最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

るろうに剣心 京都大火編を見てきましたん♪

台湾ではるろ剣の映画第2部 京都大火編が昨日26日から封切でした☆それはそれは首を長くして待っていたので、昨日初日に早速行ってきました♪  

 
 
 
 
859511_10152711076004133_4904323397    
 
 
 
 
 
中国語ではるろうに剣心は「神劍闖江湖」といいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
実は彼は1部を見た事がなかったのですが、付き合って一緒に来てくれました^^一部を前もって見てから行く予定が、ネットで見れる中国語字幕付きのやつの字幕は、「なんだこりゃ」という訳ばかりで、見てもさっぱりだったらしいので諦めたらしいw 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸い1部を見ないと2部分からないというつくりでは無かったので、彼も楽しめたみたい☆映画には辛口な彼が「面白かった。アクションシーンすごいなぁ~」と感心しきっており、「3部も見るでしょ?」というと「うん、もちろん!」ですってw ちなみに3部は2部を見ないと、話が繋がっているので分からないと思います。
 
 
 
 
 
志々雄の素顔が出てきた所を見て「あれっ、これデスノートの人?!」と藤原竜也さんが出ていたのに、かなりびっくりしていました。「彼なら素顔出す役の方がいいんじゃない?」「でも志々雄はそこらへんの役者では演じきれないと思うよ」と言うと、「なるほどね~」と納得していました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それにしても漫画を実写化したもので、よかったものって正直これまでないと思ってたけど、るろ剣はその中でも数少ない成功ものだと思います。 私はるろ剣は漫画でも読んでいたし、好きだったので、その分正直見るまでに躊躇う部分ってすごく多かったですけど、これはイイ、うん!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3部は10月24日から上映開始なので、こっちも絶対見に行くぞー☆☆ 
 
 
 
 
 
 
 
初日の特典だったのか分かりませんが、こんなクリアファイルを貰いました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10714420_10152711407554133_28848585    
 
 
 
 
表は普通のるろ剣なんですが、裏が・・・・
 
 
 
 
 
 
10682455_10152711409369133_89112692    
 
 
くまモン剣心です。笑
 
 
 
 
 
 
・・・・京都とかなら分かるけど、なして熊本県をここで売り込んできた?(笑)もしや主演の佐藤健さんの故郷?と思って調べてみたけど、彼の出身は埼玉県らしいので益々分からん。苦笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実は以前、大学の時の友達に「彼氏、佐藤健くんに似てるよね」と写真付きでLINEが送られてきた事があります(笑)実は私が佐藤健さんを知ったのもこれがキッカケって言うね。本当今の芸能人(特に若い人)全然知らない。苦笑 後に剣心を演じてた彼がそうだと知ってびっくり。
 
 
 
 
 
 
 
 
でも写真によっては全然似てない物もあったり、結構似てる物もあったり、微妙な所かも。彼は今回初めて似てると言われた本人が動いている所を見たわけですが、「いや、(あっちのが全然かっこいいから)申し訳ないんだけど・・・苦笑」と言っておりました。笑
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに映画を見に行った時に、台湾映画で同じく26日封切の「共犯」という映画の予告を見たのですが、これも超面白そう。ただし推理だったり、殺人だったり、そういう系統の内容っぽいので、わざわざ映画館で見る必要は無いかなー。映画館で見るものはやっぱりアクション物に限る☆(と私は思いますです。)
 
 
 
彼も一緒に予告を見てたんですが、彼曰く「これたぶん日本映画のコピーだよ。俺以前同じようなやつ日本映画で見た」ですって。でも題名が思い浮かばないらしい。気になるなぁ。でも例えば「黒い家」という邦画がありますが、私は日本のより、韓国版の方がめっちゃ怖いし見ごたえがあると思いました。だから出来ればどっちも見てみたいんだけどなー。
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
ちなみにネットでの上映前の予告編を見た人の評判を見てみると、「映画゛告白゛に雰囲気似てるよな」という人が多かったですが、確かに!!! 
 
 
 
 
でも彼が見たのは「告白」では無いらしい。なんだろう・・気になるわ。

髒話を教えてくれない彼

髒話(zang1 hua4)とは、ようは人を罵倒したりする時に使う言葉です。 

 
 
 
 
 
 
 
台湾人は男女問わず、よくこれ使ってます。まぁ日本でも一緒ですよね、冗談っぽく使う事もあれば、マジでむかついた時に使う時もありますです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
語学を勉強する上で、普通の中国語はもちろん、私はこう言った言葉も覚えたいし、機会があるなら使いたい(笑)言葉って使う事で本当に取得出来ますし、こういう言葉って何でか覚えやすいしさw
 
 
 
 
それに一般の人は本当に頻繁に使うし、テレビ等でもよく目にします。だからこそ知っておきたいし、台湾で生活してると、このフレーズ使いたくなる事が多いしさ(特に仕事で)
 
 
 
 
 
 
 
が、彼は、私にこの髒話を教えてくれない!聞いてもいつも曖昧に誤魔化されてしまう。彼曰く「そういう言葉を使って欲しくないし、覚える必要は無い。ちぃには全然似合わないし、教えたくない」といわれてしまう。「自分だって使うじゃん~」というと「男はいいけど、女の子は駄目!」と言われます。ぐー・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう時、頼るべきはやっぱり友達(笑)会社で一番仲の良い同僚ちゃんがいつも教えてくれるのです♪
 
 
 
 
 
 
 
だもんで彼に「髒話教えてくれる先生が出来たよ。今日はこんなの習った~笑」と披露すると「だっ!どこで習ったの?!そんな言葉!あっ、同僚の○ちゃんだろ!(よく分かったなw)髒話は俺の前と会社の中でだけならいいけど、外で使うのは駄目!」と禁止令を敷かれてしまった。しかも彼の前でもなるべく言わないで欲しいらしい。
 
 
 
 
 
 
 
うちの会社、髒話飛び交ってるのでね・・・女性だらけの会社なのに。特別に教えてくれるのは一番仲の良い同僚ちゃんだけど、なんていうか自然と覚えてしまう部分もありで。苦笑
 
 
 
 
 
 
 
 
誰に向かって吐くって、みんな日本側の超面倒臭い客や、日本側の会社の担当者相手にね。。。。日々吐いてるよね。ひどい人になると、中国語分からない日本側の担当者相手に「あーーー汗」ってな事、つぶやいてる子もいたりね。あれもし中国語分かる人だったら、マジでやばいぞ!!・・・本人に向かってあびせたくなる気持ちも大いに分かるけどね。苦笑
 
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、私も会社でイライラする事があった時に、たまに吐くのですがその度に「あなたが言うと、全然髒話な感じがしない」とこの間部長に大笑いされてしまった・・・なんていうか台湾人が吐き捨てる言い方とは全然違うらしい。どーこーがーーー?!?!?!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
台湾人の操る中国語に近づくには、まだまだ修行が足りないすね。。。と言うと、何ていうか日本人は喋り方がソフトだから、全然そういう意味じゃなくて、何ていうか全然怖い感じがしないのよね(笑)と。
 
 
 
 
 
 
 
 
でもそれこそ台湾人が認める髒話をうまく雰囲気も出して言えるようになったら、彼から全面禁止令が敷かれる事間違い無しなので、これくらいでちょうどいいのかな。苦笑
 
 
 
 
 
 
 
10505007_10152697367604133_40057904  
 
 
 
↑ちなみに台湾人がよく使う、「靠!」マジでも冗談でも、本当によく耳にします。意味は英語のF○CKみたいな感じ。「幹!」と同じくらいの割合で頻繁に使われていると思う。ちなみに幹の意味も靠とほぼ一緒。うちの彼も友達との会話でよく使ってます。ちなみに女の子も使いますが、私は禁止されている為、極力使いません、会社以外ではね。笑
 
 
 
 
 
 
 
 
10635730_10152697367754133_78942099  
 
 
髒話は覚えなくてよし!が口癖の彼。覚えますけど、使わないようにします、極力ね。笑
 
 

モラルの無い人は海外に出ないでいただきたい。頼むから。(パート2)

先日、このタイトルでブログ書いたばかりなのに、今日もそんな阿呆阿呆な日本人の起こしたとんでもない事をご紹介。 

 
 
 
 
 
 
もうさ・・・やらかしてくれるよね・・・・本当にね・・・。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日、同僚の友達の一人から「悪いんだけど、この日本語を直してくれないかな?」と頼まれた。聞けば彼女の友達が、とある台北の有名ホテルの責任者らしいのだが、客にあててメールを送りたいらしい。で、その内容を見て驚愕!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とある日本人がホテルに2泊3日の予定で泊まっていた。ここはかなり台北でも上級クラスのホテル。ところがいきなり2日目の夜中に客が大急ぎでチェックアウトした。カウンターの職員も不思議に思ったらしいが、翌朝ハウスキーピングが彼らの部屋に掃除に入って、その理由が判明。なんと部屋に設置してある、高級テーブルが思いっきり壊れていたのだ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このホテル、毎日ハウスキーピングの際に家具等の破損も細かくチェックしているらしく、2日目の朝までは確かに破損は無かったそうだ。そもそも2日目の夜に急に逃げるようにチェックアウトした事からも考えて、
 
 
 
 
 
まずその客が壊した事は間違いない・・・。 (部屋の入り口の監視カメラもチェックしたらしいが、彼ら以外出入りした形跡は無いそうだ。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
物を壊して、その上黙って逃亡って・・・・・ありえないでしょ。よー分からんけど、これって軽く犯罪じゃないの?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
状況的に見て・・・・もうほぼこれってクロっしょ?ホテル側だって本当は、「テメェら、正直に言わねぇと警察に突き出すぞ、ゴルァ!!それが嫌なら弁償せぇや!
 
 
 
 
 
 
 
ってな言い方をしたい所だけど出来ず、
 
 
 
 
 
 
 
~~~のような経由で破損がございました。大変失礼かとは思いますが、お心当たりはございませんでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
的な事を言わなくちゃいけないって・・・・なんかなぁ・・・・不条理すぎるよなぁ・・・・客商売とはいえ・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パート1のコンビニでフローズンを豪快にぶちまけた日本人女子もありえないけど、こっちもまぁありえないわ・・・。90㌫は本当にマナーも守って旅行に来ているのに、残り10㌫くらいの、こういう阿呆達のせいで、日本人の印象を悪くしたり、民度を下げる行動は本当にやめてもらいたい・・・。
 
 
 
 
 
 
 
(私)「なんか、こういうの聞くとさぁ・・・申し訳なくなるわ・・・。同じ日本人として迷惑かけてすみませんって言っといてね・・・」
 
 
 
(友)「ハハハ、日本人でもこういう奴は一部だってわかってるから大丈夫だよ。それより翻訳手伝った御礼に、このホテルの優待券でも貰ってあげたいわ♪」
 
 
 
 
 
 
 
友達はそう返してきて、私も大笑いw でもまー本当にありえないわ・・・。
 
 
 
 
 
 
 
せめて奴らがそれに対し、「すみません」って素直に謝ったとしたら、まだ救いようもあるけどね。 
 
 
 
 
 
とりあえず、「もしそれでもすっとぼけるようなら、証拠として監視カメラの映像提出しますけどって書きな」と指示を出しておきました。「監視カメラの映像」は奥の手として取っておいた方がいいからね、出なきゃすっとぼけようとする阿呆もいるからさ。 監視カメラまで出されたら、さすがにすっとぼけようがないからね。
 
 
 
 
 
 
 
そういや、以前うちの会社のガイドさんがとある事で濡れ衣を着せられそうになった時も、この監視カメラの映像に助けられたっけな。
 
 
 
 
 
 
 
もうこういう事する奴は、頼むから出国禁止とかに出来ないのかなぁ・・・本当に迷惑極まりないし、不愉快極まりないわっ!!

彼母への憂鬱(つか完璧愚痴っすね)

えー、先日ブログに書いたとおり、彼がご両親を連れて、福岡の私の両親の元へ正式に挨拶に来てくれました。結果私の両親はようやく私たちの結婚を認めてくれましたわけですが・・・

 
 
 
 
 
 
 
「きゃー!よかったね!幸せでしょう?ようやく安心出来たね!」と沢山の方から祝福を頂き、とても嬉しかったのです・・・ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それがそうでもない・・・というより、正直今のわたくし、ものすごーーーーーく憂鬱な気持ちがデカイ・・・・原因はタイトルの通り、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彼母の事です・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これまではほぼあっちの家に行く事ってなかったし、たまーーに彼のお母さんがお弁当を作ってくれたり、それに対し私が会社での頂きものを渡したりという事はあっても、頻繁に行き来等はありませんでした。お正月や何かの催しの時に呼んでいただいたりする事はあっても、基本彼自体も実家に帰らないし、いく理由もなかったわけで。
 
 
 
 
先日のブログでも触れた、家を紹介された件以来、何となくそれまで付き合いやすそうだと思っていた彼ママの超面倒臭そうな面を見てしまい、正直また何かすすめたりされるんじゃないかという不安も無かったといえば嘘になるしね・・・。
 
 
 
 
 
 
 
で、今回の旅行で、またしても色々「ゲッ」という面を色々見て、この人と将来嫁姑の関係になるのか・・・と思うと、ゲッソリしてしまい、とても幸せな気持ちをかみ締める気持ちどころではなく。
 
 
 
 
 
 
もちろんわざわざ来てくださったことに感謝はしてるんです。ただ・・・価値観が違いすぎてもう・・・正直この先どうやって付き合ったらいいのか分からない、本気で分からない。その同行した台湾人の友達からも「あの人はかなり曲者だと思う・・・気をつけた方がいいよ」と釘を刺される始末・・・。気をつけてって・・・・気をつけるも何も身内になったら、気をつけようがないよ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元々彼から「人の話を聞かない・自分のいう事が一番正しいと思ってる・話が出来ない・色々とうるさい」とは聞いていたけど・・・まさしくそんな感じ。台湾人の友達曰く「伝統的な考えを持った台湾の典型的な面倒臭い部類のおばさん」だそーで・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まず彼と彼の両親、私と今回同行してくれた彼の日本語の先生でもあり、私の台湾人の友達のHちゃんは別行動。彼はご両親を連れて大分へ2日間旅行していたのですが、その間彼からの愚痴ラインが2,3回^^; 普段滅多に愚痴を言わない人なので、よっぽどの事だったと思われる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
①彼が一生懸命勉強した日本語でホテルのフロントの日本人の従業員の人と話そうとしている時に、横から割って入って、その人に中国語でまくしたてる(中国語分からんっちゅーに)とにかく何に対しても急かすし、一人で何でか知らんが焦る。
 
 
 
②毎回バスや電車に乗るたびに切符を失くす。そして大騒ぎする。
 
 
 
 
③バスの乗り方も分からないのに、タクシーは高いからと、どこに行くにもバスを利用するように言われ、彼に早く聞いてきなさい!!と指示をする。彼がどう伝えようか迷っていると、また中国語でバスの運転手さんにまくしたてる。 
 
 
④食事の取り方も、全てにおいてのマナーもなってない。注意しても聞かない。
 
 
 
 
⑤高い高いと何にでもケチをつけ、昼食は5日間の滞在中、何とほぼコンビニ!!それ以外の夕食はホテルについているビュッフェかコンビニ!
 
 
 
 
⑥人のプレゼントしたものを、そのまんま次女にお土産として渡す。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずね、②④はいいとしましょう、そりゃ日本に来たなら日本のマナーに従って欲しいけど、それは文化の違いもあるから、仕方ないと目をつぶりましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
最初に、①と③ね、両親は一切日本語できないし、日本語が唯一片言でも喋れるのは彼だけなわけです。 だもんで、彼のお父さんは素直に彼についていて、彼が日本人の人と話してる時もずっと黙って見守ってくれて、じっと待っていてくれていたんだそうです。
 
 
 
 
 
でもお母さんのほうは「本当にこの新幹線で着くの?!間違いないの?!一応駅員にももう一度聞いて、ちぃにもラインで聞いてみなさい」とか、「大丈夫だってば!事前にちぃにも調べて貰ってる事なんだから!」と言っても「急に変わる事だってありうるでしょう?」とか何とかいい、彼に無理やり聞きに行かせ、彼がどういおうか辞書を使って言い方を調べてると「遅い!」と言って、自分で聞きに行ったり(当然中国語でまくしたてるので、駅員さんも困惑する)、「全然自分の事を信頼してくれてなくて、勝手な行動ばっかりとるし!」とかなりイライラしていたらしい。その割りに、4日目に私の友達が「彼は日本語学校でも一番真面目に頑張ってるし、すごく頼りになったでしょう?」というと、「そうなの~!すごかったわぁ」ですって・・・・。その時の彼とお父さんの表情ったら・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あんたら地蔵かって表情になってましたよね・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後顔合わせが始まり、色々話をしていたのですが、絶対私はしないし、お母さんも以前から「若い人達のことだから、私は何にも口を出す気もない」と前もって台湾にいるときから、既に数年前から何度も何度も言っておいた事なのに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「同居してもいいのよ(つぅか同居したいのよ、の間違いですよね?)。そうしたらあなたたちは家賃も必要ないし、孫が生まれたら私が面倒見れるから、ちぃは働きにも出られるし」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・・・はぁ???なに寝言言っとうと?寝言は寝て言いましょうね?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
同居なんてする気、一切ないんですけど??彼ともその点はすでに話してあるし、私は子供がせめて2,3歳になるまでは働く気もないんですけど?働いても家庭教師とか、そういう時間が比較的自由になる仕事をするって決めてるんですけど??もう彼とも話し合って、決まってる事なんですけど??何をおっしゃってるの??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それを聞いて、彼と台湾人の友達は私に「・・・また始まった。今、母さんが言った事は翻訳しなくて良い。無視無視!」という指示がきたので、しませんでしたけどもね・・・。だいたい、そんな意見ぜってー却下だし!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも空気で悟ったのか、うちの母親は顔合わせ後、「なんか同居ちっくな事も話しに出てなかった?同居は文化も違うし、お母様の性格的にも苦労しそうだから絶対やめておきなさいね」と言われました。さすがママン、わかってたのね・・「大丈夫、彼は同居は絶対しないって約束してくれてるし、万が一それ翻したら、本気で離婚するって言ってあるから」と言っておきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後も「彼女(私)を本当に娘のように思っています。私の2人の娘はどちらも性格が良いし親孝行だし、家族仲も良いから」とか言ってたけど、あの時またお父さんと彼の顔、地蔵に変化してたよね・・・・。だって
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上のお姉さん・・・お父さんとは10年以上口を聞いていない。家族とさえも喋らないのに、私とそんなに話すわけが無い。とはいっても、私には何度か話してくれたりもしましたが、口数が兎に角少ないので、付き合いやすいかと聞かれると・・・。先日お母さんにものすごい言葉(簡単に言うと、お母さんの性格全否定的な・・・)を投げつけて家を出て行って今は一人暮らし・・・。正直その時はお母さんが可哀相だとも思ったけど、今では正直納得できる部分が無きにしも非ず。
 
 
 
 
下のお姉さん・・・こちらは比較的話はしやすいのですが、とある宗教に熱心になっていて、教会に行く時間がなくなるからと、長い事就職をしなかったアラサー・・・。その間のお小遣いは当然お母さんから貰っていた・・・。私達がガラケーの時も無職のお姉さんはしっかりスマホ持ってたしね・・・。その貰ったお小遣いの4分の1くらいは教会に寄付してしまう為、またお小遣いに困るとお母さんに貰う。数ヶ月前にやっと仕事が見つかり、ようやく正社員の仕事に就いたと思ったら、2ヶ月前に度重なる寝坊が原因でクビに・・・。現在無職。お小遣いは全て親から貰っている・・・。ちなみに仕事をしている時も、家には一銭も入れた事が無いらしい。彼は毎月給料の少しを年金暮らしの親にあげているので、それがそのまま次女の小遣いになる事が歯がゆく、よく喧嘩をしていたらしいが、最後には「お金ばかりに囚われる心が貧しい人」等と言われ「あいつとは話が通じない、もう二度と話したくないし、関わるのもいやだ」と、バッサリ。
 
 
 
 
 
 
 
うちらの家庭をどうこう言う前に、自分の家庭を何とかしてください!と本気で言ってやりたい・・・。彼は万が一結婚後、色々口出しされたら、これを言うつもりらしいけど。苦笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、⑤と⑥ね、もうさ・・・この考え方理解できなさすぎて・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⑤、前もって大分の有名な鳥天と博多の水炊きを食べさせてあげたいという彼の為に、お店を事前リサーチして、彼に渡していた私。が!お母さん、どこへ行っても「高い高い!!」しか言わない・・・・。初日に中州のホテルの前にあった屋台村だけでは、どうしてもお父さんが食べたいと行ったそうで、お父さんと彼でやきとりとビールを頼んで、それがとてもおいしかったらしい。お会計は2人合わせて\2,000(大した額じゃないでしょーに)、そのことを、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最終日まで、ずーーーっと愚痴愚痴いわれまくったらしい・・・・。最終日にお父さんが「あれをもう一度だけ、たべたいな」と言ったそうだけど、それも「あんな高い金額出して食べるものでもないでしょ!」と、却下されたらしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「つかさ、思うんだけど、何でお母さん無視して自分らで行動せんの?いちいち言う事聞くのもおかしくない?」というと「もしそんな事するとするだろ、旅行中、移動の時やらホテルにいるときやら最終日まで延々言われ続けるんだよ?初日にタクシー乗ったときもさ、メーター上がるたびに一人で大騒ぎして、゛台湾だったら○○元なのに何でこんなに高いのよ゛とかずっと愚痴愚痴言うしさ。それで途中からバスの乗り方聞いて来いとか言い出して、必死で聞きに行って、何とか乗り方を知って・・・。たまんないよ、あの人と旅行するのはもう。以前からこんなだったけど、少しは変わったかと思いきや全然だよ。もうこの先一緒に旅行に行くのはこれが最後だよ」・・・・はー・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「俺の家族が小学校低学年の時以来、家族で旅行に行ってないって言ったと思うけど、これで理由分かっただろ?」
 
 
 
 
 
「うん・・・大いに分かった」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、彼らが大分、福岡滞在中食べたのって一蘭ラーメンだけ・・・。あとはホテルについてるご飯か、もしくはコンビニだったらしい・・・。最終日にようやく結構お買い物を始めたらしいけど、そのほとんどは100均(てか台湾にもあるやん・・・)か薬屋のみ(日本の薬は人気あるから、頼まれ物とかあったらしい)
 
 
 
 
 
うちの両親は、今回友達が来た時もそうだったのですが、毎回私の彼が日本に来るたびに高級なお寿司やら焼肉やら、手料理を振舞ってくれるので「今頃ちぃ達はご馳走食べてるんだろうな・・・・」とかなり切なかったらしい。4日目の顔合わせはうちの両親が近くの天ぷらとお刺身がおいしいレストランを予約してくれていたんだけど、彼めちゃくちゃ幸せそうやったもんな(笑)彼母はというと・・・・必死で値段見てびっくりしてたよね・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大丈夫やってば・・・、あなたが払うわけじゃないんだから、安心してお食べになって?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うちは二人とも退職して、あまり裕福じゃないからというけど、それを聞くとイラッとする。あのさ、それいうならうちだって同じなんですけど?そんな中でも、一生懸命少しでも美味しい物を食べさせてくれようとしてくれる。だから私も滞在中はおいしいものをなるべくおごろうとしたり、両親の傍にいるようにしたり、手伝える事は手伝う。普段出来ない事を少しでもしてあげたいと思うから。帰って来た私たちに出来るだけの事をしてくれようと、いつもいいよ!って言ってもいろんな事をしてくれる。ようはさ、気持ちの問題なんですよ、お分かりですか???(怒) 親友ちゃんにも↑の話をして言われたのが「彼のお母さんって、超お父さんの事愛してるって言ってたけど、それなら何かしてあげようとか、おいしいもの食べさせてあげようとか思わないのかね?」まさに・・・それ!!!!
 
 
 
 
 
こんな状態で彼が自分の好きなものを何でも買えるわけはなく、私が前回の記事で彼のためにいくつかお土産を買って帰ったのですよ・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのほかのイラッと発言。
 
 
 
 
 
「ちぃは本当に細いから、もっと食べて健康にならなくちゃ駄目よ!元気な赤ちゃんが産めなくなるでしょう!」→私ゃ子供産むロボットでは無いです。私っていうより、息子の赤ちゃん(孫)を産む私の体が出来るかが心配なんですよね?6歳上の私と初めて付き合ってるって聞いたとき、彼に他の若い女性を紹介しようとしてたくらいですものね?そりゃ心配ですよね?
 
 
 
 
 
 
お土産に紹興酒を持参してくれた(つっても買ったのは彼ね!!!)んですが、父に向かって「好きならいつでも送って差し上げますから、遠慮なく言ってくださいね!何本でもお送りしますよ、ちぃが送りますから。」→は???送って差し上げるってあなたが自分で今言ったじゃん?なんで私が??父はそんな人では無いから、そんな事まずないけど(つか紹興酒送るなら、もっと別のもの送るし、現に父の日も出来るだけ日本製の父が好きそうなもの送るし)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして⑥、
 
 
 
 
 
地獄谷にいったとき、親友ちゃんと同行してくれた台湾人の友達Hちゃんと、おそろいの靴下を買いました。ただ・・・3人だけで買って、お母さんにあげないのも悪いかなと思い、「これさっき3人でおそろいで買ったんですけど、お母さんにも」というと「まぁ~☆ありがとう☆」と超嬉しそうな様子だったお母様。が!!帰ってそれを次女にお土産として、それをそっくりそのまま渡したらしい。100均で買ったストラップとともにね・・・・。
 
 
 
 
 
・・・・・ないわぁ・・・・・・・・。まぁ・・・母の日に彼が始めて、お小遣いからカーネーションを贈った際に「お金の無駄じゃない!どうせなら現金の方がよかったのに!」とのたまった辺り、ないわと思っていたけど・・・本当無い。好みはあったにせよ、心の問題じゃないの?私の母は絶対口が裂けてもそんな事言わないし、もう180度違う人種なんだと実感。もうなんか・・・私には信じられない事ばかり。
 
 
 
 
 
地獄谷といえば、アイスクリーム事件も思い出したわ!!アイスクリームが売っている場所があって1つ\300になっていた。これ、おそらくお母さんからすると「アイスクリームに300円?!ありえない」と思っていたはずですよ。
 
 
 
すると「私がみんなにご馳走しようか?」と言い出した。そんなんで私達が「はい」なんていえない事も絶対彼女は知っていたはずだ。だから私や友達は「いえ、必要ないですよ!(みんな)自分で買いますから」というと、熱心にアイスクリームを選び始めて「じゃあ私はお父さんと一緒に食べるわ、ラムレーズンにするわ♪」・・・財布を出すそぶり、一切見せず。
 
 
 
・・・・は?誰がおごるって言いました?私は自分でそれぞれ買いますから、おごらなくていいですって言いましたよね??なんかいつのまにか私が彼母の分、おごる話になってるし。みんなの手前、「自分で買ってくださいよ」ともいえず、300円だし普通に出しましたけど、こういう確信犯的なところもほんっっとに嫌です。そもそも元々おごる気なんて一切なかったでしょ?バレバレなんですけど?ほんっと、器ちっさすぎ!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まぁ・・・・ざっとこんな感じです。彼は一日早く私たちより台湾に戻ってきたのですが、その際母親から「今日ちぃはいないんだし、実家に泊まらないの?」と聞かれたらしいですが、「実家より彼女の家で寝るほうが慣れてるし気楽なんだ。」といい、結局私の家に戻ったらしい。「数日一緒にいて、精魂共に疲れ果ててるのに、実家になんて泊まるわけないだろ!ったく!」と怒っていたし・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなわけでモヤモヤを抱えたまま、台湾に戻り、あなたに対しては不安も不満も全くないけどと前置きした上で、「今は悪いけど率直に不安の方が勝ってるわ」 と、自分の今の意見(ある程度直接的な言い方にならないように)彼に伝えました。
 
 
 
 
 
 
 
 
「そんな事心配しなくても大丈夫だよ!同居なんて絶対させやしないし、今探している家も全然実家の近くなんかじゃないし!あんな性格だもん、同居なんて絶対うまくいくわけないし、実の家族の俺らでさえ五月蠅いと思うくらいなんだから当たり前だよ。言っておくけど、俺は別に母さんにとって良い嫁になって欲しいなんて思ってないから。この先そりゃ色々問題は出てくると思うけど、俺は絶対ちぃの側に立って守るって、ちぃのご両親の前でも約束したし、絶対心配する事ないから。母さんが何言って来ても、聞きたくない事は徹底的に無視していいから心配しないでいいって。友達時期も含めると出会って5年になるけど、俺が今までやるって言ってやらなかった事あった?」 
 
 
 
 
 
 
 
「それはない。1個も無い」 
 
 
 
 
 
 
 
「だろ?だからもっと俺の事を信頼して?周りの意見を聞くことも時には大事だけど、悪い意見ばかり聞いて不安にならないで?みんながみんなそうじゃないんだよ?何より大事なのは俺達二人の関係でしょ?俺だって努力するつもりなのに、そんな風に信頼されていないのは悲しいよ」
 
 
 
 
 
 
 
 
そう・・・なんだかあまり前向きになれる意見を聞く機会がなく、それが気持ちの憂鬱に拍車をかけていたのかもしれない。なにぶん影響されやすい性格だし。そんな中、一人の小学時代からの友達の一言にすごーく救われたのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
「何を不安になる事があるの?彼なら絶対大丈夫だよ!それにさ、どうやっても駄目なら、日本にはちゃんと帰る家があるんだから、帰ってくればいいんだよ!両親もいつでも帰って来ていいって言ってくれてるんでしょ?いいじゃん、それで。」
 
 
 
 
 
 
福岡滞在中、友達と博多に行くといった私に父が「だったら博多駅にある、金のカエルを見つけてきて?それを見つけるとね、また福岡にカエル、帰ってこれるって言われてるらしいから」
 
 
 
 
 
 
・・・・なんだか切なくて、じんとしてしまった・・・。願わくば・・・彼といつか一緒にずっと日本に帰ってこれたら・・・と心の中でひそかにお願い・・・
 
 
 
 
 
 
 
10668819_925896144091290_9179372048
 
10679551_925893770758194_7640139763
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうだ、そうなんだ・・・。なんだか気負いすぎていたのかも。おきても無い事をたくさんたくさん考えすぎていて、頭でっかちになっていたのかも。
 
 
 
 
文化も人種も育ってきた環境も価値観も違うんだから、うまくいくわけがないんだよ。だけど私のやるべき事は姑の太鼓持ちでも、姑にとって良い嫁になる事でもない、彼にとって良い嫁になって、良い家庭を作れるよう努力することなんだ。簡単な事じゃないのは100も承知だけど、とりあえず今一番大事なのはそこなんだよな。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな風に思うと何だか心が軽くなって。「やってみるよ。譲歩できることはするよ。だけど、頑固さにかけちゃ負けないからな。譲歩できないところは絶対しないし、いう事は言わせて貰う!もちろん彼の立場もそれなりに考えつつね。それで駄目なら、それで彼が母親の肩を持つようなら、日本に帰る。そもそも日本には前からずっと帰りたいわけだから、いいじゃん、それで」
 
 
 
 
 
 
あまいと思われる方もいるかもしれない。でも、こんな風にでも考えないと、とてもじゃないけどやってけない。心の保険は作っておかないとね。
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日台湾人と結婚しているNちゃんと会って話して、色々話を聞いてもらった事でも、何だか気分的に落ち着きました☆日本から帰省したばかりの頃は憂鬱で気持ちがずっと下降していたけど、ようやく前向きになれた感じ。とはいえ、前半の愚痴は思い返せば、まだ苛苛しますけれどもねww
 
 
 
 
 
 
 
 
まー、やれるだけやってみます!!まずは・・・入籍の準備をそろそろ始まる事にします!
 
 
 
 
 
 
 
 
嫁姑なんて考えていると、むかーーしのこんなCMを思い出してしまった!なつかしぃ。苦笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こーゆーお姑さんだったら、それこそもっと大変だろうけどね・・・苦笑
 
 
 
 
 
9784594016609

覗かれてました。笑

昨日、お風呂場で着替えていると・・・・何だか後方から視線を感じる・・・。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
振り返ってみると・・・・・ 
 
 
 
10649652_10152675976374133_14805774  
 
 
 
チラッ 
 
 
 
 
 
!!!!!!!!!!!∑(@△@;) 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・からの、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10685611_10152675976264133_30963593 
 
 
 
 
じぃ~~~~~~~~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おい、蛍光ペンちゃん、覗きはいかん、覗きは!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でもあんまり可愛くて思わず携帯でパシャリ☆☆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただタピの目的は覗きではなく、私が長い事でてこなかったので、どうやらさびしかったようです。出て行くとすぐに肩に飛んできて甘えん坊モードに。笑 
 
 
 
 
 
 
もーっ、やっぱ台湾一可愛いわ☆笑
 
 
 
 
 
 

顔合わせ無事終了☆と、新たな憂鬱。。。

土曜日、福岡から台北へ戻ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし日本はもう朝晩涼しいのに、台北のこのうだるような暑さ・・・戻ってきてすぐに体調崩してしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心配していた顔合わせも無事終わり、ホッとしました。それも同行してくれた台湾人の友達がいてくれた事が本当に大きかったと思います☆彼女には心から感謝です☆また明るく面白い性格なので、私の両親も彼女の事がとっても好きになったようです。笑 両親が「安心した」と言ってくれたのも、彼が両親を連れて改めて挨拶に来てくれたことだけでなく、彼女のようにしっかりした友達が近くにいてくれる事に対しても、なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼とは顔合わせまでの3日間、別行動だったのですが(私たちは実家でのんびりしたり、親友夫婦と旅行に行ったり。彼はご両親を連れて大分へ旅行)、一人で日本語を使ってご両親を引率して、色々大変だったものの、すごく自信がついたそうで。まだ習い始めて間もないのに、本当に良く頑張ってくれたと思います。私の両親への挨拶も、前回は手紙を持参しそれを読んでくれたのですが、今回は結構長い挨拶をしっかり覚えて、一言一句間違えることなく日本語で挨拶してくれました☆   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、両親が承諾してくれて、ホッとして幸せでしょう?と問われると・・・素直に「はい」ともいえない状況が新たに垣間見えたりもしました・・・まぁそれはまた後日詳細は書きますが、あちらのお母さんの考え方や価値観があまりにも私や家族とはかけ離れていて、ドン引きしてしまい・・・家をすすめられた事件(コチラ)で、ある程度厄介な部分がありそうだし、私とは考え方とか価値観が違いそうだなとは思っていたけど、まー想像以上に厄介かもしれないな。同行してくれた台湾人の友達からも太鼓判押されたし。汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのせいで正直台湾に戻るの嫌だなぁ・・・とまで思ってしまったくらい。前日も友達の前で泣いてしまったし・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉は分からないけど、両親にも伝わったようで「あちらのお母さんは・・・結構伝統的な考え方を持った方のようね」と言っていたし。両親が心配しそうな辺りは敢えて通訳しなかったのですが、やっぱり・・・伝わるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行中の話も彼から聞いたけど、もう正直引いてしまう事が多くて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、彼に対しては全く不満も無いし、何かあれば必ず庇ってくれる人なので、彼の為にも出来る限り努力はするつもりなんですけどね・・・。彼は「良い嫁になろうとか、お母さんのためにとか本当に考えなくていいから。あの人と話が合う人なんて絶対いないし、実の家族の俺らでさえウルサイと思うくらいなんだから。まず自分の意見が一番正しいと思っているし、人の話なんて聞いちゃいないんだから!絶対俺が守るから大丈夫!心配しないで。」と言ってくれるけど、長男だから最終的にはそうも言ってられないだろうしね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの温厚な彼が何度も旅行中にお母さんと喧嘩になったらしい・・・「母さんと旅行に行くのはこれが最後!そもそも顔合わせだから仕方なかったけど、普通の旅行だったら絶対一緒になんて行かないし!」 とも宣言してたしな。汗汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってまぁ先のことまで考えてたら、何も出来なくなるし、とりあえず今は入籍やら、結婚式の日取りやら、目先の事から考えていかなくては。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、本当に彼を拉致して、日本で住めたらどんなに良いか・・・・←オイオイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早くも将来の嫁姑バトルが勃発するだろう的な予感がしております。そうなったらここに書くネタが増えるから、その点ではよかったのか。苦笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話はがらりと変わって☆日本でゲットした戦利品をば☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10426912_10152673347709133_72764134

 

 

 

 

 

 

これは自分用にゲットした一目ぼれのショートブーツ☆やっぱし日本の洋服と靴は良い☆かわいいのが多すぎてものすごい悩みますけどwちなみにワンピースも一着ゲットいたしました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、彼へのお土産は。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

10403366_929324303749021_7763964599

 

 

 

 

 

 

子供か!とツッコミ来そうですがwナルトのハンカチ、進撃の巨人のお菓子、梅ジュース(作者の故郷で売られている大分のひびきの限定品☆)、ローソンでくじを引いたら当たった3等のフィギュア2体。

 

 

 

 

 

 

彼も日本に行っているのにお土産??と不思議に思われると思います。だって彼はおそらく自分の買い物をほとんど出来ないであろうと思っていたから。・・・理由はまぁまたしてもお母さんなんですけど・・・・予想通りでした。彼が日本で買ったものは目薬と靴下とたばこのみ!・・・やっぱり買ってあげててよかった。すごい喜んでくれました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに↑の梅ジュースを買ったところでは、進撃の巨人の梅酒の3本セットも売られているのですが、こちらも彼のお誕生日プレゼント用に購入☆でも彼には秘密にして、2階の戸棚にこっそり隠しました☆12月の彼のお誕生日にあげるつもりなので、きっとびっくりするでしょうね☆^^

 

 

 

 

 

 

 

 

Ah_umashu2  

 

 

左のやつです♪

 

 

 

 

 

 

これを買いたい私の為に、親友夫婦がわざわざ大分まで連れて行ってくれました。彼女達は毎回帰省の度に本当に夫婦でお世話になっています。親友はもちろんのこと、旦那さんもすごく良い人で、しかも彼と仲が良いんです^^ 今回の滞在中は会えないだろうと思っていたのですが、たまたま大分の地獄谷に行く時間がかぶり、数時間一緒に行動する事ができて、彼も親友の旦那さんもめちゃくちゃ嬉しそうでしたw 私はご両親と水入らずの方が良いかな?と思っていたのですが、後々彼から話を聞くとなんのなんの!もう出来るならそっち側に合流して、そのまま一緒に帰りたかったんだよー!!とまでw まさに地獄に仏??笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと忘れちゃいけないタピ助には・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

10606044_10152673347869133_44556647

 

 

 

 

 

 

 

 

タピさんは月曜日から病院にお泊りだったのですが、帰ってきたらなんと体重が6グラムも減っていてびっくり!!いつもと違うフードと水が合わなかったのと、ストレスからだと思います。帰ってきていつものご飯とお水をあげたら、すごい勢いで食べてましたw病院の方がいれてくれたご飯はほとんど手付かずだったというに!我儘王子め。苦笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10534203_10152673347114133_52651812

 

 

 

 

 

体重は毎日1グラムずつ、戻ってきていますw今日量ったら47gまで戻っていてホッ!帰ってきてからもずっと甘えっぱなしです。さびしかったのね。ごめんね><

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもやっぱり日本は良い。買い物一つにしても、本当に気持ちが良いし。やっぱり私はどんな場所より日本が好きです。家族も親友も友達もいるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、私の中ではいつか日本に家族で帰るという目論見(!)もずーっとあるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁなんにせよ、顔合わせは無事に終わってよかったです☆

 

 

 

 

 

 

 

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ