最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 台湾の郵便配達員さん☆ | トップページ | 賽德克巴萊(原題:セデックバレ)を見ました。 »

ずっと気になってた「古惑仔」見てみました。

テレビの映画チャンネルでも何度も放映されていて、彼がよく見ていたのでその存在は知っていたし気になっていたけど、なぜかタイミングを逃してずっと見なかった映画。最近ようやく見ることができました。 

 
 
 
 
 
F04da22dd67611f479ba36 古或仔 
 
 
 
 
 
あとで知ったんだけど、日本でも「欲望の街」という名前で映画出てるんですね。実際の原題の「古或仔」はチンピラとかそういう意味なので、欲望の街というタイトルがどこから出てきたのかは知りません。私は中国語字幕の中国語バージョンで見たので、会話とかどんな風に訳されてるのかとか気になるし、一度日本語訳も見てみたいなぁ。 
 
 
 
 
あらすじはこんな感じ。(映画・comさんのあらすじより抜粋) 
 
 
 
 
 
香港。銅鑼湾。ナン(チェン・イーキン)は、新興住宅地育ちの幼なじみの不良青年グループのリーダー。頼もしい相棒だが女好きなのが欠点のサンカイ(チャン・シウチョン)、ひょうきんなポウパン(ジェリー・ラム)とその兄チョウパン(ジェイソン・チュー)、喧嘩早いイー(マイケル・ツェー)の5人組で、学生時代から街の顔役、洪興社の幹部B(ン・チーホン)の舎弟だった。命令ひとつで敵対するヤクザを殺す裏街道を行く彼らだが、青春は謳歌する毎日。ある日。洪興社の組長チャン(サイモン・ヤム)が、組が一部を取り仕切るマカオのカジノに上納金を請求した地元のボス、ビルを殺せと命令。マカオに赴いた5人だが、逆に襲撃されてチョウパンはメッタ切りにされて死に、ナンはつかまって催淫剤を飲まされ、サンカイの恋人ホーヤンとのセックスを強要され、それをビデオに撮られてしまう。女遊びで遅刻して難を逃れたサンカイはこの事実を知って怒り、従兄を頼って台湾に高飛びした。香港に戻り、傷ついた心と体を休めるナン。彼の車を盗んだことから知合った吃音の不良娘サイ(ジジ・ライ)が、不器用ながら彼の世話をした。すべては彼らと昔から仲が悪い兄貴分で幹部のカン(ン・チャンユー)の企みだった。裏工作でチャンから組長の座を奪い、幹部会にナンたちを呼び出し、マカオの失敗を責めるカン。さらに例のビデオをネタに、ナンが組の仲間の女と寝たという掟破りをしたとして彼を組から追放した。ナンは郊外の観光地・西貢で食堂を開き、堅気の生活をはじめたのだが・・・ 
 
 
 
 
 
まぁ、平たく言うとチンピラ映画です、はい。 
 
 
 
 
 
しかし主人公のナンが滅茶苦茶クールでカッコいい☆演じるのは香港の俳優イーキン・チェン、私生活では今年結婚を発表したけど、この人も本当年をとらない、いつまでもカッコいい俳優さんの一人ですね。 
 
 
 
 
Hqdefault  
 
 
 
 
この映画の中でもう一人忘れてはいけないのはこの人!! 
 
 
 
123246001031416204414_kuo27_2009012  
 
陳小春演じる山鶏(サンカイ)!(左から2番目) 
 
 
 
頭はきれるけど、女癖が悪いのが難点という彼ですが、主人公ととある出来事で仲たがいをして、数年後香港で再開を果たすシーンはむちゃくちゃカッコよかった☆☆最初見たときは「この人サル顔だなぁ。。。こんなんで女癖が悪いの?(←コラ)」と思ったけど、あのシーン以降、私はすっかり山鶏ファンですw下手すりゃ主人公より好き☆
 
 
 
 
 
 
 
この映画は香港の町並みとか高層アパート群とかの風景もすごい出てきて、雰囲気がすごく好きな映画です。 
 
 
 
 
 
 
あー。。。こういうの見ると、また香港熱が湧き上がってくるんだよねぇ。。いかんいかん、やばしやばし。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういうチンピラ系のジャンルのものでは、台湾のドラマで「闘魚」というドラマが大好きで一時期ハマっていたんだけど、多分この「古或仔」の主人公たちも、この闘魚の主人公たちと同じで、台湾でいう「混混」みたいな感じなんだと思う。
 
 
 
 
 
 
でも闘魚に比べて、古或仔の主人公達の方がなんだか血気盛んな気がするのは気のせいかしら。。。肝が据わっているというか。。人殺しにもあまり躊躇がないというか。。。苦笑 
 
闘魚の場合は、主人公とヒロインの恋愛も物語の軸になっていたからかな。古或仔の方はロマンス的な事ってほとんど出てきてないし。(1では) 
 
 
 
 
この映画、元の原作は漫画なんだとか。 
 
 
 
 
 
595002 123590x218
 
 
 
香港では誰もが知るベストセラーなんですって。でもって、台湾でも出版されているらしい。
 
 
 
 
 
実はこの作家さん、一時期台湾の無料りんご日報の新聞、爽報で一時期読みきり漫画を連載していた事があったのだ。この画像を見たときどおりで見たことがあると思った!  
 
 
 
 
 
 
 
しかも去年友達に会いに香港に行ったとき、九龍公園で「香港の漫画のフィギュア展」みたいなものが無料で行われてて、たまたま通りかかったので「全然知らん漫画ばっかしやけど、記念に写真撮っておくか♪」と撮った写真の中になんと古或仔のものが混じっている事に最近気づいてびっくりしたのでした。 
 
 
 
 
 
097 
 
 
098  
 
説明書によると、主人公ナンのフィギュアらしい。このフィギュア、普通に人の背丈をゆうに越えていて結構デカかったw 
 
 
 
 
 
まだ1しか見てないけど、このシリーズは結構面白いらしいので近々見てみたいと思います。 でも友達とか恋人とか結構死んだり過酷な展開もあるらしい。1でも仲間やアニキが死んだりとか出てきましたからねー結構内容はシビアだったりします。
 
 
 
 
 

« 台湾の郵便配達員さん☆ | トップページ | 賽德克巴萊(原題:セデックバレ)を見ました。 »

台湾留学生活(映画編)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
いつも楽しくブログ拝見させていただいてます!
びっくりして思わずコメントしちゃいました(笑)
私もこのお話のブログをつい先日書いたばかりっだったのです☺
15年くらい前香港映画にものすごくはまっていた時期に
この映画にどっぷりはまって何度見たことか!
(いや、イーキンチェンにハマった!?)
が、15年も経ってしまってすっかり内容を忘れてしまい
もう一度見ようかどうか迷っているところですww

>おとくんさん

コメント謝謝です☆&はじめまして☆

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

この映画面白いですよね☆出てくる登場人物の一人一人に特色があって。でも「えっ」っていうツッコミどころも結構あったりw香港映画、80年代後半から90年代前半のものは、中学生のころだったかな、ハマって私もよく見ていたクチですwでもこれは全然見たことがなくて。日本ではあまり有名ではないけど、こっちでは男性ならほぼ知っているくらい有名なので、テレビとかでも放送されて、目にする機会も多く、気になってたんですよね^^

15年もたったら、また見た後に違う思いとか発見があると思うので、ぜひぜひ見ていただきたいです☆見た後に一番思った事は「イーキンかっこいい☆」・・・じゃなくw今の映画には無い味があるなぁって思いましたね☆^^

ちいさま
是非、もう一度観てみたいと思います!!w
違った何か発見してみたいと思います~

あっ、お時間あったら覗いてやってください!↓
『な、懐かしい(笑)古或仔』 http://amba.to/1gorIjJ

>おとくんさん

コメント謝謝です☆

早速ブログおじゃまさせていただきました☆ビデオを所有してらっしゃるんですねー!これは貴重なものですね☆^^

違った発見があったら、ぜひ教えてくださいね☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ずっと気になってた「古惑仔」見てみました。:

« 台湾の郵便配達員さん☆ | トップページ | 賽德克巴萊(原題:セデックバレ)を見ました。 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ