最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 第12弾「りんご日報」(人間キレたら何するか分からないね編) | トップページ | 奇怪生物・泡食い。 »

ちと怖い話をば…。

なんでって言われても、なんとなく思いついたとしか言えないんですけどね(笑) 

  

霊的なもんも、そうじゃないもんも、とりあえず思いだしたものを書いてみた。この間友達と高校時代の時とかの話をしていて、「そういや先生がたまに授業とは全然違った話をしてくれたよね~」なんて話から、思いだした事をつらつら書いてみようと思ったわけで。  

 

 

グロい系、怖い話が駄目な人はここでやめておいてくださいね。 

 

 

 

中学校のM先生の話。 「落ちてきた男」 

  

昔な、俺の友達から聞いた話なんだけどさ、ある日街を歩いていたんだって。その時頭上から「あああああーー」という声がした。上を見ると、背広を着た男がビルの上から落ちてきた。そこでバッと目が合ったそのとたん、彼の前に男がグシャッと・・・。もちろん即死。 

そう、つまり彼の人生の最後に目が合ったのが俺の友達でな。しばらくは1人で眠れなかったそうだよ。 

 

 

 

 

高校のM先生の話。 「足元には」 

  

 

これは私が実際に体験した話だ。高校の時だったと思うんだがクラスメート何人かと、ホームでふざけて電車を待っていた。その時誰かが「ホームのすれすれの所で立ってられるか?そんな度胸ないだろう?」なんてやり始めた。 

そこでみんなで「やってやろうじゃないか」って話になってな。みんなで横一列になって、ホームすれすれの所で電車を待っていた。と、同じホームにちょうど電車が入ってくる側に1人サラリーマン風の男が立ってたんだ。だけど、俺たちは特に気にもとめずにホームギリギリで踏ん張ってた。 

そんな時ホームに電車が入って来てな。俺たちは誰一人としてそこから動かず、電車の止まるのをまって、「どうだ!」と言いあってた。すると一人の友達が「うわーー!!」と叫んでその場で腰を抜かしてしまった。彼が指さしたのはちょうど足元。電車とホームの隙間だ。 

 

そう、そこに人?いや…それはもう人とは言えなかった。肉の塊が挟まってた。 

 

そう、さっき見たサラリーマン風の男が自殺を図って、彼の体はホームと電車に挟まれてそのまま引きずられていたんだな。あれからしばらくは食事するのが大変だったよ。 

 

 

 

 

母の知人の話。 「窓から…」 

 

 

福岡に有名な犬鳴き峠っていう場所がある。福岡人なら誰しもが知ってる有名な心霊スポット。とくに今は閉鎖された旧犬鳴きトンネルの辺りでは、いろんな話がささやかれている。 

そこで母の知人が知り合いに聞いたという話。 

 

ある日、ダブルデートをしていた若いカップル。夜遅くまで市内で遊んでいて、「肝試しに犬鳴き峠へ行こう」って話になった。道を知ってる一組が先頭を走り、もう一台があとからついていくことになった。 

 

峠を走っていて、ちょうど中盤に差し掛かった頃か。いきなり後ろの車がクラクションをずっと鳴らし始めた。前を走っていたカップルは「うるさいなぁ」「何なのかしら」と言い合っていたが、とりあえずそのまま走っていたそう。  

 

 

ようやく峠をすぎ、前の車がとりあえず道端に車を止めた。すると後ろの車も停車し、中から二人が降りてきた。 

 

 

「お前、さっきなんでクラクションなんか鳴らしてたんだよ」 

「そうよ、うるさかったわ。なんだったの?」 

 

前のカップルが後ろを走っていたカップルの男に詰めよった。すると、 

 

「えっ、お前らには見えなかったのか?!」 

「えっ?なにが?」 

「お前らの車、窓を開けて走っていただろ?その車の窓から、1人の老婆が必死に中に入ろうとしていたんだよ!!!!」 

 

 

犬鳴きで結構怖い目にあったって話、わしの周りでもいくつか聞いたことがあります。わしはビビリなので、行ったことないけどね。(でも子供のころ、車で通ったことあるぞ、とこの間父さんに聞いて、ヒー!!っとなりました。。苦笑)  

 

 

 

 

 

大学のC先生の話 「エレベーターの中には…」 

 

 

今通ってる師範大学の先生が、この間授業中に話してくれた話。 

とある大学に医学部があって、そこは地下4階(5階だったかな)まであって、その一番下の階に解剖室があったの。医学部なので、もちろんそこで解剖実習などが行われるわけね。 

そんなある日、1人の学生がエレベーターに乗って最下層まで降りていると、途中の地下3階でエレベーターが止まって、同じ学部の友達が一人エレベーターを待っていたの。 

 

「おう、乗れよ」 

「いや、階段でいくわ」 

「は?なんで?」

 

そんな感じで、とりあえず友達はエレベーターには乗らなかったの。さて、エレベーターは最下層について、降りるとちょうどさっき3階であった友達も階段で下りてきた所だった。 

 

「お前、なんでさっき乗らなかったの?」

「え?だってさっきお前の後ろにいっぱい人がのってたからさ」 

 

エレベーターには、彼以外誰ものっていなかったはずなのにね…。 

 

 

 

 

そういえば台湾にも結構心霊スポットってあるらしい。まだ行ったことないけど(ていうか行く気もないけど。苦笑)、どこの国でもこういう話ってあるのね。。。

« 第12弾「りんご日報」(人間キレたら何するか分からないね編) | トップページ | 奇怪生物・泡食い。 »

台湾留学日記」カテゴリの記事

コメント

おぉ怪談話しで体が冷えたよ
こういう話し聞きたがるくせに(TV番組も好き)、夜お風呂入ってる時や眠る時に思い出した怖くなるんよね


そういえばあの世の風景が国ごとに違うらしいね

>まむたん

コメント謝謝☆

季節外れの怪談話をしてみました。でも狙い通り(!)の反応してくれて、嬉しいわ~さすがまむたん(笑)

わかる!怖い怖いと言いつつ、見てしまったり聞いてしまうよね(苦笑)小さいとき、その後お風呂に一人で入るのがむっちゃ怖かったもんなー!

あの世の風景!?海外はいったいどんな感じなのかな?!台湾の友達にもちょっと聞いてみることにします♪

コウェ~~~
そしてグロ~~~(T△T)
でも実は怖い話好きだったりして


こういう話もだけど、最後にちょっと謎が残るとか、人の心に絡んだりとか、そういう系統の話にやっぱりひかれるかなぁ。
前、“薪が怖い人”って話を読んだことがあったけど、人の精神の不思議さを改めて思い知った話だったです。
“薪が怖い”で検索すると今も出てくると思うので、興味があったら探してみてくださいな。

>スガ姉

コメント謝謝です☆

いきなり怪談の季節でもないのに、急に思いたって書いちゃいました。苦笑 でも怪談話にしても、そうじゃないものも、「怖い怖い」と思っても、ついつい聞いてしまったり見てしまうのは何でなんでしょうね(笑)

「薪が怖い人」探してみたんですけど、見つかりませんー!すっごい気になります!どんなお話なんですかー?!良かったらぜひぜひ教えてくださいませ☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちと怖い話をば…。:

» \(@^o^)/お金の不安が無いって最高!!\(き^_^ち)/ [わが家は居間も社長室♪]
   \(@^o^)/ 月収が【2倍】? 【3倍】??オオオーッ   http://www.hbldream.net/kichi/   ★ 会社の上司には、秘密・・・だけど、とっても痛快!アッハッハッ! ★ ☆★ リストラなんか 怖くな〜い すごい副収入 ★☆ [続きを読む]

« 第12弾「りんご日報」(人間キレたら何するか分からないね編) | トップページ | 奇怪生物・泡食い。 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ