最近のトラックバック

« タイのホラー映画 | トップページ | お仕事のこと&本日のタピさん(初めてのバナナ♪) »

タピさん、ラーメンの中に落ちる・・・

本当なら小屋の中に入れるべきだった・・・。分かってたコトなのに、お部屋に戻るのを嫌がって逃げ回るタピさんを「まぁ少しだけなら大丈夫だよね」そう思って放置したことが、全ての間違いの始まりでした・・・。 

 
 
 
 
 
お昼、小屋に戻りたくないと飛び回って逃げ続けるタピさんを必死で何度も捕まえようとするも、タピさんは逃げて逃げて逃げまくる。結局そのままにし、ラーメンを食べ始めた私。するといきなり羽音とともにタピさんが飛んできて、一直線にラーメン丼の中に飛び込んだ!! 
 
 
 
 
 
ボチャン!!! 
 
 
 
 
 
(タピさん)「ギャー!」 
 
 
 
(私)「ぎゃぁああああ!!!!」 
 
 
 
 
 
 
 
 
悲鳴を上げるタピさんをあわてて救い出す。それから暴れるタピさんをおさえつけ、水道水で冷やした。スープに浸かったのは足だけのようだったんだけど、とにかく暴れるため、仕方なく体全体に蛇口からあふれる水をかけた。 
その時点では下腹部も火傷した可能性があったので、とにかく下腹部から足にかけてを冷やさなきゃと思い、必死で冷やす。その後はスープに浸かった足を水で冷やす。 
 
 
 
どうも左足を主に火傷したのか、その後もずっと右足で片足立ちのタピさん。歩いたり飛んだりはするものの、見ていて痛そうでやっぱり明らかに元気が無い。 
 
 
 
 
動物病院のサイトで調べると、とにかく最初は患部を冷やし、後は保温をしなければならないという事だったので、その通りにする。何か薬を塗るべきか?とも思ったが、人間の薬は舐めたりしたら危険だそうで、駄目とのこと。 
 
 
昼の部は朝9時から午後1時までの診察時間で、夜は午後5時から開院。なので病院が開く5時まで、とっても長く感じました・・・。その間、タピさんはヒーターの前で目をつぶってじっとしていました。火傷をしたのは2時頃、4時頃になってようやく小さな声で少しずつ鳴き始めて少しだけほっとしました。5時頃にはお水も飲んで、ご飯も食べ始めましたが、やっぱり右足に重心を置いているような感じでした。 
 
 
 
5時になり、祈るような気持ちで病院に連れて行きました。 
 
 
 
 
先生に「どのくらいの温度のお湯だった??すぐに冷やした?」と聞かれたので、「多分80度くらいだと思います、すぐに水で冷やしました」と答え、先生に診てもらう。すると「ああ、大丈夫だ。たいした事はないみたいだ。」 
 
 
 
 
 
その一言で力が抜けた・・・・。良かった。。。良かったぁぁぁぁ・・・・!!!!!
 
 
 
 
先生いわく、このような事故はとても多いんだそうで、「次からは絶対気をつけてあげないと駄目だよ」と。「おそらく大丈夫だと思うけど、万が一痛がったりしだしたら、飲ませてあげなさい」とお薬を出して貰って帰路につく。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現在夜の10時。今はすっかり落ち着き、ご飯もよく食べ、普段と全く変わりないタピさん。外に出て元気にはしゃぎ、相変わらずマウスを操る指にマジ噛みしてくる元気なタピさん。元気におしゃべりするタピさん。本当に本当に良かった・・・・・ 
 
 
 
 
 
実は私は以前から、小屋に戻るのを嫌がるタピさんをそのままにして、料理をしたりすることも時々ありました・・・。 
 
今回は幸いにも軽い火傷ですみましたが、これが熱湯だったりしたらタピさん、どうなっていたのか・・・。以前にもポインセチアを室内に置いていた所、タピさんが少しだけ誤食してしまい、肝を冷やしたことがあったけど、また自分の不注意でタピさんに怖い思いをさせてしまった・・・。本当に本当に駄目な飼い主です・・・・。 
 
 
 
小さな体のインコさん、人間と違い、少しのミスが、ちょっとした気の緩みがすぐに命とりになってしまいます。 
 
 
 
何も知らずに丼に近づいてきたタピさん、「いつもの水浴びの入れ物ににてるなぁ♪」そんな風に全く警戒せず飛び込んできたのでしょう。その結果、本当に怖い、痛い目にあわせてしまうことになってしまいました。 
 
 
 
また放鳥時にも、以前は絶対小屋に戻してから、洗濯物を干しに出入りをしていたのですが、最近は「部屋の奥のほうで遊んでるからサッと出れば大丈夫だよね」そんな風に思って、タピさんを放鳥したまま、ベランダに洗濯物を干しに出てしまったりすることもありました・・・。 
 
病院に「インコちゃんを探しています」という貼り紙が何枚か貼られていて、それを見て、私は胸が痛みました。たぶん飼い主さんたちも「このくらいなら」「ちょっとなら大丈夫だろう」そんな風に思ってしてしまった事が、結果取り返しのつかない事になってしまったのではないかと思うんです。そしてこれって多分結構多くの飼い主さんに経験がある事なのではないかと思うんです。 
 
 
 
最近怠惰になってた自分の態度・・・。“注意しすぎ!ってくらい気をつけてあげなくちゃ駄目だ”というメッセージだったような気がしてなりません。 
 
 
 
 
タピさん、怖い思いをさせて本当にごめんね・・・。もう絶対こんな事ないからね。 
 
 
 
 
 
もし万が一インコさんがやけどをしてしまった場合、先生曰くまずはとにかく冷やすこと!そして保温をしてあげること!が大事なのだとか。人間の薬は塗っちゃ駄目、インコさんが舐めたり、逆に化膿してしまう事があるそうなので。その後、すぐに病院に連れていくこと。 
 
 
 
インコさんは具合の悪いのとかをとにかく隠すので「大丈夫よね」という自己判断は危険です。必ずお医者さんに診てもらうこと。インターネットで質問している人とかもいるけど、休日で病院があいてない時や深夜ならともかく、あくまで症状も聞くのと見るのとは違うし、相手は先生ではありません。病院があいている時間なのであれば、必ず動物病院の先生に診てもらうようにしましょう。
 
 
 
 
いや、私にはこんなえらそうな事をいう資格はありません!!あくまで上記は先生のお言葉なので、あしからず!><

« タイのホラー映画 | トップページ | お仕事のこと&本日のタピさん(初めてのバナナ♪) »

☆タピさんのコト☆」カテゴリの記事

コメント

題名見た時、『とりがらスープになってしまうがなwww』なんて思ってしまった(>_<)
反省m(__)m

ひどくならんやったのは応急処置が的確やったんやろうなぁ(^_^)
タピさん大事にならんで本当良かったね☆

>まむたん

コメント謝謝☆

いや、マジでそうなる所やったww流石にショックと同様でラーメン食べ始めたばっかやったけど、それから一口も食べれんやったわ

彼は「そんなに水かけて大丈夫だったの?!」って心配してたけど、水かけてて正解だったみたい。そうじゃなきゃひどくなってたりするみたいだから。今はとっても元気になって隣でごきげんに鳴いてるよ☆本当に良かった☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タピさん、ラーメンの中に落ちる・・・:

« タイのホラー映画 | トップページ | お仕事のこと&本日のタピさん(初めてのバナナ♪) »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ