最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 我會感冒了... | トップページ | ホットコーラ。 »

台湾の兵役について、つぶやいてみる

連休3日目、昨日まで2日間一切家から出ずにすごしました^^; 

 

 

 

 

風邪はだいぶ良くなったものの、けだるさがなかなかとれず。今日はようやく夕ご飯の材料を買いにスーパーに出ただけだけどもw2日間も家を出ないで過ごしていると、何かすごく「何やってんだろう。。」という気になる。仕方ないと分かってても、何かねー。苦笑  

 

 

 

来週から週末はしばらく予定がてんこもりなので、そのために今週はゆっくり休むんだ!という風に考えてどうにか落ち着きましたwせっかくの三連休が~という気もするけど、まぁこんな週末もたまにはありだろ。苦笑 

 

 

 

 

 

 

さて、日記がわりに書いているブログなので、台湾と全然関係ないやんか!という記事もめちゃくちゃ多いけど、やっぱたまには、台湾の事についても多少は書いてかないとなーということで、今日は“兵役”についてちょっと書きたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

兵役なんて、日本じゃ考えられない制度だけど、こっちにきていろんな友達と話していると、未だにこの制度がある所ってすごくある。アジアで知ってるだけでも台湾、韓国、タイとか。確かベトナムとかもじゃなかったかな。 

 

 

 

何年くらい行くのかはその国によっても、また以前と今とでもずいぶん差があるみたい。ちなみに台湾は以前は数年という単位で行かなければいけなかったけど、今は1年未満(志願者は延ばす事も出来るらしい)になっているらしい。それでも最初の1ヶ月は外部とは連絡とれないし、大変だったみたい。集団生活だしね。テレビもついてるのはいっつもニュースだけって言ってたし。 

 

 

 

 

兵変(兵役中に心変わりすること)って言葉があるくらいだもの。兵役中に彼女が浮気、もしくは耐えきれなくて終わった恋愛も今までそれはそれは数え切れないくらいあるんだろう。当然以前は失意のあまり、自殺とかも多かったらしい。 

兵役の宿舎(中国語だと軍営という)で怪談話が多いし、実際幽霊の目撃談なんかがすごくあるのも、こういった歴史背景があるからなんだろうか。実際にわしの周りのすでに兵役を体験した友達で、幽霊見たり、不思議な体験してる人はすごく多い。 

 

 

 

 

兵役なんて、自分の身にはあんまり身近に感じられなかったけど、実際に自分の大事な人が行っている立場にたってみて、辛さとかよく分かる。今は昔と違って結構休みも貰えるし、連絡だって比較的自由にとれるけど(ただ、その人の役職・仕事内容によっても全然変わってくるそうだ)これが数年続くと、そりゃあ辛いに違いない。 

 

 

 

 

 

そんな台湾も数年後には兵役はなくなる予定なんだとか。これが良いことなのか悪いことなのかは分からないけど、友達にその理由を聞いて、なんだかとても複雑になった。 

 

 

 

 

 

兵役が良いことなのか、悪いことなのか、わしの兵役に行った友達にきくと、必ずと言っていいほど「大変は大変だったけど、行く事で人間的にすごく成長できる気はするし、あった方が良いと思う」という意見がほとんど。ただみんな「二度と嫌だ」っていう言葉も絶対つくけどねwあと「兵役時代の友達は一生の友達」っていう話も聞く。過酷な状況を一緒に乗り越えた友達だもんね^^ 

確かにこっちの男性と話してて、考え方とか自分の意見がしっかりしてるな、と感じるのはそういうのも一つの要因になってるからなのかもしれない。 

 

 

 

 

韓国人の友達が「弟が兵役から帰って来て、(良い意味で)別人みたいになってて。成長したなってすごく思った」って言ってたけど、普段の自由な生活からは考えられないような、つらい日々を乗り越えたら、肉体的にもそうだけど、精神的にも嫌でも我慢強くなったり、しっかりするようになるよなと思う。 

 

 

 

 

 

さて、今日はちょっと兵役についてつぶやいてみましたw

« 我會感冒了... | トップページ | ホットコーラ。 »

台湾社会人日記」カテゴリの記事

コメント

台湾の男性ってたくましいし、包容力があるし、強さからくる優しさみたいのがあるし、それってきっと兵役が大きく関係してるんだな~って思う。人を大きく成長させる経験だよね。
兵役なくなるんやね?!複雑な気分だわ~。対中関係の問題とかかな?

兵役なくなるのかぁ。
なくなるのは好いことなのかもしれないけど、廃止することで一つの慣習が終わるのもなんだか寂しいような…。

兵役も台湾文化なのだし、残していてほしいと思うよ^^;

でも彼氏彼女の立場からすれば喜ばしいことなのかなぁ。

>xiangzi

コメント謝謝☆

以前韓国に行った時や、韓国人の友達と話してた時も「しっかりしてるなぁ」って思う事すごくあった。体とか線は細くてもしっかり筋肉ついてたり(ってこっちはどうでもいいかw)絶対に日本の人の口からは聞けないような事を聞ける機会もすごく多くて(もちろん逆もあるけど)、すごく力強いし、優しいとはやっぱり感じることが多いよね。男性らしいっていうか。

わしも兵役なくなるのちょっと複雑だよ。結構デリケートな話になるから、ここで書くのはよすけど(来週話そうw)、そうだね、政治にとにかく関係してるみたいね。今の台湾の総統の出身やら思想から、だいたい想像はつくかな?^^

>ナッツ

コメント謝謝☆

うん、2014年から完璧なくなくわけじゃないらしいけど、4カ月の軍事訓練だかに変わるって。確かに文化の1つだし、兵役を経験してる友達とそうでない友達の差はすごく激しいって感じるから、あった方が良い気がしなくもないけど、政治的な事や歴史の事を考えると一概にどうだとも言い難いね。

彼氏彼女の立場からか。。。なんていうか。。「彼にとっての試練だし、自分にとっての試練」て考えれる、ある意味貴重な時間な気もするし、彼が一人前になるためって思ったら逆に自分も頑張らないとっていう気になるよね。今はある程度わしも年齢いってるからそう思えるけど、もう少し若かったら結構辛いって思うかもしれないなーって思ったり。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾の兵役について、つぶやいてみる:

« 我會感冒了... | トップページ | ホットコーラ。 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ