最近のトラックバック

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!">ぽちっと

ぺそぎん時計

« 夏令營きめた! | トップページ | 実は違う意味が隠れている中国語 »

思い出を追っていても仕方がないけど

人にはそれぞれ思い出があり、忘れられない土地があると思う。  

 

私の思い入れがある土地は飯塚市だ。飯塚市の本町商店街というところ。 

 

 

住んでいたわけではない。私が小学校の頃、父が出張で飯塚市におり時々行くことがあったのだ。その頃は本町商店街もとても賑わっていた。数年前に訪れた時はすでに多くの店がシャッターを閉じていてとても寂しい気持ちになった。  

 

あそこでキティちゃんのくし、小学一年生という雑誌など、色んな物を買ってもらった記憶がのこっている。色んな場所で色んなものを買ってもらっているはずなのに、なぜか飯塚市のあの時期に、あの場所で見たものや食べたもの、当時の思い出がものすごく深く刻み込まれているのだ。 

 

 

どうしてなんだろう。本当に細かいことまで結構覚えていて、自分でもびっくりする。 

 

 

中でも行くと必ず寄っていたのが、本町商店街の中にあるジョイプラザの奥にあった『ラッシャル』という喫茶店。ここは女将さんとその娘さんの母娘二人でで営んでいたお店で、クリームソーダやアイスクリームなど毎回食べにいくのが楽しみだった。 

 

父は会社の近くだったこともあり、よく同僚の方たちと一緒にこの喫茶店に通っていて、そこで顔なじみになり、父がなんの用事だったか不在でしばらく待たなければいけなかったときに、この女将さん母娘の住んでいた家で待たせてもらった記憶もある。 

母は娘さんたちと話しながら、私と兄弟は買ってもらった本を読んだり、娘さんがくれた冬景色がきれいなパズル等で遊びながら、父の帰りを待っていた。  

 

その後父が迎えにきて、親子で駐車場まで歩いていた時に聖闘士星矢のこの映画のポスターを目にしたのよ。 

 

 

170 

調べてみたら当時飯塚市には飯塚東映という映画館があったそうなので、たぶんここだったんだろうと思われる。 

父に『ドラえもん 鉄人兵団』の映画に連れて行ってもらったことがあるのだが飯塚市内の映画館だったと記憶している。あれもここだったのかな。 

 

でね、夜だったんだけど、とある飲み屋さんが入っているであろう高いビルの窓から赤い光が漏れていて、6歳にして『なんかあそこ・・・アダルトな世界が広がっていそう・・・』みたいなことを感じた記憶がある😂なんのこっちゃ

 

 

 

なにぶん6歳頃のことだから部分的に曖昧な部分もあるが、女将さんと娘さんの顔は今でもはっきり思い出せる。いつも笑顔の方達で。

 

 

父の出張先が変わり、それからは飯塚市に行くことはあまりなくなったが、それでも数年に一度は飯塚の近くまで行くと必ずラッシャルには顔を出していたように思う。その後女将さんが亡くなったあとも娘さんは一人でお店を続けていた。 

 

最後にいったのは確か大学生か、社会人になってすぐの頃だったように思う。その頃にはだいぶ本町商店街も活気がなくなり、シャッター街になりかけていて、『お店がずっと続くといいな。また来れるといいな。』と思ったことを覚えている。  

 

 

まさかお店で何かを食べるのも、娘さんの顔を見るのもこれが最後になるなんて想像もしていなかった。

 

 

その次に行った時お店には入れなかった。鍵がかかかっていて、中は真っ暗だったのだ。 

 

 

『あれ?休みなのかな?』  

 

母が『家のほうを訪ねてみる?』と言って行ったのだが、呼び鈴をおしても反応はない。

 

 

とにかくその時は会えなくて残念だねぇとその場を立ち去ったのだが。 

 

それから数年後、父はどういう経由かはわからないが風の噂で娘さんが亡くなったらしいということを聞いたそうだ。病気だったらしいが、でも詳しいことは誰も分からなかったという。

 

娘さんは父や母よりもっと若かったし、おそらくまだ当時60代くらいだったのではないだろうか?

 

 

記憶の中にははっきりとのこっているお店も人も、永遠に失われたことがとてもとても悲しかった。 

 

もうあのお店に行くことはないんだ、もう二度とあの人に会うことはないんだ 

 

 

こうして改めて文字にしても、とても寂しい気持ちになる・・・ 

 

 

でもどうしてなんだろう? そんなに度々会っていたわけでもないし、訪れたのだって回数にしたら10回もなかったと思う。なのにあの頃の思い出が鮮明すぎて全然消えてくれない。 

 

 

お店の内装、食べたもの、珈琲の香り、今でも鮮明に思い出せる 

 

 

気づけばついグーグルで色々と調べてしまう自分がいる。

 

 

166 

この奥、一休うどん(こちらも60年以上続く老舗でしたが、2年ほど前に閉店)の隣に確かにラッシャルはあったのだ。 

 

167 

168  

グーグルからお借りした写真。これはまだ一休うどんさんが経営していた頃のものですね。 

 

 

右側が一休うどん、左側に見える赤い枠のお店、ここにラッシャルがあったのだ。 

 

 

それにしてもどうしてこんなに気になるんだろう。自分でおかしいなぁと思うけど。一休うどんさんがまだ営業していたとしたら、もう少し色々と話が聞けたかもしれないのに。 

 

 

…いや、聞いてどうするんだって話だよね。

 

 

いつまでも思い出を追っていても仕方がないけれど、飯塚に足を運びたいなぁ。次の帰省で一人で行ってみようかしら。 

 

一日だけ息子を両親に見てもらって。 

 

連れて行ってもいいけど、特になにか見る場所があるわけじゃないし息子にとってはつまらないだろうしな。笑 

 

父になんとなくまた行きたいと頼めば連れて行ってくれるだろうけど、父はせっかちだから、あんまりゆっくり落ち着いて見られなさそうだしなぁ。私もゆっくり歩きたいし。 

 

問題は実家から電車とバスを乗り継いでいくと、往復4時間くらいかかることか😂 

 

 

完全なるペーパードライバーだから運転は無理だしなぁ。まぁ色んな公共機関を乗り継ぎつつ、ゆっくり行くのも悪くはないかも。

 

 

いや、でもなー。行ってどうするんだろうね。もう行きたいお店はそこにないのにね。どうしよう。 

 

 

悩むねぃ。

« 夏令營きめた! | トップページ | 実は違う意味が隠れている中国語 »

台湾太太日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏令營きめた! | トップページ | 実は違う意味が隠れている中国語 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ