最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 豆ちゃん、虹の橋へ。。 | トップページ | 靠北!台湾の天気予報! »

豆花ちゃんをお見送りした日

前回の記事でも書きましたが、3月10日、我が家の豆花さんが虹の橋にわたりました・・・。その日の事と、その翌日お見送りした日のことを少しまとめておきたいと思います。 

 
 
 
 
 
 
 
 
10日の日、いつも通り14時に仕事を終えて家路を急いでいました。 
 
 
 
この日ももちろん普段通り、晩ご飯を作る予定だったので、通常ならスーパーと市場によって帰るつもりでした。だけど・・・自分でもどうしてか分からないのですが、何となく足がそちらに向かず直帰。あとから考えたら、これも虫の知らせだったのかもしれません・・・・。 
 
 
 
家に帰り着いて家のドアを明けました。普段私たちがお仕事の時、タピ、愛玉、豆花は寝室に置いていて(リビングより日当たりが良いから)、私たちが帰って来てからリビングに移動していました。そして毎回私がドアを開けると、タピがすぐに気付き、ピーピー鳴き始めるのですが、この日はなぜかとても静かだったのです。 
 
 
 
 
もしタピがいつもの通りピーピー鳴けば、恐らく私は洗濯物を取り込んだり、その他しなくてはならない事を先にしてから寝室へ向かったはずです。でも普段必ず鳴くタピがなぜかこの日は静かで、私は訝りながら先に寝室へと様子を見に行きました。これもあとから考えたら・・・タピが何かを伝えようとしてくれていたのかもしれません。  
 
 
 
 
 
そこで見たのは・・・床にうつぶせになり、荒い呼吸を繰り返している豆花の姿でした・・・。 
 
 
 
 
 
その時間は鳥の病院も空いておらず、どうしていいか分からず、泣きながら旦那さんに電話をしました。もう今度こそダメかもしれない・・・早く帰って来て・・。そんな事を話したような気がします。 
 
 
 
 
ヒーターは常につけていましたが、とりあえず保温しないとと豆花をヒーターの傍に寝かせ、ずっと見守り続けていました。口にお水をつけてあげると、少しだけ飲んでくれました。時々目を開けてはくれるのですが・・・・ずっと動かず・・・。豆ちゃん、豆ちゃんと必死に呼びかけていました。 
 
 
 
それから30分ほどして、旦那さんが帰宅しました。旦那さんは手を温めてから、荒い呼吸を繰り返す豆を手の上に乗せました。そして『豆ちゃん・・・・パパだよ。よく頑張ってくれたね・・・・有難う・・・・』と声をかけていました。それから1分ほどして、 
 
 
 
 
 
 
『ねぇ、病院に連れて行こう??もうすぐ病院開くよ!』  
 
 
 
 
 
と声をかけた私に対して、旦那さんは
 
 
 
 
 
『ううん、もう・・・間に合わないよ・・・。豆ちゃん・・・もう・・・』 
 
 
 
 
 
 
旦那さんの手の上で、旦那さんと私に看取られて、 豆ちゃんは虹の橋へと渡りました・・・。 
 
 
 
 
まるで旦那さんの帰ってくるのを必死で待っていたように思えてならないのです。旦那さんが帰って来て3分ほどで豆ちゃん・・・亡くなってしまったので。 
 
 
 
毎日お薬をあげてくれていたのも旦那さんだし、豆ちゃん、きっと最後にお礼が言いたかったんだと思います。 
 
 
 
そこから二人でずっと泣きました・・・。 
 
 
 
 
私はそれから3日間気付けば涙を流していました。本当に悲しくて辛くて・・・。たった1ヵ月半しか一緒にいられなかった寂しさと、元気にしてあげることが出来なかった事が辛くて。 
 
 
 
 
そんな中、ブログやココログ、ライン等でもたくさんの方から温かい言葉を頂き、どれだけ救われた事か知れません。会った事が無い豆ちゃんに対し、たくさんの方が見守り、励まして頂きました。豆花は本当に幸せだったんだなと思うと、本当に慰められました。 
 
 
 
 
そのままどこかに土葬する事も考えましたが、この辺に公園はありませんし、出来ればしばらくの間一緒にいたいと思っていたので、旦那さんが火葬してくれる会社を探してくれました。台湾、犬か猫しか火葬は無理かなと思っていたのですが、ちゃんと鳥やハムスターも火葬してくれる所があった事に驚き、そしてホッとしました。 
 
 
 
 
今回お願いした所はコチラの慈愛寵物樂園 
 
 
 
 
 
 
私たちが今回お願いしたのは火葬(お骨の引き取り)だけでしたが、お葬式や納骨、お墓などのサービスもあるそうです。 
 
 
 
 
まず納骨堂も兼ねた仏堂でお線香をあげ、30分ほど豆ちゃんとお別れの時間を過ごしました。それから車で20分ほど離れた火葬場へ。一見すると小さな事務所のような場所でしたが、ちゃんと仏教、キリスト教と別れた祭壇なども準備されていました。 
 
また骨壷も自分で選ぶことが出来ます。 
 
 
 
私はしばらく時間を置いた後、どこか大きな木の下にお骨を埋めてあげるつもりなので、紙で出来た入れ物を選びました。(紙製の茶筒のような入れ物です)
 
 
 
 
火葬の際に、それまで豆ちゃんをいれていた入れ物とお花も一緒に火葬して貰うことにしました。 
 
 
 
 
小さいインコなので・・・火葬は20分ほどで終わりました。 
 
 
 
あまりたくさん骨は残らないかもしれませんと言われていましたが、思っていたよりしっかり残っていました。日本だとお箸で骨壷に入れますが、こちらは刷毛とフライ返しのようなものを使って骨壷に納めます。自分で入れるかお任せするか聞かれますが、私は自分で入れました。 
 
 
 
 
こうしてお骨にして貰って、お家に帰ってきました。それから毎日必ず旦那さんと手を合わせるようにしています。 
 
 
 
 
 
前回の記事で『後悔は無い』と書いておきながら、やっぱり元気にしてあげられなかった事、もっと色々な事をしてあげたかったという思いは消えません。  
 
特に先々週大学病院に連れて行ってから、豆ちゃんは一進一退を繰り返していました。日によってはとっても元気になっているように見えていたこともあり、きっと良くなってくれるはずだと信じていたから、なんていうか・・・受け入れ難かったんです・・・。
 
 
 
たった1ヶ月半しかいられなかったけど・・・でもとっても濃い1ヶ月半だったなとも思います。きっと太く短く生きたんだよね・・・今では少しずつそう思えるようになってきました。
 
 
 
 
 
 
1ヵ月半の間、小さな豆花ちゃんから、本当にたくさんのことを教えて貰いました。豆花ちゃんに出会えて私たちは本当に幸せでした。 
 
 
 
 
豆花ちゃん、また会おうね。そして本当にありがとう。 
 
 
 
 
 
 
お空の上から、タピと愛玉、パパとママのこと、見守っていてね。。
 

« 豆ちゃん、虹の橋へ。。 | トップページ | 靠北!台湾の天気予報! »

☆タピ・愛玉・豆花のこと☆」カテゴリの記事

コメント

豆花ちゃんもきっと幸せだったと思います。
ちぃさん。だんなさま。タピさん。愛玉ちゃん。
これからも幸せでありますように・・。

豆ちゃんも、ちぃも旦那さんも、皆お疲れ様でした。

きっと運命は決まっていて、でも最後をちぃ達と過ごすように、豆ちゃんはそこを頑張って決めて、自分で選んだように思います。
あたたかい気持ちで旅立てて、幸せなことだよ。

短い時でもいっぱい愛情を貰い幸せだったと思うよ!
豆花ちゃんの分も皆が元気でいられますように…
いろんな事教えてくれましたね〜〜

つらい最後のお別れ 私の場合は書き残せませんでしたが
ちぃさまは きちんと書かれてすごいです。
きっと書きながら涙がまた出てきて大変だったでしょう。
それでもちぃさまとご主人様のあふれる心のやさしさに触れることができ
伝わってきて感動いたしました。涙がでました。
豆花ちゃんと一緒にいた時間は
なんとかインコらしい元気な生活をと
ちぃさまとご主人さまの真心こもったすばらしいインコ生活になったこと。
豆花ちゃんは本当に幸せだったと思います。
そして豆花ちゃんは虹のむこうからいつも見守ってくれると思います。
本当にありがとう。

なんと声をかければいいのか
書いては消し書いては消しを繰り返していました

皆さんの書かれてる通り
豆花ちゃんの鳥生は
大変だったけど最後は幸せだったと思います

まだ涙は出るかもしれないけど
豆花ちゃんの旅だったお空に向かって
上を向いて歩いて行きましょう

豆花ちゃんも、見守っていたちぃちゃんも旦那さまも、辛い中最後までよくがんばったね。
最後まで一緒にいられたのは、きっとそれだけ縁が強かった証だと思う。
寂しい時は無理して抑えないで、いっぱい泣こう。豆花ちゃんが安らかに眠れるように、いつかちぃちゃん達の元に戻ってこれるように、日本から祈ってます。

>うさパンさん

コメント謝謝です^^

幸せだったと思うと言われると、本当に救われます。私たちがしてあげられた事は多くはなかったけれど、それでも幸せだと思ってくれていたら・・・常にそればかりを願っています。

温かいコメント感謝いたします。。 
 
 
>へいしろ

コメント謝謝^^

自分で選んでか、温かい気持ちで旅立った・・・そんな風に言われると嬉しいのと切ないのとで泣けてくる~苦笑
あの日私が彼女を見つけて連れて帰ったのは、もしかしたら私じゃなくて、彼女が私を選んだのかな・・・って思うと・・・何かねぇ、やっぱり縁があったんだよね。

温かいコメントありがと(;;) 
 
 
>えっぴぃさん

コメント謝謝です^^

幸せだったと言って貰える事が、何より嬉しいし救われます。豆花が本当にそう思ってくれていたらこんなに嬉しい幸せな事はないです、ほんとに。

小さな体でたくさんの事を教えてくれ、たくさんのものを残して旅立っていきました。素敵な出会いでした。

温かいコメント感謝いたします。。

>こころちゃんみかんちゃんタマちゃん母クリスティーさん

コメント謝謝です^^

実はこの記事も思い出してびーびー泣きながら書いてました。苦笑  
ただ豆花ちゃんは・・お迎えして、ずっと闘病の日々で、その間たくさんの方に気にかけて頂き、励ましていただき、私自身もどれだけ励まされたかしれません。たくさんの見守って下さった皆さんにきちんとご報告しなくてはという気持ちがあったので、今回書かせて頂いた次第です。クリスティーさんにも来たときからずっと見守って頂き、励まして頂き、本当に感謝しております。

たった1ヶ月半でも、豆花には本当にたくさんの事を教えて貰いました。みんな豆花が大好きだったように、豆花もそう思って、幸せだったと思ってくれていたら、これ以上嬉しいことはないです。

温かいコメント感謝いたします。。 
 
 
>Linoさん

コメント謝謝です^^


温かい心遣い感謝いたします。本当に苦労続きの鳥生で・・・大変な事の方がきっと多かった子だから、ひとつでも多くの幸せをその分あげたいと思っていたので、このようなお別れになったことが悲しくて悔しくて・・・。それでも幸せだったと思うといって貰えると本当に慰められます。

人間も動物も何か使命を持って生まれてくると聞きます。それを全うしていったんだなと思い、ようやく涙も止まりました。また会える日まで、タピと愛玉との時間も、後悔のないようすごしていきたいです。

温かいコメント感謝いたします。。 
 
 
>スガ姉

コメント謝謝です^^

最後の瞬間に一緒にいてあげられたのは、やっぱり気持ち的に全然違う気がします。たった1ヵ月半しか一緒にいれなくて、こんな悲しい結末を迎えて、天は残酷だとも思いました。でもきっと。。。使命を全うしていったんですよね。彼女との出会いも別れも必ず何かの意味があって。私にできることはそれを無駄にしないこと、彼女のために祈ることだけです。

またいつか会えたときにこんなに頑張ったんだよと報告できる人生を私も歩んでいかなくては。

温かいコメント、感謝いたします。。

久しぶりにここに来て過去記事を見ていたら・・・
やっと落ち着いたところなのに、また思い出させてしまうかと思って
コメントを書くか悩みました。つらい記憶が蘇ってしまったらごめんなさい。

豆花ちゃん、旅立ってしまったのですね。
ちぃさん、ご主人、タピさん&愛玉ちゃん、みんなに愛されて
とても幸せな鳥生を過ごせたと思います。

生き物の命は人も含めて必ず限りがあるものだって、
頭ではわかっているけど、やっぱりお別れするのは淋しいし、
かけがえのない存在であればあるだけ、つらいと思う。

でも、本当にちぃさんとご主人は豆花ちゃんの為に尽くしてあげていて、
最期の瞬間も、ずっと見守っていてあげられて、
その想いはきっと、天国の豆花ちゃんに届いていると思います。

タピさん&愛玉ちゃんをこれからも沢山、可愛がって下さいね。

>ぺんちゃん

コメント謝謝です^^

お気遣い有難うございます。あれから2週間近く経って、やっと冷静に受け止められるようになってきたのでどうぞ心配なさらないでくださいね。

ぺんちゃんにもお迎え当初から、見守って頂いて本当に感謝しています。悲しいお別れになってしまいましたが・・・あのペットショップの片隅で逝ってしまうよりは、非力ながらも出来る限りの事はしてあげられたので、少しはましだったと思いたいです。とはいえ、一緒に暮らした時間ほぼ毎日のようにお薬を飲んだりしていたから、辛い思いもさせた事と思います。
豆花にとって幸せだった事を願うばかりです。そう言って下さると本当に慰められます。

短い間しか一緒にいれませんでしたが、それでもやはり我が子の一人と思っていたので、本当に悲しかったです。とはいえやはりこの短い間でもやはり縁があって出会ったとおもうので、また出会えると信じています。その時には元気な体で生まれてくるんだよと毎日語りかけていますよ^^

温かいコメント感謝いたします。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豆花ちゃんをお見送りした日:

« 豆ちゃん、虹の橋へ。。 | トップページ | 靠北!台湾の天気予報! »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ