最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 台湾人男性について、再度語ってみようか!!(このテの男に注意せよ!編) | トップページ | 國際戀愛真不簡單呢... »

第18弾「りんご日報(ネットゲームに殺された編)」

台湾では、ネットゲームユーザーがとっても多い。 

 
 
 
 
日本って人気はあるものの、それでも台湾ほどユーザーはいないと思う。オタクちっくな人から、普通の今風の人達まで、結構みんな遊んでます。 
 
 
 
ちなみに私の彼もよく友達と遊んでる。ていうか仕事から帰ってきてネットすると、ほぼ毎日友達とおしゃべりしながらやってます。彼の友達でもやってない人はほとんどいないみたいです。私はネットゲームはやらないから分からないけど、 
 
 
 
 
 
 
  ←こんな顔の時は「ああ、勝ったのね」と思い、 
 
 
 
  ←こんな顔の時は「ああ、負けたのね」と思い、そっとしておきます(笑) 
 
 
 
 
 
 
ちなみにこのゲーム、韓国人の友達もやってて「負けたり、やり方が下手糞だったら、見ず知らずの他人にこてんぱんに言われて、かなりヘコむそしてムカつく!」と言っていた。というわけで私は絶対やらん!!!見ず知らずの人にムカつかされるなんて、ごめんだわ!!!余計なストレスはためないに限る 
 
 
 
 
おっと、前置きが長くなりましたが、そんなネットゲーム関連のりんご日報からの記事を2つ紹介したいと思います。どっちも「怎麼可能!(ありえないっしょ!)」の内容。今回結構ショックな写真があるので、「見たくない~!!」って人は画像は拡大しないように 
 
 
 
 
 
 
 
 
これはちょうど1年ほど前、2012年の2月に起きたもの。 
 
 
 
23時間ネットゲームをし続けた23歳の男性がネカフェ内で死亡したというもの。 
 
 
 
 
 
 
 
ネカフェに来た当日は咳をしていて、見るからに体調が悪そうだったようなのです。しかしとにかくネットゲームが好きだったようで、店長曰く、ほぼ毎日のように来ていたんだとか。 
 
 
 
Taiwanyoungmandiesafterplayingdiabl  
 
 
 
 
彼が夢中になっていたのは「英雄連盟(LOL)」という世界中で人気のゲームで、2,3時間仮眠をとりながらプレイしていたそうですが、それにしても23時間ってすごい・・・。 
 
 
 
 
ここは8時間毎に延長費用を払うようになっていたみたいだけど、3回目の費用を払いに来ない彼を不振に思い、店員が様子を見に行きました。「まだプレイします?」と聞いても反応が無いため、「お客さん?」と体に手をかけると冷たい!そこで彼がすでに死んでいる事に気づいたのでした。 
 
 
 
 
Ln01_001546x600 店員が気づいた時には、もう死後硬直が始まっていたようです・・・。 
 
 
 
 
長時間同じ姿勢でプレイし続けたことに加え、その時はとても寒い日だった為、心臓麻痺を引き起こしたようです。(彼が持っていた荷物の中にも心臓病の薬が入っていたとのこと。) 
 
 
亡くなった時は、片手はマウスを、片手はキーボードの上に載っていたそうですが、そのまま死後硬直が始まってしまった為、葬儀社の人が彼の遺体を運ぶ際も、まるでまだネットゲームをしているかのような体勢になっていました・・・。 
 
 
 
 
 
 
http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/headline/20120203/33997910/  
 
 
 
※硬直した状態で運び出されるショッキングな映像もあるので、閲覧注意。(りんご日報の動画ニュース)
 
 
 
 
 
 
 
えっ・・・、ていうかちょっとマテ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
この亡くなった彼が夢中になってたLOLってゲーム・・・・ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彼がいつもしよるやつやん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彼が時たまネカフェに行くときは、一人では行かないし、数人で一緒に行くから大丈夫だろうけど・・・気をつけてよ?くあーーっと怒ったと同時に脳の血管切れたとか・・・やめてよ? 
 
 
 
 
・・・・とえらく心配になってしまったのでした 
 
 
 
 
まぁ、行ったとしても、せいぜい3時間とかそこらで切り上げて帰ってくるから大丈夫だろうけどさ
 
 
 
 
 
 
 
さて、お次。 
 
 
 
 
今度は阿呆な両親の元に生まれてしまったせいで、幼くして亡くなる事になってしまった赤ちゃんのニュースです・・・。 
 
 
 
これは去年の6月のニュースです。 
 
 
 
 
父親は23歳、母親は22歳、娘は1歳。旦那のみ働いており、清掃会社で清掃の仕事をしていた旦那の一月の収入はなんと1万元ちょっと!(日本円で3万円ちょっとくらい・・・生活していけるわけがない・・・)だもんで、 
 
 
 
ミルクはなかなか買えない→普段は赤ちゃんである娘に薄いお粥のような水をあげていたそうなのです・・・。
 
 
 
しかもこの馬鹿親、こんな少ない給料でかっつかつの生活にもかかわらず、ネットゲームにはまり、そのほとんどをネットゲーム代に費やし、最終的に赤ちゃんは餓死してしまったというもの・・・。 
 
 
5ヶ月間の間にたった7缶のミルクしか買ってあげていなかったそうで、赤ちゃんの遺体は骨と皮だけだったそうで、胃や腸にも全く残留物は無かったそうです。(発見時たった3,250gしかなかったそう・・・) 
 
しかもこのミルクも奥さんの親が見るに見かねて買ったとか書いてあるし・・・。一万元じゃとても住めるわけがない結構広いアパートに住んでいたから、親なり誰かが補助してたんだと思う。 
 
 
 
34301712_8a7521eecfb8baf7dc717e9348    
 
 
こんなひどいことをしておいて、7年くらいで出てこれるなんて納得できん・・・。ていうか、こうなる前に、周りは誰か気づかなかったの? 
 
 
 
 
 
 
逮捕された時の両親は、髪はばさばさで油髪、見るからに何日もお風呂に入ってないであろう容貌。入浴時間さえ削ってゲームを楽しんでいたのであろうことは、容易に想像がつく。
 
 
 
親の自覚もないくせに、欲望丸出しで、子供だけさっさと作って餓死させるって・・・。どこまで勝手なんだよ・・・。  
 
 
 
 
 
 
 
今回はネットゲームに殺された編をお送りしました。次回はもう少し明るい話題を探そう 
 
 
 
 
 
     

ポチッとよろしく! 

 
 
 
 

« 台湾人男性について、再度語ってみようか!!(このテの男に注意せよ!編) | トップページ | 國際戀愛真不簡單呢... »

台湾留学生活(りんご日報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第18弾「りんご日報(ネットゲームに殺された編)」:

« 台湾人男性について、再度語ってみようか!!(このテの男に注意せよ!編) | トップページ | 國際戀愛真不簡單呢... »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ