最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

じっと我慢が出来る男になれ!そして己を知れ!

泡食いの伝説も今回で4回目。 

 

 

 

相変わらず毎日小さな事から大きな事まで、びっくりさせてくれる泡食い。。。相変わらず独り言を言ったり、1人で真っ赤になったり青くなったり。いやー面白い面白い(おい。。。)  

 

 

 

 

さて、今日はまた数ある事件の中から、プチギレ事件2と己を知れ事件を。笑 

 

 

 

 

プチギレ事件2 

 

 

とある日の授業中のこと。 

こう言ってはなんだけど、わしもかなりすごい間違い方を常々するものの、泡食いの四声の発音の間違いは半端ない。それだけならともかく、どうも話し方に特徴があるらしく、一度わしの友達のトマちゃん、トマちゃんの友達と遊びに行った時、 

 

  

 

「ていうか、トマはなんで彼の言ってる中国語が分かるの??」 

  

 

 

  

と友達が、真顔でトマちゃんに聞いていたほど(爆)まぁそれはきっとわしのむちゃくちゃな中国語もしっかり聴き取れるトマちゃんの耳が慣れていたんだろうけどね、ははっ♪笑 

 

 

とまぁそんなわけで、この間の授業中に彼が先生に質問をした。でも「10」の発音がおかしかったのか、何度聴いても先生は「え?4??」となかなか聞き取れず。 

 

 

 

まわりがみかねて「先生、彼が言ってるのはたぶん…」と言いかけると、 

 

 

  

 

「10ッッ!!!!!!!!!」 

 

 

 

 

 

と突然半ばブチキレる泡食い!これには先生も周りもびっくり!!!! 

 

 

 

いやいや、先生にキレるっておかしいやん(苦笑)そんなに悔しいんやったら、頑張って勉強すればいいだけの話でしょーがっ… 

 

 

 

みんなのフリーズした空気に気付いたのか「う~~う~~」とか言って頭抱えて机に突っ伏してたけど…、うなりたいのはこっちの方です(苦笑)  

 

 

 

 

我慢の出来る、もっと弱さを受け止められる男になれ!!!!苦笑

 

 

 

 

 

己を知れ!事件 

 

 

 

まだ泡食いがこっちに来たばかりの頃、  

 

 

 

(泡食い)「ちぃさん、台湾人の友達ているんですか?」 

 

(わし)「あー多くはないけどおるにはおるよ。泡食いさんもいるの?」 

 

(泡食い)「もちろんです!結構いるかなァ。。」 

 

(わし)「へー、そーなんだ、来たばかりなのにすごいねー!じゃ何かあっても助けたりしてくれるし、いいね☆わし来たばかりの頃、全然いなかったし、それだと語学も伸びるよきっと」 

 

 

 

なんて話してた。その会話から1週間後… 

 

 

 

(泡食い)「ちぃさん、言語交換ってしてます?してるとしたら、だいたいどれくらいで?」 

 

(わし)「うん、しとる。じゃないとやっぱ学校で教えて貰えん事とかあるしね。週に2回は必ずしてて、後は不定期に何人かしたりしなかったり」 

 

(泡食い)「あの、お願いなんですが、一度連れてってもらえませんか?僕…友達いないんで」 

 

(わし)「えっ、それはいいけど…。あれ?でも前に友達いるって言ってたけど、そっちには頼めんやったと?」 

 

(泡食い)「いえ、友達って言うより、顔見知りって感じですから」 

 

 

 

 

え…前と話が全然…。い、いや、まぁいーや…。 

 

 

 

 

まぁそんなわけで、それからちょうど2週間後に言語交換に連れてく事に。その2週間の間に、いろんな事件があり、もうその時点でかなり気が重かったんだけど、約束していた手前「やっぱ無理」とも言えず。。苦笑 

 

まぁその言語交換の時も、それはもういろんな事を話す話す。 

 

 

 

なぜかドラえもんは「テレビアニメは楽しいけど、コミックは以外にダークな事が多いんだ」とかいう話をしだし、「2話目でのびたが首吊っちゃったりするんですよー!って、首吊りって中国語何て言えばいいんだろう?ちぃさんそこ通訳お願い出来ます??」とか言うし。知るかー!!!説明できんのやったら言うなよ(爆) 

また、自分の研究内容について延々と語っていたかと思いきや、その後「あっ!」といきなり大声を出し席を立ち、すごい勢いで階段を下りていった泡食い。わしと友達は呆然とし「…トイレ?」「…さぁ?」とそのまま座って待っていたけど、5分経っても戻ってこない…。そして10分後、手に白い紙の束を持って現れる泡食い。 

 

 

 

 

「名刺がなかったので、これを僕の名刺代わりだと思ってください☆」 

 

 

 

と彼の書きかけの論文のコピーの束を手渡されるわしら…。 

 

 

 

 

これをいったいどげんせぇと??ていうか、急にいなくなったと思ったら、もしやわざわざこれを家までとりに帰ってたの? 

 

 

 

 

またその内容もですね…これは…その…なんとも言えない内容で、渡されても反応に困りまくるものなだけに、もうフリーズしちゃうってもんです…苦笑  

 

 

 

 

(友達)「あ、えーと…ど、どうもありがとう…。む、難しそうだね…」  

 

(泡食い)「そうですね、昔の資料も難しいし、まぁどうにかやってますよ」 

 

(わし)「昔の資料って自分一人じゃ読んでも絶対分かんないだろうし、誰かに聞いて訳したりとかしなきゃいけないから大変でしょ?言葉づかいとかも違うし、全部中国語の本を訳しながらってすごいなぁ」 

 

(泡食い)「いや、僕一人で出来てますから!」 

 

(友達)「えっ!こっ、これ台湾人からしても難しいけど、1人で?!それはとても…」 

 

(泡食い)「1人でやってます!!!!!」 

 

 

  

ねぇ、無理せんでよかとよ?無駄にハードルあげて、何のメリットがあるんよ?つぅか必要以上に自分を追い詰めるの好きだよねぇ?苦笑  

 

 

 

 

 

 

以前にクラスで先生にもそう言った時「あなたが読んでるのは、多分大人用じゃなくて、子供の読む絵本とか文学に近いものじゃなくて??」と何度も確認されてたじゃないか、泡食い!そしてその先生の言ってる内容さえもわかってなかったじゃないか 

 

 

まぁ内心そんな事を思いつつ「す、すごいっすねぇ~はははっ帰って読みますねぇ~」ととりあえず話をすすめる。その後「あっ、そうだ!聞いてくださいよぉ~」と嬉々として、わしの友達に「ウケる話があるんですよぉ~」と話し始める泡食い。なにかと思えば、 

 

 

 

 

同じクラスのアニマル浜口似のモンゴル人がいかに変な奴か? 

 

 

 

 

という事を必死で、1人で笑いながら話してました……。 

 

 

 

「ちぃさん、彼の変さはすごいですよね!あんな人なかなかいないですよね!すっっごい変ですよねっ!」と言っていたけど、 

 

 

 

 

 

いや、わしから言わせると、彼は普段は全然普通の人だし、よっぽどあなたの方が…。 

 

 

 

 

 

という言葉を必死で飲みこみつつ、「うん…そうかもね」とひたすら流してました…。もうこれ以外に反応がみつからなかった…苦笑 

 

 

 

ていうか、 

 

 

 

お前もっと己と向き合え!!!!! 

 

 

 

 

野菜ジュース

●味全の「“蔬果579五色蔬果”579五色蔬果」(野菜ジュース)(25元・約75円) 

 

 

評価…(★★★☆☆)

 

 

これはセブンで購入。以前、至る所で、しかも必ず置いてある波蜜の野菜ジュースを買った事があるけど、一口飲んで吐き出してしまったくらい、わしはあの味が駄目だった。。それ以来、野菜ジュースを買うのに若干抵抗あったんだけど、これはまぁそんなに癖もなく、飲みやすかったと思う。   

 

012  

  

 

 

 

 

 

  

●愛之味の「鮮採蔬果汁」(野菜ジュース)(価格不明) 

 

 

評価…(★★★★★) 

 

 

これは近くの頂好で購入。ちょっと甘すぎる気がしなくもないけど、癖もなくて日本の野菜ジュースに近く、とっても美味しかった☆ 

 

 008

 

                

                                                

                                                                                                                         

            

       

●維他露食品の「蔬果大王」(野菜ジュース)(25元・約75円) 

 

 

評価…(★☆☆☆☆) 

 

 

これはファミマで購入。ちょっと甘すぎるトマトジュースといった感じか。トマトの他にさくらんぼ、マスカット、パイナップル、人参果汁が入ってるらしい。んー…好みのもよるとは思うけど、2度目の購入はないかな。 

 

 

006

治ったと思ったら、あ゛~~!

というわけで風邪がぶり返しました。軽く、ですが治りかけが肝心だって本当だね 

  

昨日は台湾パパと、午前中から夕方までドライブに行ってきました。鳥来、深坑、木柵付近とか、なんかぐるぐる回っていたなぁ。 

お天気も良かったし、風邪もほぼ完治していたし、「マスクつけとるから大丈夫やろ♪」と思っていたら、全然大丈夫じゃなかった。。。なんでかっていうと、山の中って本当にびっくりするくらい、温度差があるっち事忘れとったー 

 

 

最後に4時頃木柵の指南宮について外の椅子に座って話していたら(ていうか、パパといると常に聞き役です。笑)、ちょうどリョウから電話が。 

 

 

(リョウ)「ちょっと聞きたい事があるんだけどさ。っていうか、今どこ?」 

 

(わし)「今ねー、木柵の指南宮ってとこ」 

 

(リョウ)「なんでそんな所におるん?ww ていうか、誰と来てんの?」 

 

(わし)「台湾のお父さんと来てる♪」 

 

(リョウ)「お父さん?!えっ、どういうこと?!」 

 

ここまで話した時、パパが「代わりたい~」というので、電話を渡す。 

 

 

そこで「どうも、ちぃの台湾のお父さんです。いや、お父さんと言うのは…」という説明から入り、なんか2,3分二人で話してました(笑)仕事やら、軍隊の事やら、なにか色々と質問してた(笑) 

 

 

その後、パパが「お前の彼氏か?」というので「違う違う、普通の友達だよww」と言ったんですが、その後も彼はどこに住んでいて何歳くらいか?ちぃに対して態度はいいか?知り合ってどのくらいか等等すごい質問攻めに。爆 

 

 

で、なんでなのか知らんけど、パパはリョウの事がすっごい気に入ったらしく、 

 

 

 

  

 

「彼となら、付き合っても間違いないと思う。お父さんはOK!」 

 

 

 

 

 

 

と勝手に暴走しちゃってました(爆)パパ…前に彼氏の話をして、色々聞かれた時は、全然「そうか、彼の事はだいたい分かった。うんうん、お前が幸せならいいんだ」と何も聞かなかったくらい彼に対して関心なかったのに、なんでリョウはそこまで気に入っちゃったの??しかもほとんど話してないのに(笑) 

 

 

 

(わし)「あのね、パパ…、リョウは普通の友達だけん。笑」 

 

(パパ)「そうは言うけど、先の事は誰にもわからないもんだ。それに彼は話した限り、とてもいい人だとパパは思う。最初から“ない”って考えるんじゃなくて、視野に入れてみてもいいんじゃないか?」 

 

(わし)「少ししか話してないじゃんwwなんでそんなに自信持って言えるの?!www」 

 

(パパ)「パパには人生経験があるからワカル!!!!少ししか話してないけど、70%くらいは良い人だという確信がある(すごい自信。笑)あとの30%は会ってみないと分からないけど。それに心の中までは誰にもわからない。彼の本心も分からないだろう?」 

 

(わし)「ははは、経験かぁ。。ww  いや、お互い本当に普通の友達だと思ってると思うから。それに友達として付き合ってるから楽しいけど、わしら性格真逆だけん、よく話してて“うわ~それは付き合ったら合わんわぁ、絶対無理”とかわしらもよく言ってるもんwwわしはズボラ、向こうはむっちゃ几帳面だけん」 

 

(パパ)「パパと奥さんも最初はそうだったし、今もそうだけどうまくやってるだろう?これからゆっくり考えてみなさい。パパも会ってみたいなぁ。きっと彼は良い人だと思うから。」

 

(わし)「ははは、じゃリョウに今度話してみるよ。笑」 

 

(パパ)「うん、ぜひそうしてくれ、本当に彼は良い人そうだから是非会ってみたい。パパはね、ちぃの幸せを願ってるから、パパと同じくらいちぃによくしてくれて、愛してくれる人とどうか出会ってほしいと思ってるからな。」  

 

(わし)「うん、ありがとー☆」 

 

 

 

パパがどうしてそこまで彼の事を気に入ってしまったのか、すっごい謎だけどまぁ友達として付き合ってても良い人だなぁと思うから、パパもそういう所を感じたのかなしかしパパ…暴走しすぎです(笑) 

 

 

そんなわけで、「男を見る時は」講座が始まり、気付けば辺りは真っ暗。そして寒い。。「うんうん、パパ、そろそろ帰ろう」「いや、ここまで話させてくれ」ってな感じで、ああ、夜景が綺麗。。。笑 

 

 

 

風邪はぶり返したものの、楽しい時間だったのでまぁいいんですけどねにしてもそれよか体力つけんとなー。ほんと風邪ひきすぎ。食べ物とかに結構気をつけていてもこれだから、あとは運動かな。やっぱり。休日228公園に行って、誰かにお願いして太極拳でも習おうかなぁ。。。なんか最近小さい頃の熱が再燃してるのか、武術を習いたいわし。テコンドーとかちょっとやってみたい  

 

 

 

そういや、昨日一日バイク乗ってて、帰って鏡みてまたびっくり!おでことか真っ黒!!!ティッシュで拭ってびっくり。ちょっと汚いけど・・・ 

 

 

 

011  

←ひぇー!汚ねー!!! 

 

 

  

 

台湾の空気って・・・やっぱ悪いのね 

 

それから昨日もう一つ嬉しかったのが、来月あたまから新しい家に移れるー☆との事で☆ 

 

 

てかやばし!引越しの準備、まだ全然しとらん手伝うよと言ってくれる友達もいて、嬉しい事このうえなしです☆もうみんな優しいし、いい人すぎるっさすがに言ってくれる友達みんなお願いしなきゃいけないような、大規模な引越しじゃないから大丈夫なんだけど、なんていうかそういう言葉があるってだけで嬉しい☆ 

 

風邪は引いててても、心はポカポカです…とか言ってる場合じゃねぇな。早く治そ

 

街には優しい先生があふれてる☆

ようやく風邪も9割方回復し、本日元気に登校咳はほぼ止まっていたけど、うつしたらいかんので、とりあえずマスクを着用。 

 

 

休んだ事がなかったから、先生はびっくりしていたらしく、マスクをつけたわしに「大丈夫?!いったいどこで風邪菌貰っちゃったの?!」と言う。先生~…それはいくらなんでもわしにも分からんです

 

しかし頭がまだボーッとしてるせいか、やたらと簡単な単語を言い間違ったり、自分で「大丈夫かよ」とちょっと心配になりますた!だって春と秋を言い間違えるって!!なんつーイージーミスをしとるんだ 

 

 

最近、昼間は比較的暖かいのに、朝はちかっぱ冷える。だけん体調崩しやすいみたいで、友達も1人風邪でダウンしとります。今日はずいぶん回復したとの事だけど、心配です。みなさんもくれぐれも注意しとってくださいね 

 

 

 

 

さて、風邪をひいてここ数日薬を服用してたせいか、大食いのわしが今日は食欲激減昼間はサブウェイのサンドイッチ1個だけで十分だったし(十分すぎ?いやー、いつもは全然足りんとです。。。)、夜は夜であんまし食欲がない。というわけで今日はお弁当やさんで、モヤシと空心菜炒めだけ(20元・約60円!)を持ち帰りにして、あとは台湾デザートをお持ち帰りにすることにして、それを晩ごはん代わりにすることに。おだんごやら、あずきやらのってるし、まぁ栄養はたっぷりだよね…きっとね。  

  

そこでお店に行って看板を見てると、「これどんなんだろ?」っていうのも結構あるのですよね。とりあえず適当にメニューを指して注文。なんで指さしたのかっていうとその字、なんて読むのか分かんなかったのよ…。情けないけどこういう事、まだよくあるんよねぇ 

  

台湾のお店の店員さんって、基本良い人が多い。(ていうか台湾人が親切な人が多いけぇね)だけん、そのお店のお姉さんもいい人で「トッピングどれにする?」「えーと、タピオカあります?」「あー今日はもう売り切れちゃったのよね。あ、でもこれちょっと食感とかタピオカっぽいよ」「あーじゃあそれで」って感じでとっても親切だった♪ 

 

 

最近「聴力つけるぞぉ!」と改めて決意表明したばかりのわしとしては、こういう場も少しでも生かしたい!それに分からない事を分からないままにするのはやめにするって決めたじゃん!ということで、「お待たせー♪」と渡してくれたお姉さんに「このわしが買ったやつ、なんていう名前なのか、教えてくれりゃしませんか??と聞いてみる。お姉さんは笑顔で丁寧に説明してくれたばかりか、四声まで丁寧に教えてくれた。 

 

  

テキストを何度読んでもなかなか覚えられない単語でも、こういう時に聞いたり教えて貰ったりした、自分が直に触れて覚えた単語って、ちょっとやそっとの事じゃ忘れないんよね 

 

 

考えてみたら、1年ちょっとこっちにいて、「今更聞くの…ちょっと恥ずかしいなぁ」っていうような事でも、街ゆく人や店員さんには言ってみれば分かんないわけだし、聞いたってなんちゃ恥ずかしい事ないけぇねそもそも「来てまだちょっとしか経ってないから、分からんとですぅ」ってふりをするのも、別に無しではない!…はず!!笑 

 

  

そもそも、その辺を歩けば、それこそ誰でも先生だし、もともと台湾人って親切な人が多いから、優しくて良い先生が溢れとるんよね。ていうか、こんな事を今さら再認識するのもどうかと思うけど、まぁまぁ。。(笑)

 

    

というわけで、これからもいろんな先生方に教えを請いたいと思います

ぼんやりした頭でつらつら考えていたこと

色々と苦しめられた風邪から、少しずつ回復して、今日はやっと起きられるようになりますた☆ 

 

 

 

初日はとにかく喉の痛みが半端なく、声が出ない状態!老婆→オッサン→ニューハーフと声変わり(!?)し、今日はようやく、いつもの声の1、2オクターブ低いくらいの状態まで回復したし、痛みはなくなったし、良かった☆ただ、痰がでるのでそこがちょっと厄介やけど、数日前に比べたら、全然よかです♪

 

 

2日目は、声が出ない状態から頭痛に来て、冷えピタをおでこに装着し、ずっとゴロゴロしとりました。昼間も寝てるから、夜はなかなか寝付けん状態。寝ても数時間ごとに、体の熱さと頭痛で目が覚める。なので、ぼんやりした頭でいろんな事を考える。 

 

 

   

 

「ていうか、今もしここでわしが死んだとして…たぶん1週間とかフツーに発見されそうにないよなぁ。わし電話に出ない事多いし、電話に出ないからってすぐさま“何かあったんじゃ!”なんてあんまり思わんだろうしなぁ。。異臭騒ぎで発見なんて事になりかねんよねぇ」 

 

 

 

 

なんて何だかダークな事をぼんやり考えたり。いや、でも真面目な話、寮とか誰かとシェアして住んでるとかならともかく、一人暮らしだったら、こんな事態になっても全然不思議ないよねぇ。仕事とかしてるわけやないし、学校なんて休む人多いし(それこそモンゴル人同学はもう2週間くらい来てないし…って大丈夫なのかしら、彼)、誰も不思議に思わんやろうしなー 

 

  

 

他にも最近のこと、悩み、将来の事、なんだか考えなくて良い事まで色々ぼんやり考えてたんだけど、その中で頭の中からなかなか抜けないのは、やっぱり中国語のこと。 

 

 

 

 

 

「もう来て1年ちょっと経ったけど、この聴力のなさは…まずい…。これからどうなるんだろう…ちゃんと聴き取れるようになる日は来るのかなぁ…」 

 

 

 

  

 

授業の内容、先生の言う事は聴き取れても、それは先生達が誰でもわかるように比較的簡単な言葉や、習った言葉で話してくれてるから。だけど、一歩外に出て、一般の人と会話すると「え…?」「…分かんない」となる事が未だに多い。テレビなんてもってのほか。字幕見てれば分かるけど、耳で聞くだけでは、まだほとんどってくらい理解できない。 

 

 

 

耳を慣らす事も大事だけど、前に友達に相談した時「やっぱり単語を覚えない事には、結局聴いても分からないわけじゃない?だから単語をしっかり勉強する事も大事だと思うよ」というアドバイスを貰った事をふっと思い出し、「こうしてる時間があれば、1つでも多くの単語を覚えよう」と、MP4をずっとリピートして、聴きまくってた。そうこうしてる内にいつのまにか眠ってしまっていて。。。 

 

 

 

 

 

 

とてつもなくでっかいシャンプーボトルが自分の上にドカッと落っこちて来て、下敷きになる夢を見て、ハッと目が覚めた。ちなみに目覚めた時、 

 

 

 

 

 

 

 

シャ、シャンプぅぅぅぅー!!!!!!(※中国語) 

 

 

 

 

 

 

 

と大声で叫んでいた自分(爆)MP4からは、シャンプーだのリンスだのの単語が流れていたからだと思うけど…これって睡眠学習なのかしら?そして成功?!笑 いや、おかげでしっかりその単語は覚えられたけど(笑) 

ただ、しばらく目覚めた後うわごとのように「シャンプー・・シャンプー」と無意識につぶやいてた自分が怖かった…わし大丈夫かしら…(爆) 

 

 

 

風邪をひいて寝ている間、とにかく時間がありすぎて、いろんな事考えた。改めて凹んだりする事もあったけど、なんだかいい時間を貰ったような気がする(ほんとかい。笑) 

 

 

  

 

 

そういえば話はガラッと変わるけど、寝ている間とにかく暇なので、テレビを見ていた時、F4の仔仔が出てる「痞子英雄」ってドラマが1話目からアンコール放送されていた。 

前に友達から「めっちゃ面白いから見てみて!」と勧められた事のあるドラマだったので、見てたんだけど、台湾ドラマでは珍しいってくらいシリアスな内容で(台湾ドラマはどっちかていうと、コメディ調が多い)かなり面白かったー!結局3時間くらいあってたんだけど、時間が経つのが本当にあっという間だった! 

 

ちなみに来週は「5時から夜の10時まで一挙放送」らしい(爆)内容けっこう難しいし、3時間でも結構頑張って字幕を追っていたわしに、5時間はさすがにキツイ。。なのでこれからyou tubeでちょこちょこ見てこうと思っとります~(苦笑) 

風邪。。。。と風邪の思い出。

本日風邪をひいてしまい、学校を休んでしまった…。あー声がオッサンのよう… 

 

 

 

熱は全然高くなさそうだけど、喉の痛みと、久々に喘息がちょっと出とる。一人暮らしって、こういう時、なんかすっごい心細いのよね。。2○歳にもなって「ゲホゲホ…うぅ~かーさん。。。」とか思ってしまう、幼い自分。笑 

 

 

それにしても・・・。 

 

 

 

 

タオルケットから毛布に変えた途端、なぜ風邪をひいた?!自分!!!!

  

 

 

 

でも、ここ半年くらい無遅刻・無欠席だったのになァ…悔しい!!!ていうか、風邪ひいてんだったら寝とけよ!ブログ書いてる場合か!というツッコミが聞こえてきそうだけど、昼間ずっと薬飲んで寝ていたので、寝すぎて全然眠れんのんですよ。というわけで毛布にくるまりつつ、ベッドの上で寝そべって更新

 

  

そんな中、台湾パパから電話があった。 

 

 

 

(パパ)「ちぃ、元気か~??明日暇か~??」 

 

(わし)「いやー風邪ひいちゃったんだ。だから明日はちょっと無理やね」 

 

(パパ)「ちゃんと食べてるのか?医者には行ったか?」 

 

(わし)「大丈夫、軽い風邪だから。医者に行くほどでもないよ。」 

 

(パパ)「ご飯持って行こうか?きついだろう?」 

 

(わし)「いや、熱はほとんどないし、動けるから大丈夫。ていうか、パパの家、むっちゃ離れてるやん。苦笑  なんかあれば友達に頼むから平気だよ。」 

 

(パパ)「そうか、じゃ日曜日どっか一緒に出かけるか?」 

 

(わし)「んー、まだわかんないや体調によるけど、週末は厳しいかも。うつしてもいけんから。」 

 

(パパ)「パパと遊んでれば元気になるから大丈夫だ!(いやいやいやいや。爆)分かった、何かあればいつでも言うんだぞ。」  

 

 

 

とりあえず来週にして貰い、電話を切りますた。「どおりで声が違うと思った…」とはパパ談。うん、なんてハスキーな声だって自分でも思うよ(苦笑) 

 

こういう時に限って、「週末遊びにいかない?」という電話が(パパ以外からもかかってきた)あるのって皮肉だよなぁ~…。暇な時に限って何もなかったりするのになー。 

 

 

 

風邪といえば、小学生の頃とか、結構風邪で休んだんを利用して、教育テレビとか再放送のお昼のサスペンス(何歳だよ!)見てたっけ。昼間って熱下がるから「寝てなさい!」とか言われても「大丈夫~」とかって油断して、夜高熱を出すってパターン。。…ってあれ、今も変わってなくね??!!!苦笑   

また風邪ひいた時って、いつも以上に親がよくしてくれるから、「お菓子食べたい」とか「ジュース飲みたい」とか色々言っちゃったりね。懐かしいや。笑 

 

 

 

 

そういや風邪といえば、嫌な思い出も…。 

 

 

旅行行く当日の朝、39度の高熱を出してしまい、「はぁ?!何してんの!!こっちは楽しみにしてたのに、体調崩すってどういう事?!そもそも精神が弱いから風邪ひくんだよ!あたしはいつも気持ち強く持ってるから、一切風邪ひかんし、ひいてもすぐ治るもん。ちぃは気持ちが弱いから風邪ひくの!(んな無茶な)だいたい、あたしと遊ぶ時、風邪ひいてる事多すぎ!気持ちで風邪ひいてんだよ!」とキレられた悲しき思い出・・・ 

 

 

 

 

 

 

無茶言うな~~~!!! 

 

 

 

 

 

 

と叫びましたとも、心の中で…(くそぅ、今の自分だったら言えてただろうに!(誰から言われたのかは、分かる人には分かるかと。はい、分かる人挙手!!笑)

 

不規則な生活してて体調崩して言われるんだったら分かるけど、そんなんしてないし、なんでそこまで言われなきゃいけないんだ。。(涙)と不条理さをかみしめていたのを覚えてます。しかもその状態で旅行に出発したわし。(この時は本当に自分の事ながら苛々するわ。この時点で牙むいてもよかったのに!苦笑)台湾の薬はめっちゃ強いと友達に聞いていたので、それを飲みつつ、精神でどうにか立っとりました。4日後、少しずつ体調がよくなってきたわしに、 

  

 

 

 

「ほら見てんっ。気持ちでどうにでもなるやろ?病気とかも全部そうやけど、精神が弱いからかかるんよ」 

 

 

 

 

「こいつは~~~・・・」と思いつつ、「……あはははははは…はぁぁぁ?」と思いつつ、あの時は何も言えなかったんだよねぇー…。この時は牙をむくって選択肢なかったし。苦笑 

 

  

 

でもね、台湾の薬はマジで結構強いから、効きも早いと思う。わし、日本の家庭用風邪薬はあんまり効かんけど、こっちのは熱の下がりとかも早い! 

 

でも台湾人の友達曰く「効きすぎるから帰って体が慣れてしまって恐ろしい。だから、僕は日本の薬を飲むようにしてる。それくらい強いんだよ。だからよっぽどの事がない限り飲まない方がいいよ」って言ってた。 

 

 

「どうしても早く治さんと!」って人にはいいかもしれないけど、常飲するのはやめた方がいいらしいです。 

  

 

 

 

023  

ワトソンズで購入した風邪薬。効き目は結構すごいけど、強すぎるので注意!

 

 

 

 

台湾人の「晩一點」を信用するべからず。

はぁ~パソコンのマウスを買い換えて、とっても快適なちぃです♪ 

 

 

前のは、もう半分壊れてて、クリックすれば、なぜかダブルクリックになるわ、へんな方向に動くわもう大変でしただましだまし使ってたけど、イライラがもう限界というわけで、学校の傍の雑貨屋で可愛いピンクのマウスを購入☆可愛いし、かしこい。快適だわ~ 

 

 

 

 

さて、昨日友達のリョウが「明日授業終わって暇?時間あったらお茶飲まん?」と誘ってくれたので、「言語交換夕方からだし、いいよー」と返事をしました。「じゃあとりあえず1時か2時くらいになると思うけど、そんくらいに連絡するね~」という話に。 

 

 

さて本日、1時半頃リョウから連絡。「ごめん、用事すますのにもうちょいかかりそう。晚一點的話可以嗎?(ちょっと遅くなってもいい?)」 

 

うん、いいよーと返し、そのまま家でまったり。が、しかし、3時を過ぎても連絡なし。「何やってんだろ」と思っていたけど、まぁ自分も自分ですることがあったので色々していたら、ようやく3時半頃「じゃあ5時にこの間会った場所で待ち合わせでいー?」と。 

 

 

 

 

 

 

ちっとも晩一點じゃないじゃないか!!!!つぅか、そこは「めっちゃ遅れそう」にしましょう!!!(爆) 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これリョウに限った事じゃなく、絶対こっちで台湾人の友達なり、知り合いがいる人なら「あるある!」と頷いてくれるはず(苦笑)こっちのちょっとって、ちっともちょっとじゃないんだってば!!!本当に!!まぁこれも、おおらかな台湾人らしいっちゃらしいんだよな、と最近はもう慣れちゃいました。。だって多すぎなんやもん、マジで。しかも例えば遅刻とかしても「おーっす!」的な感じで現れるしね。「ごめん!」って言う人のが少ない気がするんですけど。。気のせいか?苦笑 

 

来たばかりの頃は「ちょーもー考えられん」とも思っていたけど、その内「…ハイハイ、やっぱりね」になるから、慣れって怖いね。。(苦笑)そのせいかよく、「ちぃって怒らないよね~」って台湾人の友達に言われるけど、イヤねー…怒らないっていうか、怒れないっていうか。。。仮にイライラしてても、そんな陽気でかつ、ふつーに「よっ!」ってな感じで来られたら、なんか怒りもしぼむってもんだよ(苦笑)「待った?」とはよく聞かれるけど、そこは日本人の悲しい気質か「いや、大丈夫、今来たとこ」とか答えちゃう。。ああ~~ 

 

 

 

しかも連絡なしに遅れてくるんだったら、まぁ「おい!」って若干イラッとくるかもだけど、一応みんな連絡はくれるしね。 

 

 

 

 

その連絡の内容、多少(?)間違ってるけど(爆) 

 

 

 

 

 

それにここが日本だったら「あのねー…いくらなんでも遅すぎでしょ」だの「よっ!の前になんか一言あるでしょ」とツッコめるけど、なにぶんここはある意味「なんでもアリ」の台湾だからな。「開心、就好了(楽しければそれでよし)」精神あふれる台湾だからな(笑) 

 

 

 

まぁそんなわけでリョウと会って、夜の言語交換の時間まで喋ってたわしら。話す時は基本中国語、日本語ごちゃまぜで話します。(って、日本語で喋っちゃう事のが圧倒的に多いけどね、イカンイカン。笑)すると、隣の隣のテーブルに座ってた女の子二人が話しかけてきた。 

 

 

 

  

(女の子A)「(リョウに)あなた何人??」 

 

(リョウ)「え、台湾人だよ?」 

 

(女の子B)「ほら、やっぱり!!いやね、彼女(※わし)は見た感じも日本人だし、日本語喋ってたし、(ここにきっと中国語も流暢じゃないしという一文が入るんだろうな。苦笑)すぐ日本人って分かったんだけど、あなた日本語上手だから。でも中国語も喋ってるし、見た目も多分台湾人じゃないのかなって話してて。」 

 

(リョウ)「はは、台湾人だよ。いやー日本語はまだ全然だよ(いや、あなたの日本語は大したもんです!)、えっ、ていうか日本語分かるの?」 

 

(女の子A)「いや、私は勉強した事はないけど、私の友達に日本語勉強してる子がいるし、なんとなく聞いた感じなんだけど。でもすらすら喋ってた感じだったから。日本で留学してたとか?」 

 

(リョウ)「うん、一年留学してて、最近帰ってきたばかりなんだ」 

 

(女の子B)「えー!1年でそんなに喋れるの?!すごい!!!」 

 

(リョウ)「いやー、まだまだだよ。全然」 

 

(女の子A)「(わしに)あなたの中国語も上手だよ!師範大で勉強してるの?この近くに住んでるの?来てどのくらい?」 

 

(わし)「うん、師範大でだいたい1年くらい。家はこの近くだよ」 

 

(女の子A)「1年でそれだけ喋れたらすごいよ!もっといるのかと思ってた!あとどのくらい勉強する予定?日本に戻る予定あるの?」 

 

(わし)「だいたいあと1年通うか通わないか。でもいつ帰るとかはぜんぜん決まってないんだ。つぅか、日本に帰りたくないんだよね」 

 

(女の子二人)「えー!ずっと台湾にいなよ!彼いるし、いいじゃん!ていうか二人は恋人同士なの?」 

 

(リョウ)「そう、俺ら付き合ってんだー(※もちろんこの場限りの冗談です)」 

 

(わし)「そうそう。(っておい!そんな嘘ついて、後でそこ突っ込まれても知らんばい、あんた)」  

 

(女の子たち)「えー!そうなんだ!いいなー!(リョウに)ていうか、彼女可愛いじゃん~幸せだね~」 

 

(リョウ)「可愛いだってさ~。良かったね~」 

 

(わし)「いえいえ!でもそんな風に言ってくれて有難う~、嬉しいなぁ☆」  

 

(女の子たち)「じゃあさ、二人は来る前から知り合ってたの?来てから知り合ったの??」 

 

(リョウ)「あれ…なんか話が面倒な事になってきたぞ…」 

 

(わし)「だから言わんこっちゃないほら見てみ、そうやって適当な事言うから。。」 

 

(リョウ)「いかん・・・今さら“冗談でした”なんて言えない感じだよね…

  

(女の子たち)「??(わしらが何を言ってるのか分かってなくて、笑顔)いやー、お似合いだと思う、二人、すっごいいい感じだよ」 

 

(リョウ・わし)「あはははは・・・・・あ、ありがとう」 

 

 

 

その後、彼女たちが「連絡先教えて~」というので、MSNを交換。「その場限りだと思って、なんでも適当な事いうもんじゃないね」と反省しました…。ってわしは別に反省するような事してないもーん!!! 

 

 

でも、こっちにいて、「日本人?」って話しかけられること結構あるけど、やっぱり他の国じゃこうまで友好的な感じじゃないと思うし、やっぱり嬉しい事ですね♪ 

 

 

彼女たち曰く「日本語って聞いてて、すっごく心地良いから、聞くの好きなんだ」とか。そういうのも何か嬉しいよね。。。☆☆

  

 

 

小さな悩みも大きな悩みも。

さっき姉さんからメールが来ましたぁ 

 

 

 

 

 

日本について2日目、元気そうで安心したよもちろん日本での就活もするそうだけど、台湾での就職も視野に入れてるんだって!姉さん、いつでも帰ってきてねっと、ここでこっそりエールを送ってみる 

 

 

 

 

 

姉さんは日曜日、朝8時過ぎの飛行機で帰国。こっちで使ってた携帯は台湾に置いてくって聞いてたし、それなら空港までは持っていかない。とすると、5時くらいにメッセ送ったらきっと見て貰えるかもしれんよねと、日曜日朝5時にアラームをかけ、「姉さん本当に今までありがとう~☆これからもずっと友達だよ☆空港に向かう前でバタバタしとるやろうけん、返事はいらないからね☆また絶対会おうね!これからもちょくちょくメールするね☆」とメッセを送ってた私。 

 

 

 

 

 

 

 

空港へ出発前の忙しい中、それにもメールを返してくれた姉さんの気持ちがとっても嬉しかったんだけど、姉さんはもっと嬉しく思ってくれてたそうで、「わざわざその時間に起きるなり、起きててくれたなりして、メールくれたんでしょう?!あんな朝早い時間に…わざわざメール貰えるなんて思いもよらなかったから、すっごく嬉しかったんだよ☆」って。だって、どうしても最後にもう一度ちゃんとお礼が言っておきたかったんだよ~早起きなんて、没関係(関係ない)だよ~~☆ていうか、そんな事にまで気付いてくれて、そんな風に言ってくれる姉さんが素敵だよ~~~ 

 

 

 

 

 

 

 

メール貰って、再度私も頑張るぞー♪っていう気になれて、嬉しかった~ 

 

 

 

 

 

 

 

いつ姉さんが帰ってくるかは分からないけど(それも本当に帰ってくるかも)、でもとにかく、私は私で頑張ろうと思う 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。。話題は全く変わるけど、最近どうしようか悩んでる事がある。その中でも比較的簡単に解決できそうで何だかんだでうだうだ悩んでる事。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前髪切ろうか、どーしよっか 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くだらねぇ?イヤイヤ、分かっとる、分かっとるでもこれって結構悩みません??短いのも、長いのもそれぞれメリットあれば、デメリットもある。 

 

 

 

 

 

眉毛にかかるくらいだった前髪が、結構のびてきた。もうちょっとしたら、横にも流せるくらいの長さになるかなぁ。どーしようかなぁ。。久しぶりに伸ばしてみようかなぁ。。。とりあえずザックリ思い切っていってみるか~~でもなぁ~~と、鏡を見るたびにうだうだ考える。結局答えは出らんぞく。前髪の短い方、前髪の長い方、メリット、デメリットを教えてくだされ(苦笑) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さなものから、比較的大きなものまで、相変わらず悩みはつきない。けど、光なり新しい道なり求めて、走り続けてくしかない。 

 

 

泡食いは3Kである。

今週はありえんくらいお金を使いすぎてしまったので、週末はお散歩なり、お金を一切使わず過ごします。というわけで…暇だ、暇すぎる夕方頃から散歩がてら、最近チャリで行ったことない所にふらふら出歩いてみたりしとるけど、この時間はまだ焼けそうだしなー。。 

 

 

さっき紀伊国屋から、この間注文してた千原ジュニアの「14歳」の小説届いたと連絡もらったので、夕方頃チャリで散歩がてら行ってみよっかな♪(て、金使うんやん!いや、でも交通費はねっ!使わんしっ!!!) 

 

 

 

 

とくると、もう泡食いの記事を書くしかない(なんでだよ) 

 

 

 

 

 

最近ある事に気付いた。泡食いはね、3Kです。 

 

 

 

 

空気読めない。勘違い。空回りの3Kです。 

 

 

 

 

3K。。。なっちゃいけない方の3Kね。(爆) 

 

 

 

 

今回は「度肝を抜かれた相談+勘違い極まりない」編。ていうか、毎回度肝は抜かれてんだけどね・・・。 

 

 

 

これは3ヵ月くらい前かな、まだ泡食いが台湾にきて間もない頃。 

この頃から「男の子なのにねぇ・・」とは思ってた。だって、男でここまで一人で行動できない人って、そういないと思う。それくらい1人じゃなにも出来ないし、する気もない感じがにじみ出てました。だもんで「これは…そろそろ離れないと自分のためにも彼のためにもヤバイな」とちょうど思い始めてた時期です。 

 

でも、来たばかりでまぁ何かと心細い事もあるんだろうしなと思い、「○○へ行きたいんですけど案内して貰ってもいいですか?」「聞いてもいいですか?」なんて、結構色々言われてたけど、まぁ特に用事がない時は、出来る限り助けてました。 

 

 

 

そんなある日、故宮博物院に行きたいという彼を案内する事に。わしは、その昔の例えばお化粧品なり、貴族の使ってた道具なり、そういうのは見るの楽しいけど、書物だの焼き物だの全然分からないヤツなので、ついてすぐさま提案。  

  

 

(わし)「あのー、わし書物とか焼き物とか興味ないし、それぞれ自由に見回りましょ」 

 

(泡食い)「そこは僕が解説しますから、大丈夫です!」 

 

(わし)「(出来んでしょ)いやー、ほんとに聞いても分かんないから」  

 

(泡食い)「いや、なにを遠慮してるんですか?」 

 

(わし)「いや、マジで遠慮じゃなくてね…別にその…見たくないし…そこ興味ないし…。」 

 

(泡食い)「行きましょう!まずは3階から!」 

 

(わし)「はい…、っておい!つか、聞けよ、人の話!(後半は当然心の中で叫ぶ。今だったら言っていただろうにね。爆)」 

 

 

 

その後、意気揚々と歩き出す泡食いの後ろからついていくわし。この日、じっくり4時間かけて、ほぼ全部のエリア制覇…。書物エリア・焼き物エリアはわし、ショートカット+競歩でかけぬけようとするも、何度も何度も止められ…。なんでそんな時だけフットワーク軽いんだよ、お前。。 

 

 

 

しかも・・・ 

 

 

  

うるさい!!!!!!!独り言多すぎ!!!!!!! 

 

 

 

展示物の説明みては、 

 

 

 

 

「うん。。ふむ、なるほど、對,對,對・・・(なぜかここだけ中国語だ。。。)」 

 

 

 

 

 

とか、ずーーーーっとつぶやいてる。 

 

 

 

 

 

やかましいっちゅーに!!!!他のお客さんにも迷惑じゃろ。つぅかとりあえず黙って見ろや!あと、日本人って事を悟られないようにしてくれ!!!!!  

 

 

 

 

「連れと思われたくねぇ。。。」と、密かに距離をとりまくっていたことは言うまでもない。うるさくて、集中して見れんし・・・散々だ。 

 

 

 

 

ここまででも、十分伝説としてなりたつけど、もっとびっくりしたのはその後。。。 

 

ちょうど博物館を出たのが7時頃で、その後彼に誘われ、ご飯を食べたんですが、その後コーヒーを飲んでいるといきなり机に手をつき、 

 

 

 

「ちぃさんっ、僕相談したいことがあるんですが、聴いていただけませんか??!」 

 

 

 

 

という。 

 

 

 

 

 

 

いやです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてもちろん言えるはずもなく・・・・ 

 

 

 

 

 

(わし)「……はぁ、なんでしょう?」 

 

(泡食い)「実は…僕これでも昔は結構モテてたんです」 

 

(わし)「(一瞬思考回路が止まる)…………はぁ……。」  

 

(泡食い)「だけど、ここ数年全然モテなくて!」 

  

 

  

つぅか、その前、悪いけど、とても信じられないんですけど…。「妄想じゃ?」という言葉を必死で飲みこみつつ、ちょっと突っ込んでみることに。 

 

 

 

 

(わし)「へぇ~そんなにモテてたんですか。じゃバレンタインの時とか中学校・高校とか大変だったでしょ?」 

 

(泡食い)「いや、貰った事ないです、今までバレンタインは一度も」 

 

(わし)「…………へ?いや、えっ、?あれっ?」 

 

(泡食い)「そもそもチョコって学校に持ってきちゃ駄目じゃないですか。だからかもしれませんね。ちぃさん、弟さんとお兄さんいましたよね?学生時代とか、学校では貰わなかったでしょ?」 

 

(わし)「いや…学校でも貰ってたし、家に持ってきた子もいたけど…。」 

 

(泡食い)「えっ!!ああ、そうかぁ!その手がありましたよね!」 

 

(わし)「(心の中で:その手って…普通でしょうよこいつ大丈夫か?)」  

 

(泡食い)「だから、一番モテてたのは大学の時かな」 

 

(わし)「(こっから先聞くの怖いんですけど…)ああ、じゃあ女の子に囲まれて大変だったの?この時はチョコとか告白すごかったんだ?」 

 

(泡食い)「バレンタインの時期はいつも彼女いなくて、今まで貰った事ないんですよね。あと告白も生まれてこのかた、一度もされたことないですし。」 

 

(わし)「………へぇ~…(また話がおかしな方向に傾いてきたぞ…)」

 

(泡食い)「サークルが能楽(!)サークルで、女の子ばっかりだったんですよね。しかも彼女たち同人誌書くの好きで(それもどうか!!爆)よく、勝手に僕の名前使われたりして、本気で怒ったりしてました」 

 

 

 

 

 

 

 

囲まれてるの意味、違うじゃねーか!!!!!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

(わし)「あー、じゃあその子たちのうちの何人かと良い感じになってたりしてたんですね…」 

 

(泡食い)「いや、一度もないですよ」 

 

  

  

 

 

 

ちょー待てや!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

(わし)「え…だってモテてたって…さっき…。あれ?」 

 

(泡食い)「そうなんですよ、友達から“何でお前ばっかり女子に囲まれてモテてんだよ”とかすっごい言われちゃって。しかもその時期短い間だったけど、付き合ってた彼女がいて」 

 

(わし)「…………はぁ」 

 

(泡食い)「それに友達に彼女いる人1人もいなかったから、彼女いたの僕だけだったんですよね。だからお前ばっかりモテやがってとか言われて」 

 

 

 

 

その発言、その状況、あんたの友達…どんな人の集まりなの???汗汗 

 

 

  

 

そもそも、大学の時も全然友達いなかったって前言ってたじゃないですか…。  

 

 

 

 

(泡食い)「だから…最近はモテなくて」 

 

(わし)「……あのさー…」  

 

(泡食い)「なんですか??」 

 

(わし)「それ… 

 

 

 

 

モテるとは、違うから…。つぅかモテてたうちに入らないと思うんだけど。(言っちゃったよ!!爆) 

 

 

 

 

 

(泡食い)「でも、友達から」 

 

(わし)「あなたの友達の中ではそうかもしれないけど…。わしが言ってるのは世間一般的に見てってことです。」

 

(泡食い)「やっぱりですかー!うすうす気づいてはいたんですけど、そうなんですかね?」 

 

 

 

 

薄々気づくな!そこははっきり気付け!!!!!   

 

 

 

 

なんていうか…このポジティブさ…ある意味尊敬するよ、そこまでの域にいっちゃうと。 

 

 

 

 

その後、話は続き、 

 

 

 

 

(わし)「………まぁいいや、で、相談ってなんですか?」 

 

(泡食い)「それなんです!ちぃさん。。。 

 

 

 

 

 

 

僕いったいどうしたらモテるようになると思いますか??!!」 

 

 

 

 

 

 

 

 

知るかーーーーー!!!!!!!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(わし)「……相談ってまさかそれ?」  

 

(泡食い)「そうです!!僕はどうしたらいいと思いますか、どこを直したらモテますかね?」 

 

(わし)「…いや、それわしに聞くのおかしくない?モテる男に聞きなよ。」 

 

(泡食い)「いや、周りにいないので…。(そうだった…)女性の視点でお聞きしたいんです!」 

 

(わし)「女の子の友達多いんでしょ?そっちに聞けばいいじゃないすか。(なんでわしに聞くんだよぉ)」  

 

(泡食い)「いや、ぜひちぃさんにもお伺いしたいんです。1人でも多くの女性の意見を!どこを?どこを直せばいいですか?遠慮せず言ってください!」 

 

(わし)「(遠慮っていうか…興味ないし、しかも多すぎて言いきれんわ…爆)うーん……」 

 

(泡食い)「じゃ、ちぃさんの思うモテる男ってどんな男ですか?」 

 

(わし)「相手の話をしっかり聞けたりできる、中身が大人の人とかじゃないですか?女性の扱いにもほどよくなれてて落ち着いてるっていうか…。知らんけど。」

 

(泡食い)「ううっ、ううううう!!!」 

 

 

 

 

いきなり胸をおさえて、もだえ始める泡食い。 

 

 

 

 

(わし)「はっ?どうしたん?汗」 

 

(泡食い)「いえっ、思い当たる事が多すぎてっ!!僕できてないなぁって」 

 

  

 

 

 

そこは自分でもちゃんと自覚あるのね。。。 

 

 

 

 

しかし、ほんとに奇怪、奇怪、奇怪!!!!!

 

 

 

 

 

 

姉さん、本当にありがとう(ρ_;)

台湾にきて、早くも1年ちょっと経ちました。 

 

 

やっぱりそれくらい台湾におると、数々の出会いと別れってあるわけです。今までも仲の良かった友達の帰国を、いったい何回見送ってきたかなぁ。。 

 

 

 

友達との別れは、何度経験しても辛いし、なれないものです。またねー、寂しがり屋なもので、余計にね。。。 

 

 

 

そんな中、1年前に来たばかりの時、初めて同じクラスになって、ずっと仲良くしてくれてた姉さんがいました。

 

姉さんは綺麗だし、なんでもできる能力を持っている人。そして強さと同時に、すごい優しさも持ってる人。わしなんて、きっと頑張ってもこんな風になれないよなぁってくらい、すごく気もつくし、本当に素敵な姉さん。相談事も姉さんには必ず話してたし、いつも的確なアドバイスをくれていたなぁ。外見はすごく女性らしいのに、内面はすごく男前で、男よりな意見なので、恋愛にしろ、友人関係にしろ、美容関係にしろ、本当に色々助けて貰ってました☆ 

 

 

 

最初に同じクラスになった時も、「先生の話が~~!!何言ってるのかマジで分からん~~!!」とノイローゼ一歩手前(いや、マジでね、この時期凹みまくってたんす)のわしを、いっつも励ましてくれて、助けてくれてました。もちろんこの時のクラスメートと先生もすごく良かったから頑張れた事もあるけれど、姉さんの支えがなかったら、どうなってたのかってマジで思う

 

 

 

いっつも学校終わって、一緒にDVD室に行ったり、ご飯食べたり、たくさんの時間を過ごしてたなぁ。姉さんが学校やめた後も、ちょくちょく連絡とりあって、ランチしたりお茶しに行ったり。 

 

 

 

そんな姉さんが明後日、日本に帰国します

 

 

 

これはわしにとって、かなり大きな事です。なんか未だに実感わかないし。今日もランチ&カフェ&ネイルサロンに行って、その間ずっと話していたけど「ちぃちゃん、うちら、本当にしばらく会わなくなるんかね??」「いや、来週もおるやろ?台湾に(笑)」「そやねん、実感わかへんねん、本当に今日で最後??」「わしだってわかないよ!つぅか帰らんっちゃない、本当は?」「そうかも!来週もいたりしてなぁ。爆」なんて、いつもと変わらない会話をしてたし。えー、本当に?本当に帰っちゃうのかな?笑 

 

  

でも、本当にこれから…色々頑張っていかないとな。もちろん何でも話せる友達もいます。でも姉さんは姉さん、姉さんに代わる人は、やっぱりいないわけで。 

 

 

今はメールなり、チャットなりあるけど、実際会えないのと会えるのとでは全然違うもんね。 

 

  

 

色々目標もあるし、話を聞いてると、「もしかしたらまたすぐ戻ってくるんじゃない?」っていう気がしない事もないので、余計に「しばらく会えなくなるだけだし、きっと戻ってくる」という変な自信があるのはなんでだろう。笑  だからこそ、きっと実感もわかないのかなぁ。苦笑 

 

 

 

なんにせよ、今までみたく、頻繁には会えなくなるし、わしもその間頑張らなくっちゃ!!今度会う時までには中国語姉さんくらい話せるようになるから!恋愛面でも頑張るから!と約束したので、頑張るぞーー 

 

 

 

日本に帰ってからも、姉さんが元気に頑張れますように☆そして、台湾に早く帰ってきますように(←オイ!爆)

 

 

  

そういえば、ひとつプチ報告☆近々引越しします、たぶん☆今日見に行ってきたんだけど、今度はシェアハウス生活になるかもです 

 

 

ちなみに今日そこの人と友達(はそこに住んでいる)と話していて、「中国語の発音もなかなか綺麗だけど、日本人でそこまで台湾語の発音綺麗な人、あんまりいないよ!」と言われ、ちかっぱ嬉しかったわしです☆褒められたらのびる子なのよっ、褒めて褒めてー!笑 

いや、もちろん中国語がまず第一目標で、そっから外れてる気がしなくもないけどさでもそれはそれでむっちゃ嬉しいことで☆☆ 

 

 

  

色々とまた周りの環境、今までとは少しかわるけど。。。でも。。。。 

 

 

 

 

  

わし、頑張るけん!!!!

奇怪生物・泡食い。

さて、思いのほか反響があって嬉しくなってしまったわしは、「第2弾泡食い伝説」をまたまた語る事にします。。。 

 

 

泡食いは、相変わらず毎日のように何かしら伝説の残してくれるのですが、その中でも比較的インパクトの強い話を前回・今回とピックアップして紹介です♪ 

 

 

これは1,2ヶ月くらい前かな。 

 

  

授業が終わり、いつも追っかけてくる泡食いをまくため、すごい早足で教室を出たわし。と、また後ろから足音が!ひぃぃぃぃー!とにかく後ろを振り向かず、図書館に一目散。やっとたどり着いて「ふー。。」と一息ついたのも束の間・・・、 

 

 

 

 

ご一緒してもいいですか?? 

 

 

 

 

おそるおそる顔をあげると、そこに泡食いの笑顔。 

 

 

 

…ほかにも席いっぱいあいてるやん別にそこに座る必要なくね? 

 

 

 

 

…なんてことは言えないし。だいたいこんな場合、「はぁ…、どうぞ」としか言えんだろう!!!! 

 

 

 

しかし、その後も何かと話しかけてくる泡食い。ていうか…お前なァ・・・誰が見ても、今わし必死に宿題してるやん。話しかけられても「そーっすね」と目も合わさずに空返事してるやん 

 

 

 

 

 

気づけよ!!!!!空気読めよ!!!!! 

 

 

 

  

でも見事なくらい、こういう空気にも気づかんのんですよね、彼は…。ある意味、空気を読めないという点では天才かもしれない。いや、天才の使い方違うか。 

 

 

その後、MP4を嫌味とばかりに取り出し、聴きだすわしを見て、さすがに彼の話はストップ。「しめしめ」と思っていたら、ツンツン・・・・。は? 

 

 

 

 

シャーペンでつついてきて、何か話しかけようとしてる・・・。 

 

 

 

 

 

その折れない心にある意味乾杯!!!!(完敗か?) 

 

 

 

 

 

「……何すか?」と若干キレ気味で聞いてみる。「あっ、いやっ、あの、宿題のことなんですが、これってこうですよね?」「……はぁ、たぶん…。」 

 

 

 

 

さすがにこの時は気づいたよう。ていうか、もっと早い段階に気づけや!! 

 

  

 

 

その後、お昼の時間になり、「10時の授業終わったら、図書館席埋まるしなぁ」と思い、「泡食い1時くらいまでここにいるって言ってたな確か。荷物見ててもらおう♪」と思い、 

 

 

 

(わし)「1時くらいまでいるんですよね?」 

 

(泡食い)「あ、はい、そのつもりですが、何か?」 

 

(わし)「いえ、あの、わし今からご飯食べてくるので荷物をですね…」 

 

(泡食い)「じゃあ行きましょう!」 

 

 

 

 

 

いやいやいやいや、違う違う違う違う!!!!誘ってねーって!!!荷物荷物!!荷物見ててほしいんだって!!!つぅかあんた前に昼ごはん食べん言いよったやん!!!!! 

 

 

 

 

 

 

なんて心の中で叫びたい気持ちをこらえつつ、 

 

 

 

 

 

(わし)「いやっ、泡食いさん(※本名)、昼ごはん食べないんでしょ?だから荷物見てて貰えないかと・・・。」 

 

(泡食い)「いえ、入りますから!行きましょう!」 

 

 

 

 

 

 

はー・・・・・・・・・・・・・。なんでこうなるんだよぉぉぉぉぉぉぉ 

 

 

 

 

 

 

その後、食堂でご飯を食べる。しかし、これが裏目に出る結果に。学校の食堂安くて、まぁ種類もあるから、初めてきた泡食いは大変気に入ってしまったのです! 

 

 

わしもよく、昼だけでなく、夕方とかにも通っていたんですが・・・。 

 

(泡食い)「ここマジでいいですね!!僕これから通う事にします!!」 

 

 

 

 

 

 

来んじゃねぇえええええええええ!!!!!! 

 

 

 

 

 

 

とは言えず、「そう・・・よかったですね、アハハハハ」と紹介した我が身を呪いつつ、ひきつった笑顔で返しました。 

 

 

 

それからは「夕方の5時くらいに、よく行きます。でもちぃさん前に5時半くらいに行くって言ってましたけど、会いませんね!」とは泡食い談。 

 

 

 

 

 

だってわし、時間ずらすなり、新しい所開発してるもんねーだ

 

 

そんな泡食いに「相談があるんです」と言われてその内容に度肝を抜かれた事件、イタイほどの勘違いっぷり事件、プチギレ事件2、おかしいのはアンタ事件、どこまで分かってんだ事件、結構です事件、日々伝説を作り続ける泡食い・・・。これから少しずつ紹介していきたいと思います。ふふふ 

 

 

 

 

そんな泡食いは最近太った事を大いに気にしているらしく、ダイエットのため、ジョギングを始めたと数日前に語っていた。 

 

なので、最近、   

 

 

(泡食い)「ああー、僕本当に最近太っちゃって!嫌だなぁ!!」 

 

(わし)「(心の中で;言われなくてもみりゃ分かりますって)あーでもこの間ジョギング始めたって言ったじゃないですか。毎日走ってるんでしょ?」 

 

(泡食い)「毎日じゃないです!!!(なぜかちょっとキレてる。なんでじゃい)」 

 

(わし)「あ、そ、そう。でもああいうのって毎日続けないと効果ないんじゃないですか?」 

 

(泡食い)「さすがに毎日はできないですから!!!」 

 

 

 

つぅか、なんでそこでイラついてんだよーじゃあ話ふってくんなよー 

  

 

 

やっぱ奇怪(qi2 guai4)ね・・・・苦笑 

 

 

 

 

 

 

ちと怖い話をば…。

なんでって言われても、なんとなく思いついたとしか言えないんですけどね(笑) 

  

霊的なもんも、そうじゃないもんも、とりあえず思いだしたものを書いてみた。この間友達と高校時代の時とかの話をしていて、「そういや先生がたまに授業とは全然違った話をしてくれたよね~」なんて話から、思いだした事をつらつら書いてみようと思ったわけで。  

 

 

グロい系、怖い話が駄目な人はここでやめておいてくださいね。 

 

 

 

中学校のM先生の話。 「落ちてきた男」 

  

昔な、俺の友達から聞いた話なんだけどさ、ある日街を歩いていたんだって。その時頭上から「あああああーー」という声がした。上を見ると、背広を着た男がビルの上から落ちてきた。そこでバッと目が合ったそのとたん、彼の前に男がグシャッと・・・。もちろん即死。 

そう、つまり彼の人生の最後に目が合ったのが俺の友達でな。しばらくは1人で眠れなかったそうだよ。 

 

 

 

 

高校のM先生の話。 「足元には」 

  

 

これは私が実際に体験した話だ。高校の時だったと思うんだがクラスメート何人かと、ホームでふざけて電車を待っていた。その時誰かが「ホームのすれすれの所で立ってられるか?そんな度胸ないだろう?」なんてやり始めた。 

そこでみんなで「やってやろうじゃないか」って話になってな。みんなで横一列になって、ホームすれすれの所で電車を待っていた。と、同じホームにちょうど電車が入ってくる側に1人サラリーマン風の男が立ってたんだ。だけど、俺たちは特に気にもとめずにホームギリギリで踏ん張ってた。 

そんな時ホームに電車が入って来てな。俺たちは誰一人としてそこから動かず、電車の止まるのをまって、「どうだ!」と言いあってた。すると一人の友達が「うわーー!!」と叫んでその場で腰を抜かしてしまった。彼が指さしたのはちょうど足元。電車とホームの隙間だ。 

 

そう、そこに人?いや…それはもう人とは言えなかった。肉の塊が挟まってた。 

 

そう、さっき見たサラリーマン風の男が自殺を図って、彼の体はホームと電車に挟まれてそのまま引きずられていたんだな。あれからしばらくは食事するのが大変だったよ。 

 

 

 

 

母の知人の話。 「窓から…」 

 

 

福岡に有名な犬鳴き峠っていう場所がある。福岡人なら誰しもが知ってる有名な心霊スポット。とくに今は閉鎖された旧犬鳴きトンネルの辺りでは、いろんな話がささやかれている。 

そこで母の知人が知り合いに聞いたという話。 

 

ある日、ダブルデートをしていた若いカップル。夜遅くまで市内で遊んでいて、「肝試しに犬鳴き峠へ行こう」って話になった。道を知ってる一組が先頭を走り、もう一台があとからついていくことになった。 

 

峠を走っていて、ちょうど中盤に差し掛かった頃か。いきなり後ろの車がクラクションをずっと鳴らし始めた。前を走っていたカップルは「うるさいなぁ」「何なのかしら」と言い合っていたが、とりあえずそのまま走っていたそう。  

 

 

ようやく峠をすぎ、前の車がとりあえず道端に車を止めた。すると後ろの車も停車し、中から二人が降りてきた。 

 

 

「お前、さっきなんでクラクションなんか鳴らしてたんだよ」 

「そうよ、うるさかったわ。なんだったの?」 

 

前のカップルが後ろを走っていたカップルの男に詰めよった。すると、 

 

「えっ、お前らには見えなかったのか?!」 

「えっ?なにが?」 

「お前らの車、窓を開けて走っていただろ?その車の窓から、1人の老婆が必死に中に入ろうとしていたんだよ!!!!」 

 

 

犬鳴きで結構怖い目にあったって話、わしの周りでもいくつか聞いたことがあります。わしはビビリなので、行ったことないけどね。(でも子供のころ、車で通ったことあるぞ、とこの間父さんに聞いて、ヒー!!っとなりました。。苦笑)  

 

 

 

 

 

大学のC先生の話 「エレベーターの中には…」 

 

 

今通ってる師範大学の先生が、この間授業中に話してくれた話。 

とある大学に医学部があって、そこは地下4階(5階だったかな)まであって、その一番下の階に解剖室があったの。医学部なので、もちろんそこで解剖実習などが行われるわけね。 

そんなある日、1人の学生がエレベーターに乗って最下層まで降りていると、途中の地下3階でエレベーターが止まって、同じ学部の友達が一人エレベーターを待っていたの。 

 

「おう、乗れよ」 

「いや、階段でいくわ」 

「は?なんで?」

 

そんな感じで、とりあえず友達はエレベーターには乗らなかったの。さて、エレベーターは最下層について、降りるとちょうどさっき3階であった友達も階段で下りてきた所だった。 

 

「お前、なんでさっき乗らなかったの?」

「え?だってさっきお前の後ろにいっぱい人がのってたからさ」 

 

エレベーターには、彼以外誰ものっていなかったはずなのにね…。 

 

 

 

 

そういえば台湾にも結構心霊スポットってあるらしい。まだ行ったことないけど(ていうか行く気もないけど。苦笑)、どこの国でもこういう話ってあるのね。。。

第12弾「りんご日報」(人間キレたら何するか分からないね編)

久々のりんご日報です☆今回は「いろんな意味で、人ってキレたら何するか分からないね編」をご紹介。 

 

 

 

1つめ。 

 

ある所に家族に対してそれはそれは厳しい元将校のオヤジ(41歳)がいました。 

  

 

奥さん(42歳)に対しては… 

La13_001  

「大きいものから小さいものまで順序良く、綺麗に干せ!!」 

  

 

 

息子(13歳)に対しては…

 

La13_002   

息子の物まで厳しくチェック!「なんだ、もっと綺麗に使え!!」「この消しゴムは昨日検査したものと違う。盗んだんじゃないだろうな?!」 

 

 

 

ずっと耐えてきた母子ももう限界。ついにブチきれた妻が離婚訴訟を起こしたってわけです。養育権とかを争ってたみたいです。 

 

このおやじ、なんでもすっごい細かい性格だったらしく、食器の置き方、たとえば戸棚に置いてあるやかんの向きなどにも厳しかったというから驚きです。そりゃ離婚したくなるって話だ。とにかく家庭の一切を仕切ってたらしい。 

 

養育権も奥さんの方が持てるようになったそうで、良かったね☆ 

 

 

 

2つめ。 

 

こちらはちょっとバイオレンスです。 

 

ちょっと前の記事なので、どこで起こった事件かは忘れましたが、長年夫の浮気に悩まされた妻が、夫をめった切りにして殺害してしまったっていう事件です。 

 

Ln01_005  

 

 

 

惨いことに、その夫のそばにはまだ幼いお孫さんが寝ていたという事。自分の目の前でおばあちゃんがおじいちゃんを手にかけてしまったのだから、この子の心の傷ははかり知れませんね。。。。 

 

 

その3、 

  

これも場所は忘れてしまいましたが、長年妻に対してDVを繰り返していたオヤジ。 

  

 

Ln08_003  

酒を飲んでは、奥さんに暴力。 

 

 

 

 

見るにみかねた子供たち(のちの奥さんも加わる)が、オヤジをみんなでボコボコに。 

 

 

Ln08_004 Ln08_005

 

「やっちまえーー!!!」 

 

  

こうして親父は大怪我を負いました…。 

 

でも、台湾でもこのDVの問題はかなり深刻なんだそうです。とある統計によると4人に一人は経験しているとも。 

 

街中でカップル見てると、どう見えも男の人のが女の人の尻にひかれてる感じだけど、結婚すると変わる男性がおおいんだそうだ。でも実際そういう話、結構周りで聞く。 

 

 

その4、 

 

ネットで知り合ったとある男女。 

 

実際に会った際、ちょっとしたトラブルから、女性が友達に頼んで彼をぼこらせたとか、確かそんな内容じゃなかったかなー。「賠償金払え」「やなこった」「なにぃこの野郎!」みたいな事から喧嘩になったんじゃなかったかなぁ。 

 

 

Ln07_006 Ln07_007

  

友達を連れて、深夜の公園でリンチ!!! 

 

 

なんにせよ、2対1とは汚い!正々堂々とやりましょう(そういう問題じゃありません) 

 

 

その5、 

 

こちらは本日のニュース。台湾ではなく、お隣中国の浙江省の事件です。 

 

41歳のオヤジが、「8歳の娘についた憑き物を祓う」と親戚と共に、読経しながら自分の娘を何度も殴打。また夜半1時から明け方5時まで、今度は電線を使い、またもや読経しながら女の子を殴打。様子がおかしい事に気付き、病院へと連れていきましたが、すでに少女は死亡。  

 

 

La17_008  

 

 

 

「このような父親こそが鬼だ!」という一文でしめくくられたなんとも痛ましい事件。でも日本でもこういう事件って昔から「きつねや悪魔を祓う」とかって、何度か起こってますよね。どこの国でもあるんですねー。 

 

  

 

今回は人間キレたら何するか分からないね編をお送りしました! 

 

気付けばりんごの記事も第12弾!これからも楽しいニュース、おかしなニュースをご紹介しまーす☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、だから…。

変わった人って結構おりますなぁ。わしもまぁいい加減変わっとる方やと思うけどさ、「上には上がおるなぁ」って思う事、結構あるわけで。 

 

 

変わってても「面白い~☆」っていう変わり者なら全然大歓迎だし、むしろ友達になっていただきたい(笑)でもねぇ、意味の分からない変わり者には、やっぱり誰でも出来ればお近づきになりたくなかって~~~!  

 

 

台湾に来て、それこそ「日本でも出会った事ねぃ」っていうような猛者に対峙した事もあったけど、その分野とは違う猛者に数ヶ月前会いますた…。キッカケは同じクラスになってしまったこと…。ってこんなの避けようないじゃないか!(爆) 

 

 

 

 

なんていうんでしょう…彼の行動は仕草は考え方は… 

 

 

 

 

 

 

とにかく芝居じみてるし、理解不能!! 

 

 

 

  

 

なんていうんかなぁ、動きは「古畑任三郎」的な、あんな感じ。いちいち仕草がオーバーだというか…。そしていきなり意味のわからない所でキレる先学期から、3度ほどプチギレしてる所を見たけど「いや、そんな所でキレんなや。。汗」って所でキレる。「僕なんて、まだまだです」とか言っておきながら、実はむちゃくちゃプライドが高く、ちょっと冗談めいたこと言ったら、いきなりイラッとされるので、タチが悪いよ…   

 

 

 

 

そして、何よりすぐにテンパる。とにかくテンパる、それも、 

 

 

  

尋常じゃないテンパりよう!!!!!

 

 

 

 

なので、わしは心の中で彼に密かに、 

 

 

  

 

泡食い。 

 

 

  

 

 

 

というあだなをつけている。なんか妖怪とかでおりそうやない?笑

 

 

 

 

で、そんな泡食いの先学期のプチギレ事件。 

 

 

 

 

授業が終わり、それぞれ教室を出ていこうとしていると、いきなり 

 

 

 

 

 

 

  

何やってるんですかああああぁあっぁあああ!!!!ちょっとぉぉぉぉぉおおおお!!!! 

 

 

 

 

 

 

と日本語で叫ぶ声。あまりの声の大きさに、教室を出ていこうとしていたクラスメート達、びっくりして声のする方を見てみると、泡食いが韓国人のクラスメートのおじさんに日本語でぎゃーぎゃーわめいてる。 

もちろん韓国人のおじさんは日本語なんてわからないし、なんで怒鳴られてるのか理解出来るはずもなく、「えっ?なに?どしたの?!」という感じでオロオロしてる。別のクラスメートも「なに?彼どしたの?」と言い、とにかくびっくりしてる。 

 

 

 

 

(わし)「ちょっとちょっと!どうしたんよ?!」 

 

(泡食い)「どうしたもこうしたもないですよ!!!彼が!!あー!!またやってるし!!触らないでくださいよぉぉぉぉぉ!!!!」 

 

(わし)「だから、何をそんな興奮してんの!」 

 

(泡食い)「ちょっと見てくださいよ!!!彼が僕のテキストを見せてくれっていうから見せたら、手に唾付けてページめくってるんです!!!ちょっと!!ちぃさんも見てないで、なんとか言ってくださいよぉぉぉぉ!!!!怒」 

 

  

どうも、あの年輩の方がよくやる(昔学校の先生とかもテスト返す時やってたよなぁ。。苦笑)手に唾付けて、泡食いの教科書のページをめくる韓国人のクラスメートにキレていたもよう。。。。はー…………。 

 

  

(わし)「ちょっと落ち着いてよ。そりゃ嫌なのは分かるけど、いきなりそんな怒鳴ったって、しかも日本語で分かるわけないでしょーよ」 

 

(泡食い)「ハッ!!(少し冷静になった模様)」 

 

(わし)「いきなりそんな大声出してみんなびっくりしてるやん。言っちゃ悪いけど、癖なのか、韓国人はそうするのかは分からんけど、そんな事でキレても、彼(韓国人のクラスメート)可哀想だよ。」 

 

(泡食い)「自分とした事が取り乱してしまいました。お恥ずかしいです!すみません、ちぃさん、すみません!!」 

 

(わし)「いや、わしに謝るのは違うでしょちゃんと彼に説明してあげないと」 

 

(泡食い)「すみません、ちぃさん、すみません!!!」 

 

 

 

 

いや、だからー・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

クラスメートが「どうしたの?!」というので「何でもないよ、ちょっと勘違いしただけみたい」と言って、とりあえずみんな教室を出てく。わしも図書館に行くため、階段に向かっていると、 

 

 

  

 

ぃさーーーーん!!!!! 

 

 

 

 

 

 

と後ろからすごい足音と共に、泡食いが走ってきた。ヒーーーー!!! 

 

 

 

 

 

(泡食い)「先ほどは本当にすみませんっ!!自分取り乱してしまいまして!」 

 

(わし)「いや、別に気にしとらんから。ていうか、さっきも言ったけど、わしに謝るのは違うけんさ。謝るのは○○さん(韓国人のクラスメート)にね。」 

 

(泡食い)「すみません!お恥ずかしい!!それでお詫びにこの本をお貸ししてさしあげようと」 

 

(わし)「(心の中で:お前なァ…人の話聞いてんのか?)」 

 

 

 

泡食いが差し出した本は「中国の妖怪だか何だかの短編集」みたいな小説。これは…かなり読みまくったんでしょう、すっごい読み込んだ感がする一品・・・。ていうか…あの…別にいいです 

 

 

 

(わし)「……。いやー、気を使わないでください。いいですいいです!」 

 

(泡食い)「いえ!ぜひ読んでください!」 

 

(わし)「いや、あの…多分あんまり時間もないと思うし、(さすがに興味ないからとは言えない!)ほらっ、なんか折り目とかもついてるし、大事な本なんでしょ?」 

 

(泡食い)「いえっ、もう数十回と読んでいるので、内容はここ(頭を指さす)にしっかり入っていますので!遠慮なさらず!」 

 

(わし)「いや…あの…あっても多分読まないだろうし(言っちゃったよ!!)」 

 

(泡食い)「遠慮なんかしなくていいですからっ!(しとらんわー!)はいっ!どうぞ!この話とこの話が実に面白いんです!(と、目次を見せていくつか指さす」 

 

(わし)「…………有難うございます…。時間あれば読んでみます…。」 

 

 

 

 

とりあえず一話だけ読んでみたけど、なんと救われない話だよ(汗)とそれ以上読むのをやめました。翌日返すと、 

 

 

 

 

(泡食い)「そんなに楽しかったですか!!!全部読んだんですか?どの話が面白かったですか?!」 

 

(わし)「いえ、すみません、実は一話しか読んでなくて…。なんか切ない気持になる話でした、あははははは…。どうも有り難うございました…。」 

 

(泡食い)「他にも似たような本、また中国古代医学の本なんかもありますけど」 

 

(わし)「……それはまたの機会に。あははは」 

 

 

 

 

とにかく距離感、空気を読めないという点では、今まで出会った人の歴代一位だ…。それくらい彼の伝説はまだまだたくさんありますです…。 

 

 

 

クラスメートになって、半年もたたんというのに…恐るべし泡食い… 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

なんていうんでしょうか。昔学年に一人はいた「普段はおとなしいが、キレたら椅子を振り回して泣きながら怒る」っていうようなタイプ?(苦笑)  

 

 

 

 

最近あったこと、思ったこと、やったことをまとめて書いてみよう♪

最近あったこと、思ったこと、やったことをまとめて書いてみよう♪ 

 

 

その1、ネイルショップ初チャレンジ☆ 

 

初めてネイルショップに行ってみた♪日本では仕事してた頃は絶対無理だったし、高いイメージもあったので行ったことなかったんだけど、安いのに(250元・約750円だ)甘皮処理までしてくれて、ネイルを塗ってくれる☆もちろん色は自分で選べて、可愛い☆  

 

でも手はやっぱり使うから、1週間くらいしかもたないんだとか。早くも右人差し指はげかけてきてるしうう、悲しい 

 

ちなみに来週はペディキュアの方をやってもらいにいく予定☆足だと結構もつらしいし、ミュール履けるのもあと少しやもんね☆こちらの方は300元なんだと♪

 

006  

おおお、爪がぷっくりしとります☆  

 

 

 

その2、月餅がぁぁぁ~~~!!! 

 

10月3日は、台湾の中秋節。日本でも10月に中秋の名月なんてよく言われてても、実際お月見する人とかって滅多にきかないですよね。(わしん家ではたまに母さんが“いちおうね”とかって大福とか買ってきてたっけな♪)でも台湾では、これは春節、端午節と並んでとても大事な行事なんだそう。 

この日はみんな家で焼き肉をするのが一般的。でもこの習慣、ここ10年、20年くらい前から始まった新しい習慣なんだそうだけどね。「なんで?」って聞いたら、どの人に聞いても「肉やタレ業者の陰謀だね」と言う(笑)

 

で、この時期忘れちゃならんのが、月餅!(yue4 bing)なんだろ、日本にないものだけど、おまんじゅうに近いかなぁ。。なかに餡みたいなやつが入ってるけど、甘いものもあれば、そうじゃないものもあり、なかに卵の黄身がどどーんと入ってる。  

 

 

☆月餅…中国菓子の1つで、小麦粉の皮の中に、餡、またはナッツや種実、蜜漬けの干し果実等をいれ、丸く平たい形にして焼いたもの。四角形や六角形のものなどもある。 

ちなみに韓国人の同学曰く、韓国の月餅は丸ではなく、半分の形なんだとか(半月形) 

 

 

で、この時期になると、これをすっごい貰う機会が多い!それも端午節の時のちまきとは比にならんほど、むちゃくちゃ戴いた。。。ちまきも結構な数だったのに、月餅の数は今年すごかった。。うっ、嬉しいけど、吹き出物体質には、これは辛い!だって目の前にして食べれないんやもん~~!!!(涙)

 

色々貰ったけど、自分で食べれたのは「水密桃味」のやつだけ。これも半分だったけどね(苦笑)本当はせっかく戴いたものだし、気持ちがこもってるものだろうから、全部食べたかったけど…友達におすそわけして、手伝って貰いました。 

 

来年も台湾にいて、中秋節には月餅を食べて、友達とお祝いしたいものです☆ 

 

002 003  

  

 

 

 

 

 

その3、停電にビビる。 

 

昨日ネットをしていたら、いきなり停電!「わっ!なんだなんだ!」とびっくりして、懐中電灯を手に廊下に飛び出すと、同じアパートの住人の日本人の男性も廊下にちょうど出てきた。「これなんスかね?!」「ブレーカーが落ちたわけじゃないよね」なんて話していたら、もうひとつ部屋の扉があき、こちらからもう一人日本人男性の住人の方が出てきた。話を聞くと、なんでも検査停電?なんだとか。「表の扉に張り紙あって、今日10分間くらいだけ停電になるって書いてありましたよ」とのこと。 

 

最初に出てきて、時々お話もする男性もわしも、基本裏門から出入りしてるため、その張り紙の存在を知らなかったのでありました。すみません、お騒がせしましたー! 

 

でもPCつけてなかったら、部屋の中真っ暗だっただろうし、あー焦った。

  

 

その4、ミクシィのアプリにハマる。 

 

最近ミクシィがアプリなるものを始めた。簡単にいうと、ゲームみたいなんがいっぱい。中でもわしは「みんなの農園」「国旗当てクイズ」「漢定(みたいなやつ)」にハマってる。 

 

「みんなの農園」は友達の農園に手伝いに行ったり、気付けば友達が来てくれて、水をあげてくれていたり、代わりに収穫してくれてたりする。「あ、○○来てくれてたんだ」なんていうのが結構楽しいし、作物が育った時もこれまた嬉しい★ 

 

「国旗あてクイズ」は難しいぞー!!だって聞いた事のない国名とか見た事もない国旗が容赦なくバッシバシ出てくるけんね!お手つきは3回まで!わしの最高記録は今のところ33問だけど、これをなかなか超えられん!昨日も31問までは行ったけど、なかなかねー。あれって結構運もあると思う。だって早い段階で「ナイジェリア」とか「二ジュール」なんて言われても、分かるわけないし!(苦笑) 

 

「漢検」もこれまた難しい!!「これってこう読むのか!」って驚く事多し!まだ最高21問なので、もっと頑張りたいなー!でもこれも大いに運もあると思う(苦笑) 

 

 

その5、マニキュアでお絵かき。 

 

ネイルを集めるのが好きやけど、安いのとかは結構すぐ固まっちゃって、使えなくなったりする。無理に使おうと思っても、デロリーンって感じで全然綺麗にならないし、しかも乾きも悪かったりするし。なので最近使えなくなったマニキュアを使って、いろんな物にお絵かきしてしまう。 

たとえば何の変哲もない歯ブラシでも、結構可愛くなったりするんだよ☆ 

 

011  

 

こんな感じ★ 

 

 

 

 

その6、金魚すくいを思い出す。 

 

わしは食べることが何より好き★だから日々「あのお店入ったことないな」って所に、1人でひょいっと入ったりする。 

中でもバイキング形式の所がやっぱ好き。自分の好きなものを好きな量だけ入れられるし、野菜も摂れる。 

 

基本的にそこで食べて帰る事が多いけど、たまに持ち帰りもする。その時、ご飯やスープをこっちの人は袋に入れて持って帰るんやけど、 

 

001  

 

金魚すくいを思い出す(笑) 

 

 

 

しかもこの紐、自分で結ぶんだけど、すっごく簡単に結べて、解くのもこれまた至って簡単★なのに絶対落ちないし。これぶら下げて帰ってる自分がちょっと嬉しい。なんか現地の人に溶け込んでる感じじゃない? 

 

 

 

その7、台北駅地下街はやっぱ良いな★ 

 

昨日友達と台北駅地下街を散策してたんやけど、ここのDVDとかVCDの品ぞろえは光華にひけをとらんと思うのはわしだけかなぁ。 

ワゴンセールのやつとかもむちゃくちゃ安いし、昨日はニコラス・ツェーのDVD、VCD,そしてずっと見たかった「王の男」のVCDを購入。(これに出てる、リ・ジュンギむちゃちゃかっこいいとです。。。) 

 

012  

 

 

 

ちなみに前のクラスの同学の韓国人の友達の実家はジュンギくんの実家とむちゃくちゃ近かったらしい!でも彼女いわく「そんなにかっこよくなかったけど」だって!オーイ!!笑 

 

 

その8、台湾版蒟蒻畑にハマる。 

 

スーパーとかにはあんまり売ってないけど、ブリーズとか百貨店の食料品売り場で比較的安く手に入りやすいのが台湾版蒟蒻畑みたいなやつ(EXCELって名前になってます)。味もいろんな種類があるし、文句なしに美味しい★小腹がすいた時、さっと食べれるので、ハマっとります。カロリーもめっちゃ低いしね☆ 

 

015

 

  

 

 

その9、思わぬ所に! 

 

昨日友達に大学近くのおいしいイタリアンの店に案内してもらった。そんなに高くないのに、むっちゃくちゃ美味しくてビックリ!前を何度かとおった事はあったのに、「高そうだし」と思って思いっきりスルーしてたょ!! 

 

その横にこれまた可愛い雑貨屋さんがあって、こちらにもびっくり!しかも結構安いし!部屋のシャワーカーテンが黴にやられていたしと、めっちゃ可愛いドット柄のやつと、イチゴの絵が可愛いシャンプーボトル、それからブルーベリーのお香を購入。 

 

013 014

  

どっちも安くて可愛いーー★ 

 

 

 

大学付近は案外まだ散策してない所が多いなと再認識。開発開発!

  

 

 

その10、温州乾拌麺に行ってみた。 

 

青木由香さんの「台湾ニーハオノート」に載っていたお店。この乾拌麺がすっごく美味しいとかいてあって、貧吃鬼(食いしん坊)のわしは、今日のお昼にさっそく行ってみた! 

 

これだけじゃ足りないだろうと、野菜と魚丸湯(魚の団子のスープ)と乾拌麺をオーダー。ちなみに店員さんも感じ良かったですよ☆ 

 

お昼まで時間があったので、今日は持ち帰りにしてみた。 

 

007  

 

 

 

味は…うん、確かに麺が硬めでおいしい★なんだろう…塩焼きそばじゃないけど…シンプルなんだけど、味もしっかりついてたし。 

ただ、わし的に実はもっと感動したのは、実は魚丸湯の方。今まで食べた事のない魚丸湯だった。なんでかっていうと、魚のすり身?の団子の中に、 

 

 

008  

中に肉が入ってる~~★ 

 

 

 

これがマジで美味しい★★台湾に来て、いろんな魚丸湯飲んで(食べて?)きたけど、ここが一番かも。ここにはワンタンスープもあったから、次回はそっちをオーダーしてみようと思う。たぶんここにハズレはないような気がする。 

 

 

 

 

なんか最近あったことを、取りとめなく書いてみますた★ 

 

 

 

最後に…この間ドラマ見てて思ったけど、よく電話してるシーンで相手が自分の言いたい事だけ言って、一方的にガチャッと電話を切ったりするシーンがあるけど、電話が切れた後もよく「おい、ちょっと!もしもし!」とかって言ってたりするけど、あれって実際言わんよね。切れてる事分かってて、言ってたら、それはちょっとやばかですやんね。笑

男の見る目と女の見る目。

先日、台湾の弟と言語交換をしていると、こんな話が出ました。 

 

 

 

「そういえば、僕の友達が日本企業で働いてて、“日本語をもっと勉強したいんだけど、なかなか機会がないんだよね。誰か一緒に勉強できるような人知らない?”っていうんだ。姐姐(姉さん)会ってみる??」 

 

 

 

弟弟はもうすぐ日本の大学に行ってしまうし、もちろん友達はおるけん、いいっちゃいいけど、でも言語交換してくれる人が1人でも増えるのはこちらとしても有難い。「そっか。じゃ紹介してもらおっかな」と思っていたら、 

 

 

 

 

弟「あ、そうだ、彼ね、僕の友達の中で一番イケメンだよ(^-^)」

 

 

 

 

 

 

わし「(即効で)お願いします!!!!(爆)」 

 

 

 

 

 

 

まぁもちろん冗談半分ですけど(じゃあ半分はなんだよ!笑)、いやでもイケメンを見つつお勉強できるなんて、そらあなた願ってもない事でしょーがっ☆ 

 

 

しかしそこでこんな話に。 

 

 

 

 

(わし)「でもなぁ。。弟弟がいう男前って…はたして本当に男前かなァ…」 

 

(弟弟)「本当だよ!僕の友達の中で一番かっこいいもん!」 

 

(わし)「…ふーーん」 

 

(弟弟)「なんでー?!」 

 

(わし)「だってさ、前のわしの同学(クラスメート)と会った時、彼の事かっこいいって言ってたけど…悪いけど、顔だけで見たら、女性10人みたら9人はイケメンじゃないっていうと思うけど。(わしもひどいな)」 

 

(弟弟)「えっ!そうなの?!そうかなぁ」 

 

(わし)「弟弟優しいから、気を使ってるんでしょ?」 

 

(弟弟)「いや、本当にかっこいいと思ったんだよ。」 

 

(わし)「……なおさら怪しいな…苦笑」 

  

(弟弟)「本当に!本当に僕の友達はかっこいいから!それにほら、僕の好きな俳優と姐姐の好きな俳優さん偶然にもかぶってたじゃない!ていうことはきっと同じ意見だと思う」 

 

 

 

そうか、そういやそうだ…。 

 

 

 

わしの好きな台湾の俳優さんと弟弟の好きな俳優さん、めっちゃかぶってて、最初聞いた時はお互いびっくり!ちなみに以下の二人がそう。 

 

  

 

 

P3  

  

ロイ・チウ☆☆ 

 

 

 

558  

ニコラス・ツェー☆☆ 

 

 

 

 

しかもその後、弟弟の口から驚くべき言葉が。 

 

 

 

 

 

(弟弟)「彼、ロイ・チウ系だと思う」 

 

 

 

 

 

 

うぇえええええーー!!!あんなイケメンざらにいないぞっっ!!!!! 

 

 

 

 

(わし)「ちょっと!!そんなことまで言っていいの?!そんだけ期待高めておいて、“オイッ!”ってなったらどうなるか分かっとろうね?!笑」 

 

(弟弟)「ならないよ!本当にかっこいいもん!(自信満々)」 

 

 

 

 

その後とにかく写真送るからね!という弟弟の予告どおり昨日写真が送られてきました。どれどれ…日本企業に勤めるロイ・チウってどんなかなぁ♪と思ってさっそく見てみると…。 

 

 

 

  

 

 

…………ロイ・チウ?え?どこに?え? 

 

 

 

 

え、この人がそう?………ロイ…ロイ?ロイィィィィ?????いやいやいやいや、待て待て待て待て!!!まったくそれらしい要素がみつからないんですがっっ~~~!!!弟弟絶対写真間違えたのねっっ!!!(いや、でも3枚も添付してあるからな。爆) 

 

 

 

 

ていうか、顔も髪型も全体的な体系とかも、、ロイ・チウとは真逆じゃないか!!!共通点白いってとこだけだぞ、弟弟!!!(笑) 

 

 

 

数か月前、弟弟にまだ彼女がいなかった頃、わしの友達もいま彼氏いないから会ってみる?って事で、その前に台湾人の女の子の写真を送った事があったのですが、かれからの返事が 

 

 

 

 

「わー綺麗だなぁ。後ろの花が。」 

 

 

 

 

というメールが来て、「おいっ!笑」とむっちゃつっこんだ事があったんですが、わしも今回似たような返信してやろ。なんて書いてやろうと今から色々考えてます。笑  でも以前弟弟が「女の人の可愛いと男の可愛いって違うよね…」とつぶやいてたけど、そのせりふ、そっくりそのままお返しします!!笑

 

 

 

ちなみに弟弟から送られてきた彼の写真、見たとたん、お笑い好きなわしは「あの人に似てる」と思った。 

 

 

 

 

E52f02d3f5c353d2  

福岡吉本、パタパタママの木下氏。(またローカルな。。福岡人でも知らん人多いやろうに。爆) 

 

 

 

 

そっくりです…いま見ても。 

 

 

 

もちろん言語交換なので、顔なんて全く関係なかとですよ!でも、弟弟が変に期待高めるからさぁ~~~~!!!!ちょっと久々に目の保養させて貰えるかなぁ☆なんて期待しちゃったんだよぉ~~!!だからその分、 

 

 

 

 

 

がっかりだよ!!!!

中秋節のパーティ☆

昨日(あ、もう一昨日か)、友達が従兄弟の家でホームパーティをするって事で声をかけてくれたので、参加してきましたー☆ 

 

 

正確に言うと、従兄弟の家を借りて、そこで飲むっていう感じ。この日は風が強く、外での焼き肉は無理だったけど、手作りの餃子やソーセージを炒めたものを酒の肴に飲んどりました♪つっても女性陣は台所ですることが多くって、結構大変!!!餃子の皮が足りずに、小麦粉こねて作ってたんだけど、難しいのよ、これが!!!「マントウ?!」ってくらい、馬鹿デカイ餃子が出来あがったり(笑)だからずいぶん餃子のタネを余らせちゃいました。 

 

つっても、それを使ってお好み焼き風作れんかなぁ。。と小麦粉と卵を混ぜて作ってみたんだけど、これが我ながらうまくいって嬉しかった♪

 

 

まぁそんな出来事をきっかけに、パーティに来てた2人の日本人の女の子の友達も出来て、嬉しい~~☆男性陣がわいわい食卓を囲む中、4人で台所で色々頑張ってました♪でもお喋りしつつ、色々するのもすっごい楽しい♪ガールズトークって楽しいよね☆ 

日本人の女の子の友達って出来そうで、なかなか接点がないと難しかったりするし、しかも昨日来てた2人の子と、わしの友達、そしてわし、結構波長があいそうな気がする♪もちろん連絡先も交換☆ 

 

 

 

パーティを主催してくれた友達はとにかく交友関係が半端なく広いため、何度か飲む時誘って貰ったりして、いろんな人に会ってきたけど、今までで一番たのしかったなぁ☆ここまで気の合う話してて楽しい女性陣は初めてやったからかなぁ。第一印象は「なんか怖そ。。」って感じだったのにね(笑)  

彼女たちもしかり、台湾人の友達も出来たし、来てた人達も良い人で、話してて楽しかった。誘ってくれた友達に本当に感謝☆   

  

 

結局家に帰りついたの、3時過ぎてた。。^^; 

 

その後、友達が家に泊まりに来て、明け方までずっと話しこんでました。その後11時くらいに起きて、また4時過ぎまでずーーっとくっちゃべってた。沈黙。。。全然なかった!ガールズトークって・・・果てがないよね。。だって楽しかったんだよぉ~(爆)本音が話せる友達って、やっぱり限られるし、彼女と久々に色々語れて、パーティでいろんな人に出会えて、めっちゃこの週末は気持ち的に浮上しまくり☆ 

  

 

 

 

 

あー、人ってやっぱ一人で生きてない!!(やっぱこれもう口癖。笑)

 

 

 

 

ちなみに昨日友達になった台湾人の友達とは、この暴風雨の中、「夜時間あれば、お茶でも飲もーよ」って事で声掛けてくれたので、さっきまで言語交換しとりました(傘吹っ飛ぶかと思った。。笑)つっても全然勉強って感じじゃなく、お喋りつつ、教えて貰うって感じで楽しかった♪教科書では絶対学べん事を教えて貰うのも、言語交換の醍醐味やね☆つってもわざわざこっちまで来て貰ってごめんよ、友達! 

  

暴風雨といえば、明日はふつーに学校あるそうで、「宿題しなくて済むかしら♪」という、サボリ計画は脆くも崩れ去ってしまった・・・・・・・。台風め。 

くっそー。。前の時しっかり予習復習とかしてたら、休校になったくせに「したくない」って時に限って、なんで学校なんよーーー!!!!(T△T)

 

 

畫皮(PAINTED SKIN)

●畫皮(PAINTED SKIN) 2008年 中国● 

 

 

(あらすじ) 

漢の時代の中国、武将王生(陳坤・チェン・クン)は西域の戦場で小唯(周迅・ジョウ・シュン)という一人の美しい女性を助ける。美しい彼女に王生は惹かれるが、彼には妻佩蓉(趙薇・ヴィッキー・チャオ)がおり、妻を愛している王生は悩みつつも、自分の気持ちを押し殺していた。実は小唯は美女に化けた狐の妖精。王生を人間と知りつつ、小唯も王生に惹かれており、妖術を使って彼を誘惑するも、王生は拒み続ける。その内、小唯は妻の座を奪いたいと思い始め…。  

 

 

U2190p28t3d2154135f326dt20080902183  

 

 

↑左から佩蓉、王生、小唯  

 

 

 

評価★★★★★ 

 

 

(感想  ネタバレありなので、見ようと思ってる方はスルーしてください。) 

 

以前学校でみたんですが、昨日テレビであっていて見直して「やっぱいいな~」と思った映画。この話は中国の清代の小説家である蒲松怜の短編集「聊斎志異」の中の話をもとにつくられてます。聊斎志異、ずっと前に読んだことがあったけど、確か原作とはちょっと内容違ってたと思う。でも映画は映画ですっごい綺麗で、好きでした。CG使ってんなぁ。。と思う事も多かったけど、それがまた綺麗だったしね。 

 

見た後、ちょっと切ない気持ちになるけど。妖怪である小唯が王生に惹かれ始めて、でも王生と妻の愛情に結局身を引くことになるんですよね。。。

久々にDVD欲しいなと思った映画でした。 

ちなみに畫皮(hua4 pi2)は中国語で「妖怪が人間を騙すためにかぶる、美女を描いた人間の皮・化けの皮」っていう意味です。 

 

 

主人公?である3人以外の周りの人たちもそれぞれ魅力的だったし、内容もわし的には好きでした。正直王生がいつ誘惑に負けちゃうか、もうそろそろ我慢できなくなるんじゃないかとか見ててハラハラもするんだけど(笑)、結局最後まで妻への愛を貫く王生、マジでカッコイイ。。。わしが男だったら、間違いなく早い段階で骨抜きになってただろう(爆) 

 

なんでかって、周迅演じる小唯の美しさったら!!!!!!マジで絵にもかけない美しさって彼女の事を言うんじゃないかなぁ?!本当に綺麗なんですよ~~~~★★今中国大陸で一番注目してる女優さんです、周迅さん。黄金甲見た時も「綺麗な人だなぁ」って思ったけど、特にこの映画の中の彼女の美しさは半端ないです!!!!!本当に美しすぎですってーーー!!!!! 

  

 

 

U1584p28t3d2145642f326dt20080826135 U3088p28t3d2193258f326dt20081006094

  

←ヤバイくらいの綺麗さ。。。。はー。。。。。わしとの共通点は同じ女性って所だけだわ。(爆) 

 

 

  

また、王生役の陳坤もむちゃくちゃかっこいい★★ 

 

 

U2507p28t3d2183456f326dt20080925165  

←やばい。。。かっこよすぎです☆☆  

 

 

 

この方わし全然知らなかったんだけど、この映画見て以来好きになっちゃいました。。笑 

 

 

 

他のキャストも結構有名どころ多し。 

 

 

U1584p28t3d2195720f326dt20081007172   

右は霍元甲にも出てた中国では有名な女優さん孫儷(最初見た時、闘魚の小燕子役の安以軒かと思った!似てると思う。。)、左は葉問に出て、主演も果たした、これまた有名な甄子丹(ドニー・イェン)  

 

 

 

 

U1584p28t3d2117892f326dt20080728181  

 

←佩蓉役のヴィッキー・チャオ。いま注目されてる中国若手女優4人の一人。この方も綺麗な方ですよね。

 

  

 

 

またね、小唯をずっと思い続ける(戚玉武・チィ・ユィウー)も良かったです。(役名忘れちゃった。。苦笑) 

 

 

U1584p28t3d2094727f326dt20080709185   

 

 

 

 

  

主題歌も良かったです☆すごく雰囲気ぴったりで大好きです。歌えるようになりたいな♪ 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビバ・五分埔☆

今日は夕方から友達と五分埔に行ってきました☆ 

 

 

 

台北駅から火車に乗って、10分弱。ちなみにどれ行きに乗っても、松山には止まるので行きやすいです。区間車で定期使っていったら、片道17元で行けるのもイイ♪帰りも1番月台から乗れば、どれに乗っても台北駅には止まるし♪ 

 

 

 

 

ここに来るのは今回で3回目かな。一番最初に行った時は正直全然あたりがないって思ってたんだけど、前回今回と大当たりです。だんだん質が良くなってきてる気がするなー。もちろん「誰が着るんだよ!!」とツッコミどころ満載の商品も数多くあるけどね。笑

 

 

 

 

今回は安くて可愛いものをたくさんゲットできました☆ 

 

 

 

003  

レギンスと合わせて履いたら絶対可愛いであろうスカート。100元(約300円) 

 

 

004  

こちらも一目ぼれしたもの☆100元(約300円) 

 

 

005  

これは特価のワゴンの中から探して一目惚れ☆しかも何と50元!!(約150円!!!) 

 

 

 

006  

このブラウスはちょっと高くて350元(約1050円くらい)。でもシルエットが綺麗だったし、購入☆ 

 

 

 

夏っぽいアイテムばかり買ってしまったけど、まだもう少し着れるだろうし、上に何かはおったらまだまだいけるし♪ 

 

 

友達も全部で10着くらい購入してました(笑)友達は初五分埔に「なんで?!なんでこんなに安いの?!」と興奮しまくり。そらそーだ♪今度はもう少し寒くなって冬物が欲しくなる時期にまたここに買いに来ようって事で話がまとまりました♪  

 

  

女同士の買い物って本当に楽しいねー☆(≧∇≦)

 

 

 

 

その後は夜市でタピオカと芋だんごがどっかし乗ったかき氷を食べて帰ってきました☆ 

 

 

 

 

 

たくさんいいものゲットできて、美味しいもの食べて、たくさんお喋りして。。。うん、幸せ♪ 

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ