最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« ☆母親節☆(母の日) | トップページ | 台安医院に行ってきました(>_<) »

「艋舺」をみた♪

ずっと見たかった艋舺。これは今年の台湾のお正月頃かな、台湾で公開されて、ものっすごい興行成績をたたき出した映画でございます。 

 

 

  

4b335ee733a59  

 

 

 

ちなみに艋舺(台語でいうと“monga”)っていうのは地名です。今の龍山寺あたりの万華区あたりの昔の呼び名。舞台は80年代のここ艋舺。 

  

 

(あらすじ) 

母親と二人暮らしの蚊子(趙又廷)は艋舺地区に引っ越してくる。新しい学校に転校するが、因縁をつけられ、放課後、蚊子を待ち伏せしていた不良グループから逃げている内に、とある鉄橋の下にたどりつく蚊子。そこで5対1の大乱闘になる。 

しかし、思いのほか蚊子は5人を相手に奮戦!それを遠くから見ていた4人組がいた。和尚(阮經天)、李志龍 (鳳小岳)、阿伯 (黃鐙輝)、白猴 (蔡昌憲)。学校でも皆から一目置かれている不良グループである。  

   

 

  

彼らの目から蚊子は十分意義のある男にうつった。翌日、彼らは蚊子を自分たちのグループへと引き入れる。そして不良グループに向かって彼らは言い放った。 

 

「こいつは今日から俺達の仲間だ。こいつの敵は俺らの敵だ。」   

 

その後、昨日蚊子が相手にしていた5人を屋上に呼び出した和尚たち4人と蚊子。彼らを前に和尚蚊子にいった。 

「今日お前がここで奴らを殴らなければ、いつかお前がやつらにやられるぞ」

  

和尚の一言に拳を握りしめ、不良グループを殴りつける蚊子。 

 

 

こうして蚊子は彼らの仲間になった。蚊子にとって初めてできた仲間、彼らは友情を深めていく。 

  

 

 

前半はこんな風に始まります。不良高校生たちの友情。見てて「いいなぁ、男の友情。。」とか思ったりしますw 

 

 

しかし中盤あたりから、ここ艋舺地区を舞台に変化が起き始める。街の権利をめぐって、新興勢力が乗りこんできたからだ。ちなみに旧勢力のボスは李志龍の父であるgeta老大(ボス)である。getaはこの艋舺を守ろうとし、ヤクザの世界に足を踏み入れた蚊子たち5人もその渦へと巻き込まれていく。。。 

 

 

というようなお話です。つまり黒社会(ヤクザ)だの抗争だの、そういう話です、艋舺。 

 

  

 

実はこの「艋舺」、元々映画館に見に行きたいと思っていたわし。だってこういうヤクザ系のお話って嫌いじゃなくて、むしろ好きなのでwそれにポスターだのCMだの、みてるだけですっごい面白そうなんだもん。この間新聞に書いてあったけど、この艋舺、とにかく宣伝にものっすごい力を入れてたんだそうだ。 

 

でも台湾人の友達(特に男友達はほとんどみてたなぁ)には「結構内容難しいよ」「基本彼らの会話台湾語だよ」とのことで「DVD出るのを待ってゆっくりみた方がいいよ~」と言われていた。「そうかぁ、、見たいけどどうしよう」と思っている内に時はすぎ、結局見ないままだったんだけど、とある事からルームメイトがDVDをくれて(※まだ発売されてないから、ダウンロードされたやつねw)、今日やっとこさみる事が出来たわけですが、 

 

 

 

 

うん、友達の忠告に従っておいて良かったわー☆^^; 

 

 

 

と思いました。 

  

 

だってさ、この映画2時間ちょいあるんだけど、今日全部意味を理解してみるのに4時間かかっちゃったよw何度も止めて、分からない単語書きとめて調べて、巻き戻しして。。。しかもなんつーかヤクザとかの話だから、髒話(汚い言葉)が多いのよ(笑)いやはや疲れたわw  

 

 

でも内容は。。。わしは好きでしたね。日本のとも香港のとも違う極道。義理人情、なんだかとっても台湾らしいといいますか。出てくるキャラクターそれぞれ特色があって良かったんだけど、予想以上に良かったのが和尚を演じた阮經天。わしは趙又廷は前から結構好きだったからチェックしてたんだけど、ノーチェックだった阮經天に驚かされました。それくらい彼の演技と雰囲気はすばらしかった☆  

 

 

運命に翻弄されていく5人に泣けました。だいたいの意味は分かったから、今度は2時間ゆっくり見直してみようと思います☆   

 

  

映画の中で好きだったセリフ。 

 

 

 

(蚊子)「なんで俺を仲間に入れてくれたんだ?」 

 

(和尚)「拳は5本の指があって、初めて出来るものだろ?」 

 

 

 

ごめんなさい、細かいニュアンスまでは覚えてないけど、これに近いセリフがあったはず。いいなぁー☆と思いましたね^^

 

 

 

しかし、映画の中に「ああ、ここは!!」っていう場所がいくつも出てきて、そこも興奮しちゃいました☆ 

 

 

 

近々また龍山寺あたりを散策しに行ってみよう♪

 

  

« ☆母親節☆(母の日) | トップページ | 台安医院に行ってきました(>_<) »

台湾留学生活(映画編)」カテゴリの記事

コメント

おもしろそーな映画やね
私もいつか見たいなあ

最近映画見てないや‥DVDすら見てない


ところて、タイトルはなんと読むの


そういえばロケ地行けんかったね~。
次回は必ず龍山寺(と近辺)に!!

予告観てみたら何だかすっごく面白そう☆
これは是非日本でもdvd化してほしーな!

こないだ「九降風(邦題:九月に降る風)」っていう台湾の映画のdvdレンタルして観たんやけど、その映画に出とった俳優さんが、艋舺にも出とるみたいね!
これもよかったけ機会があったら観てみて~☆

>mickk‥i

コメント謝謝☆

うん、予想しとった通りめっちゃオモロかった☆今度台湾に来たら一緒にみましょ♪解説しまっせ☆この辺の地区も歩いてみようか☆^皿^

タイトルはねー…えっと、ひらがなで書くと、台湾語「もんが」、国語だと「もんじゃ」だよん☆

>xiangzi

コメント謝謝☆

以前1人の台湾人の友達に「日本人だったらこういう雰囲気理解出来ないかも?」って言われた事があるけど、全然分かった気がしたんだけど?(笑)日本人嫌いじゃないんじゃないだろうか、こういうの。

うんうん、次回はこの辺歩いてみよう♪この映画本当に良かったよ☆マジでお勧めです☆

見た事ないけど「九降風」って映画は知ってるよ☆出てたのは確か志龍役の人だったはず☆面白かったの?今度見てみようーー☆

そういえばね、元々この艋舺、ジェイが主役を演じるはずだったんだってー!趙又廷もステキだったけど、ジェイのも見てみたかったなぁっておもうよね。残念~~苦笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「艋舺」をみた♪:

« ☆母親節☆(母の日) | トップページ | 台安医院に行ってきました(>_<) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ