最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 第15弾「りんご日報」 | トップページ | ☆花蓮旅行☆(2日目) »

これまでの人生で一番辛かったこと。。。

が起きてしまいました。。。






10月19日の朝、我が家の家族のアッシュが逝ってしまいました。 

 

 

 

 

 

これまでの人生でこんなに悲しかった事ってないと思う。 

 

 

 

 

 

亡くなる数日前に母から「かなり状態が悪い」とは聞かされていました。その話を聞いた時も辛くて、目が開かない位泣いてしまい、ひどい事になっていたのですが。 

 

 

 

 

 

そして19日の朝、仕事に行き、メールを見ると「アッシュが今朝逝ってしまったよ」という母からのメール。鉛を呑みこんだかのように、心が重く、言葉が出てこない。本当のことなの?!嘘かも?!息吹き返してるかも?!そのままトイレに行き、母に電話。そしてやっぱりそれは本当に事だと知って。。どうしたらいいのか分からない悲しみ。。 

 

 

 

 

しかし母は「本当に穏やかな顔をしてるよ。今にも起き上がってきそうなくらい。この顔を見れば幸せだったかそうじゃなかったか分かるから。辛いけど、受け止めて行かなきゃ。」 

 

 

 

 

子供が家を離れた後も、ずっと傍で両親を見守ってくれてたアッシュ。わしらよりも、母や父は3年も長くこの子といたんだから、悲しみは相当なはず。しかし気丈にそういう母の言葉に、わしもいつまでも泣いてたらいかんと改めて思った。 

 

 

 

 

 

前もって状態が悪かった事を母はわしに知らせようか迷ったらしいけど、知らされていて良かったと思う。どこかで最悪の状況が起こった時の覚悟も出来ていたような気がするから。 

 

 

 

 

 

金曜日に、以前よく連れて行った大分県、よく行った海岸を母と父とアッシュで回ってきたらしい。夜は父がアッシュの傍で寝る!と言って、一緒に寝たらしい。そして土曜日に小さなお骨になって戻ってきたと。火葬場にも最後まで父と母が付き添い、お骨も拾ってきてくれたらしい。最後まで本当に大事にされて、良かったね、アッシュ。。。。 

 

 

 

 

 

 

もう触れない、声も聞けない、抱きしめれない。。。そんな風に考えると本当に辛くて仕方ないけど、でも目に見えなくても近くにいてくれるなら、泣いてばかりいたら心配かけてしまう。わしがそっちに行くまでのしばらくのお別れ。。そっちにいくその日まで一生懸命生きたら、またアッシュに会えるから。わしはわしで頑張らないと。 

 

 

 

 

 

そして今回の事で本当にいろんな事に気付かされた。家族や友達がいかに自分にとって大事なものか。友達がどんなに自分の事を心配し、気遣ってくれてるか。。。最後まで小さな体でいろんな事を教えてくれたんだね。 

 

 

 

 

 

あとは。。彼への感謝でいっぱいです。傍で黙って話を聞き、励ましてくれた彼。ずっと付き添って、ずっと励まし続けてくれた彼。わしはよく彼にアッシュの話をしていたのですが、その話を1つ1つ手繰って、小さな話を作ってくれ、見せてくれた時は涙があふれて止まりませんでした。彼や友達がいなかったら、わしはきっと今も泣いて何も出来ずにいたと思います。 

 

 

 

 

 

 

アッシュ。。たくさんの人が気にかけてくれてたんだよ、本当に幸せだったね。。。ちょっとの間会えないけど、それまで近くで見守っててくれるよね。ずっとずっと大好きだよ。たくさんの幸せ、たくさんの思い出を有難う☆

« 第15弾「りんご日報」 | トップページ | ☆花蓮旅行☆(2日目) »

台湾社会人日記」カテゴリの記事

コメント

アッシュ、お父さんお母さんに思い出の
大分の海に連れて行ってもらって良かったね!
ちぃ家の一員になって、
最後の最後まで深い愛情に包まれて
アッシュの人生は本当に幸せやったと思う。

うちの希花も実家の犬が亡くなったと
聞いた時、いつまでも泣いて落ち込んでたよ。
でも今は星を見たら「あれチャー君やね!」
と嬉しそうに言ってるよ!

アッシュもキラキラのお星様になって
ちぃやちぃの家族をいつまでも見守って
くれてるよ‼
アッシュがちゃーんと見てるんだから
ちぃも絶対幸せになってね☆

距離を痛感する出来事よね…

ちなみにうちのの火葬した時、私は泣く泣く(本当に文字通り泣きながら)仕事をしてたんだけど、不思議な事があってね。

きっとサンが家族皆のとこを回ったんだろう、って結論になって。
だからきっとアッシュ君も、見えなくてもちゃんと挨拶に近くに来てたと思うよ

アッシュはとっても幸せに包まれて眠ったと思うよ。
私も数年前、大事にしてたベルを亡くした時は、すごく落ち込んだし泣いたなぁ。今でも考えると涙出てくるけど。
でもそうやっていつまでもいつまでも心の中に一緒にいてくれるよ、アッシュは。
そしていつかまた出会えるよ。

>のんママ

コメント謝謝☆

そう言って貰えると本当に嬉しいよ☆アッシュも幸せだったと思ってくれてると信じてるよ。最後大分に連れて行った時、雨やったのに、アッシュを抱いて車を降りた時に毎回雨がやんで不思議やったわーって母さんが言ってたわ☆見守ってくれてたのかな☆

実はわしもこっちで星を見たら、「アッシュだー」って彼といつもいてるよw「前よかもっと近くにいれるんだから、いつまでもアッシュからちぃが見えるんだから」っていう言葉にじんときたよ。

そんな風に考えたら、泣いていられないって思って、今はもちろん悲しいけど、アッシュの死を受け止められて毎日祈って揚げれるようになったよ☆

遠くにいても、いつも気にかけてくれてありがとうね、ママ★

>へいしろ

コメント謝謝☆

上ののんママのコメントにも書いたけど、そうだね、見守ってくれてるよね。しんだ次の日、夢にも出てきてくれたし。今まで死んだ子が出てきた事なんて一度もなかったのに。最後まで人の心くすぐりやがってーって思ったw

今もきっと目に見えないけど、近くにいるって思ってる。だったらなおさら泣いていられないし、ようやく受け止められたよ。

次に会える時まで、わしもしっかり頑張らなきゃ。

>しゃんず

コメント謝謝☆

うん、犬って言ってももう家族だもんね。知らない間にどんだけたくさんの幸せくれてたんだろうって改めて実感したよ。。

でも今もきっと近くにいてくれてるはず、ベルちゃんもアッシュも。そしてしばらくのお別れだから、もう一度会いたいのなら、その日までわしらもしっかり生きてかないといけないよね。

友達、家族、彼の支えがあって、今こうやって受け止める事ができています。ありがとうね☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これまでの人生で一番辛かったこと。。。:

« 第15弾「りんご日報」 | トップページ | ☆花蓮旅行☆(2日目) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ