最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 怒涛の一日。 | トップページ | ☆彼の誕生日☆ »

台湾の郵便局員さんが体験した怖い話

今週遅番の彼。夜の配達って雨が降ってる時は昼以上に視界が悪いので、遅番の時は帰ってくるまでとっても心配します。 

 
 
 
 
 
さて。。。昨日彼と話をしていて「そういや遅番って、結構奇妙な体験してるヤツが多いんだよね。この間同僚と集まって話してたんだけど、俺も含めて3人くらいちょっとおかしな体験しててさー。」 
 
 
 
 
怖い話好きな私に彼が話してくれた。 
 
 
 
 
 
同僚Aくんの話。 
 
 
 
「傘の女」
 
 
 
夜の7時半頃だったかな、あるマンションに配達に行ったんだ。入り口から廊下を入っていくと管理人室があるんだよ。そこに管理人さんがいて、その人に手紙を渡して別の配達場所に向かっている最中に一通渡し忘れた事に気づいたんだ。
気づいて戻るまで10分くらいだったと思うけど、次に行くと管理人室は閉まってて管理人さんも見当たらないんだ。 
 
誰か住んでる人が気づいてくれないかなぁと思って「すいませーん」って声かけてみたんだけど、全然人が来る気配もなくて。そこの管理人室の中に、監視カメラの画面が映るテレビみたいなのがあったんだわ。俺が入り口に立ってる姿とかもそこに映っててさ。
 
 
 
 
F_5069362_1 ←こんなやつだと思われる。 
 
 
 
 
表の映像とかも見れるから、それを見ながら誰か通らないかなって思ってたら、俺が写ってる画面の後ろのほうから傘さした女性が歩いてくるのが写ったんだ。顔は傘で見えなかったけど、足と洋服から女性っていうのはわかった。ここの住人だ、良かったと思って「あの、すいません」って振り返ったらさ、 
 
 
 
 
 

誰もいないんだよね。 
 
 
 
 
 
 
そこさ、入り口に着くまで一本道の長い廊下があるだけで、隠れられる場所なんてないんだよ・・・・。  
 
 
 
 
 
 
 
 
いや、これ聞いたとき私、ぞぞぞっとしました。 
 
 
 
 
 
 
同僚Bくんの話。  
 
 
 
「植木鉢」
 
 
 
よく遅番の時に配達に行くマンションがあるんだけどさ、そこさ、中庭を突き抜けてマンションの中に入る仕組みになってんだけど、その中庭の一角に植木鉢の鉢植えがたくさん並べられてる一角があるんだ。そこさ、なんとなく前から通るたびに何でか分からないけど、気味悪いなっていう感じはあったのよ。 
 
 
 
ある日、配達に行ってその植木鉢が並んでいる場所を通り過ぎようとしたら、鉢植えが一つだけいきなり倒れてさ。自分が倒したのかと思ってみたんだけど、違う。しかもその日は風もない。ていうか、そもそもその鉢植えって重いやつだから、そんな簡単に倒れないんだよ。その日は気味悪いなと思ってそのまま会社に戻ったんだけどさ。 
 
 
後日先輩に「お前の担当の中庭に植木鉢並んでる、異様なとこあるだろ?」って聞かれて「あ、はい、この間当たってもないのにいきなり植木鉢が倒れて気味悪かったんですよね」って言ったらさ、「あそこ以前女性が一人中庭で首吊り自殺してんだよね。」って聞かされて鳥肌が立ったよ。 
 
 
 
 
 
さて、最後は私の彼氏の体験談。正直私の中では1番目と同じくらい、ぞぞっとした話。 
 
 
 
 
 
「その日の担当は龍山寺の周りでさ、夜8時くらいにとあるアパートに行ったんだ。あの辺りは古い建物が多いでしょ?そこもそんな感じでかなり年季の入った建物でさ。2階は古いマッサージ店になってて、3階からが階毎に1室、住宅が入っているような建物だったんだ。8階建てくらいの建物だったと思うけど、エレベーターもないような古い建物だった。 
 
 
 
W600h600r16888  
 
↑台湾ではよく見かける、こういうタイプの建物だと思われる。 
 
 
 
 
そこ、1階にインターフォンがあるんだけどさ、 
 
 
 
135968104866922950_n  
 
 
↑これも台湾ではよく見かけるこういうポピュラーなインターフォンだったらしい。 
 
 
 
 
俺の配達先の手紙の住所はそこの6階だったんだけど、その6階の部屋のインターフォンを押すと、ガチャッと確かに誰かがインターフォンを取る音がしたんだ。だから「郵便です」って言ったんだけど「ザザ・・・ザザザザザ」みたいな音がしてガチャッと切れちゃったんだ。故障してんのかな?と思ってもう一度押したんだけど、返答はないし、とりあえず一階のドアは開いていたから、上まで直接持っていくことにしたんだ。 
 
 
 
でもさ、そこ何かうまくいえないけど、上に上がるに連れてどんどん暗くなってくるし、空気もさ、うまくいえないけど重いっていうか・・・、人の気配もまったくしないし、なんだか薄気味悪くてさ。何とか6階まで上がったんだけど、長い間、人が来ていないような感じなんだよ。階段の手すりとかも埃がいっぱい積もってるし。それに何か異様なネズミの死体みたいな、とにかく変な臭いがしてるし。 
 
 
 
とりあえずその部屋の前に立ってドアをノックしようとしたんだけど・・・、何かさ、この扉を開けたら絶対ヤバイって気がしたんだ。そこでさ、ふとある事に気がついたんだよ。 
 
 
 
 
 
 
そこの部屋さ、外から南京錠で鍵かけてあるんだよ・・・・なんていうか・・・封鎖されてるみたいになってて。 
 
 
 
 
 
そこで「え・・・じゃあさっきインターフォンを取ったのは?」って思ったら全身に鳥肌が走って、夢中で下まで駆け下りたよ。 
 
 
間違いなく俺が押したのはあの鍵のかかった部屋のインターフォンだったし、今考えても何だったんだろうって思うんだよね。 
 
 
 
 
 
 
 
郵便配達員のみなさま・・・いやはや、本当にお疲れさんです。苦笑 
 
 
 
 
 
 
彼は霊感無いとかいう割には、兵役中も不思議な経験をしているし、結構予感とか当たる人なので、私は実は彼はプチ霊感があるのかも・・・とか思ってます。 
 
 
 
 
 
 
1474449_10152064485739133_286707683  
 
 
最後に気分直しにこの面白い画像でほっこりしてくださいw。 
 
 
 
 
くしゃみ→鼻水→ごはん→くっついた、タピさんの図w(笑)

« 怒涛の一日。 | トップページ | ☆彼の誕生日☆ »

台湾社会人日記」カテゴリの記事

コメント

寝付けないのでブログ巡りしてましたが…
どうやらますます寝付けなくなったようです。
キャー!

私は霊感ゼロですので、何も見えません。
ですから、昔はあまり霊とか信じなかったのですが、
愛猫が死んでからは、信じるようになりました。笑
いつも近くにいればいいな、と思って。笑

ビクビク・・(゜o゜)
見たのが朝で良かった・・。
でもやっぱりビクビク・・。
好きなんだけどビクビク・・。

ちぃさんこんばんは!☆
最後の怖い!!(汗)
ちぃさんの語りが上手くて、すごくリアルに想像出来てしまいました!
私も、実はたっくさん、不思議な体験しております。(⌒-⌒; )
で、類友の法則か、友達もそういう人が多いです。
でも私の場合は、ぎょええええーーー!!!っていうものよりかは、不思議だね~?の方が、多いんですけどね(笑)

インコブログとは別に、内緒でもうひとつブログを綴っていましてw、そっちにたまぁ~に、書いてます(笑)
でも一割も書けてないけど(爆)w

いや~ でも最後のタピさん鼻水?w画像には、癒やされました!♡
怖い空気を変えちゃうタピさん!やっぱ可愛いわ~♪( ´▽`)

また遊びに来ますね♪
ではまたね♪ちぃさん☆((ヾ(・∀・)ノ))

>nekoさん

コメント謝謝です☆

これは夜は読みたくないですね(苦笑)その後無事に眠れましたか?^^;

私も全くそういう類の力はないのですが、信じてはいます☆
私自身は全く熱心ではないですけど、祖母も母は宗教を持っている
人なので小さい頃からそういう話を身近で聞いていたからかもしれません^^

今の環境も前世からの何らかの繋がりなのかなーとか考えたりすることも。
でも台湾人の彼と付き合ってって。。以前漂流でもして台湾に流れついて
前世で彼とどう繋がってたんだろうww

>うさパンさん

コメント謝謝です☆

私も彼に夜聞かされて「なんで今言うのー!怖いよー!」って
叫びましたwしかも最後のは彼の体験だし。苦笑
それからそこには配達に行ってないそうですが。。。

季節外れの怪談話でしたw

>yabo*さん

コメント謝謝です☆

私は怖がりのくせに、こういう話を聞くのが好きなので
ぜひyabo*さんの不思議な話も聞かせて頂きたいですね☆><
ぜひぜひ読ませていただきたいです☆

タピさん、これ写真で10枚近く撮り、録画もしましたww
すごいちゃんと平行にくっついてますよねw狙ったな、タピ!!って
彼とツッコミましたww
この間は毛づくろいの際に、羽の中の白のふわふわな毛が飛んでって
頭のてっぺんにくっついたりw顔にくっつく事はありますけど、見事な
にてっぺんだったので大笑いしましたw

「なんでそんなに可愛いんだよぉ~~☆」を一日5回はタピに
向けて放っておりますw
私もまたブログ遊びにいかせていただきますね☆更新楽しみにしてます☆

インターホンて誰もいなくてもガチャザーザーみたいになるよ(笑)そういとこやったら何回も行ったことある(´・Д・)」

>あんつ

コメント謝謝☆

それはあんつもそういう類の物に遭遇しとるんかもよ(笑)冗談はさておき、こっちのインターフォンってちょっと日本のと違ってて、とらんとガチャッとか音が鳴らんらしいとよ。何よりあのヤバイって感じをどうして受けたのか彼自身そこも気味悪い要因みたいね。

私はそういう霊感とかまったくないし(いらんし)、聞く側でじゅうぶんですわ。苦笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾の郵便局員さんが体験した怖い話:

« 怒涛の一日。 | トップページ | ☆彼の誕生日☆ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ