最近のトラックバック

« 日本人ママさん開催のフリーマーケットへ | トップページ | ぽかぽか便と母の日のプレゼント »

なぜ叱られたかを考えること

昨日とある事でパパさんに叱られた息子。その後、『これこれこういう理由でこういう嘘はついちゃいけない』という事を、私は息子に言い聞かせました。分かった…と言い、しばらくして 

 

パパ…、さっきは嘘ついてごめんなさい...」 

 

と謝りに行く息子。 

 

 

じゃあさっきはどうしてパパが怒ったか言ってごらん?」 

 

 

とパパさんが聞くと、 

 

 

え・・・ 分かんない」 

 

 

おーい💧💧💧💧 さっき散々説明したやないかい。 





するとパパさん、 

 

 

幼稚園に迎えに行った時に先生からも言われた事があるんだけど、時々何度も同じ事を注意される事があるらしいんだよね。それ聞いて、毎回叱られてる原因をちゃんと理解できてないのかもと思ったんだよ。叱られたくないから謝ってるだけで。だから繰り返すんだと思う。これからはちゃんと叱った時は理由を本人に考えさせる習慣をつけないといけないと思う」 

 

と言っていて、ほぇーー💦となった。そういえば何で叱られてるか分かる?って聞いた事って、私ほとんどなかった気がする。分かった?というと分かった、って答えるから、毎回それで終わりにしてた😵 

 

もうすぐ5歳だしなぁ… 先生からも指摘があったなら(っていうかそんな指摘あったなら言ってよ、アナタ💦)余計になおしていかないと。 

 

 

なので昨日は息子と約束をしました。 

 

 

1,嘘を言わない、特に人を傷つける嘘は絶対にダメ。(昨日パパに叱られた理由はこれ) 

2,叱られた時は、どうして叱られたのかをまず考えてみる

3,叱られた理由が分からない時は分からないと正直に言う。分かったふりはダメ。 

 

 

一度に3つは無理でも、少しずつ教えていかなければいけないな、と思いつつ。 

 

 

そしたら今朝の事。バスに乗っていたら一人の白髪のご婦人が途中の停留所から乗車してきました。それを見た息子が 

 

 

うわっ、すごい白髪!」 

 

 

とつぶやいたではありませんか。 

 

人の見た目の事は絶対に言うべきではない、と言い聞かせてきたのに、これも分かっていなかったのか💦 

 

もしかしたら息子に悪意は無かったのかもしれませんが、私には少し悪意があったような、ちょっと茶化したような響きに聞こえたのです。 

 

 

あなたのおじいちゃんも白髪でしょう?人は年をとればそうなるの。あなたもそう。人の見た目については絶対にからかったり、傷つくような事を言ってはダメだとママ教えなかった?」 

 

うん...。言われてた。」 

 

絶対にそういう人を傷つけるような事は言っちゃダメ。人を褒める言葉はどれだけ言っても良いよ。でも人を傷つけるような言葉は絶対にダメ。もしあなたが言われたらどう思うの?」  

 

悲しい…。分かった、もう言わないよ」 

 

そうね。…で、今どうしてママに叱られたか言ってごらん。」 

 

え?……うーん…えっと…分からない。もう1回言って?日本語で言って?」 

 

 

おい、マジか🤣🤣🤣🤣 しかもわし日本語で言いましたやん🤣🤣🤣

 

 

結局3回くらい説明して、ようやく分かってくれたようで。「“見た目”って分かる?」からちゃんと説明しなきゃダメでした💦これまでは叱り方が一方通行過ぎたのかも…💦反省😫 

 

たぶん分かってる事もたくさんあるんだと思うんですよ。漠然とこれはダメだとか。でもちゃんとこうだからダメなんだよって、一つ一つ順を追って説明まで付ける事って、確かにあんまりなかった気がする。一方的にダメでしょ!からの分かった?のパターンが多かった…

 

 

それに気づかなかった事は確かにショックではあったけれど、気づかないままじゃなくて良かったと心底思いました💦💦 

 

 

特に私は未熟なところが多い人間だから、一人じゃ気付けない事ってとっても多い。その点パパさんは割と冷静に見ているので、気づいてくれる事も多いんだけど、なにぶん無口な方だから、『いや、気づいてたなら教えといてよ!』が多いのよ、まったく🤣 

« 日本人ママさん開催のフリーマーケットへ | トップページ | ぽかぽか便と母の日のプレゼント »

台湾太太日記(子育て色々)」カテゴリの記事

コメント

ちいさんこんばんは。子育て難しいですね。親も悩み子も悩む。親の思いを理解できないと思うのは親の立場で言えることで、子どもとしては何で?との思いもあるのではないかと思います。
しかし、諭してあげるのは人生が少し長い親の立場からですよね。
子どもは正直に自分の思いを伝えます。
言われた相手の立場を十分説明しながらお互いに共通理解を深めたらいかがでしょうか。
自分も今振り返ってみれば、子どもに自分の立場でしかものを言っていたのではないかと反省してます。いまさら遅いですけどね(*´з`)
子育てを楽しんでください。

>mitakeyaさん

コメント謝謝です^^

本当に難しいですね。もうすぐ子供は5歳になりますが、こうやって目からウロコの出来事が本当に多くて💦
子供相手に限らず、対人では相手の立場に立つってとっても大事な事ですよね。それは子供も当然同じはずなのに、つい親目線で叱ってしまい、子供の目線に気付かない事って多かったのかもしれないなと今さらながら反省です。

まだ4歳ですから、理解にも時間がかかるでしょう。説明しても分からずもどかしい事もあるかもしれませんが、何かあった時はちゃんと寄り添い、一緒に一つずつ解決していけたらいいですよね。

温かいコメント、有難うございました^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人ママさん開催のフリーマーケットへ | トップページ | ぽかぽか便と母の日のプレゼント »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ