最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

ホテルとラブホテルの違い

今回の題名「お前何について書いてんだ」とツッコミがきそうですが、私はやっぱりずーっと気になってた!!その辺のこっちの事情はどうなのかと!!! 

 

 

というわけで、多分私だけじゃなく、気になってる人はいるだろうから(たぶん)書いてみることにします。 

 

 

4月に彼と台中に旅行に行ったのですが、その時に私たちが泊まったところはこんな感じでした。 

 

 

 

208 まず概観。。 

 

 

で、入り口は。。。 

 

 

210  

 

 

ラブホ?!と思ったら。。。。 

 

 

ここは普通の民宿!!!! 

 

 

いや、これは・・・どう見たってラブホっぽいでしょ。でもね、ここはふつーの健全な民宿なのです。内装も紫やらピンクやらド派手なものだったけれど、でもここはやっぱり民宿なのです。1回でおかみさんが自分で集めたキティちゃんのコレクションのショーケースを置いてあったりするふつーーの田舎の民宿。笑

 

 

以前、ラブホテルとビジネスホテルの中間。。的なところに泊まった事があるのですが、そことの違いは。。。。 

 

 

 

照明の暗さ。(民宿は明るめ。) 

 

休憩と宿泊がある。←これがやっぱり最大の違いかな。 

 

避妊具が置いてある。 

 

 

 

こんな感じかなー。そのラブホテルのようなビジネスホテルは、飲み屋さん街にあり、なんていうかお金持ちの日本人のおじ様がホステスを連れて行くような感じの所らしい。ようは正面的にラブホ!!という感じではなく、「実はビジネスホテルのようですが、そういう場所にも使えますよ~」的な感じというところか。でもそういう所はアダルトチャンネルは入ってなかったし、本当に普通の少し高価なビジネスホテルといった印象が強いかな。 

 

 

しかし。。。この民宿の概観と入り口は。。。一瞬ドキッとするよね。笑 

 

 

でもここは、 

 

 

 

207  

 

こんな風に街のど真ん中にあるので、違うやろと言われたらまぁそうなんだけど。 

 

 

こちらのラブホテルについては、また後日☆

1年になりました。。

今の彼と付き合い始めて1年がたちました。。。 
  
 
 
今日の内容はかなりノロケ入ってます。というわけでうげーって人はここで回れ右してください^^;
 
 
 
付き合うまでも本当に色々複雑だったし、付き合い始めてからも喧嘩っぽいこともありましたよ。ていうか、、空気が悪くなるというか。二人とも怒ってもガーッと噛み付くタイプではないので、静かに黙るw今でもたまーーーにあるし。 
 
 
 
それでも最初に友達として会った頃から、今彼氏として隣にいる彼は本当に変わらない所は、優しくて、頼りになる存在だということです。彼女になってから不安を感じた事は一度もないし、毎日本当に変わらず愛情注いでくれてるなぁと自惚れでもなんでもなく、本当にそう思う。だからこそ毎日幸せだと思える自分がいる。 
 
 
 
「(ちぃの)両親に少しでも認めてもらうために!」と難関の公務員試験に合格し、今は郵便局員として毎日がんばってる彼。毎月少ない給料から二人で結婚資金を貯めているけど「来月から俺は2倍出すよ~そしたらもっと早く結婚できるでしょ!そうすればちぃの飼いたいシーズー犬も飼えるでしょ。がんばるよ!^^」。。。本当にいつもじーんとさせられるよ、あなたの言動には。 
 
 
そんな彼から先週「タクシーに当てられちゃった。でもかすり傷だから心配しないで。これから先輩が病院に連れて行ってくれるから、ごめんね、今日帰りは迎えに行ってあげられないけど大丈夫??」っていうメールを受け取った時は血の気が引きました。迎えなんて気にしてる場合じゃないよ!!傷はどうなの?!すぐに電話するも出ず、さらに心配で心配で。(※診察中だったらしい) 
 
 
帰ってきて、手に包帯を巻きつつ「ただいま~^^」って帰ってきた彼。顔を見たとたん安心してボロボロ泣いてしまった。彼は何度も「心配かけて本当にごめんね。次からはもっと気をつけるから。」とずっと慰めてくれてた。 
 

 
 
この出来事があって更に今まで以上にどんなに自分にとって大きな存在かを気づかされた気がします。そしてやっぱりこの人だと確信した気がします。 
  
 

 
 
明日は記念日ってことで、美麗華でデートです☆^^ 
 
 
 
 
来年もその次もずっとこうやって、彼と一緒に記念日をお祝いしていきたいな☆ 
 
 
 
 
ずっとずっと一緒に歩いていきたいな☆ 
 

カエル少年失踪事件

本日ぼんやりネットを見ていて、とあるきっかけから韓国で実際に起きた本当に不可解な事件を見つけることになった。





一般的には「カエル少年失踪事件」という名前のこの事件。「なんだその名前?苦笑」という感じがするが、内容はとにかく謎謎謎!!!謎だらけ!!ゾッとするような謎だらけ。 

 

 

 

以下はウィキペディアからの引用です。 

 

 

城西小学生失踪事件(ソンソしょうがくせいしっそうじけん)は、1991年3月26日大韓民国大邱広域市達西区に住んでいた5人の小学生が失踪した事件である。「カエル少年事件」とも呼ばれる(理由は後述)。

事件直後から警察を動員して捜索活動が行われたが、2002年に白骨死体として発見されるまで、全く捜査の糸口が掴めなかった事件であった。「カエルを捕まえに行く」という最後の言葉が脚光を浴びたことから、失踪小学生は通称「カエル少年(개구리 소년」と呼ばれている。

1991年3月26日、大邱の城西国民学校(小学校)に通っていた5人は、「(近くの)臥竜山にカエルを捕まえに行く」と家を出たきり戻って来なかったため、親たちは失踪届を出した。

必死の捜索活動にも関わらず、失踪小学生の行方は杳として知れなかった。韓国国民の関心も高く、1992年11月には『帰ってこいカエル少年돌아오라 개구리 소년)』という映画まで製作された。次いで、2011年には『カエル少年失踪殺人事件아이들)』という映画が製作された。

事件発生から11年が経過した2002年9月に、失踪小学生のものと思われる5体の白骨死体が臥竜山で発見された。検死の結果、道に迷っての遭難や転落などの事故ではなく、何者かによる他殺であることが判明した。

しかし、犯人が誰であるかは不明のまま、2006年3月25日時効が成立した。 

 

 

韓国では誰もが知っている有名な事件らしい。ということで韓国のサイトを調べてみたら、これがたくさん!日本や台湾のネットじゃ見られなかった写真、映像なんかもたくさんあって、いかに韓国でも注目されていたかがよく分かる。 

 

http://bbs2.agora.media.daum.net/gaia/do/kin/read?bbsId=K150&articleId=393746

http://cafe.daum.net/dndrleks/kOZT/652?docid=1NTBA|kOZT|652|20120501061040&srchid=IIMS39PO500#A28_2.jpg

 

(どちらのサイトも韓国語だけど、当時の写真などもたくさん載っています) 

9_yall1 

少年たちの行方を呼びかける当時のポスター

 

 

 

そしてこれを題材にした映画があると知り、ネットで色々調べてみると「青蛙少年失踪事件」という名前で中国語字幕の映画を見つけ、彼と見てみました。 

 

 

感想は。。。とにかく長く感じた!!なんていうか、殺人の追憶と同じような感じ。殺人の追憶は日本語だったからまだ良かったけど、今回は中国語字幕だったため、大変でした。こういう映画は登場人物の言うことにキーポイントがあったりするから、特に集中してみるため、余計に体力を使う。つっても「?」って部分もたくさんあったけど。中国語能力がもっと高ければ、もっと楽しめたかしら(苦笑)あとはやっぱり。。。ハッピーエンドというわけにはいかず、終わった後はぐったり疲れる感じ。 


このお話の主人公はテレビ局に勤める一人の男性。この人がこの事件を追っていく。 

 

 

ちなみにこの映画、中国語では「青蛙少年失踪事件」と「孩子們(子供たち)」という2種類の題名があるみたいです。 

 

 

 

一人、二人の失踪、殺害なら今までにも何度もあったけど、5人いっぺんに殺害なんて普通じゃないし、普通に考えたら不可能だと思うんですよね。犯人が一人だった場合は。それに色々調べてみると、 

 

 

少年たちはテコンドーを習っていた。(簡単に連れ去られるとは思えない) 

 

死体から弾丸が発見された。(一般人が拳銃を持つこともそんなに簡単な事ではない)

 

 

なんていうものもあり、ますます謎。映画の中には拷問されたような形跡があったとあったけど、それが実際の子供たちの遺体にあったのかは分かりません。  

 

ただ、鑑識の結果、「他殺」という事はまず間違いないそうだし、本当に誰がどんな目的でこんな幼い子供たちを5人も一緒に手にかけなければいけなかったのか?本当に謎です。 

 

 

でも調べていくうちに、ひとつのとても興味深いサイトを見つけ、思わず鳥肌が立ちました。このサイトの内容が本当なら。。。。でも、内容はあまりにも道理が通っていて、これなら30万人の捜査員を投入しても証拠が何一つ出なかったことも、どうして銃で殺されたのかも納得がいくのです・・・・・。  

 

 

 

 

とはいえ、犯人が捕まらないまま、時効を迎えてしまったこの事件。もし今犯人が捕まったとしても、罪に問われないという。時効って。。。なんだろう。  

 

 

 

久々にゾッとするような、謎の残る事件を知ることになりました。

 

 

 

 

 

 

悩まされたー・・・。

ここ数週間にわたり、私を悩ませてきたもの・・・・  

 
 
 
台湾に来て4年になろうとしとりますが、初めてぶつかったこの悩み。 
 

 
 
 
 
ダニ!!!!!  
 
 
 
 
 
3週間前くらいからか?なぜだか体のあちこちが無性にかゆい・・・。見てみるとぷっくり赤くところどころが腫れている。 
 
 
 
 
 
蚊だったら薬を塗れば早いけど、このかゆみは蚊とは違う。。。いつまでもかゆいし。 
 
  
 
 
 
バルサンを焚いてみるも一向に効果が見られず、噛み跡は日に日に増すばかり。 
 
 
 
 

 
かまれる所はある程度決まっていて、二の腕、おしり、腰、足、背中、ほぼこの辺に集中しとる。 

 
 
 
 
 
毎晩彼にタイガーバームを塗ってもらいつつ「これはひどいなぁ。。。」というつぶやきを背中で聞いておりました。掃除機をこまめにかけたりといろいろ手を尽くすも、なかなかよくはならず辟易しとりました。 
 
 
 
 
 
 
そんなこんなで1週間が過ぎ「これは。。たぶんダニだな」という結論に至る。もうね、お風呂のときとか、汗かいた時とか痒みが半端なく、そして痕になる。ネットでいろいろ調べてみたら、ほぼ症状が合致してて、十中八九そうだろうな。。と。 
 
 
 
 
でも原因はなんやろ?私の家はプラスチックマットをひいてるんだけど、それにダニが??というわけで極力椅子に座るようにしてみた。おや?なんだか咬まれる回数が減った気が。。。。 
 
 
 
 
 
 
と思ったのもつかの間。やっぱり咬み痕は増えるばかり。そして「これはベッドマットレスで間違いないやろ」という疑惑が濃厚に。 
 
  
 
 
  
私はロフトで寝てるのですが、そこに結構あついマットレスを引いています。以前1回で除湿機を使っていたとき、2回が何度もびしょ濡れになるという事態が発生し、お部屋のマットレスの下がびちょびちょになったことも。しかもマットレスは結構厚いので干すこともできないし。  

 

 

 

これは。。ほぼそうだな。 
 
 

 
 
 
でも買い換えるのも。。。どうにか手がないかと思い立ったのが布団乾燥機。高い買い物だったけど、SOGOで購入し、毎日使ってみた。 
 
 
 
 
 
これにはかなり効果が見えた!!! 
 
 
 
 
が、 
 
 

 
 
やっぱ咬まれる。 
 
  
 
 
 
本来まめに掃除をしているし、掃除機も毎日かけてるんだけど、湿気の多いこの地には、やはり私の常識を超えた事がたびたび起こる。布団乾燥機もだめかー。。。。。となると。。。 
 
 
 
 
 
 
やっぱマットレス買い換えるしかねぇな。 
 
 
 
 
 
という結論に至り、ニトリで「ダニ寄せ付け防止」のマットレスをついに購入。 
 
 
 
 
購入後、2日たったけど今の所新しい箇所は咬まれていないため、やっぱマットレスが原因だった可能性大。 
 
 
 
 
 
 
安心して眠れるって。。いいね♪ちょっとゴム臭いのが難点だけど、痒いよりまし! 
 
 

  
ちなみに元のマットレスは。。。 
 

 
 
彼にあげましたwwww 

 

 

 

 

本人は「俺の部屋マットレスじゃないから、ちょーだい♪」とうきうき。  

 
 
  
 
 
私は「そんなダニマットレスでいいの?!」と心配になったのですが、なぜだか彼と寝てても、彼だけは咬まれないんです!!
  
 

彼曰く、 
 
 
 
 
台湾食食べあきてるから、日本食食べたいんだよ♪ 
 
 
 
 
 
だって。苦笑 
 
 
 
 
 
ともかく、、、、これ以上傷跡がふえませんように!!!!!!! 
 
 
 
 
 
ダニ。。。マジ恐るべし。

いやーーな空気。

彼と付き合い始めて、もうすぐ1年。 

 

 

考えてみたら、まだ喧嘩ってしたことないんだよなー。。 

 

 

喧嘩にならんとよね。何しろ基本怒らない人だから。ムッとすることはあっても、ワーッと言ってくることがないし、私も基本そういう怒り方をせず、ムスッとして黙ってしまうので、、 

 

 

 

 

なんていうか、いやーーーな空気には、まれーーーになる。 

 

 

 

 

これは。。。一種の喧嘩ですかね?苦笑 

 

 

 

 

そして後から考えてみたら、 

 

 

 

 

ほぼ9割方、私が悪い。苦笑  

 

 

 

 

昨日もまぁとある事から、いやーーーな空気になり。。。 

 

 

 

でも彼は基本私が悪くても「ごめんね」と謝ってくるのです。でも私は「いや、あなたは悪くない!!」と思っていても、なんか引くに引けず「べつに、気にしてないから」と「いや、気にしてるじゃねぇか!!」という言い方で返してしまう。。。。 

 

 

 

子供です。ええ、子供です。 

 

 

 

昨日もそんなわけで彼が謝ってくれた(っていうか謝る必要なかったのに)のに、私が変に意地をはってしまい、いやーーーな空気に。。。 

 

 

 

きのこ汁を作りながら「どうしたもんか。。。私が悪い・・・でも今から謝るなんて何か気まずいし。。」と15分ほど鍋をかき混ぜながら考え、やっぱり私が悪いから謝らないとと思い(←最初から明らかに自分に非があると分かってるなら、さっさと謝れって話ですが。。。) 

 

 

 

 

「ごめんなさい。。。。」 

 

 

 

と謝る。 

 

 

(彼)「なんで謝るの?」

 

(私)「いや、だって私が悪いし」 

 

(彼)「いや、女性だったらみんな怒るよ。前の彼女からも同じことで怒られた事あったし。苦笑」 

 

 

 

 

 

 

事の発端は、、、彼は毎日私の仕事が終わると迎えに来てくれます。これでもさ、本当に大変だと思うのよ。自分の仕事もあるのにさ。分かってるのに、毎日来てくれてると、「当然」こんな錯覚というか、勘違いをしてしまうのですね。彼はいつもわざわざ迎えにきてくれてる、のに。自分の時間だってあるのに。 

 

で昨日は「歯医者に行くから帰りは自分で帰るよ」と彼に言っていた私。ところが仕事が鬼のように忙しく結局歯医者に行けず。仕事が終わったのは夜の8時半。で、彼に電話して「歯医者キャンセルになって、今仕事終わった」と。彼は「今日は歯医者だって聞いてたから、友達とPCでオンラインゲームやってるんだ。(←これはみんなで一チームになってするゲームなので、一人抜けると友達に迷惑がかかるわけです)約束してたもんだから。。本当悪いんだけど、今日は一人で帰れる??」 

 

 

 

私のお迎えがなかったので、友達と約束をしていたそうで。それなら別に私が一人で帰ればいいわけで。ていうかそれが本当は普通なわけで。でも仕事の忙しさの後のこの一言にわしはイライラ。で、「わかった。。じゃ後でね」と電話を切る。  

 

 

 

なぜかもうイライラ。。。ええ、ええ、分かってます。超絶ワガママだったのです。 

 

 

 

しかもその後乗ったバスが混みまくっていて、更にイライラに追い討ちをかける。その後、ご飯を買って家に帰ると、彼が先にお部屋で待っていて。「電話したんだよ?ごめん、怒ってるでしょ??」「ううん、べつに怒ってない」 

 

 

 

それがいやーーーな空気になった原因だったのでした。   

 

 

で、その前述のきのこ汁を作り終わったあたりで「これはもう。。。完全私が悪いな。ちゃんと謝らねば。。気まずいが、、気まずいが。。。ええい、今じゃ!!」 

 

 

 

謝るのって。。勇気いるのよね。こういう時ね。。。苦笑 

 

 

(私)「毎日迎えに来てくれるのが当たり前みたいになってた。自分の時間を削っていつも来てくれてるのに。勘違いしてたよ。本当にごめんね。。。」 

 

(彼)「ううん、いいよ。ただ分かってほしいのは、前から約束してたり言ってたことに関してはどんな約束も守るようにしてる。だけどいきなり決まったことに関しては俺にも出来る事とできない事があるって事は分かってほしい。今回も自分ひとりじゃなくて、友達との約束だったから行けなかったんだ。でも早めに終わらせてバス停まで迎えに行ったんだよ?電話出なかったから部屋に戻ってきたけど(そのとき初めて携帯の着信に気づいた)」 

 

 

 

 

最近小さなことでもブスッとしてしまうので、気をつけないといけんと本当に反省。彼曰く「それでもちゃんと自分が悪いと思ったら、謝ってくれるから。お互い思ったらちゃんと相手に話せてるし。そんな所が長く付き合えてる理由なんだよ^^」って。前の彼女は何があっても絶対に謝らず、その度に彼が謝り、もう駄目だ、、、となったらしい。 

 

 

 

それでも小さなことで一々ブスくれていたら、そのうち愛想つかされてしまうわー。 

 

 

 

初心を忘れず、もう少し大人にならんとね。苦笑

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ