最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 配達の途中で | トップページ | イエベ?ブルベ? »

能登半島地震 台湾、日本への救助隊派遣準備完了

能登半島地震、飛行機の衝突事故と新年早々、悲しいニュースが続き、心がどんどん落ちていく。 

 
 
今回の事故で爆発炎上した海保の飛行機は、能登半島地震のための物資を届けに出発するところだったと聞いた。 
 
 
能登地震でも家族を亡くした方々のニュースが目に飛びこんでくる。 
 
 
 
自身の妹さんが自分の娘である姪を庇い、亡くなったというお兄様、帰省中だった娘さん二人を失ったお父様、お母さまと二人暮らしで、その日も一緒にお母さまの手作りのお雑煮を食べ、ゆっくりしていた所に地震が起き、未だお母さまの安否が分からないという息子さん。 
 
 
ニュースになってないだけで、今判明している57名の被害者の方々にはそれぞれの人生があったはず。何もしてない、普通に日常を送っていた人たちが、なぜこんなに突然命を奪われなくてはならないのか?自然災害とはいえ悔しいし、本当にやりきれない。 
 
 
見たらものすごく心が沈むから、見ないほうがいいと分かっていても、その後のニュースが気になって見てしまう。 
 
 
 
そんな中、『能登半島地震 台湾、日本への救助隊派遣準備完了 要請あれば即時出発へ』というニュースの見出しを見て、泣いてしまった。 
 
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/965695067f9ef7d436029cf2880f312ec4550e80 
 
 
東日本大震災やトルコ大地震の時でもそうだった。こういう時、台湾は本当に行動が早い。 
 
台湾自身が地震大国ということもあり、こういう救助の経験もあり、きっと日本に行けば、すばらしい力となると思う。 
 
 
中國や韓国に目が行きがちだけど、小さいけど、台湾っていう素晴らしいお隣さんがいることをもっともっと知ってほしい。 
 
 
ニュースを見て『だから台湾好きなんだよぉ~涙』と泣く私に、主人は苦笑いしながら、『台湾人は人助けが大好きだから^^;特に外国人が大好きだからね。』と冗談めかして言っていたけど、外国人に限らず、台湾人は台湾人に対してもとても情を持っているし、誰かを助けようとかそういう気持ちが本当に大きいなと感じることが多い。 
 
よく言えば親切で情熱的、悪くいえばおせっかいな所もあるけど、それでもそういう台湾人の気質に、これまでどれだけ助けられてきたことか分からない。 
 
 
この国に暮らす日本人として、心から台湾という国に、台湾の総統、台湾の方々に感謝したい。 
 
 
政治的なことはあまり言いたくないけど、これが安倍さんだったらすぐに受け入れてくれそうだけど、今の総理大臣はあまり頼りにならないし、台湾を軽視している印象が強いから、そこが心配。 
 
 
中國の顔色を伺ってないで、人命を何より優先し、受け入れ態勢が整ったら一刻も早く台湾からの援助を受けいれて欲しい。

« 配達の途中で | トップページ | イエベ?ブルベ? »

台湾太太日記」カテゴリの記事

コメント

ちぃちゃん🌟こんにちはm(__)m
いつもありがとう!
そして、台湾総統の早く、心からの言葉に胸が熱くなりましたm(__)m感謝申し上げます!
多くの日本人も同じように言っていますよ『X』の中ですが
きっと総統に届くことを願って感謝を綴っていると思いますm(__)m
ホントに大きな被害です
全貌、全容が見えてくるたび恐ろしくなります。
現状、主要インフラ(国道)が大きな被害を受けていて、現地到達が難しいようです
多分、その辺を大きく考慮しているのだと思います。
支援物資も届かないのではなく、届けられない現状ですから
本当にいち早く派遣準備してくださった台湾政府には
感謝の言葉しか見つかりません。
お断りしたことは本当に申し訳ありませんm(__)m
今もなお、Ⅿ3~Ⅿ4の地震が断続的に起きています
数百回になるようです。
本来、現地は極寒、雪深い地、でも暖冬の影響か雪のない事が救いですね。
とにかく、ちぃちゃん、台湾の皆さんの温かい気持ちm(__)m
ありがたい事です!


>0兄さん

コメント謝謝です^^

残念ながら受け入れ体勢がまだ整っていなかったようで、救援隊は向かえなかったようですが、台湾政府からも寄付金を送ったとのニュースを見ました。
日本の有事は台湾の有事だとも総統は仰っていて、日本人として本当に嬉しく思いましたTT

また余震が続いているうえに、亡くなった方の数も100を超え、行方不明の方も200人近くいるそうですね。色んなニュースを見る度に本当に悲しくなります。

兄さんの仰るとおり、雪が降っていない暖冬なのは幸いですが、もう地震からだいぶ時間が経ってしまったので、一刻も早く助けだしてあげてほしいと祈るばかりです。

その他にも飛行機事故に巻き込まれてしまった海保の方々も、航空機の中に取り残され、爆発に巻き込まれてしまったという2匹の動物も、地震さえなければ犠牲になることもなかったのに。自然災害とはいえ、本当に歯がゆいですよね。

長野のほうはだいぶ揺れは落ち着きましたか?どうかくれぐれもお気をつけて。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 配達の途中で | トップページ | イエベ?ブルベ? »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ