最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

台湾の郵便配達員さん☆

私の彼のお仕事は以前何度か書いたことがあるのですが、郵便配達員さんです 

 
 
 
 
ちなみにこの映画の主人公の男性も郵便配達員さんでした。 
 
 
 
 
 
 
Normal_1218592382  
 
海角七号 
 
 
 
 
 
この映画、台湾人男性(郵便配達員)と日本人女性(モデルの卵)が反発しあいながらも惹かれあっていくという内容なのです。なので彼と冗談で「俺たちは海角八号だね~♪」なんて言っていたのですが、彼の郵便配達員はいいけど、 
 
 
 
 
 
わしはモデルの卵でも何でもナイケドネ!!むしろ足短い方だし!!ふっ 
 
 
 
 
 
 
まぁそれはどうでもいいんですが、この海角七号の中で主人公の阿嘉の配達時の服はこんな感じ。 
 
 
 
 
 
8731448771  
 
 
 
 
上半身は間違いなく郵便配達員さんの服なのですが、下は・・・ジーンズ!!! 
 
 
 
 
 
彼曰く「台北だったらありえないし、間違いなく怒られる」そうです。でもこの映画は台湾の南部が舞台。「うーん、南部だったら台北ほど厳しくないだろうから、あるかもねー」だってwそんな緩いのか、南部。笑  
 
 
ちなみに、台北の郵便配達員さんの服はこんな感じです。    
23862580  
 
上も下も緑。で左胸に名前の刺繍が入っております。 
配達の際、手紙担当になった時はバイクで、小包担当の場合は車での配達になります。どちらになるかは週ごととか、日によって変わります。   
 
 
57小包配達の車 
 
 
Motocycle配達用のバイク 
 
 
 
配達区域もずっとそこってわけじゃなく、今週はあそこ、来週はここという風に変わるので、初めての場所とかはすごく大変みたいです。  
 
 
 
 
ちなみに最近知ったのですが、中国語も英語もしゃべれないお客さんに当たった場合、同僚達から彼にヘルプの電話が来て、彼が代わりにそのお客さんに日本語で連絡とるんですって! 
 
 
 
 
でもキミ。。。日本語ほとんど喋れないでしょうにww笑  
 
 
 
 
 
彼女が日本人というだけで、そんな事になってるとはwwでも彼も負けず嫌いなので「おぅ、任せろ!」とか言っちゃってるらしい。
 
 
 
 
 
 
「アー、コンニチハ、○○サンですか?こちら郵便局デス。あなたの手紙アリマス。いつ家にイマスカ?」 
 
 
 
 
 
 
とか話してるらしいw最初聞いたとき大丈夫なの?!とびっくりした(笑) 
 
 
 
 
 
 
 
 
この間仕事中にラインで「火曜日是星期一?」と聞かれたので「違うよ~星期一は月曜日でしょ、火曜日は星期二だよ~」というと「OK~~3Q~」と返ってきて「なんだろう?」と思っていたんだけど、まさにお客さんと話した後で「火曜日なら家にいます」と言われたのはいいけど、「やべっ、何曜日だったっけ?!」となって、私に連絡したらしい(笑) 
 
 
 
「使えそうな一覧表書いてあげようか?」というと「ううん、それだといつまでも覚えないから頭に入れる!」と一生懸命覚えようとしていた。こういう所、私とは全然違うところ。見習いたい。苦笑 
 
 
 
 
 
日本の郵便配達員さんとは服装も違うので珍しさからか、この間配達中に日本人観光客に「一緒に写真撮ってください☆」と言われてちゃっかり写真におさまってきたらしいw 
聞けば若い女の子のグループだったんだって。 
 
 
 
 
 
 
なるほど・・・それでどことなく鼻の下が伸びている感じだったのね・・・まったく。分かりやすいわw 
 
 
今日はちょっとだけ、台湾の郵便局員さんについてのおはなしでした☆ 
 
 
 
 
 
 
台湾在住の方で変な片言の日本語の電話が郵便局からかかってきたら、それは彼かもしれませんw 

彼の困った癖。

ことの発端は数ヶ月前、夜中寝ていると。。。。 

 
 
 
 
 
もぞもぞもぞ。。。。 
 
 
 
 
 
 
・・・・んんんんんん? 
 
 
 
 
 
彼がなぜか私の胸を触っている。 
 
 
 
 
 
 
なんだなんだ?こんな夜中に。急にそんな気分になっちゃったのだろうかでも明日仕事あるし、眠いしなァ。ちょっと寝たふりしちゃお。 
 
 
 
 
 
と、そのまま放っておいた。すると手は移動し、まぁいろんな所を触り始めた。 
 
 
 
 
 
うー、眠いんだけどなーどうしたもんか・・・しゃーねぇ、諦めるか。。。 
 
 
 
 
 
 
と思ったその時、 
 
 
 
 
 
うーん、むにゃむにゃ、ガリガリガリィッ(←※歯軋り) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ええええええええ????!!! 
 
 
 
 
 
 
そうなのです、起きているとばかり思っていたら、彼は思いっきり寝ていたのでした!あれが寝ている人の手つきか?(汗)という感じだったので、翌日聞いてみると 
 
 
 
 
 
 
 
「ええっ!!!!マジで?!?!俺そんな事したの?!?!」 
 
 
 
 
 
 
 
 
と思いっきり困惑していた。 
 
 
 
 
 
 
いやいや、困惑したのはこっちなんですけど 
 
 
 
 
 
 
 
その後も何度かそういうことがあったのですが、本気で寝ている時に無意識にしているらしい 
 
 
 
「オイオイ、会社の社員旅行とか行って、隣で寝てる同僚に無意識でそんな事しなさんなよもしそっちの気がある同僚やったら大変ばい」というと「あ゛ーーーマジでそんな事になったら笑えないよォ」と頭を抱えていた。笑
 
 
 
 
家族旅行とか大丈夫なの?!と聞くと、子供のとき以来、そんな行事はなかったらしく、そこは大丈夫だったらしい。苦笑 
 
 
 
 
これまで友達の家に泊まるから帰ってこないなんて事は一度もなかったけど、もし以降何らかの事情で今日は友達ん家で雑魚寝するから~とかになっても、ある意味心配だわ・・・ 
 
 
 
 
 
 
Lb08_005  
 
 
ちなみに寝相の中国語は「睡相」といいます♪

婚紗!!!

こんなに続けて更新するのは、結構久しぶりな気も。でも先週すごく嬉しい事があったのです☆

 
 
 
 
先週の日曜日、会社から優待チケットをもらい、彼と101近くの貿易ビルで開かれている国際旅行博に行ってきました♪ 
 
 
 
 
しかしまぁ、日曜日という事もあり、人、人、人!!!!  
 
 
 
1379736_10151919919929133_924987234  
 
 
 
特に旅行に行く予定はなかったんだけど、仕事の勉強にもなるかなという気持ちと、あとは何でもレストランの安いランチ券やディナー券もあると聞き、それを目当てに行ってきたのでした。 
 
 
 
結果からいうと、これといった目ぼしいものに出会えず、「行きたいねぇ」なんて次々に手渡されるパンフレットを手に妄想を膨らましていたわしら。だってお金も時間も無いしさ・・・タピさんいるしさ(笑) 
 
 
 
 
 
 
 
数々の旅行パンフレットを手に「この広告・・・しばらくはタピさんの小屋の中に引くフン用の紙に困らないね」なんていう会話をかわす私たち・・・むなしすぎるぜ 
 
 
 
 
 
 
このまま帰ったら、本当にむなしかったと思う・・・・苦笑 
 
 
 
 
 
 
 
しかし・・・・ここで思いがけぬ事が起こったのでございました
 
 
 
 
 
そろそろ帰ろうかね、なんて話しながら歩いていると、一人のお兄さんが話しかけてきた。 
 
 
 
 
 
「君たち、恋人同士だろう?良かったら僕の撮った写真を見ていってくれないかな?!」 
 
 
 
 
 
彼が「見てみようか?」と聞くので「うん、(何の写真かよく分からないけど)いいよ?」といい、ついていくと・・・ 
 
 
 
 
 
 
ㄟ?!?!?婚紗?!?!?!?!?
 
 
 
 
 
 
 
 
婚紗とは、台湾で結婚の時にとる結婚写真のこと。そりゃいつかは撮りたいし、わしらは将来お互いに結婚するつもりで毎月結婚貯金はしつつも、全くいつなのかなんて決まってないし^^;まぁ写真見るだけだしな・・・と思っていた私。ていうか旅行博なのに、何ブースか婚紗のブースがあったのにびっくりなんですけどw  
 
 
 
 
 
 
 
Masthead_image1_1354598122pp_w955_h 台湾の婚紗☆ 
 
 
6459310720067437328
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに婚紗のお店は台北市内では中山北路沿いやら、わしの住んでる近くの通りやら、いたる所にあるので、お店の外に置いてあるサンプルなんかは以前から何度か見たことあった。でも特別「わーコレいい!!」っていうのには出会った事がなくて、うんうん綺麗だねぇ・・・という一律の感想しかもっていなかったのです。でもここの写真はとにかく他のお店とは違った斬新な感じが多く、また撮影師の腕のよさもすごく伝わってきて、うわー☆と感動してしまいました。  
 
 
 
 
 
 
3471085_020414726059_2  
 
私が見たのとはちょっとイメージが違うけど、私が惹かれたのはこういうレトロなチャイナ服のものでした☆
 
 
 
 
また接客してくれたお姉さんも、ハキハキしながらも話しやすい人で、「あなたたち美男美女だから、特別に○○と○○をサービスしてあげる」など、口がうまい&特典を色々つけてくれたり、まぁその話術のすごいこと。「彼女本当気品があるわ」「(彼に)こんな素敵な彼女と付き合うまで、きっとライバルも多かったんじゃない?」とか。。。ここまで褒めちぎられたら、お世辞と分かっていても、顔がほころびまくりますって。よっ、商売上手!!! 
 
 
 
 
 
 
あの日1時間だけで1年分くらい褒められた気がする・・・・(苦笑) 
 
 
 
 
 
そんなこんなで、気づけば座って話を聞いていたら1時間近く経過していた(爆) 
 
 
 
 
 
で、気づいたら・・・何か・・・・あれっ?具体的な話がすすんでる?!?! 
 
 
 
 
 
 
そうなのです、もしあなたたちの選んだプランだとこうでこうで~とすごい具体的な数字を書き始めるお姉さん。もちろん決して安い買い物ではないし、何より予定は未定のため、わしはとにかくアセり、ヤバいんじゃない?!断れるの?!(汗)とヒヤヒヤしとりました。すると何と彼が・・・ 
 
 
 
 
(彼)「ちぃ、ここの写真好き?」 
 
 
 
(私)「・・・えっ?いや、好きだけど、でも」 
 
 
 
(彼)「俺もすごく特別だと思うし、撮影師の腕もすごくいいと思う。何よりちぃはここの写真がすごく好きみたいだし。いいじゃない、どうせ俺達にとってはいるものだから。ちぃさえよければ今申し込もうと思うけど、どう?」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
びっくり!!!!!した・・・けど・・・・それ以上にやっぱり嬉しかったです。だってまさか・・こんな展開が?! 
 
 
 
 
 
ただそこの婚紗は契約したからすぐに撮影、というわけではなく、契約は無期限なので1年、もしくは2年後、下手な話10年後でも撮影できるのですよ、念のため。でも10年後はさすがにちょっと撮りたくないけどな。
 
 
 
 
 
お姉さんいわく、10月11月、もしくは3月か4月が一番撮影に適しているそうで、そのくらいに撮るのが一番よとすすめてくれた。 
 
 
 
 
 
とはいえ、お金はデポと違って一部分ではなく、全額その場で払わなくてはいけないのです。そんなお金ないよ!とあせっていると、 
 
 
 
 
 
「カードでいいですよね?」と彼はサラッと払ってしまった。そしておいおい、半分出すから!というわしに「いいって。俺のお金も将来はどうせ2人のお金なんだから。俺が払うから」 
 
 
 
 
 
 
もうさ。なんだよぉ・・・惚れてまうやろ!!!! 
 
 
 
 
 
 
そんなわけで私たち、旅行博でなんとなんと婚紗の契約を買って(?)しまいました・・・。 
 
 
 
 
 
 
 
その後もしばらくポカーンですよ。 
 
 
 
 
 
「・・・・本当に買ったの?!?!あんな勢いで買っちゃう?!?!」 
 
 
 
 
と半ばぽかんとしているわしに、 
 
 
 
 
「どうせ来年か再来年には結婚するでしょ?だったらどうせ必要なものじゃないか。まぁまだちぃのお父さんとお母さんにちゃんと結婚の挨拶はしてないから、これ聞いてお母さんが昏倒しないか心配だけど(苦笑)」  
 
 
 
 
 
 
この人と結婚したいと思っているし、するんだろうなとは思っている。きっと彼もそう思ってると思ってたし、そうでなければ結婚資金なんて貯めてないし。でも何かこういう結婚を意識する具体的なものを躊躇せずに、彼が迷わず購入していた時点で気持ちは本物なんだろうなと改めて感じてとても嬉しかったのでした。 
 
 
 
 
 
 
・・・・半年後のブログで「実は別れました。。。」なんて事がありませんように(←心配性なので、常にこういう心配をしてしまう私。苦笑)
 
 
 
 

来台5年にして、初めての台大&夜間急診

日本にいた頃にはかかった事のなかった病気に、台湾に来て5年、なんだか色々とかかっているような気がするのは気のせいか 

 
 
 
 
 
先日も、そんな人生初の病気にかかってしまった。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その日の朝、変わった事といえば、「・・・朝一番の尿の臭いがキツイ?」と思ったくらい。普段はこんな臭いなんかしないのに。何だか薬品のような臭いがしたような気がしたのだ。毎日ピルを服用しているし、女性の日の直前だったから、それが原因かな?くらいにしか思っていませんでした。 
 
 
 
 
その日の昼から夕方までは普通に過ぎてました。レンタルサイクルに乗って、お買い物して、普通に何事も無く家に帰り、普通にご飯を食べ。 
 
 
 
変化があったのはその後。お風呂の前にトイレに行くと、
 
 
 
 
 
・・・・・あれ? 
 
 
 
 
 
 
なんだか・・・・うまく説明できないけど、その時にいつもと違うような感覚がありました。下半身の膀胱あたりが少し痺れているような、膀胱の中で炭酸飲料がスパークしたようなそんな感じ(わかりにくいか?でもそれでもあまり気にせず、まぁ女性の日の前だしね・・・くらいにしか思っていませんでした。 
 
 
 
 
 
その後再度トイレにいくと。。。 
 
 
 
 
 
 
 
!!!!!心なしか・・・水が・・・・ピンク色になってる??? 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティッシュで吹くと、明らかにピンク色、でも痛みとかは全然なくて、その時点で「なななな、なんだこれ?!」って多少パニックになっていました。 
 
 
 
 
 
その後、また尿意を催し、トイレに行くと、 
 
 
 
 
 
 
 
 
今度は肉眼でわかるくらい、2ミリくらいの大きさの血の塊が尿の中に無数に浮いていてびっくり!!!! 
 
 
 
 
 
何?え?ええええ!何なのこれ?!?
 
 
 
 
 
 
でも痛みはない・・・こんだけ血が出てるのに!!!その後ネットで調べると、痛みがないのは腎臓癌の可能性があるだの、大病の可能性があるだの、そんなの見たら妄想癖のある私はとにかく頭の中が不安な気持ちでいっぱいになり、「ヒィィィィ」と大いにビビる。 
 
 
 
 
 
その後、トイレに行くとまた新たな変化が! 
 
 
 
 
 
おしっこをしている時に最初の内はまったく痛みもないんだけど、終わりがけの最後の方で切り裂かれるような激痛が走り、「うぐぅーーっ」と思わず呻いてしまった。 
 
 
 
 
 
 
 
その後便器を見ると真っ赤!!!! 
 
 
 
 
 
 
 
女性の日以外で、こんなの人生初なので、そりゃパニックにもなるっちゅーもんだ!!! 
 
 
 
 
 
 
その後は10分、20分おきに尿意が来る。トイレに行き、激痛と戦うというスパイラルが永遠と繰り広げられる。そしてトイレに行っても、常に残尿感が残る・・・。 
 
 
 
 
 
 
ネットで誰かがこの痛みを「あそこから剃刀の刃が出てくる感じ」だと比喩していたが、まさにそんな感じである。 
 
 
 
 
 
 
この辺りで、ネットで調べた情報とも似通っていたし、私の中では「おそらく膀胱炎ではないだろうか?」と思っていた。
 
 
でもそこまで尿意を我慢するほうでも無いし、水分も毎日結構摂ってるのに本当にそうか?と半ば疑問も持ちつつ・・・。 
 
 
 
 
この日は彼が夜勤だった為、ひとまずラインで状況を説明する。とりあえず明日の朝まで様子を見ようと思うというと、彼は「何言ってるの!もう血尿まで出ているのに!すぐに行かなきゃだめだ!俺が仕事終わったら救急病院に連れて行くから、それまでに出かける準備をしておくんだよ。すぐ帰るから!」と返事が。 
 
 
 
 
 
 
その後、彼が帰ってきて、一番近くの救急病院、台大医院に連れて行って貰った。 
 
 
 
 
 
 
台北で一番大きい病院、台大医院。なんたって地下鉄の駅名にもなってるくらいだもの。台湾人なら知らない人はいない病院です。
 
 
 
 
しかし夜間は人が少ないだろうと思っていたら、昼間か?!と思うくらい患者さんであふれていて、びっくりしてしまった。食中毒らしき人、永遠と嘔吐を繰り返している人、椅子の上でぐったり動かない人、本当に様々だ。  
 
 
 
 
 
 
 
その後待ち時間もほとんどなく、診察に入ると先生から「おそらく膀胱炎に間違いないと思うけど、検査をしてみるから」といわれ、尿を採ってくるように言われる。「うぅぅ。。。。また出さなきゃいけないのかぁ。。。」とトイレに向かい、ギャァァと叫びながら尿を採取、ボロボロになってトイレから検査用の試験管を持って出てくると、彼がその尿の色を見て絶句していた。 
 
 
 
 
 
「・・・・スイカジュースみたい・・・・」 
 
 
 
 
 
 
ほかに感想はないんかいwww 
 
 
 
 
 
 
 
検査に1時間くらいかかり、ようやく結果が出た。そしてやはり膀胱炎だという事が判明。先生いわく、膀胱炎にはいろんな原因があるそうで、ただ単におしっこを我慢しすぎたという原因だけではないという。 
 
 
 
 
たとえば体の構造上、女性は男性に比べてとにかくかかりやすく、多くの人が一度はかかるというのだからびっくり。あとは性行為の後になるべくおしっこをすること、またはすぐに洗うこと、そういうのからも感染するし、後は大便をした後拭く際に前から後ろに拭かないといけないとか!!!何でも後ろから前に拭くと、大便の菌が尿道から入って、そこから炎症を起こしやすいのだとか。 
 
 
 
 
 
うへぇぇぇ。。。。。そんな事でもなるのかぁ!と驚いてしまった。 
 
 
 
 
 
 
また一度なると、何度もなりやすくなるそうで、気をつけなければいけないとも。 
 
 
 
 
 
しかし痛いとは聞いていたけど、まさかあそこまでの激痛だとは。。。破れるかと思った。。。(どことは言わん) 
 
 
 
その後、お薬をもらって帰ってきました。 
 
 
 
 
 
Img_5810  
 
 
Img_5811  
 
 
 
 
帰り着いたのは夜中の1時過ぎ、仕事帰りで疲れていたのに、嫌な顔ひとつせず、心配してずっと付き添ってくれた彼に感謝です。 
 
 
 
薬を飲んでからは、まだ痛みはあるけど、昨日の激痛からは開放され、現代医学のすごさと健康のありがたみを痛いほど痛感しました。。。  
 
 
 
 
 
一度かかると、その後も再発しやすいそうなので、気をつけないとね。 
 
 
 
 
で、3日後に再度来るよう言われていたので、本日また行ってきました。 
 
 
 
 
前回急診でかかった時は新病棟の方だったのだけど、今回は西棟と呼ばれる旧館の方だという。というわけで行ってみたのですが。。。。 
 
 
 
 
 
うわぁぁぁ
 
 
 
 
 
なんとレトロで味のある建物!!!これが病院?!?! 
 
 
 
 
 
1148778_10151932155124133_188261291  
 
1378247_10151932155014133_129577724  
 
 
 
 
何でもこの建物も日本統治時代に日本が立てたものなんですって! 
 
 
 
病院の中ではさすがに良くないだろうと思って写真は控えましたが、中もまだ昔の感じが残っていて、まるで博物館のようでした。100年近く前の建物がこうして病院として未だに機能しているなんて。。。なんだかすごく感慨深いものがありました。  
 
 
 
膀胱炎はつらかったけど、初めて旧館に入れて中の様子が見れたのは、ちょっと嬉しかったです☆
 

☆タピさんお誕生日☆

本日23日、タピさんが我が家にきて1年になりました☆ 

 
 
 
 
 
もう1年。。。早いような長かったような。。。この1年、毎日タピさんと一緒に過ごした時間は本当に楽しくてかけがえのない大事な時間☆ 
 
 
 
 
1年目という事で、今日は少しだけタピさんの小さい頃の写真を☆ 
 
 
 
 
003  
 
これは初めて撮った写真☆顔が今と全然違います☆サイコロみたいに四角形w 
 
 
029  
 
はじめての水浴び☆なぜかこの頃の方が水浴びが上手だったのは気のせいかしら?笑 
 
 
016  
 
この頃、ようやくプラスチックケースから籠のお家にお引越し☆この頃はまだ頭もしましまで白部分がなかったのねw 
 
 
007   
 
初めての換羽を迎えたタピさん。この頃は反抗期だった事もあり、毎日何度も噛まれてました。苦笑 
 
 
010  
 
 
初めての青菜☆この後、手にも思いっきりかぶりつかれました。苦笑 そういやラーメンに落ちたのも確かこの時期だった気が・・・苦笑 
 
 
1270846_10151818824784133_211353384 現在のタピさん♪ 
 
 
 
 
 
PCにある写真を見てて思ったんだけど、その枚数のすごいこと!!!!1000枚近くあるんじゃないかしら?!(汗) 
 
 
 
動画も小さい頃からのも結構撮っているので、何度も見返してはこんな鳴き方してたなぁ☆(デレデレ)なんて時々思い返してみたりww 
 
 
 
 
しかし・・・可愛すぎる・・・間違いなく台湾一だわ・・・(←完璧に親ばかです) 
 
 
 
 
 
 
でも本当に私にとっては、自分の息子同然なんです。小さい頃から挿し餌で育てた事も初めての経験だったし、インコさんがこんなにも人の気持ちを理解して、こんなにもおしゃべり好きで、甘え上手で、可愛い子だとは正直思いもしませんでした。
 
 
 
今の彼と私にとって、タピさんがいない生活なんて本当に考えられない。それくらい大事な存在だし、一緒にいる事が当たり前になっています。 
 
 
 
 
もし100億円で売ってくれって言われても、売れないタピさんですから(←よく冗談で彼と話すんです。笑)  
 
 
 
 
寂しがり屋のタピさんを置いていくことが出来ず、あまり旅行に行けなくなってしまった事くらいかしら、残念なのは(笑)行けても日帰りだもんね^^; 
 
 
 
 
 
今日本当ならケーキでも買って(タピさんは食べれないけど^^;)お祝いしたかったんだけど、なにぶん飼い主の私が体調を崩してしまっているものだから、週末までおあずけ。本日はバースデーソングを歌って、プレゼントだけ☆ちなみにプレゼントはテントタイプのお家です♪でも怖がって全然入ってくれない。苦笑 
 
 
 
 
 
大好きなタピさん、これからもずっとずっと一緒にいようね☆来年もこうしてお祝いできますように☆☆本当におめでとう、タピさん☆ 
 
 
 
 
この1年でタピさんが覚えた言葉。 
 
「珍珠~♪(※中国語のタピさんの名前)」 
 
「珍ちゃんカワイイねぇ(カワイイデショ?の時も)」 
 
「どうしたのぉ?」 
 
「パパ」 
 
「ウヘヘヘヘ、ウキャキャキャ、デッヘヘヘヘ(※私の笑い声を真似して突然笑い出すのでビビる。苦笑)」 
 
 
 
 
来年の今頃にはもう少し増えてるかなぁ?^^ 
 
 
 
20101125_1267870  
 
ネットで見つけたインコケーキ。可愛いぃぃぃ☆こんなの可愛すぎて食べれない~苦笑

こな~~~ゆきぃ~~

ただ今絶賛換羽中のタピさん。 

 

 

顔周りはチクチクの筆毛だらけになってます。 

 

 

615324_10151916995869133_592967554_ ちょっと分かりにくいかしら?? 

 

1403587_10151916995734133_131886868 ズーム!! 

 

 

毎日すごい量の羽がとれます。しかも長い尾羽とかもスポッと取れたりする換羽。去年タピさんをお迎えした後、初めての換羽の時は病気か?!と心配になったものです^^; 

 

 

 

羽もすごいのですが、それ以上にすごいのが脂粉と呼ばれる、人間のフケのようなものです。インコさんは羽が生え変わるとき、薄い皮のような筒状のようなもので包まれて生えてくるのですが、それが脂粉。換羽は新しい羽に生えかわるという事なので、当然の事ながらこの脂粉がすごいのです。飛び立てばブワッと舞う事もしばしば。まるで白い雪です・・・。換羽中は一日に2、3回掃除機をかける事もあります。普通にしている時は全然なんですが、すごいのが毛づくろいの時!まぁ出るわ出るわ(笑) 

 

175796_10151916995529133_504861521_

ちょっと見えにくいですが、1回の毛づくろいの後に出た脂粉です。タピの足の下に落ちている白い物が脂粉です。 

 

 

 

タピさんは私か彼がいる時は基本小屋から出してあげているのですが、インコさんは毛づくろいが好きなので、一日に何度も毛づくろいをします。タピもそうなのですが、いたる所で毛づくろいをするので、その度に掃除機をかけなきゃいけない。ソファーの上、プラスチックマットの上、タオルかけの上(タオルは当然洗濯機へww) 

   

掃除中はなぜかレミオロメンの「こなぁ~ゆきぃ~」がいつも頭の中に流れます。・・・いい曲だよね←? 

 

 

飼い主もこんな苦労はあるのだけれど、一番大変そうなのはやっぱりタピさんです。 

 

 

調べてみると、換羽中は体が痒いのはもちろん、だるさ等もあるようです。だもんで換羽中はタピさん結構ご機嫌斜め。最近普段は滅多に噛まないのに、換羽中は噛まれる確率がぐぐーんとあがる。 

  

いきなり手に乗ってきたと思ったら、ムキーッ!と手に噛み付いてきたりの不条理噛みも。苦笑 

 

 

これがめっぽう痛いんですが、やっぱり怒れないんですよね。一番きついのはタピさんだし。 

 

 

そんなタピさんが最近言葉を覚えました。憶えたのは「パパ」です☆(なんでママじゃないんだよっ!笑) 

 

 

パパが大好きっていうのもあるんですが、いつも「パパ今日お仕事だからね」「パパ遅いね」とか話しかけてたからだと思われる。「パパ~」と朝から連呼し、「パパと珍珠、かわいいねぇ」とかおしゃべりしてます。オイオイ、可愛すぎるぞ!!ていうかママはどしたい?!苦笑 

 

 

早く換羽がおさまってくれたらいいな。日に日に筆毛も、抜ける毛も減ってきたので、もうひと頑張りかな☆ 

 

 

1399285_10151916995919133_296476230

前回の換羽が終わった直後のタピさん。頭を見るとすごく分かりやすいですね。

むきたまごみたいにつるりんしとりますw

Hello Kitty殺人事件(中国語:Hello Kitty藏屍案)

最近とある方から、この頃殺人事件関連の記事がないですねというご指摘を(また)いただいた。 

 

 

そういや・・・最後に書いたのはいつだったっけ?・・・・・・・まぁ、かなり前だという事は確かだよな(苦笑) 

 

 

りんご日報は毎日見てるし、殺人事件なんてそりゃ台湾でも頻繁に起こってます。恋愛感情のもつれやら(これ結構多い)、親殺し子殺しやら・・・でも私の中では自分が衝撃を受けた事件だけを紹介したいという気持ちもあり。またこういう事件系の記事は書いていて実はすごく労力を使うのですよ。特に台湾や中華圏で起こった事件なら、まずは翻訳から入らないといけないし。 

 

 

とかつらつら考えていたら、狙い済ましたかのように、最近とある衝撃的な事件を知ることになりました・・・。 

 

 

 

最初に忠告しておきます。今回の記事はかなりショッキングな内容を含んでいます。そういう系が駄目な方はここでお止めになった方が宜しいと思います。事件系の本を読み漁っている私でも今回の事件はかなりショックでしたので。あしからず

 

 

 

りんご日報でとある事件記事を見ていて知ることになったこの事件。関連記事として表示されていたのが今回紹介する、この「HelloKitty殺人事件」。まずその題名を見たときは何かの冗談かと思いました。 

 

しかし、かわいらしい題名とは裏腹に、その事件の内容はとにかく恐ろしいものでした・・・。いや、使われた物がかわいらしいからこそ、逆に不気味さが際立っているのかもしれない・・・。白暁燕さん殺人事件も以前このブログで紹介し、あの事件を知った時の衝撃もすごかったですが、正直劣るとも勝らない内容かもしれません・・・。 

 

 

この凄惨な事件は1999年香港で起きました。  

 

 

香港に住む23歳の樊敏儀さん、彼女は祖母の医療費を稼ぐため(麻薬のトラブルとも言われているが、真相は定かではない)、ナイトクラブで働いていました。そこで今回の被告の一人、ポン引きの陳文樂(33歳)に借金をしていました。

 

陳は樊さんに借金の返済を強く求め、妊娠している彼女に無理やり客を取らせたりもしていたようです。その後借金を返せないことが分かると、仲間の梁勝祖(26歲)、梁偉倫(19歲)と3人で彼女を尖沙咀加連威老道 (Granville Road) のアパート31号の3階に監禁し、数週間に渡り、拷問、暴行を加え、死に至らしめたという事件です。 

 

窓やドアを木でふさぎ、周囲にその声が漏れないようにした中で、その拷問、暴行の内容は凄惨を極めました。足の肉を焼いたり、傷口に唐辛子を塗りこんだり、糞尿を食べさせたり、解けたプラスチックを太腿にたらすなど・・・。被害者が叫べば笑うように強要し、精神的にも体力的にもボロボロにし、最後は両手から電気を流すなどし、数週間後ついに樊さんを死に至らしめました・・・。また彼女に無理やり麻薬を摂取させたりもしていたようです。  

 

顔は腫れ上がり、歯は抜け、体中は血と膿にまみれていたといいます。 

 

 

 

 

ここまででも十分凄惨ですが、更に凄惨なのはここから・・・。 

 

 

 

彼らは死んだ樊さんの死体を浴槽に運び、鋸やパン切りナイフ等を使ってバラバラに解体しました。梁勝祖は後の取調べでその時の様子を語っているそうですが、元々陳に言われ、梁がバラバラにする役だったとのこと。しかし内臓の臭いがとにかくすさまじく、嘔吐し、梁がとても作業を続けられる状態ではなかったため、結局陳が死体をバラバラにし、内臓はビニール袋に詰めて、ごみ収集所に捨てたと自白しています。 

 

そして身元を隠そうとしたのか、彼女の頭部だけは部屋のストーブで煮込み、部屋にあったハローキティの人形の綿を取り出し、彼女の頭部をキティ人形の中に詰め込んだのでした…。 

 

 

 

5047800a  

 

 

供述によると、陳が頭部を人形の中に詰めたそうですが、その際こんな風に頭部に話しかけながら作業を続けていたらしい。 

 

 

 

 

「よしよし、いい子だ。・・・動かないでね。今俺が着飾ってあげるからさぁ・・・」(※新聞記事の台詞では、『乖乖,不要動,我幫你打扮』になってるから、日本語訳すると多分こんな所だろう。)

 

 

 

 

 

・・・・およそ人間の所業じゃない・・・。 

 

 

その後3人は逃亡、頭部の入ったキティ人形を現場に残して・・・。 

 

 

 

その後そのビルの住人から悪臭がするとの訴えがありましたが、特に警察の捜査は入らず。 

 

 

事件の展開があったのはそれから1ヵ月後・・・ 

 

 

梁(19)のガールフレンドだった少女の阿芳(13歳)が幽霊に憑かれるという絶え間ない夢を見ていると女児院で話したことから1999年5月24日に警察に通報され、その後警察が例のビルに踏み込むことになり、事件が発覚したのでした。

警察が中に踏み込むと、部屋の中からは強烈な悪臭と無数の虫が飛び出してきました。その警察の目に映ったのは、廊下の奥に無造作に置かれた血のにじんだキティ人形でした。 警察が手に取ると、中には硬い感触がしたといいます。また部屋の中には頭部を煮た鍋もあり、血にまみれた人形の中の開いた時、警察はそこで何があったのかを悟ったのでした。 

 

その後頭部は法医学研究所に回されましたが、煮られていた為DNA鑑定が出来ない状態だったそうです。 

 

それでも証言と証拠を元に、警察はそれから3人の行方を追い、陳を自宅で、梁偉倫を中国の山東省で逮捕、もう一人の梁勝祖は自首という形で事件の犯人達は全員捕えられたのでした。  

 

 

犯人の3人 

60330 陳文樂

09la6p15 梁勝祖 

24la7p11a 梁偉倫 

 

※いずれもりんご日報香港版からお借りしました。

 

 

 

 

しかし裁判でもお互いに罪をなすりつけあい、2人の梁容疑者は全て陳の指示でやったことだと主張したのだとか。指示といってもやったんなら、お前らも立派に同罪だよ。 

 

 

2000年12月6日、6名による陪審団は証拠不十分により被告に殺人ではなく故殺の罪状が認められるとし、法官の阮雲道 (Peter Nguyen) は最も厳しい刑罰を下すことを決定し、3人に終身刑の判決を下しました。

阮雲道は減刑の申請には最少20年の服役が必要とし、「近年このような残忍、変質的、堕落、暴力、冷淡、凶暴残虐な事件を聞いたことはなく、このような手法で他人に危害を加えることは、禽獣でもありえない。」と事件を形容しました。 

 

 

判決後、直ちに三被告は上告しましたが二被告については棄却され、陳についてのみ認められたとのこと。この被告については被害者が死亡する一日前から現場に居合わせなかったことから故殺については誤りであるとされ、2004年3月上告法廷の法官高嘉楽により禁錮18年と減刑されたそうですが、ちょっと納得いかないよ、この判決・・・。監禁と死体遺棄については上告されていないため、罪名はそのまま残っているそうですが。

 

被害者の頭蓋骨は事件中で唯一の物的証拠で、上訴審が終わった後、2004年3月にようやく家族の元に戻され、3月26日に火葬されたそうです。 

ちなみに被害者には一人息子がおり、後にカナダへ移住したのだとか・・・。 

 

Wal060809c_21 事件のあったビル 

 

Wal060809c_03  

 

 

ちなみにここに住んでいる女性いわく、「以前一緒に住んでいたルームメイトが時々女性の悲鳴のような声が聞こえる事がある」と話していたそう。また階下の美容室でも消したテレビに人影が映ったり、奇妙な事があるそうで、お化け屋敷として地元では有名のようです。ちなみに殺人事件のあった部屋は現在もまだ修繕されておらず、現在も誰も住んでいないようです。ていうか・・・絶対事情知ったら誰も住めないよね・・・・。

 

 

 

この事件は映画やドラマ化もされています。 

 

 

 

 

 

しかしこんな残虐なやり方で人を殺しておいて、なんて軽い判決なんだろう・・・。日本でも納得できない判決は多いけど、これもとても納得のいく判決とは思えない・・・。しかも裁判中も犯人たちには全く反省や後悔の色が見られなかったようで、事件を悔いているという記述はどこにも見当たらないのです・・・。 

 

 

こういうのが出てきて、また再犯しないという保証がどこにあるのだろう?反省の色もない、血の通っていない悪魔に機会を与える必要なんてあるのだろうか? 

 

 

自分で紹介しておいてなんだけど、本当に後味の悪い事件だ。 

 

 

そう考えると、台湾ではもちろん「ええ?!」という判決もあるけど、日本に比べれば殺人事件でははるかに納得の行く判決が多いと思う。殺人事件の案件を見ていると、結構な確率で無期か死刑になっている気がするもんなー。  

 

 

ちなみに今回紹介した事件、彼も知っていました。当時台湾でもかなり大々的に紹介されたんだそうで、知っている人も多いそうです。

 

 

 

以上久しぶりの殺人関連の紹介記事でございました・・・。

早鳥票のゲットは難しい~~

先日の記事で書いた、八田與一さんの烏山頭水庫行き。友達と話し合った結果、来月の11月9日に行くことに決まりました! 

 

 

わ~~い☆楽しみだ~~い 

 

 

 

・・・って楽しみはいいんですけどね、アレだよ、アレ買わないといけないわ!!! 

 

 

新幹線チケット!!! 

 

 

台北から台南までのチケット代を調べてみると、マー高い!普通に買うと、何と片道NT$1,350!!日本円で約\4000くらいか・・・。 

 

 

そもそもどうして出発日を11月9日にしたかというと、まぁスケジュールの関係もあったのだけれど、一番の理由は「早鳥票」を手に入れて行った方が断然安い!という理由から。 

 

 

 

20120805e79873421f14ecfa75a3f400dda ※画像は台湾新幹線HPからお借りしました☆ 

 

 

 

早鳥票というのは、通常新幹線チケットは一番早くて出発日の28日前から予約が可能なようなのですが、ようは早めに買えば、結構な割引になるのです。出発日の28日前の早鳥票を買うのと、普通のチケットを買うのとでは価格が全然違う。例えば早鳥票だと一番安くて、なんと45%も割引になるのです。 

 

但し、全ての新幹線に適用されるわけではなく、早い時間出発の新幹線、もしくは遅い時間出発の新幹線など、基本ラッシュ以外のものに適用されます。 

 

 

噂によると、とにかく競争率が高く、入手も困難だと聞いていたけど、やっぱ少しでも安く行きたい! 

友達は台湾人なので、私よりこういう慣れているだろう、安心だと思いきや、ネットの扱いに慣れておらず、出来ない~~というので、私一人で何とか頑張ってみることに。 

 

そんなわけで、ちょうど出発の28日前に当たる昨日の夜12時ピッタリに、インターネット申し込みにチャレンジしてみました。 

 

 

結果・・・・・ 

 

 

帰りの21時台南発のチケットは運良く一番安い45%割引のものがゲットできたのですが、行きの6時半発のやつはすでに完売!!12時ちょうどに登録したのにですよ?!ていうか、行きのやつは45%割引のやつの6時代、7時代、8時代出発のやつは、全部無くなってました・・・残ってるのは10%割引のみ・・・。 

 

 

 

おそるべし、早鳥票・・

 

 

そんなわけで、行きは10%割引、帰りは45%割引のチケットをゲットしました。行きは残念だったけど、まぁ帰りは45%割引のもの取れたし、良しとするか♪ 

 

 

 

ちなみに早鳥票、まず売り出されるのは45%引き、それが売り切れたら20%引き、20%引きのものが無くなれば、10%のものが売り出されるという仕組みになっています。それ以降は全て原価になるのです。 

 

 

ちなみに私が無事ゲットした後、念のため覗いてみたら、私がゲットしたのは2つともすでに完売になってました・・・・・噂には聞いていたけど、ここまで競争率が高いとは・・・。ていうか行きの65%引きゲットできた人、どうやったのかすっごい気になるんですけど・・・汗 12時ちょっきりにログインして私が見たときには、すでに45%引きも20%引きもなかったですからねー・・・うーん。 

 

 

 

12時になった途端、必死で打ち込む作業をしている間、高校の時に発売時間と同時にライブのチケットを取るために友達と必死で電話をかけまくった事を思い出しました・・・・数十回とかけても、あの機械の「こちらはNTTです。おかけになった電話は大変込み合っております。しばらくたってから、おかけ直し下さい」というアナウンスにキーーッ!!ってなったりしてたっけなぁ。やっと繋がった時にはすでに完売して、崩れ落ちたりしたなぁ・・・苦笑 

 

 

ちなみに高校の時の私のアイドルはこの方でした☆頑張って電話かけまくって、やっと念願のライブにいけた時の嬉しさは今でも憶えています♪

 

 

20120916_191526

歴女で良かったと思ったこと&本日のタピさん(換羽中は味塩コショーのタピさん)

えー、わたくし。。。このアホアホなブログからはあまり想像つかないかもしれませんが、 

 
 
 
 
 
実は結構歴女です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
父は歴史が大好きな人なので、小さい頃からその影響をとにかく受けました。だもんで、たぶん普通の人よりかは結構詳しい方だと思う。 
 
 
 
 
学校のテストでも、他の数学とかが赤点すれすれなのに対し、歴史はいつも高得点でした。学生時代楽しんで授業を受けれたのは歴史だけだったかも。あと地理(アジアに限る) 
 
 
 
 
 
だからってそれ以外で別に役に立つことってそんなないんですが、今日は「歴女で良かった」と思ったことがあったのさ。 
 
 
 
 
 
 
 
私の勤める会社の社長は日本人と台湾人のハーフ。社員の手配担当もほぼみな日本語がしゃべれます。だもんで会議は半分中国語、半分日本語という感じで行われます。 
 
 
毎週火曜は全社員出席の会議があります。今日もそうだったのですが、最近の部長のお気に入りは 
 
 
 
 
偉人の言葉と背景を紹介すること。 
 
 
 
 
 
 
らしく、毎週いろんな偉人の名言を取り上げ、社員に聞かせるのです。ようは偉人を見習い、お前らも仕事がんばれよ、という事らしい。先週は松下幸之助、で今週はなんと 
 
 
 
 
 
 
 
吉田松陰先生です。  
 
 
 
 
 
 
 
Yoshida_shoin2 画像はwikiからお借りしました。
 
 
 
 
 
 
 
そこで実はちょっと心配だったんです。社長はハーフではあるのですが、ほぼ台湾で育っているため、時々漢字の読みが「・・・・ん?」という事が多い。幕末なんて、そりゃ 
 
 
 
 
 
ええっ、こんな読み方するのか。 
 
 
 
 
っていうのが結構出てくるわけですよ。 大丈夫かな・・・と思っていたら案の定 
 
 
 
 
 
違う違う
 
 
 
 
 
っていうのがめちゃめちゃ多かった。みんなの前で読むのなら、前もって調べておけばいいのにとツッコミたかったのですが、漢字につまるたびに、 
 
 
 
 
 
「読み方って、こう?」と 
 
 
 
 
 
唯一の日本人である私に聞いてくるので、こっちは間違えないよう必死でした。 
 
 
 
 
 
さすがに松陰をまつかげとは呼ばなかったけども。(←当たり前) 
 
 
 
 
 
(社長)「えーと、みょうりんかん(明倫館)?という塾が・・・」 
 
 
 
(私)「社長めいりんかん(明倫館)です!」 
 
 
 
 
 
(社長)「山口県のおぎ(萩)?に」 
 
 
 
(私)「社長はぎ(萩)です!」 
 
 
 
 
(社長)「桂小五郎(しょうごろう)?という人物が・・・」 
 
 
(私)「社長桂小五郎(こごろう)です!」 
 
 
 
 
(社長)「松下村塾(まつしたむらじゅく)?の・・・」 
 
 
(私)「社長松下村塾(しょうかそんじゅく)です!」
 
 
 
 
 
 
松陰を紹介するなら、せめて松下村塾は知っておきましょうよ。苦笑 
 
 
 
とまぁこんな感じ。しかも読み方だけならまだいいが、いきなりとてつもない質問をブン投げてくるのでアセる。 
 
 
 
 
 
 
(社長)「○○(私の名前)、伊藤博文が暗殺された駅ってどこだったかな?」 
 
 
 
 
 
 
とか。運よく覚えてて「ハルピンです」と答えたけど、これたまたま知ってたから良かったけど、投げてくる質問内容がええっ?!っていうのが多いので本当に気が抜けない・・・。この質問された時、暗殺者の名前まで私はとっさに心の中で準備したよ。(聞かれなかったけど。苦笑)今回は運よく答えられたけど、これまで詰まった事も多数。詰まったら「知らないのぉ」的なつまんねぇな、オイ的な言い方をされるので、すっげー屈辱!苦笑 
 
 
 
 
というわけで、毎回会議のたびにいらん緊張を強いられるのでした・・・。 
 
 
 
 
次回の偉人は誰だろう・・・海外の偉人とかには弱いから、マジでやめてほしいよ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、本日のタピさん☆ 
 
 
 
 
タピさん、相変わらず換羽中で毎日おわっ!とびっくりするくらいの毛がとれます。 
 
 
 
 
 
823353_10151893609154133_1059459114 ←これで1日分!! 
 
 
 
 
 
 
 
だもんで・・・・ 
 
 
 
 
 
 
1294429_10151893608919133_122868859 鼻の辺りに小さなハゲが・・・^^;  
 
 
 
ただ、ぷくぷくしてるから、あんまりほっそりならないタピさんww 
 
 
 
 
 
換羽中はインコさんも体調があまりよろしくないらしい。微熱っぽくなり、イライラしやすいそう。確かに最近小さな事でもオラー!とキレやすいので、換羽の辛さもあるのでしょう。 
 
 
 
頭に新しい毛が生えてくる前の黒いちくちくがいっぱいあるので、まるで味塩コショーを振りかけられたかのようになってます 早く換羽終わるといいね、タピさん☆
 
 
 
 
 
 

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ