最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« イライライライラ→消えたっ!! | トップページ | お引越し完了♪ »

アンディ・ラウ(劉徳華)のストーカー事件

最近テレビで取り上げられていて、初めて知ったこの事件。「芸能人って大変だなぁ・・・」と思うのと同時に本当にあった事だなんて、にわかには信じがたい内容で衝撃を受けました。 

 
 
 
 
劉徳華(アンディ・ラウ)といえば、中華圏では知らない人はいないであろう、香港の大人気スターです。ちなみに前職の先輩も長年のアンディの大ファンでした^^彼は顔が格好良い事はもちろん、EQ(心の知能指数)が高い芸能人としても有名です。 
 
 
 
 
Ba3409e5  
 
私の大好きな映画、「新・少林寺」にも主役で出ていましたが、演技も本当に素晴らしい。 
 
 
 
 
そんな彼が過去に最大のストーカー事件に巻き込まれていたとは・・・。 
 
 
 
 
 
 
1994年、中国の蘭州に住む16歳の楊麗娟はある日夢にアンディの写真が出てきたのをきっかけに、すっかり彼の虜になってしまう。その写真には「君が僕に近づいてくるのなら、君と僕は真心を持ってめぐり合える」と書かれてあり、再び同じ夢を見た事で彼女は「彼は私の運命の人に違いない」と本気で信じ込んでしまう。 
 
 
 
また夢を見るために、一日のほとんどの睡眠時間に費やし、アンディのCDやアルバム、グッズはもちろん、切り抜き等も集め、毎日アンディの曲を見たり、映画を見たり、学校にも行かず、友達付き合いもせず、アンディにのめり込んでいってしまう。またアンディへのファンレターも欠かさず書いていたという。  
 
 
 
最初は諌めていた両親も次第に彼女のいう事をそのまま聞くようになっていってしまう・・・。遅く出来た一人娘という事も、両親が彼女を溺愛した大きな理由の一つであろう。
 
 
 
 
元々彼女の家は決して裕福な家ではない。しかしたった一人の娘の願いを聞き届けてあげたい両親は、彼女がアンディに会いに香港に行ってみたいといえば1万元の借金をしてまで彼女を香港まで送り出した。しかし戻ってきた彼女は「アンディには会えなかった・・・」と号泣。不憫に思った父親は今度は家の物を売ったり、さらに借金をし、北京でのコンサートに行かせることにするが、ここでも「アンディには近づけなかった。目もあわせてくれなかったのよ!」とまたしても号泣。この結果、両親はついには家までを売却したが、それでも足りないと感じた父親は何と自分の腎臓を売ってまで金を工面しようとする!!しかし臓器売買はご存知の通り違法の為、結果売れずに腎臓はそのままだったそうだが・・・。 
 
※ちなみに彼女は結局香港に計2回、北京に計6回も行っている。。。。
 
 
 
 
ここまで来ると、娘への愛情も度を越えすぎている。。。。。 
 
 
 
 
 
2007年に香港でファンミーティングが行われると聞いた一家は、家を売ったお金と借金で作ったお金を持って、3人で香港を訪れる。両親はこれでやっと娘の夢が果たされたと喜んでいた。この時貯金もそこをついていた一家はホテルにも泊まるお金がなく、そのミーティングの間、両親は香港滞在中、ずっとマクドナルド(24時間営業)で過ごしていたというから、驚きである。 
 
 
 
157243_999989  
 
ようやく長年の夢が叶った!!!!・・・・と思いきや・・・・・・・ 
 
 
 
 
 
だが・・・戻ってきた娘の表情は暗い。「どうしたんだ??」「彼は私の事を分かってくれなかったわ!夢では君と僕は運命だと言っていたのに!私を他のファンと同じように扱ったの!!」 
 
 
 
 
それを聞いた父親は憤慨した。 
 
 
「アンディ・ラウ、貴様は何様のつもりだ!!なぜここまで娘を悲しませる?!娘がどれだけお前の事を愛しているか、なぜわかってやれないんだ!!俺は娘の為にすべてのものをなげうってここに来た。死を持ってお前に抗議する。お前はわしの家族をめちゃくちゃにしたんだ。少しでも申し訳ないという気持ちがあるのなら、娘と2人であってやってくれ!娘を頼むぞ!」 
 
 
 
 
そんな内容の遺書を残して父親は香港の海に投身自殺をしてしまったのである・・・。
 
 
 
 
アンディこそ被害者だというに・・・・・・。アンディにとっては八つ当たり+迷惑行為以外の何者でもない・・・・ 
 
 
 
 
 
 
娘の要求を満たすためだけに、それこそお尻の毛まで抜かれてしまって、こんな最期を遂げてしまった父親・・・・娘も母親もこれで目を覚ますかと思いきや・・・・ 
 
 
 
 
「父を殺した事を申し訳ないと思うなら、父の遺言通り私と2人で会うべきよ!」  
 
 
 
 
この後も彼女は記者にアンディと父親がどっちが大事かと問われたら「それは・・・父よ、父がいないと何の意味もないの」と言ったかと思えば「まだアンディを愛しているわ」「こうなったのはアンディあなたのせいよ!逃げ続けないで出てきて謝罪するべきだわ!」と、いう事がコロコロ変わります。 
 
 
 
P200803171243251540861277  
 
メディアの質問に答える彼女 
 
 
 
また大勢を引き連れて会見を行ったかとおもえば、アンディが住んでいるといわれる場所の付近まで行き、インターホンを鳴らしては中をのぞくというとんでも無い事をしたり、むちゃくちゃでした。 
 
 
 
その後はすったもんだしたものの、故郷の蘭州に母親と帰って行ったといいますが、父親の遺族はアンディに対し賠償金を払うよう騒いでいたとか・・・・・。すごい一族である・・・。 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後の彼女は化粧品店に勤めて、国の助けを受けながら母親を養って真面目に働いていたようだ。その後2009年、実はアンディが結婚していた事を発表すると「見栄っ張りで利己的な男!私が愛するに値しないわ!目が覚めた!」「あの時の事は本当に後悔している」と語ったのだとか。
 
 
 
 
当のアンディはこの騒動の間、精神が相当参ってしまったらしく(そりゃそうだ・・・)、電話に出るのも怖くなり、毎日精神科医のカウンセリングを受けていたそうだ。全く彼こそ被害者だと思わざるを得ない。しかもこの騒動が起こった時、どういうわけか中国や香港の国民が逆にアンディを責めたり、誹謗中傷をネットに書き込んだりととんでも無い事が起こってしまったという。 
 
 
 
 
 
 
・・・・なんでそんな事になるのだろう・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてそんな彼女が去年2014年、長年の沈黙を破って何と再び姿を現したという。中国の東方衛星テレビに出演し、過去の騒動を語ったのだ。現在は故郷でボランティアをしているとの事で、「アンディに関するものは全て処分しました。今はもうすっかり過去の事です。」と落ち着いた様子で語った。 
 
司会者が「アンディと2人で会えていればこんな悲劇は起こらなかったと思いますか?アンディに責任はあると考えていますか?」というと、「自分にも大きな責任はある。でもメディアが小さな事を大きく報道してしまい、全てメディアに煽られてしまったという感じです。」とコメントしていたそうだ。  
 
 
 
少なくとも彼女は昔と違い、今は新しい方向に歩き始めているようだ。これでようやく父親もあの世でほっとしたのではないだろうか。 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみにアンディ、変なストーカーに付き纏われたのは1度だけではなく。。。。 
 
 
 
 
Imgout   
 
2008年にも「アンディと18年付き合っている!婚約者だ」と名乗る女性が空港で彼の到着を待つなどという騒動も起こっている・・・。(勿論彼女の妄想である)
 
↑の写真は「このメモは私と彼のやりとりなの!」と言っていた時のもの・・・怖い・・・。 
 
 
 
 
 
美男美女のスターの人達は確かに華やかで一般の人からみたら羨ましいと思う存在ではありますが、その裏には一般人には想像もつかない大変な事があるのも事実なのでしょうね。
 
 
 
 
 
 

« イライライライラ→消えたっ!! | トップページ | お引越し完了♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

台湾留学生活(りんご日報)」カテゴリの記事

コメント

コメント失礼します。(*^^*)
アンディラウ。。。大変でしたね。。。
日本にも変なファンとかは多いと思うのですが。。。この中国の女性ファンは想像の斜め上をいく過激さですね汗
それにしても何でアンディが叩かれるのかよく分かりませんね汗汗

>エルモさん

コメント謝謝です☆&コメント返しが遅くなり大変申し訳ありません!

ココログの設定がどうなっているのか、なぜかスパムコメントの方に分類されていて、本日気づいた次第です!!大変失礼致しました!!

スターって輝かしいものですが、裏では色々と大変な事も多いのでしょうね。しかも本当に頭おかしい人ってそこらじゅうにあふれていますから。このストーカー事件にしても、アンディこそ被害者なのに、叩かれる理由が本当に分かりません・・・。誰かどう考えてもアンディは被害者ですよね。しかも精神的にもかなりダメージを受けたようで・・・可哀相すぎますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンディ・ラウ(劉徳華)のストーカー事件:

« イライライライラ→消えたっ!! | トップページ | お引越し完了♪ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ