きです

リアルな画だけでお腹いっぱいなのに・・・

コメント返し無理しないでくださいね

うーん・・・。
日本も今は安全とはいえないけど、台湾もなかなか凶悪事件多いなぁ
ちーが心配なんだけど~
本当、気をつけてね

>へいちゃん

コメント謝謝☆&コメント返しが遅くなってごめんね!!

本当に普通のおばちゃんやろ?(笑)別段綺麗でもなく。。。なぜ殺しにまで発展したのか、理解に苦しむ所ですな(苦笑)

>hiroさん

コメント謝謝です☆&コメント返しが遅くなってしまい、申し訳ありません!

本当に書いているわし自身「あれっ、もう七回目?!」って思いました(笑)めざせ、100回!(いつになることやら。。苦笑)

本当に一人暮らしなので、気をつけなければいけませんよね!同じアパート内は半分以上が日本人男性ですし、問題ないんですが、アパートまでの道は少し暗い所も通ったりしますから、遅い時間は特に気をつけなければ。。コメント返しの事といい、いつもご心配有難うございます☆

写真は。。。タイのアチャヤーガム(※週刊誌ですが、死体の写真等がすごい。。。今はもう廃刊?)とまではいかなくても、本当にびっくりさせられる物が多いです。。反面「プッ」という写真やイラストも多いんですけどね。なんだかんだでいっつも手にとるのは結局りんごなんですよね(苦笑)

>TAKA

コメント謝謝☆

そうやね、でも正直治安は日本とそう大きくは変わらないと思うな。泥棒とかはやっぱりちょっと多いみたいやけどね。

なんにせよ、油断した時がやっぱり一番危ないから、何事にも注意して行動しなきゃだね☆

心配してくれてありがとーー☆引越し準備等で忙しい中、コメント残してくれてありがとうね☆TAKAも気をつけるのだぞ♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7弾「りんご日報」:

« 台湾でよく見かける水筒 | トップページ | 「容疑者Xの献身」観てきた! »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ