最近のトラックバック

« 結婚式のドレス選びと喜餅選び☆ | トップページ | BEREEVE 『本気でも嘘でもいい』 »

台湾のタレント楊又穎がいじめを苦に自殺

バラエティー番組によく出演していたタレントでモデルの楊又穎(シンディー)さんが4月21日に台中の実家で自らの命を絶ってしまいました。死因はヘリウムガスの吸入によるもの。 

 
 
 
 
 
まだ24歳・・・遺書には「ネットでの誹謗中傷、芸能界でのいじめに耐えられない」という内容の事が書いてあったそうです・・・。 
 
 
 
 
 
D669473  
 
 
 
24日に行われた彼女の告別式には、家族や親友、そしてファン約1000人が詰め掛けました。彼女のお兄さんが「お前を傷つけた人より、もっともっともっとお前を愛している人がいるんだよ」という言葉が辛かったです・・・。 
 
 
 
 
FBの最近の彼女の書き込みに「誰が本当の友達なのか分からなくなった・・・・あなた達は本当に私の友達なのかな?」とある。何でも彼女が自分に対する酷い噂を聞き、ひどく傷ついた時、芸能界のとある仲間が彼女を真剣に慰めていたそうなのだが、実際その噂を流した本人がその慰めてくれた、自分が本当の友達だった人だと知り、ひどく傷ついていたとの話もあります。 
 
 
 
またネットでの誹謗中傷がとにかくすごかったらしく、それもあり彼女は精神科にも通院していたらしい。これを受け、台湾の多くの芸能人が「自分も同じ経験がある」とし、たくさんのコメントを寄せていました。 
 
 
 
 
 
 
どんな人でも絶対100人が100人支持しているわけじゃない、それは仕方のないことです。でもさ、だからって攻撃するってどうなんだ?しかもこういう誹謗中傷する奴って、絶対匿名だったりなんですよね。それを良い事に、見るに耐えない、根も葉もない事を平気で書く奴っている。それこそこんなニュースにさえ、信じられないコメント残している奴いるしさ・・・。(日本でも台湾でもね) 
 
 
 
 
 
(陶晶瑩)「彼女の人生はこれからまだまだすばらしい事が待っていたのに。自分に悪意を向ける人を気にしすぎて、近くにいるあなたを愛している人の事を忘れないで・・・」 
 
 
(王力宏)「現代のネット社会では、誰しもがネットでのいじめの被害者になる可能性がある。加害者、そしてそれを指示する人は自分の行動がどのような影響を与えるか、しっかり認識するべきだと思う」 
 
(黒人※芸能人の名前です)「言葉にはどれだけの力があるのか・・・・よく考えてから使うべきだ」 
 
 
(楊丞琳)「最近では匿名でネットで書かれたことが、さも事実のように捉えられてしまう。私もデビュー当初はなぜ知らない人たちにここまで言われなくちゃいけないのかと本気で悩んで、5年間くらいはネットのコメント欄を見ることすら出来なかったくらい。今は違う、清廉潔白なのは自分自身が一番分かっていること、だから気にしては駄目だという事が分かったの」 
 
 
(宋米泰 Emily)「嘘でしょう・・・私は今見たニュースは何??シンディ・・・信じられない・・・。あなたは明るくて本当に可愛くて・・・本当に辛いわ・・・どれだけ辛い思いをしていたの?こんな方法は間違ってる・・・。でも・・・あなたが今もう悲しい思いをしないで良い場所にいますようにと願っています、二度と傷つく事の無いように」 
 
 
 
 
 
ここに書いてあるのはほんの一部。他にもたくさんの芸能人がコメントを寄せています。  
 
 
 
 
思うんだけど、これさ、ネットで彼女を誹謗中傷していた人は、彼女がそれを理由に自ら命を絶ったと聞いてどう思うんだろう?あの泣いている遺族や友人の姿をみてどう思うんだろう?もし自分だったら一生後悔する・・・っていうか、その前にそういう事をやりませんし、やりたいとも思わないから、全然そっち側の気持ちが理解出来ないけどさ。気に入らないなら彼女のブログやFB、テレビを見なければいいだけの話じゃないの?なんでわざわざ時間割いて、人を不愉快にさせたり傷つけてやりたいと思うんだろう・・・・根性捻じ曲がってるよな。 
 
 
 
 
言葉の持つ力ってすごい・・・・その一言がその人を救う時もあるけど、その一言がこんな風にその人を死に追いやることもあるんだから。 
 
 
 
暇な奴とか、ひがみ、妬みの塊のつまらないやつとか、人のことより自分の事を気にしろよって周りから思われてそうな奴ほど、そういう事をするんだから、見ないようにしたり、気にしなくて良かったのに・・・。そんなつまらない輩より、あなたの魅力に惹かれている人がもっとたくさんいたのに。もし芸能界に信じられない人はいなくても、家族や芸能界以外の信頼出来る友達はいただろうに・・・。 
 
 
 
 
でも今回の事で、地方法院検察署は、楊又穎さんへの誹謗中傷が書かれていたFBのページ(すでに封鎖されている)を調べて、立ち上げた人物の特定に乗り出したような事が書かれています。それに対し「もっとネットに関しての法律を見直すべきだ」という声も上がっているようです。 
 
 
 
 
 
 
↓は彼女が以前FBに書いていた言葉だそうです。 
 
 
 
 
「お父さんとお母さん以外、誰が私を愛しているのかな?」 
 
 
 
 
・・・・・お父さんとお母さんが自分を愛してくれている、その自覚があるだけでも十分幸せな事だったのに・・・どれだけ愛してくれているか分かっていたでしょうに・・・その愛してくれている人を悲しませたらいかんよ・・・。
 
 
 
 

« 結婚式のドレス選びと喜餅選び☆ | トップページ | BEREEVE 『本気でも嘘でもいい』 »

台湾太太日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾のタレント楊又穎がいじめを苦に自殺:

« 結婚式のドレス選びと喜餅選び☆ | トップページ | BEREEVE 『本気でも嘘でもいい』 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ