最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

これまでの人生で一番辛かったこと。。。

が起きてしまいました。。。






10月19日の朝、我が家の家族のアッシュが逝ってしまいました。 

 

 

 

 

 

これまでの人生でこんなに悲しかった事ってないと思う。 

 

 

 

 

 

亡くなる数日前に母から「かなり状態が悪い」とは聞かされていました。その話を聞いた時も辛くて、目が開かない位泣いてしまい、ひどい事になっていたのですが。 

 

 

 

 

 

そして19日の朝、仕事に行き、メールを見ると「アッシュが今朝逝ってしまったよ」という母からのメール。鉛を呑みこんだかのように、心が重く、言葉が出てこない。本当のことなの?!嘘かも?!息吹き返してるかも?!そのままトイレに行き、母に電話。そしてやっぱりそれは本当に事だと知って。。どうしたらいいのか分からない悲しみ。。 

 

 

 

 

しかし母は「本当に穏やかな顔をしてるよ。今にも起き上がってきそうなくらい。この顔を見れば幸せだったかそうじゃなかったか分かるから。辛いけど、受け止めて行かなきゃ。」 

 

 

 

 

子供が家を離れた後も、ずっと傍で両親を見守ってくれてたアッシュ。わしらよりも、母や父は3年も長くこの子といたんだから、悲しみは相当なはず。しかし気丈にそういう母の言葉に、わしもいつまでも泣いてたらいかんと改めて思った。 

 

 

 

 

 

前もって状態が悪かった事を母はわしに知らせようか迷ったらしいけど、知らされていて良かったと思う。どこかで最悪の状況が起こった時の覚悟も出来ていたような気がするから。 

 

 

 

 

 

金曜日に、以前よく連れて行った大分県、よく行った海岸を母と父とアッシュで回ってきたらしい。夜は父がアッシュの傍で寝る!と言って、一緒に寝たらしい。そして土曜日に小さなお骨になって戻ってきたと。火葬場にも最後まで父と母が付き添い、お骨も拾ってきてくれたらしい。最後まで本当に大事にされて、良かったね、アッシュ。。。。 

 

 

 

 

 

 

もう触れない、声も聞けない、抱きしめれない。。。そんな風に考えると本当に辛くて仕方ないけど、でも目に見えなくても近くにいてくれるなら、泣いてばかりいたら心配かけてしまう。わしがそっちに行くまでのしばらくのお別れ。。そっちにいくその日まで一生懸命生きたら、またアッシュに会えるから。わしはわしで頑張らないと。 

 

 

 

 

 

そして今回の事で本当にいろんな事に気付かされた。家族や友達がいかに自分にとって大事なものか。友達がどんなに自分の事を心配し、気遣ってくれてるか。。。最後まで小さな体でいろんな事を教えてくれたんだね。 

 

 

 

 

 

あとは。。彼への感謝でいっぱいです。傍で黙って話を聞き、励ましてくれた彼。ずっと付き添って、ずっと励まし続けてくれた彼。わしはよく彼にアッシュの話をしていたのですが、その話を1つ1つ手繰って、小さな話を作ってくれ、見せてくれた時は涙があふれて止まりませんでした。彼や友達がいなかったら、わしはきっと今も泣いて何も出来ずにいたと思います。 

 

 

 

 

 

 

アッシュ。。たくさんの人が気にかけてくれてたんだよ、本当に幸せだったね。。。ちょっとの間会えないけど、それまで近くで見守っててくれるよね。ずっとずっと大好きだよ。たくさんの幸せ、たくさんの思い出を有難う☆

第15弾「りんご日報」

オイオイ、どんくらい久しぶりだよ!のりんご日報です。 

 

 

 

毎日一応チェックはしとるんだけど、最近心なしかイラストが減ってる気がして残念。 

 

 

 

 

 

さて昨日の新聞より、阿部定もびっくり。台湾の嘉義という南のある都市で「チン切り事件」が発生いたしました。 

 

 

 

 

 

 

被害者は29歳の台湾人翁氏、加害者はベトナム国籍の30歳の女性。  

 

 

 

 

Ln01_002

 

 

 

 

 

この二人、2年前に友達の紹介で知り合いお付き合いをしとりました。しかしこの29歳男性はなんと無職(働かんか!)女性の方はスナックで働き、ようはヒモ状態。男性は無職の為、金がなくなると「おこづかいちょうだーい」と女性から貰い、まぁこう言っちゃなんですけど、完璧寄生虫のようなやつ。しかもそのお金はほとんど麻薬購入に使われてたというから、救いようがねーな。 

 

 

 

 

3日前、あろうことかこの男、別の女性と浮気し、家に連れ込んでいたことが判明。当然彼女は激怒し、「あんたーー!!次もしこんな事したら、その大事なムスコ切ってやるからぁ!!」と叫んでいたとか言ないとか。 

 

 

 

 

 

 

そして事件の前日、またまた彼は彼女にむかって「麻薬用の注射器かうお金がなーい。ちょーだい」とおねだりしますが、彼女は断固拒否。怒った彼は不貞腐れ、睡眠薬を寝て就寝。彼女も同じく就寝しますが、腹が立って仕方がない。そして、前に自分で言った「ムスコ切断」を決意! 

 

 

 

 

 

まず玄関に出て、歩行人に「ごめんなさい。救急車呼んで貰える?」と頼み、救急車の到着を待つ。救急車が家の前に着くと、彼女は部屋に戻り、買っておいたハサミで。。。。 

 

 

 

 

 

 

ちょっきーん!!!!! 

 

 

 

 

 

 

 

3分の2ほど、切断。。。 

 

 

 

 

Ln01_003


凶器のハサミ↑

 

 

 

 

切断したムスコをしっかりと握りしめ、救急隊員に「あとはよろしく!」と告げ、バイクで逃走。その途中橋の上から川へ切断したものをポイ!(警察に“どうやって投げたの?”と聞かれ、橋の上で再現しているVTRには笑ってしまった。苦笑)それから警察署へ行き自首。。。 

 

 

 

 

 

 

その後記者が彼女に色々と「切り取ったやつ、どんくらいの大きさだったの?」「えーと握ったらだいだいここからこんくらいの大きさだったわ」「なんでやっちゃったのさ?」「だって彼にそうとう苦しめられてきたしぃ」「後悔してる?」「してないわ、全然」なんて質問に、彼女は笑いつつ答えていたりして、なんとも言えない気持ちにww 

 

 

 

 

私も二度と彼と出来ないけど、他の人もこれで出来ないから! 

 

 

 

 

 

 

というセリフが印象的でございました。。。そしてこの記事を見たとある人の「ナイスカット!」というコメントに吹きましたw 

 

 

 

 

 

彼女のやった事はちょっとひどいとは思うけど、被害者に同情はできないなー。むしろ加害者に同情してしまった今回の事件でございました^^; 

 

 

 

 

 

しかし台湾に来て新聞を見て思うのだが、結構こっちチン切り事件多いのよね^^;中には被害者が亡くなってる事もあったりして。そしてやっぱり大部分は女性の嫉妬から起こってるようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆花蓮旅行☆(1日目)

少し前の話になりますが、9月24日から2泊3日で花蓮に旅行に行ってきました☆ 

 

 

 

花蓮は1年半くらい前に一度旅行で行った事があったんだけど、ぜひもう一度行きたいと思っていた場所☆「もう1回行きたい場所なんだー」と前に話した事があったけど、その言葉を覚えていてくれてて、彼が計画してくれました♪ 

 

 

 

 

しかしながら出発は土曜日!汽車の切符は数日前に売り切れており、彼が色々調べてくれた結果。。。 

 

 

 

 

 

宜蘭までバス(1時間半くらい)、そこから汽車で花蓮へ(汽車で1時間) 

 

 

 

 

 

という風に行く事になりました。なるべく長い時間花蓮満喫したいーという事で、初日は5時起き^^;前日仕事だった事もあって、わしは睡魔と闘い、バスに乗って熟睡。 

 

 

 

 

 

そうしてる内に宜蘭到着☆朝の宜蘭、静かで寒くも無く、暑くも無く、のどか~な感じ☆ 

 

 

 

そこからまた汽車にのり(1時間立ちっぱはきつかったな。苦笑)ついに花蓮へと到着☆ 

 

 

 

 

 

 

花蓮市内での移動は彼が3日間とも車を予約してくれており、運転手さんが色々連れて行ってくれる。初日はタロコへ☆その前に花蓮の海岸に寄ってみようって事で、初花蓮の海岸へ☆ 

 

 

 

 

 

 

302361_294162027265255_100000143803 ミレーの落穂拾いみたい(笑)。。と言われてしまった一枚w 

 

 

 

 

花蓮は海が綺麗だと聞いていたけど、マリンブルーで本当に綺麗だった。ただ砂はさらさらの砂ではなくて、丸っこい形の石がたくさん。これははだしでは歩けないわww 

 

 

 

 

 

 

さてその後はホテルに荷物を置いて、休めるかと思いきや、そのままタロコ直行!(今回はハードスケジュール極まりなかったww)ホテルから車で1時間ほどでタロコに到着☆ 

 

 

 

 

309245_294162557265202_100000143803


298222_294163817265076_100000143803


320733_294162400598551_100000143803


317852_294163933931731_100000143803


301909_294163187265139_100000143803


312961_294164170598374_100000143803



316756_294162383931886_100000143803


 

タロコの自然は変わらず美しく、雄大でした☆ 

 

 

運転手さんが見どころの場所へ連れて行ってくれて、「ここから○○って所まで写真撮影スポットや見るべき所がいっぱいあるよ。○○へ着いたら電話して。ゆっくり見てきていいからね。迎えに行くから」とこんな感じ。なので時間に追われる事も無く、かついろんな場所へ連れて行ってくれ、一日タロコを満喫できました☆ 

 

 

 

 

 

 

 

タロコから帰ってきた後は、ずーーーっと行きたかったあのお店へ☆☆  

 

 

 

 

299396_294164440598347_100000143803


ここのワンタンは1年半前に食べて、「今まで食べた中で一番美味しい!」と思ったワンタン。彼はわしの貧乏舌を知っているので「本当においしぃ??」と疑っておりましたが(いつもわしが美味しいというものは疑われる。失礼なww)「今まで食べた中で一番美味しい!」と太鼓判☆結局花蓮滞在中2回お邪魔する事になったワンタン屋さん☆台北にあったらまず間違いなく週に2,3度は通ってるかもしれん。苦笑

 

 

 

 

 

 

 

その後、夜は夜市へ☆この日は二大夜市のひとつ、南濱観光夜市へ☆ここは食べ物よりも射的みたいなゲームが多い。二人で派大星(スポンジボブのパトリックスター)のぬいぐるみを取るべき色々奮闘したけど、全然だめでガッカリ(T▽T) 

 

 

 

その後一日歩きっぱで足がパンパンになっていたわしは足つぼマッサージへ行き(彼には雑誌を見つつ待ってもらう。ひどいな。苦笑)こんな痛いの当たった事ねぇ!!!というくらい激痛マッサージを受けました。「痛い痛い!!ちょっ、もうちょっと優しくー!」って言ってるのに「痛いの?」と全然ゆるめてくれず、「中国語分かってる?!(※おばちゃんは話してる言葉からどうやら東南アジアの人らしかった)」と何度も確認したいのを堪えつつ、「痛い…痛いぃぃぃぃ…」とつぶやきながら帰宅。でも痛さが効いたのか、翌日足がめっちゃ軽かったw 

 

 

 

 

そんなこんなで一日目は終了☆明日は急流下り&夜の河へ海老取りへ♪

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ