最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 引っ越ーし!引っ越ーし!さっさと引っ越ーし! | トップページ | NHKドラマ「白洲次郎」 »

霍元甲(邦題:SPIRIT)

●「霍元甲(邦題:SPIRIT)」●  

 

 

 

※ネタバレありなので、これから見ようと思う方はスルーして下さいね!

 

 

 

 

中国の清朝末期の時代に実在した、武術家である霍元甲の生涯を描いた映画です。 

 

 

日本で公開された頃、(たぶん2,3年くらい前かなぁ)「観に行きたいなー」とは思っていたものの、忙しかったりで結局見に行けず。そんなわけでずっとそのまま忘れていたんですが、こっちにきてジェイのCDを買って、その中で一番好きな「霍元甲」という曲が映画に使われている事を知り、すごく見たかったのです。つってもどうも日本版のやつは、別の曲が使われていたらしいですね。つか、あの曲だからこそ、またいいんじゃん!! 

 

 

 

なのに、なんでそんな余計な事をするかなぁ!!!!!(○`ε´○)  

 

 

 

そもそも題だって、別につけ直さんでも「霍元甲」のままでよかろうもん!

 

 

 

 

 

という心の叫びは置いといて、わしらの大学にはDVDを見れる教室があるんですが、そこが最近結構いい映画をバンバン入れてくれてる。ジェイの「言えない秘密」とか「赤壁~レッドクリフ~」まであったのにはびっくり!!あれ、まだこっちで最近発売されたばかりのはずなのに☆★ 

 

まぁそんなわけで、わしはここを結構利用するんですが、先日行ったところ、「霍元甲」を発見し、即決!見てみたんやけど、 

 

 

 

 

これは良かったーーーー!!!!(≧∇≦) 

 

 

 

 

正直わしの中でジェットー・リーの映画って、リー・リンチェイ時代から「カンフーはすごいのに、内容がなーー。。。」って思うものが多かったんですけど、これはマジで良かった。それに。。。ジェット・リーの武術の型ってやっぱりすっごく綺麗なんですよ。 

 

 

でもこの映画は悲惨すぎるやろー!って事もあったりで、途中何度か泣きました。でも私的にはやっぱり霍元甲と親友の友情に涙、涙! 

 

 

  

でもこの霍元甲、小さい頃はすごく貧弱で、武術の達人である彼の父親も彼には武術を教えてくれなかったそうですよ。じゃあなんで出来るようになったのかっていうと、映画の中にもあったけど、父親や兄弟の姿を見て、自分で習得したっていうからびっくり!!やっぱりこういうのって普通の人には真似できないし、天性のものがあったんでしょうね。 

 

 

 

映画で、彼は毒殺されるんですが(日本人にだよ!なんてことをーー!)、史実はどうやら違うようですね。肝臓が悪く、肝硬変で亡くなったというのが通説だとか。他にも若いころに気功をずっと学んでおり、それにより肺があまりよくなく、それが原因でなくなったという説も。 

 

 

でも、中国の人の中にはいまだに「霍元甲は暗殺された!」と信じている人が多いそうですね。 

 

じゃあなんで映画でも毒殺なんぞという、おだやかじゃない設定だったり、そういった話が広まってしまったのかというと、何かのドラマか本だかで彼が毒殺される(日本人・または清朝の役人)というストーリーがあり、それが広まってしまったためだとか。 

 

 

でもね、その「霍元甲」の映画も前述した通り、彼は試合の途中で毒殺されちゃうんですよ、それも日本人に!!!!フィクションとはいえ、同じ日本人として「このクソ馬鹿日本人!!!」と思わずにはいられませんでした!

その試合で戦った相手役を演じていたのが中村獅童だったんですが、いやー彼のアクションもすごいんですね、わし初めてみたけど「おおおおーー!!」とびっくりしましたよ!あれ、たぶんスタントマンとかじゃなく、自分でやってますよね!正直あそこまでいろんな面を持つ俳優さんだとは思わなかったので、びっくり!! 

 

 

んで、その中村獅童演じる武術家、また彼はすごくフェアなやつでかっこよかった! 

 

 

日本人のおえらいさんが、霍元甲に毒を盛らせた事を知った彼は、「貴様は日本人の恥だ」(たぶんこういう意味だと思うけど。。なにぶんわしの中国語はまだ初級レベルなので自信なし。汗)みたいな事をいうシーンがあるんですが、「そうそう!それだよ、それ!あなたの言うとおりだよ!」と思いましたもん。 

 

 

 

これ日本語字幕でもう一回見てみたいな。字幕があったから、それを見たら何となく意味は分かるし、内容は理解できてなくはないと思うけど(たぶん…ね。苦笑)細かい意味とかも気になるし。「これ日本語に訳すとどういう意味っちゃろ??」ってフレーズもいっぱいあったし。 

 

DVD買おうかなぁ…。ここまでいいなと思う映画久々やったし。ただ、買うとしたら絶対台湾版!主題歌に霍元甲が使われていない映画なんてっっ買う意味なしっっ!!!日本語版はレンタルでじゅうぶん。 

 

西門のローズレコードにまだ一個だけ限定版残ってたから、行ってみようかな。。。

« 引っ越ーし!引っ越ーし!さっさと引っ越ーし! | トップページ | NHKドラマ「白洲次郎」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

海外の映画は題名変えてたりするのは知ってたけど、曲も変えられたりするんやね
知らんやった


歴史とか人間模様は好きなんやけど、何時に何があったか,どんなことをしたかとか覚えるの苦手
お話は好きなんやけどね


今日久しぶりに職場から〇間駅まで走ったんやけど……なんという体力の無さ
長く走れない上に、呼吸整えるのにかなり時間かかる
…スポーツでもして少し体鍛えた方がいいかも
あぁー、情けない

>まむ

コメント謝謝☆

うん、そうらしいよ。でもその後で「なんでジェイの曲を変えたんだー!」とファンから抗議があったらしいけどね。それで変更されたかどうかは聞いてないから知らんのんやけど、でも公開当初は日本では曲は別のが使われてたらしい。ありえんよーー!!わしこの曲で完璧ファンになったといっても過言じゃないのに!!

そっかぁ。。歴史は昔から好きで、そこからいろんな妄想に浸るのが好きなんよね(笑)数学とかと違ってスッと抵抗なしに頭に入ってくるんだよ。逆に理数系はもう体全体・心全体が拒否ってるのがすっごい分かるだけに、好きな事もすっげー分かりやすいかも(笑)

ワカルワカル(苦笑)わしもこの間山登りに行った時「体力ねーー!!」って思ったもん(苦笑)それでも日本にいた時に比べて歩く事がとにかく多いから少しは体力も増えたと信じたいんやけどね。でも友達とお喋りしながら歩いたら、すっごい長い道もあっという間なのはなんでなんだろ(爆)

私も公開当時、映画館で観て、
主題歌がJAYじゃなかったことに超ガッカリして
大変な憤りを感じた一人・・・(○`ε´○)

でも同じような人が多かったみたいで、
苦情がすごかったらしいのね。
んで、DVDではしっかりJAY復活!

もちろん私は初回限定盤を買いましたw

>xiangzi

コメント謝謝☆&コメント返しが遅くなってしまってごめんね!

xiangzi観にいったんやね!やろやろ?!あの主題歌を変えるなんて、もってのほか!あの曲今必死で練習して、なんとかカラオケで歌いたいところやけど、ちかっぱ難しい!!

初回限定版買ったっちゃんね!わしも台湾で初回限定版買ったよ☆こっちの初回限定版はパッケージが扉を模ってて、観音開きみたいになってて、かっこよかったよ☆日本の限定版はどんなかな?!今度見してほしいなーー♪  

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霍元甲(邦題:SPIRIT):

« 引っ越ーし!引っ越ーし!さっさと引っ越ーし! | トップページ | NHKドラマ「白洲次郎」 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ