最近のトラックバック

« 大同の電鍋とバイオオイル | トップページ | 情人節のプレゼント☆ »

台湾のいわくつき物件紹介

毎日目を通しているりんご日報(蘋果日報)だが、去年から台湾のいわくつき物件を紹介しているコーナーがある。  

 

 

 

1555307_10152527985377069_178752145   

E84eccfd9c3498c118376a1a3cabca1f  

画像はりんご日報より拝借。

 
 
 
 
 
これは過去に殺人事件や死亡事故が起こった家やビル等を地図付きで紹介している(9割がた殺人事件)。ほとんどの場所が道の名前や近所、まれにその事件のあった建物の写真まで掲載されている。まさに台湾版大島てるという感じか。 
 
 
 
ちなみにこの中で紹介されている、台北の中山区にある盛伝錦新ビルは過去に火災や自殺、不慮の事故などが何度も起こり、多数の死者を出しているいわくつきの場所である。(旦那さんはどこにあるかも知っていた。かなり有名な場所なんだとか。ちなみに旦那さんはまだここに配達に行った事はないらしいけど><)風水的にもかなり悪いとわれているらしい。 
 
 
 
 
こういう場所を、こわーーい動画や写真(たまに死体の写真等がモザイクはかけてあってもかなり生々しい写真で載ったりしているので、見るのには注意した方が良いです。。。)付きで紹介するコーナーが『凶宅打卡』である。この中の動画が結構作りこまれていて、びくぅっ!としたり、なかなかどうして侮れない。苦笑  
 
 
 
基本的にそこで本当に起こった事や体験した人の話を元に作られているから、ぞぞーーっとなるものが多い。その一部がYOUTUBEにも上がっていたので、その中から3つほどご紹介したいと思う。 
 
 
 
 
 
ちなみに↑の盛伝錦新ビルの動画はコチラ。これも結構ぞーっとする。押したはずの無い屋上にエレベーターが上がり、そこには誰もいなかったという証言から作られたようだ。  
 
 
 
       
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次は2001年に花蓮県で起こった警察官の殺人事件。夜勤中の警察官が銃で殺されるという事件があった(ちなみに十数年経つが、未だに犯人は捕まっていない) 
 
 
その後、殺人事件があった派出所は封鎖されたのかな。この辺は書いてないから分からないが、動画を見る限りは封鎖されたよう。その後、見回りでここを立ち寄った警官は誰もいないその建物の中から引き出しを開ける音を聞いたという。またある警官は、宿直室の椅子に座る人影を見たとも。 
 
 
『銃で殺された彼は即死だった。だから未だに自分が死んだ事に気づいていないのかもしれない・・・・』 
 
 
 
 
題名の怎麼沒有人來換班?というのは『どうしてまだ(宿直の)交代が来ないんだ?』という意味。
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは2006年、新北市の汐止で起きた事件。 
 
 
 
とある一家の父親は近所に住む友人の妻と不倫の末、それに対し離婚と賠償金を要求してきた妻と子供2人を殺害する。自殺に見せかけようとしたが、その後の警察の調べで他殺と判断され、父親は逮捕された。また後日、この父親は妻子を殺している時に、浮気相手に携帯電話で実況中継?をしていたというから、驚きである・・・。 
 
 
 
 
 
ちょうど父親が犯人として捕まる三日前にとある不可思議な出来事が起こっていた。
 
 
 
 
女性の声で近くの弁当屋に『お弁当を3つ・・・』と配達依頼の電話があり、従業員が届ける為に出向くも、呼び鈴を押しても誰も出ない。おかしいな。。。と思い、階下の管理人にたずねた。 
 
 
 
『すみません、ここのマンションの部屋の住人からお弁当配達の依頼があったんですが、誰も出ないんです。代金を(代わりに)頂いてもいいですか?』 
 
 
そこで管理人が弁当屋の従業員に届け先の部屋の番号を確認すると、そこは正に事件があった現場の部屋であり、背筋が凍ったという。 
 
 
 
 
 
 
 
     
 
 
これだけなら、『誰かがイタズラで電話したんじゃない?』とも思うのだが、この事件の担当書記官の夢にこの親子3人が現れ、『私たちは自殺じゃない・・・夫に殺された・・・』と訴えかけてきたというから、何だかただのイタズラのように思えない・・・(しかも2回出てきたらしい・・・)。 
 
 
 
 
今日は夏にぴったり(?)、ちょっと涼しくなれるりんご日報でございました。

« 大同の電鍋とバイオオイル | トップページ | 情人節のプレゼント☆ »

台湾太太日記(りんご日報)」カテゴリの記事

コメント

キャーっ恐いわぁ…
実は学生時代に2人ほど知り合いが殺人事件に巻き込まれていますぅW(`0`)W
どちらも犯人が見つからないまま時効、一人は行方不明のまま卒業してある時幽霊の出る場所って地元の本で偶然知った結末に乗っていた写真に戦慄を覚えましたよー
もう一人はマンションでお姉さんと間違えられたらしいとのウワサが?!今でもそのマンションは存在する!不動産屋ではかなり有名な物件…30年経っても?!と家探しには必ず大島テルをチェックし不動産屋さんにも調べてもらってから物件を見に行くけどねぇ
17度と寒い中更にさむいっ〜

>えっぴぃさん

コメント謝謝です☆

殺人事件に巻き込まれるなんて・・・しかも犯人が未だ見つからないなんて・・・恐ろしいです>< 人を殺しておいて、平気な顔でその辺を歩いているのかしら?と思ったら怖いですよね。。私が紹介したこのコーナー、調べてみると私の住んでいる場所の近くにもあり、ひぇー!となりました><

そのマンション、それだけ有名なら、きっと大島てるさんにも掲載されているんでしょうね。。どんなに広くて綺麗な部屋でも、何かが過去にあったという場所はちょっと勘弁ですね。このコーナーを見てても、未だに浮かばれてないんだなと思うような体験談が多いもので。やはりそういう念ってその場に残ってるような気がして。。。

ひぇー!寒い中、更にごめんなさい!風邪引かないで下さいね>△<

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾のいわくつき物件紹介:

« 大同の電鍋とバイオオイル | トップページ | 情人節のプレゼント☆ »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ