最近のトラックバック

☆タピ・愛玉・豆花のこと☆

小さくても負けない!!

昨日、愛玉&リヴァイを放鳥、家でお仕事をしていると愛玉がPCの上に飛来し、そこで寛いでおりました。 

 

リヴァイは珍しく一人遊びしてるなぁと思ってたら、3分もしない内に、 

 

 

269743155_10159634513549133_871729053749 

 

269291078_10159634513669133_655514422463 

・・・おかえり。早かったね(笑) 

 

しかし改めてこうやってみると、かなり体格差があるのね。君たち。 

 

 

 

すると愛玉は、 

 

 

 

269766294_10159634513569133_719480578881 

おどき!!とばかりにめっちゃ怒る🤣🤣ビビッて隅に追いやられるリヴァイ😅 

 

 

あれ?なんだかこれ、既視感あるなぁと思ったら、 

 

 

1433477343074 

ハッ、写真が横向きになってしまった🤣 

 

 

そうだ、タピもよく愛玉からカーッってされて、ヒッ!なってたんだ。笑 

 

 

体は小さいのに、気だけは強いからなぁ、愛玉さん😅

 

 

愛玉が唯一勝てなかったのは、豆花ちゃんだけだな。

 

 

1456215824534 

懐かしい、、豆花、、😢たった一カ月だけしか一緒にいられなかったけど、優しくて可愛い子だったなぁ・・・ 

 

でも愛玉ちゃんの威嚇に負けなかったのはこの子だけだから、優しくても実は結構気はしっかりしてたのかしら🤣 

 

 

269606324_10159635531979133_665316247021 

お久しぶりの現在換羽中のおもち。 

 

こちらは愛玉にいくら威嚇されようが、愛玉の事が大好きらしく、いつも切ない声で何かしら愛玉に訴えかけている🤣 

 

 

 

269655452_10159634513624133_828757921775   

いつもとんがっているので、『今日も相変わらずキレキレです』とこの写真と共にパパさんに送ったら、『更年期だから仕方ないよ🤣』と返信が来て笑ってしまった。 

そうよね、人に換算したらガッツリ更年期くらいだものなぁ💦 

 

 

・・・いや、更年期関係無いわ、昔からこの女王的な性格だったよ、この方は🤣   

  

 

タピも体は割と大きい方だったし、リヴァイに至っては体の大きさも、噛む力も愛玉よりずっと強いけど、タピもリヴァイも好戦的な性格ではないので大人しく引き下がってしまうのよね🤣 

 

愛玉、我が家の男組がみんな優しくて良かったね😝

ステイホーム中なので

台湾全土、月曜日の午後から休校休園になりました。 

 

 

我が家の息子の通う幼稚園は先週の日曜日に休園が決まっていたので、月曜日からまるまる2週間お休みになります。 

 

 

公園の遊具も封鎖されているし、政府からも『なるべく外に出ない様に』との発表があったためか、外を歩く人もまばらです。 

 

 

誰もいない場所なら公園でシャボン玉くらいなら大丈夫かなと思っていたら、最近感染が発覚した人の一人が近くの公園を利用していた事をしり、公園にも行けなくなってしまいました・・・ 2週間ステイホームか・・・長いな・・・・ 

 

 

そんなわけで先週の日曜日と今日は息子とクッキーを焼いて・・・ 

 

 

185046070_10159228590959133_893921480052 

183724053_10159228590989133_552351285940 

186238551_10159228591019133_701959086705 

日曜日は鬼滅クッキーを作って、 

 

 

186448937_10159233705939133_796440762971 

今日はプレーンとココアの生地を作ったので、型抜きしたあと、余った生地でタピ&愛玉クッキー🤣🤣 

 

たぶん向かって左がタピ。笑 

 

 

004 

タピ『えっ』 

 

 

ふふふふ💓 

 

 

 

心友ちゃんの教えてくれたアイスボックスクッキーのレシピが本当に絶品で、一度食べ出すと手が止まらなくなります。危険🤣🤣 

  

 

 

さーて、明日は何しようかな。2週間、まだまだ先は長い。苦笑

母の日に泣く

今日は母の日ですね^^私はというと、実家の母にはお取り寄せグルメを贈りました☆(お義母さんは先週家族みんなでお祝い済み💓) 

 

 

それでね、ふと思ったことがあったんです。 

 

 

当たり前なんだけど、タピにも愛玉にも豆花にも小黒にもお母さんがいるんだよなぁって。。。 

 

 

1525493_10152485718204133_39572283216692 

11393188_10153356132639133_8635993779918 

12688337_10153898136704133_1072713893183  

1014

当然、4羽ともお母さん、お父さんの事を全く知りません。みんな鳥街の小鳥屋さんで出会ったからね…。 

 

 

まだどこかで元気にしているのかも、もう虹の橋を渡ってしまっているのかも分からない…。

  

みんな小さい内にお母さんから離れて、そして我が家に来たんだなぁって思ったら何か涙が出て来てしまって…変ですね。苦笑 

 

自分が母親になったからなのかなぁ、こんな事をふと考えるようになったのは。 

 

 

今どこにいるかも分からない。だから心の中でそっと伝えました。 

 

 

可愛いこの子達に出会わせてくれて本当に有難うございます。あなたの代わりに毎日愛情をかけて大事に大事に育てています。  

 

タピ、豆花、小黒はすでに虹の橋へと渡ってしまいましたが…タピは約6年間、豆花は1か月、小黒はたった1週間だけでしたが毎日精一杯の愛情をかけて育てましたと自信を持って言えます。 

 

小黒のお母さん、私が無知だったせいで1週間という短い時間で小黒を虹の橋へと渡らせてしまって本当にごめんなさい…。同じ失敗だけは絶対しないと固く誓い、タピと愛玉に対し常に注意を払い自分たちなりに一生懸命勉強し、同じ間違いをしなかった事だけがせめてもの償いです…。 

  

 

愛玉は病気一つせず、毎日とても元気です。 

 

だからどうか安心して下さいね。 

 

あなたもどこかで幸せである事を心から願っています。

 

 

心を込めて。4羽のお母さん、本当に本当に有難う💓

夜の公園にインコちゃんを探しに行ってみた。

今日の夜、SNSでとあるインコちゃんが迷子になってしまったというカキコミを見た。するとびっくり、いなくなった場所というのが何とうちから割と近い公園ではないか!!しかもこの子、風切り羽根をカットされているらしく、あまり飛べないらしい…。 

   

 

心配だ…。あの公園、野犬いるし…。 

 

 

時刻はすでに夜の10時過ぎ。いなくなったのは今日の午後だという。 

 

 

夜は鳥さん眠っちゃうから、今頃は公園のどこかに止まって夜を明かしてるのかな?ご主人とはぐれて寂しいだろうなぁ… 

 

 

そう思ったら居ても立ってもいられなくなってですね…。 

 

 

でもね、この公園 

 

 

 

めちゃめちゃ広いのよ。汗 

 

 

 

森林公園っていう名前がぴったりなくらい、木もすごく多いですよ。ふふふ・・・ 

 

 

そんなだだっ広い公園を、しかも夜に探しにいくなんてそりゃ無謀だ。

 

 

そりゃそうだ。分かってた、分かってたよ… 

 

 

でも行っちゃったよね…  

 

 

ええ、ええ、もちろん見つからなかったですよ。馬鹿ですよ。爆 

 

 

でももしかしたら、って思うじゃない、やっぱり。でも残念ながら見つからなかった。 

 

 

とりあえず街灯の光が当たっていて比較的見えやすい場所を中心に、公園の中とまわりの道を歩いて探してみたけど、見つからなかったなぁ…。 

 

 

しかしなんだ、夜の公園をアラフォーのすっぴんのおばさんが赤ぶちメガネをかけて長い黒髪ふり乱しながら、常に上向きながらキョロキョロ歩いてる姿って・・・かなりのホラーだわね。苦笑 

 

 

それにしても今どこに居るのかなぁ…あのインコちゃん。誰かに保護されていればいいのだけれど。 

 

 

とりあえず明日もご飯とお水を持っていって、公園をせーちゃんとお散歩しながら引き続き探してみたいと思います。 

 

 

69393615_10157498955219133_2144948934395 

 

もし明日飼い主さんとコンタクト取れたら、だいたい公園のどの辺りでいなくなったのか聞いてみるとしよう。

捨てられずにいるもの

2年前から私のお財布の中に入っていて、ずっと捨てられずにいるものがあります・・・ 

 
 
 
 
32081597_10156339372819133_79698677  
 
それがこの豆ちゃんの診察券です・・・。  
 
 
 
もう使う事はないと分かっているのに・・・。それでも何か捨てられない。
 
 
 
今年の3月で、豆が虹の橋を渡って2年になりました。その時私はちょうど帰省中だったので実家のお庭の木の下に眠る豆ちゃんに手を合わせました。 
 
 
 
この診察券も、何か半ばお守り代わりに持ってる気がします。これからもたぶんずっと捨てる事が出来ないまま、ずっとお財布の中に入れているまんまなんだろうなぁ・・・苦笑 
 
 
 
 
12593884_10153862724889133_90664790  
 
12719310_10153905677649133_19444924  
 
 

豆さんがお空へ帰って1年が過ぎました

3月10日、豆ちゃんがお空へ帰って1年が経ちました。 

 
 
 
 
12688337_10153898136704133_10727138 12495179_10153853719909133_19569675   
 
 
もうあれから1年が経ったのね。
 
 
 
 
たった1ヶ月だけしか一緒に過ごせませんでしたが、ここでもたくさんの方に励まして頂いたので、まだ覚えて下さっている方もいらっしゃるかもしれません。 
 
 
 
 
ブログカテゴリの「☆タピ、愛玉、豆花のこと☆」に、豆ちゃんと過ごした日々の事は書き綴っています。もっともっとたくさんの記事を書くだろうと思っていたカテゴリが、たった1ヶ月でかけなくなってしまうなんて思いもしなかったな。
 
 
12670141_10153898136749133_40385609 12671621_10153905677904133_64524928 12688019_10153901674024133_30819457  
 
もう1年も経って、ある程度気持ちも落ち着いていたつもりだったのですが、こうして写真を見るとダメですね・・・まだ涙が出てきてしまいます。苦笑  
 
 
本当に可愛い子だったから。小さな体で一生懸命生きようとしていたから。 
 
 
 
 
 
未だに「あれで良かったのか・・・もっとしてあげられる事があったのでは」「もしこうしていたら、ああしていたら」そんな事を考えてしまう時があります。そんな事を考えても意味は無いのに。 
 
 
 
 
幸せにしてあげたい、病気を治してあげたいと引き取った子だったけど、結局1ヶ月の間、病院を行ったりきたりで、ほぼ毎日の投薬、かえって苦しめてしまったかなと思うこともあります・・・ 
 
 
反面、寒いペットショップで誰にも看取られずに死んでいくよりと、豆花はある程度自分の運命をもう分かっていて、最後をどこか別の場所で過ごしたいと、豆花の方から呼んでくれていたのかもしれないと自分を慰めてみたりもします。
 
 
 
 
 
 
 
それにしても手乗りで育てられてないにもかかわらず、私たちに対して絶対に噛んだりしない本当に優しい子でした(投薬の時だけは噛んでましたけど。笑)。かといってか弱いばかりかというとそうではなく、愛玉に喧嘩を売られても逆に追い返したりする面もあったりして。笑 
 
 
 
12644861_10153898136469133_52624472 12647275_10153898136294133_34320106  
 
 
たまに、何も無い、誰もいない空間に向かってタピが嬉しそうにモコヘッドになって一人でお喋りしているときがあるんだけど、そんな時は豆ちゃんが遊びに来てくれているのかなーと思ったりもします。 
 
 
 
12719360_10153905677454133_68112636  
 
 
 
12814512_10153963481739133_76084900 12711108_10153905677994133_30243707 12716367_10153905677569133_11766469 
 
 
 
もう一度、会いたいなぁ・・・  
 
 
 
 
幽霊は見えないし、見たいとも思わないけど、大切な子や大切な人の幽霊にだけは会えたらいいのになー、なんて。

豆花ちゃんをお見送りした日

前回の記事でも書きましたが、3月10日、我が家の豆花さんが虹の橋にわたりました・・・。その日の事と、その翌日お見送りした日のことを少しまとめておきたいと思います。 

 
 
 
 
 
 
 
 
10日の日、いつも通り14時に仕事を終えて家路を急いでいました。 
 
 
 
この日ももちろん普段通り、晩ご飯を作る予定だったので、通常ならスーパーと市場によって帰るつもりでした。だけど・・・自分でもどうしてか分からないのですが、何となく足がそちらに向かず直帰。あとから考えたら、これも虫の知らせだったのかもしれません・・・・。 
 
 
 
家に帰り着いて家のドアを明けました。普段私たちがお仕事の時、タピ、愛玉、豆花は寝室に置いていて(リビングより日当たりが良いから)、私たちが帰って来てからリビングに移動していました。そして毎回私がドアを開けると、タピがすぐに気付き、ピーピー鳴き始めるのですが、この日はなぜかとても静かだったのです。 
 
 
 
 
もしタピがいつもの通りピーピー鳴けば、恐らく私は洗濯物を取り込んだり、その他しなくてはならない事を先にしてから寝室へ向かったはずです。でも普段必ず鳴くタピがなぜかこの日は静かで、私は訝りながら先に寝室へと様子を見に行きました。これもあとから考えたら・・・タピが何かを伝えようとしてくれていたのかもしれません。  
 
 
 
 
 
そこで見たのは・・・床にうつぶせになり、荒い呼吸を繰り返している豆花の姿でした・・・。 
 
 
 
 
 
その時間は鳥の病院も空いておらず、どうしていいか分からず、泣きながら旦那さんに電話をしました。もう今度こそダメかもしれない・・・早く帰って来て・・。そんな事を話したような気がします。 
 
 
 
 
ヒーターは常につけていましたが、とりあえず保温しないとと豆花をヒーターの傍に寝かせ、ずっと見守り続けていました。口にお水をつけてあげると、少しだけ飲んでくれました。時々目を開けてはくれるのですが・・・・ずっと動かず・・・。豆ちゃん、豆ちゃんと必死に呼びかけていました。 
 
 
 
それから30分ほどして、旦那さんが帰宅しました。旦那さんは手を温めてから、荒い呼吸を繰り返す豆を手の上に乗せました。そして『豆ちゃん・・・・パパだよ。よく頑張ってくれたね・・・・有難う・・・・』と声をかけていました。それから1分ほどして、 
 
 
 
 
 
 
『ねぇ、病院に連れて行こう??もうすぐ病院開くよ!』  
 
 
 
 
 
と声をかけた私に対して、旦那さんは
 
 
 
 
 
『ううん、もう・・・間に合わないよ・・・。豆ちゃん・・・もう・・・』 
 
 
 
 
 
 
旦那さんの手の上で、旦那さんと私に看取られて、 豆ちゃんは虹の橋へと渡りました・・・。 
 
 
 
 
まるで旦那さんの帰ってくるのを必死で待っていたように思えてならないのです。旦那さんが帰って来て3分ほどで豆ちゃん・・・亡くなってしまったので。 
 
 
 
毎日お薬をあげてくれていたのも旦那さんだし、豆ちゃん、きっと最後にお礼が言いたかったんだと思います。 
 
 
 
そこから二人でずっと泣きました・・・。 
 
 
 
 
私はそれから3日間気付けば涙を流していました。本当に悲しくて辛くて・・・。たった1ヵ月半しか一緒にいられなかった寂しさと、元気にしてあげることが出来なかった事が辛くて。 
 
 
 
 
そんな中、ブログやココログ、ライン等でもたくさんの方から温かい言葉を頂き、どれだけ救われた事か知れません。会った事が無い豆ちゃんに対し、たくさんの方が見守り、励まして頂きました。豆花は本当に幸せだったんだなと思うと、本当に慰められました。 
 
 
 
 
そのままどこかに土葬する事も考えましたが、この辺に公園はありませんし、出来ればしばらくの間一緒にいたいと思っていたので、旦那さんが火葬してくれる会社を探してくれました。台湾、犬か猫しか火葬は無理かなと思っていたのですが、ちゃんと鳥やハムスターも火葬してくれる所があった事に驚き、そしてホッとしました。 
 
 
 
 
今回お願いした所はコチラの慈愛寵物樂園 
 
 
 
 
 
 
私たちが今回お願いしたのは火葬(お骨の引き取り)だけでしたが、お葬式や納骨、お墓などのサービスもあるそうです。 
 
 
 
 
まず納骨堂も兼ねた仏堂でお線香をあげ、30分ほど豆ちゃんとお別れの時間を過ごしました。それから車で20分ほど離れた火葬場へ。一見すると小さな事務所のような場所でしたが、ちゃんと仏教、キリスト教と別れた祭壇なども準備されていました。 
 
また骨壷も自分で選ぶことが出来ます。 
 
 
 
私はしばらく時間を置いた後、どこか大きな木の下にお骨を埋めてあげるつもりなので、紙で出来た入れ物を選びました。(紙製の茶筒のような入れ物です)
 
 
 
 
火葬の際に、それまで豆ちゃんをいれていた入れ物とお花も一緒に火葬して貰うことにしました。 
 
 
 
 
小さいインコなので・・・火葬は20分ほどで終わりました。 
 
 
 
あまりたくさん骨は残らないかもしれませんと言われていましたが、思っていたよりしっかり残っていました。日本だとお箸で骨壷に入れますが、こちらは刷毛とフライ返しのようなものを使って骨壷に納めます。自分で入れるかお任せするか聞かれますが、私は自分で入れました。 
 
 
 
 
こうしてお骨にして貰って、お家に帰ってきました。それから毎日必ず旦那さんと手を合わせるようにしています。 
 
 
 
 
 
前回の記事で『後悔は無い』と書いておきながら、やっぱり元気にしてあげられなかった事、もっと色々な事をしてあげたかったという思いは消えません。  
 
特に先々週大学病院に連れて行ってから、豆ちゃんは一進一退を繰り返していました。日によってはとっても元気になっているように見えていたこともあり、きっと良くなってくれるはずだと信じていたから、なんていうか・・・受け入れ難かったんです・・・。
 
 
 
たった1ヶ月半しかいられなかったけど・・・でもとっても濃い1ヶ月半だったなとも思います。きっと太く短く生きたんだよね・・・今では少しずつそう思えるようになってきました。
 
 
 
 
 
 
1ヵ月半の間、小さな豆花ちゃんから、本当にたくさんのことを教えて貰いました。豆花ちゃんに出会えて私たちは本当に幸せでした。 
 
 
 
 
豆花ちゃん、また会おうね。そして本当にありがとう。 
 
 
 
 
 
 
お空の上から、タピと愛玉、パパとママのこと、見守っていてね。。
 

豆ちゃん、虹の橋へ。。

今日の夕方、豆花ちゃんが静かに息を引き取りました。 

 
 
 
 
眠るように安らかにいきました。 
 
 
 
 
今は隣で、今にも起き上がってきそうな顔で静かに横たわっています。 
 
 
 
 
出来る限りの事はしてあげられたと思っているので後悔はありません。でもやっぱり悲しくて涙が止まりません。 
 
 
 
 
 
1ヶ月半しか一緒にいられなかったけど、この1ヵ月半で、何度も病院に行ったし、その度に本当によく頑張ってくれたね。もう痛い思いも辛い思いもしなくていいんだよ。 
 
 
一緒に過ごせて本当に幸せだったよ。パパとママの所に来てくれて本当にありがとう。あの日あなたに出会えて本当に良かった。しばらくの間お別れだけど・・・また必ず会えるよね。
 
 
 
 
12593884_10153862724889133_90664790  
 
 
 
 
明日は火葬です。しっかりお見送りしてきます。 
 
 
 
 
また落ち着いたら、こちらに書きたいと思います。 
 
 
 
 
これまで豆花ちゃんを心配してくださり、見守ってくださった皆様に、心から感謝しております。本当に有難うございました。

本日の豆ちゃん

昨日の記事では本当にご心配をおかけしました。ココログの方でもたくさんの方に心配して頂き、豆ちゃんは本当に幸せものです! 

 
 
 
 
12814512_10153963481739133_76084900  10660119_10153963481769133_80868870
 
豆花『皆さま、有難うございますです!』 
 
 
 
 
この写真、なんと今朝の豆ちゃんです!一昨日は止まり木にさえ上る事が出来ず、体をヒーターに寄りかけてやっと立っていたほどだったのに!!あんなに早い呼吸を繰り返し、何もできずにじっと目をつぶり、足を必死に開いて踏ん張っていたのが嘘のようです!! 
 
 
 
 
思わず嬉しくて、今日はカメラで何枚も写真を撮ってしまいました!! 
 
 
 
 
病院に行った事で安心したのか?昨日いただいたお薬がよく効いているのか?みなさんのお祈りのお陰なのか?どの理由も当てはまる気がします。 
 
 
 
 
一昨日は死を覚悟したほどの状態だったのに・・・こんな事って! 
 
 
 
 
病院に行ってからは、もちろん眠る事はあるけど、今までのように一日中眠る事が本当になくなりました。今も一生懸命毛づくろいをしています。実は豆ちゃん元々足が悪いから、あまり長い時間毛づくろいをしない子だったんです。その後旧正月後よく眠るようになってからは益々しない事が多くなって。それが昨日からずっと何度も何度も毛づくろい!!(これ書き始めてる冒頭から今までずっと毛づくろいしてる。笑) 
 
 
もちろんご飯もしっかり食べてくれていて、フンも前より状態の良いものがしっかり出ています。 
 
 
 
 
改めてすごい生命力の持ち主だよ、豆ちゃん。 
 
 
 
 
12524265_10153963481824133_70666500  
 
豆花『ハイ!頑張ってます!』 
 
 
 
 
本当に良かった。。。もちろんまだまだこれから病院通いは続きますが、少なくとも危険な状態からは抜けられたと思います。 
 
 
 
今日はしっかり止まり木にも止まり、 
 
 
 
 
 
12802779_10153963481704133_51228313
 
 
目にも力が出てきました! 
 
 
 
 
今朝のお薬もしっかり飲んでくれましたよ☆このお薬がね、どちらも赤で豆ちゃんのお口の周りがピンク色になってしまっているんですが、このお顔がね、 
 
 
 
 
Show_image  
 
アキクサインコさんにそっくりだと思うんです(笑) ※画像はネットからお借りしました。 
 
 
 
 
ちなみに豆ちゃんは、よくオカメの白にも間違えられます。 
 
 
 
 
1675248e046b0638  
 
確かに似ています。笑 
 
 
 
 
こんなにも可愛くて、一生懸命頑張る豆ちゃんを益々愛おしいと思う今日この頃です。 
 
 
 
 
みなさんの温かい言葉に、豆も私も本当に励まされております。本当に感謝感謝です!

豆花ちゃん、大学病院へ。。。

昨日の夕方頃、豆花ちゃんの様子が突然おかしくなりました。

 
 
 
 
ずっと止まり木に上ることが出来ず、目をつぶり、ヒーターによりかかり、呼吸が速い・・・。ご飯とお水にもほとんど手をつけておらず、フンが全然出ていない・・・。 
 
 
 
具合が悪くなったのは夕方5時過ぎていたので、大学病院はすでに閉まっている。だからといって一般の鳥の病院では結局細かい検査までは出来ないので、連れて行っても意味が無い。 
 
 
 
 
鳴きもせず、食べも飲みもせず・・・かと思いきや時々目を開いて必死でこっちに向かって歩いて来ようとしたり・・・。 
 
 
 
 
正直この時私たちは、『豆はこのまま逝ってしまうんじゃないか・・・』と思いました。夜中旦那さんと私は何度も目が覚め、その度に豆花ちゃんが静かに呼吸して眠っているのを確かめてホッとしました。 
 
 
 
今朝は豆ちゃん、ご飯を少し食べ、お水も飲んでくれて、フンも出してくれました。あああ~~~良かった(;;)
 
 
 
 
 
 
実は元々金曜日(今日)の午後に豆を大学病院に連れて行く予定だったんです。 
 
以前旧正月明けにいつも寝てばかりいる豆花を近くの鳥の病院に連れて行った時に、『そのうも綺麗だし、フンにも菌はいないね。時々冬になると極端に睡眠時間が増える子もいるから、そのせいじゃないかなと思うんだけど・・・。でも暖かくなってもまだずっと眠るようなら、一度大学病院で細かい検査をして貰うといいと思うよ。小さな病院では診てあげられる事に限界があるから』と言われていたからです。  
 
とはいえ昨日の夕方まではご飯も普通に食べていましたし、ずっと眠っているのは前からでしたから『普通の病院じゃわからないし、何もないならないでいいし、とりあえず一度検査に連れて行くか』くらいの軽い気持ちで行く予定が、まさかこんなに大慌てで駆け込む事になるなんて。 
 
 
 
小さな体で必死に耐えていたんだと思うと、豆に対して本当に申し訳なくて、昨晩は涙が止まりませんでした・・・ 
 
 
 
 
 
 
今回お世話になった病院は日本でいう東大にあたる台湾大学の動物の専用病院。もちろん台湾で一番大きな動物病院です。
 
 
 
 
 
 
 
 
住所:台北市大安区基隆路3段153号 
 
℡:02-2739-6828
 
 
 
 
 
12801262_10153960904339133_37329092   
 
 
その外観は本当に普通の病院のよう!
 
 
 
 
ちゃんと受付、診察室、薬局等もあり、5階はまるまる入院病棟です。 
 
 
 
3  
※画像はHPからお借りしました。 
 
 
 
 
 
犬・猫はもちろん、中小型の哺乳類(うさぎやミニ豚等等)、牧場動物、鳥類、爬虫類、魚類等等、基本どんな動物も見てくれるすごい病院です。 
 
ちなみに犬猫以外は、特殊ペットとなるため、火曜日と金曜日の午前中、木曜日の午後だけの診察となります(時々変更があるようなので、前もってHPで調べて行ったほうが良いです) 
 
また特殊ペットの場合は予約が出来ないので、現場での直接受付となります。 
 
 
 
 
 
人の場合は受付で保険証を出せば良いのですが、なにぶん鳥さんに
 
 
 
 
12823517_10153960904434133_88545480  
 
このような保険証はありませんので(あったらなぁ~~~苦笑)、 
 
 
 
 
 
12804837_10153960904359133_33802824  
 
初診の場合は受付で↑に記入しなくてはいけません。それから 
 
 
 
12768272_10153960904009133_25896391  
 
番号札と診察券を持って、診察室の前の椅子で待つことに。しかし待合室も本当に人間の病院のようでびっくりします。 
 
 
 
10分ほど待つと、若い研修医の女性が来られ、現在の豆の状況を色々と聞いてくださり、それに答えました。本当に細かい事まで(住んでいるケージの環境、病歴、いつも食べているご飯、便の様子、他にインコさんはいるか?普段の放鳥の様子等等)聞いてくださるので、この時点で何というか・・・ああ、こんなしっかり聞いてくれる病院があるんだ!とすごく安心感を持ちました。  
 
 
 
 
その後診察室に呼ばれ、先生が豆ちゃんの様子を見ながら、更に色々聞いてくださいます。そして原因をより詳しく調べる為に、血液検査、レントゲン、糞便の検査をして貰うことに。  
 
 
 
 
 
人間も然りですが、ごく稀に麻酔や鎮静剤にアレルギー反応を起こしてしまう子もいます。なので、検査の前にはこの書類にサインをしなくてはなりません。 
 
 
 
12771600_10153960904164133_58787417  
 
もちろんこれは何かあっても責任は問いません、それからここでの検査結果を今後の研究の為に使用する事もありますが、それに同意します。という内容です。 
 
 
ちなみにここの病院は、研修医の方も多くいらっしゃるので、診察室や検査の際も先生の助手ということで、数人の方が先生と一緒に移動する事も多いようです。(豆ちゃんがレントゲン室に連れて行かれた時も、6人くらいの研修医の方が一緒に行かれていました)
 
 
 
 
20分ほど待った後、呼ばれたのでドキドキしながら中へ。 
 
 
 
検査の結果、まずレントゲン、最初は腎臓か肝臓に問題がある可能性も考えられると仰っていたのですが、どちらも問題はなかったとのこと。その他の器官に関しても然り。ただひとつだけ気になるのは胃の位置が若干上に上がっていて、それが腎臓を少し圧迫しているのではないかという事(歩けなくなる等の症状は腎臓に何か異常がある場合に出る症状のひとつなんだとか) 
 
胃が上に上がってしまう原因としては、何か胃が膨らむようなものを食べ過ぎたり、循環が悪い時に起こりやすいらしい。 
 
また先生は当初鉛中毒の線も疑って下さったらしいのですが、こちらは血液検査を見ても心配なかったそうです。
 
 
 
さて、次は血液検査。若干尿酸値が高いけど、これはまだ標準の範囲内だし、昨日はほぼ食べたり飲んだり出来なかったという事だから、それが原因だと思うとのこと。それから豆さん、貧血があるんだそうです。それも具合が悪い原因のひとつだということ、それから腸炎になっている可能性もあるので、それらの機能を回復させるお薬を出してくれる事になりました。 
 
 
 
また更に、フンの中にいくつか悪い菌が見つかりました。体が弱って抵抗力が落ちてしまったために、また出てきてしまったみたいです・・・。でもまずは体の機能を回復させる事が先だから、この治療が終わり次第、菌の治療に移ることに。 
 
 
 
1週間後に再診です。再診で改善があまり見られないようなら、別の検査もしてみて、それに対しての治療法を試していくとのこと。 
 
 
 
もちろんまだ油断は出来ないけど、とりあえずホッとしました!! 
 
 
 
そして先生(まだお若いのに知識がすごい!!)も助手の研修医の先生もとても優しく親切でした。ここに連れて行くことが出来て本当に良かった! 
 
 
 
 
12771868_10153960904299133_70098254  
 
お薬は2種類。朝晩1回ずつ。  
 
 
どちらも甘いシロップ状のもの、ひとつはなんといちごの匂いがします。笑
 
 
 
 
この日かかった費用は検査費とお薬代でNTD2,000(日本円で約7000円ほど)。さすがに安くはないけど、これだけの設備がそろっていて、細かい検査をして頂けるなら当然の額ですよね。 
 
 
 
☆内訳☆ 
 
・受付費・・・NTD100
・診察費・・・NTD400
・血液検査費・・・NTD350
・レントゲン・・・NTD900
・お薬代・・・NTD253 
 
 
 
 
タクシー代往復約NTD1,000(MRTだと豆ちゃんに負担かけそうだから。苦笑) 
 
 
 
これも豆が元気になるためだと思えば!! 
 
 
 
 
 
 
 
『鎮静剤を打ってあるから、帰ってからも少しまどろむかもしれないけど心配しなくて大丈夫ですからね』と言われていたとおり、帰ってからは少し眠そうにしていましたが・・・・ 
 
 
 
 
12798855_10153960904394133_43696862  
 
今は一生懸命ご飯とお水を摂取しています!!豆ってば、ほんとお利口!!(TT) 
 
 
 
 
そんなわけで今はやっと少し落ち着いております。(豆もわたしも。苦笑) 
 
 
 
 
また今日から闘病生活が始まりますが、頑張って撃退しようね!豆は強運と強い生命力の持ち主だから、今回もきっと乗り越えられるよ!でも、小さな体でずっと無理をさせてしまったこと・・・本当にごめんね・・・ 
 
 
 
 
 
 
さて、帰ろうとしていると待合室にいた女性に話しかけられました。彼女は私のあとに来た方で、同じくコガネメキシコちゃんを2匹連れてきていた方でした。来た時からかなり慌てた様子でしたので、症状の重さが伺えました・・・。この時点で彼女のインコさんは検査中とのことで・・・。 
 
 
 
 
半年前に購入したそうですが、悪質な業者に法外な値段で売りつけられたばかりか、すでに病気だったそうです。それでも最初は健気に病気を隠し、気づいた時にはかなり病状がすすんでいたんだとか・・・。 
 
 
 
『犬や猫を飼うよりも、本当に難しいと思うわ・・・。彼らは病気を必死で隠してしまうし、なぜ気づいてあげられなかったのか、そればかりを考える』『高い値段で売りつけられた挙句、病気だったなんて・・・。とはいえもう家族だし、早く元気になって欲しくて毎週来ているの。でも病状はかなり悪くて・・・もう難しいかもしれない・・・』 
 
涙ぐむ彼女を見ていると痛いほど気持ちが分かります。『ただの鳥じゃない。家族ですものね。辛いですよね。でもきっと良くなると信じています。』というと、有難うと寂しそうに微笑んでいました。彼女はなんと宜蘭という、台北から車で2時間近くかかる場所から毎週来ているとのこと。『評判の良い場所があると聞けばどこにでも行ったの。最後に行き着いた所がここだったの』『少し前までは名前を呼べば甘えてハグしに来てくれたりしていたのに・・・まさかこんなに早く病状が進んでしまうなんて』 
 
 
 
彼女が飼った2匹とも、同じ病気にかかっていて現在闘病中とのことで、先週はなんと検査費、薬代等NTD20,000もかかったのだそう・・・。 
 
彼女のような心優しい人と家族になれた事は、彼らにとってとても幸せな事だと思う。誰にでも出来る事じゃない。だからどうか・・・元気になって欲しいと願わずにはいられない。 
 
 
 
そのあとに来たお兄さんが連れてきた患者さんは何と蜥蜴ちゃん。昨日からご飯をまったく食べてくれなくなったとのことで、血液検査をする事に。しかし先生すごい・・・本当幅広い動物を診ることが出来るんだなぁと改めて尊敬してしまいました。 
 
 
 
今日出会ったみんなが一日も早く元気になりますように。。 
 
 
 
 
 
 
※おそらくコメントを頂いても、しばらくはお返事できないと思いますので、一旦コメント欄は閉じさせていただきます。 
 
 
 
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ